オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 27日

上手くいかない日

8月最後の日曜日。

●色付き始めたミヤマアカネたち
早朝、うっすらさした朝日の中で。縁紋にも色が入り始め、アカトンボたちが主役となる時期もまもなく。
f0324026_06031378.jpg
f0324026_06031719.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

●マルタンヤンマ
早朝からマルタンヤンマの産卵を待ってみたものの、現れてくれず。
目の前には滅してしまたオオシオカラトンボ。
f0324026_05475705.jpg
考えてみたら昨年産卵撮影は7月末で、時期的には遅め。
ネットで検索すると9月でも産卵は行っている様なのですが、この場所の個体は滅してしまったのかもしれません。
夕方も待ってみましたが、やはり出会えず、今期はこれにて終了です。

マルタンヤンマについては、羽化と産卵は当初計画していたものの、グンバイトンボ、ハッチョウトンボ、ネアカヨシヤンマ、オツネントンボ、ナゴヤサナエの羽化探しに費やし、羽化・産卵とも未達。

先週、産卵の様子を観察することが出来ましたので、結果的にはその時が今期最終でした。

マルタンヤンマは未達でしたが、その分挙げたネアカヨシヤンマ、オツネントンボ、ナゴヤサナエについては無事撮影出来ましたので、また来年です。

●ミルンヤンマ
先週の場所へ。9:30頃、探メスの個体を一度見かけたのみで、昼近くまで沢を探してみましたが出会えず。

その後、ムカシトンボ羽化撮影した沢に移動し、こちらも改めてロケハン。
羽化場所に近い所に丁度産卵に良さそうな朽木が何ヶ所かあり、こちらも引き続き観察へ。

10月頃まで見られるので、千葉の観察場所開拓も含め、生態写真撮影が全く出来ていないのて、残り何とか来年に続くきっかけを作りたい。

●タカネトンボ
こちらも今日しっかり撮影したかったのですが、どうにも技術的な問題で飛翔も産卵撮影も上手く行かず。

産卵は別な場所では午前にも行い、オスに連れて行かれる所を見ることが出来たので、自分の知識をリセット。

先週訪れた小池では到着後、4回ほどメスが産卵に来ましたが数分も経たないうちにすぐオスに連れ去られてしまい、撮影もままならずまたまた終了。
取り敢えず証拠写真、しかも設定ミスでJPEGのみ。
f0324026_06222113.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

こちらも不完全燃焼です。

今週で天候不順に泣かされた8月も終了。
9月初めの週末は羽化し始めたホソミイトトンボ越冬型観察から開始予定。


by Nature_Oyaji | 2017-08-27 18:40 | トンボ | Comments(0)


<< ミルンヤンマ産卵とコシボソヤンマ産卵      オオセイボウ(今季初) >>