オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 03日

ショウリョウバッタモドキとミルンヤンマ観察

虫友TさんのMFへ同行。

●ショウリョウバッタモドキ
初見。・・モドキと付く名前の昆虫は割りと希少種が多いようです。
撮影は出来ていませんが、生態的には隠れ名人で、こちらの視線を感じると葉の裏にすっと隠れます。
そんな仕草がかわいい。

体型的には後ろ足は他の跳ねるバッタに比べて細い。
それは飛んで逃げるより、葉の裏に隠れて身を守る事に進化したため、強力な後ろ足は必要ない為のようです。
触覚も背中の色の延長の様な色合いで体に対して真っ直ぐ。その色合いはススキの枯れた部分に極似。
これも隠れることに特化した擬態と思えます。
f0324026_23450648.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●ミルンヤンマ ぶら下がり
11時40分過ぎ。虫友Tさんが飛翔中のミルンヤンマを目で追って止まる所を確認。
この時気温は28度近く、流石にぶら下がりの時間帯のよう。
産卵撮影では昼近くにぶら下がりを探しましたが、その現場では見つけることが出来ずにいたもの。
f0324026_23100094.jpg
▽こちらは深度合成にて
f0324026_23100838.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

お疲れ様でした。ご案内ありがとうございました。

●ヒナカマキリ探し
帰宅途中、皇居でヒナカマキリ探し。
冬場卵鞘があった付近の落ち葉をひっくり返したりしたものの、こちらも見つからない。
少し離れた場所ではコオロギは多数葉の裏から出てきたものの、ヒナカマキリはいない。
植え込みの葉も見てみましたが、こちらもダメ。
以前秋に見つけた時は、10時過ぎに擬木に登ってきた所や、孟宗竹の葉の裏にいたものを見つけたのですが、まだ本格的な秋になる前はどこにいるのやら。




by Nature_Oyaji | 2017-09-03 23:11 | バッタ | Comments(0)


<< 久しぶりにご近所散策      ホソミイトトンボ越冬型 羽化時期 >>