オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 29日

ナゴヤサナエの日常

自然の生き物ですので、生死は日常的なこと。

●ナゴヤサナエ羽化 日常-1
前回に続き、羽化を観察。同じ時間帯、同じ範囲を見て行き、川岸護岸のフェンス向こうで羽化中の個体を発見。
とりあえず証拠写真。
f0324026_17412344.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

撮影し易い所での羽化個体を探したものの、結局今日は先程の1頭のみだったのでなんとか処女飛行撮影をと思って戻ると・・いません。
原因は、前回も川を行き来していたモーターボートの波。

ただ他の個体の中には、同じ護岸を更に30cm程上まで登っての羽化殻が残されていました。それを見ると過去遺伝子に刻まれている登る高さは、今回の人工的な波の高さにも対応していたのでしょうが、たまたま昇りそこねた個体なのか、あるいは登る高さの遺伝子情報に変異が起こっていた個体なのかもしれません。

●ナゴヤサナエ羽化 日常-2 
前回、羽化場所には餌取り場所としているセグロセキレイがいると書きましたが、今日もしっかり羽化場所で待っていました。
写真はこちらに驚き飛んで逃げる寸前の姿。
f0324026_18285884.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

飛んだ先を見ると、前回護岸の角で羽化していた付近。
しかもその角から下方向を見て、羽化しているかしっかりチェックしている様子を確認。
餌となる羽化がどこで行われているか、頭に入っている様です。




by Nature_Oyaji | 2017-07-29 21:36 | トンボ | Comments(0)


<< アオバハゴロモ      ヒヌマイトトンボ 交尾態 >>