オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

2017年 05月 04日 ( 1 )


2017年 05月 04日

ヒメギフチョウ(初見)

■ヒメギフチョウ撮影
Fさん同行2日目。
夕方茨城から一気に白馬へ移動(運転おまかせで横で居眠りすみません)。
到着した夕方遅く、中綱湖で明日朝撮影予定のオオヤマザクラのロケハン(桜については別途掲載予定)。
そして車中泊。

早朝、3時過ぎから活動開始。オオヤマザクラ撮影後、移動し生息場所へ。
帰りの渋滞も考慮して、12時頃まで約4時間勝負。

白馬にはギフチョウ、ヒメギフチョウが同時に発生。
しかもギフチョウの中には後翅周辺全てが黄白色になった「イエローバンド」と呼ばれる個体が少数ながら発生。
この「イエローバンド」はここでは遺伝的に固定されているもので、今回はこの「イエローバンド」撮影が第一目的。

●8時過ぎから待ち
朝方から気温は高めで早15℃を越える程。余り高すぎるのも良くないが、こればかりはどうにもならない。
一度ヒメギフチョウが来たので、先に見つけられた方について行き、初撮影・・としたかったのですが、かなり追った所で林の向こうへ。

●ヒメギフチョウ卵撮影
残念がっていると、先程の方が昨日産卵していた場所へご案内してくださいました。(ありがとうございました)
ウスバサイシンへ産み付けられた卵ですが、緑の真珠としか言いようがない美しさ。
Fさんが以前撮影した写真を見せて頂きましたが、数は同様に10個程。
ウスバサイシン自体、今出ている葉は2枚程度。
これからもっと生えてくるものと思われますが、1ヶ所へ10個というのは恐らく捕食される個体も含めて、生き残るのに最低限必要な数ではないかと思われます。
f0324026_15480849.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
f0324026_15514830.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●ヒメギフチョウ撮影(初)
何度かギフチョウなのかヒメギフチョウなのか
どちらか確認出来ないまま通過。
ようやく1頭がスミレで吸蜜。
全く擦れておらず、聞く所によると今年の発生は数日前だった模様。それでも昨日産卵した個体もいたのはどう考えたら良いのか?
f0324026_15580727.jpg
f0324026_15593351.jpg

飛翔は相変わらずうまく行かず。
f0324026_16064374.jpg
f0324026_16065481.jpg
f0324026_16070254.jpg
f0324026_16071603.jpg
f0324026_16072458.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

この飛翔撮影は9:20頃。
その後は何頭か通過するように行ってしまう個体を見送るばかりで、とうとうイエローバンドどころか、ギフチョウ自体撮影出来ず、タイムアップ。

朝伺った数日前の羽化開始。
今回はそのために絶多数がまだ少なかったようです。
ここにも春先の気温低の影響が出ていたものと思います。

■その他の昆虫
●シータテハ
f0324026_16151518.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

●ホソミオツネントンボ 
林の中で分かりにくい(はず)ですが、見慣れているためかすぐ目に止まってしまいます。
色からすると千葉で見かけた3月中旬程度の姿。
f0324026_16155852.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

ギフチョウ、更にイエローバンド撮影は来年以降のお楽しみです。
Fさん、運転を始めいろいろご案内頂きありがとうございました。
撮影についても、また色々な昆虫についても沢山知識を頂きました。
改めてありがとうございました!


by Nature_Oyaji | 2017-05-04 18:51 | チョウ | Comments(0)