オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 05日

新潟訪問-2 キイトトンボ産卵(初)

朝訪問した池。
13:00過ぎに再訪問した時、偶然にもキイトトンボが集団で産卵中。
キイトトンボ自体、今期は未撮影の上、産卵も過去撮影したことがなかったので、こちらは本当に嬉しい。
ただ産卵は相変わらずどのトンボも敏感で、キイトトンボも然り。
時間があればさほど敏感でないペアを探してゆったり撮影したい所ですが、今日は1時間のみなのでほぼ一発撮り。

次回の撮影の為、産卵時の動きなどをチェックした所、今日の産卵時の行動で気付いた点は、
1. 産卵ポイントに止まり、暫く静止
2. 産卵開始、中には長時間産卵するペアもいますが、大方は割りと短時間で移動
1.2.の繰り返しで産卵は場所を分散させ実施。

なので産卵中の撮影をうまく行うには、産卵ペアを見つけたら次の産卵場所へ移動するのを待ち、移動後静止した時で近寄り産卵開始とともに撮影する、という結論です。

●キイトトンボ産卵(初)
水生植物の中での産卵で少々厄介な状態。

先程の産卵撮影のポイントを写真で追ってみると

1. 産卵ポイントで静止
f0324026_04113534.jpg
2. 産卵(大方、十数秒程度)
f0324026_04015453.jpg
3. 次のポイントへ移動
f0324026_04020603.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
という行動パターン。

池を半周し、ジュンサイが繁茂している付近でも多数産卵が見られましたが、こちはら身を隠す場所もなく、外敵からの視界が開けているためか、こちらの動きにも敏感に反応で広角では近寄れず。
こんな生態も次回の撮影の為に記憶です。




by Nature_Oyaji | 2017-08-05 13:55 | トンボ | Comments(0)


<< 新潟訪問-3 マダラナニワトン...      新潟訪問-1 ハッチョウトンボ... >>