オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 03日

フタモンクサカゲロウの卵

コシボソヤンマを待ちながらふと見つけた卵。近くに数個発見。
f0324026_03474295.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro


優曇華(うどんげ)はクサガケロウの卵として知ってはいましたが、実はまだ未見。
それに似ているなと思いつつ取り敢えず写真を撮り、あとで確認してみた所、フタモンクサカゲロウの卵ということが判明。

鮮明ではありませんが、先程の卵の部分をトリミング。
優曇華はまとまって産み付けられていますが、卵自体は一個一個単独。
こちらのものはそれが撚られてまとめられている様にみえます。産卵中の様子、一度見てみたい。
f0324026_03511677.jpg
全てlympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro


by Nature_Oyaji | 2017-09-03 04:01 | 昆虫 | Comments(0)


<< ホソミイトトンボ越冬型 羽化時期      ミルンヤンマ産卵とコシボソヤンマ産卵 >>