オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 09日

カトリヤンマ クリーニング行動撮影-2

■クリーニング行動撮影 2日目
連休初日に新たな目標とした「クリーニング行動」の撮影で、午後訪問。
訪問時15時半を回っていたので撮影できる時間は少ないので、どうせなら今日はどの時間まで田んぼで産卵するのかもチェック。

●改めてクリーニング行動自体観察
見聞きした事も含め、撮影しながら観察出来た事としては、
- 長く産卵していた個体は良くホバリングする傾向
- 短時間産卵でも遠くに逃げずにその場でホバリングする個体がいるので、そのような個体を探す(遠くにすぐ逃げるのもいるので個体差の様)
- ホバリングの途中や飛び去る中でクリーニング行動実施
- 一度終わってもまた行う事がある
- 短時間産卵でもクリーニング行動実施

なので以上から自分なりの撮影行動としては
1. まずは暫く踏み入れていない田んぼで、飛び上がってホバリングを始めたら撮影
2. その場で良くホバリングする良さそうな個体がいたら、少し追ってみる。暫く産卵をさせては近づき飛んだ所で撮影
3. そして良さそうな個体を追いながら、新たに飛んだ個体も要チェック あとは1〜3の繰り返し
4. 撮影ファインダー内にうまくホバリング個体を捉えられたら、最後はクリーニングしろと念じる・・

そんな事を確認しながら、ホバリングの個体をMFで捉え、時間にして数秒間程度念じながら見していると、やってくれました!
その場面を何とか連写!! (一瞬、脳ミソがキュンとなりました・・)。
※あとで確認した所、連写でしたので上部へ移動しながらの場面が数枚写っていました。
やはり画像がよろしくないですが、追加します。
f0324026_20415512.jpg
f0324026_20420333.jpg
f0324026_20421062.jpg
f0324026_20421730.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

一度落として、またすぐもう一度落としていたようです。

こんな状態のクリーニング行動を残したい・・と思っても向き、高さなどはこちらでコントロール不可なので、とにかく撮影してその中から自分の納得行くものを探す以外にありません。
(適正露出になっておらず、結果が暗いファイルだったので、現像は虫友Tさんが補助してくれました。ありがとうございました。)

●最終産卵個体チェック
今日は16時半過ぎで見かけなくなり、その頃には日差しも山あいに隠れてしまい日影状態。

●まだ撮影出来ていないオスのホバリング

こちらについては色々伺うと、地域差があるようです。
今撮影している場所と同様、メスの産卵は多数飛来するのにオスはほとんどホバリングしている所が見られない場所があるかと思うと、ある狭い範囲内でしきりにオスがホバリングする場所があったり(こちらもどこか知らない所でホバリングしている可能性があります)。

いつもホソミイトトンボを観察している所では、オスのホバリングが見られるというので次回はホソミイトトンボ多産地にてトライしてみます。




by Nature_Oyaji | 2017-10-09 22:13 | トンボ | Comments(0)


<< 2017 今年出会えた羽化      都下訪問 ミヤマアカネ産卵狙い... >>