カテゴリ:鳥( 10 )


2017年 02月 25日

ご近所の変化 ミソサザイとホソミオツネントンボ & 虫友Tさんからのホソミイトトンボ観察結果

ご近所の変化観察。

■昨年もご近所の池に来ていたミソサザイ
先週訪問した際は出会えませんでしたが、今日は少し意地悪ですが地鳴きの声をiPhoneで探して流してみると・・
f0324026_19054906.jpg
Olympus E-M5II+BORG 71FL

1年ぶり、しかも2羽一緒に出てきました。
ただ相変わらず速すぎでマニュアル撮影のBORGでは追いつかず、このぼけぼけショットのみ。

去年は良い所に止まってくれたので何とか撮影出来ました。
以下は昨年同じ場所での撮影
f0324026_18191210.jpg
f0324026_18201858.jpg
Olympus E-M1 M5II+BORG 71FL

日本でキクイタダキと並んで最小サイズの鳥ですが、この小さな体でいつもどこからやってくるのか・・。
思うにこの場所は川が近いので川沿いを伝って来たのではないか。
川自体は利根川から別れてきているので、埼玉や栃木方面からの来客の可能性があります。
もうすぐ繁殖の季節、無事に戻って欲しい。

■ホソミオツネントンボ観察
このあと、またホソミオツネントンボの林を訪問。
今日はSTF-8で深度合成をしてみようとセッティング。ただカメラのシャッタ速度が1/13より速い速度設定ができません。

あとで虫友Tさんに聞いてみると、機種による深度合成+ストロボの際のシャッター速度は以下と連絡頂きました。
●EM1:1/13・1/10・1/8の三択のみ
●EM5MKII:1/20以
●EM1MKII:1/50以下

こういうブラッシュアップはデジタルならではで、あとからの機種の方が優れていて当然ですね。

ということで、その時点では原因がわからず普通に撮影。
●ホソミオツネントンボ
先ほどまで真横を向いていましたが、日光が当たり始めると背中がよく当たるよう向きを変え、真横からの撮影なのに上から撮影したような角度に。
f0324026_18465527.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro


さて明日はまたオツネントンボ観察へ。
産卵まであとちょうど1ヶ月。多産地ではまだ朝方は寒く、明日の天気予報では6時位で-2℃。
早朝なら寒くて動けない状態でしょう。

越冬について昨日検索していた所、北海道でのオツネントンボの姿の写真があり、落ち葉の裏で越冬しているものでした。
前回訪問した際も落ち葉の裏も念のため探していたのですが、見つけられず。
ひょっとしたらここでも葉の裏でも越冬するかもしれないので、もう一度要チェックです。

そして日が当たり始め、15時付近では13℃なので恐らくはまた飛ぶ姿がみられるでしょう。
暖かくなるに連れて餌も捕り始めるかもしれないし、すでに産卵場所近くに移動を開始しているかもしれない。

そんな変化があるか様子見です。

■虫友Tさんからのホソミイトトンボ観察結果
虫友Tさんがいつものホソミイトトンボの定点観察をしていました(ブログはこちら)。
結果は全ていなくなっていたとの事。
春一番が吹いたり、この所気温は3月に向かって上がってきていて、新知見として2月下旬頃から越冬場所を離れるという事を確認ですね。
次は水辺にいつ頃現れるか、色の変化は何時ぐらいからか・・など追ってみたい。
お疲れ様でした。


by Nature_Oyaji | 2017-02-25 18:58 | | Comments(0)
2017年 01月 30日

気持ちを新たに・・

数年前の3月上旬に撮影して過去このブログでも公開しているのですが、現像の事も少し覚えたので改めてアップです。
f0324026_21263297.jpg
Olympus E-M1+BORG 71FL

夏が近付くと更に冠羽や胸、肩、背中の飾り羽も伸び、風になびく羽は美しさを増します。
今年は何処かでそんな姿を残しておきたい。









by Nature_Oyaji | 2017-01-30 21:31 | | Comments(0)
2017年 01月 21日

鳥撮影の日

4時過ぎにホソミオツネントンボ観察に出かけたものの、林の細めの木がかなり切られて裁断されており、その作業のためか不明ですが今まで6頭程いたものが半分に・・。
倒木しそうなものを切っているとは思うものの、作業の事やその伐採など、果たしてホソミオツネントンボなどの事を理解しての管理なのか??

明るくなるのを待ってご近所の鳥たちを撮影へ。

●朝方の月
この月とホソミオツネントンボを撮影しようとしたのですがトンボ自体の位置もあり断念。
f0324026_10112632.jpg

●ヒドリガモ 朝のくつろぎ中
f0324026_10122411.jpg

■城跡地の公園にて
●アトリ 今年はここでよく見かけます。
f0324026_16331762.jpg
●ジョウビタキ(♀) 相変わらず愛想が良い子
f0324026_16283026.jpg
f0324026_10140163.jpg
●地面をジャンプ そんな姿も可愛い (ちょっとピン甘)
f0324026_10144602.jpg
f0324026_10145021.jpg
f0324026_10150139.jpg
全てOlympus E-M5II+BORG 71FL


by Nature_Oyaji | 2017-01-21 10:16 | | Comments(0)
2016年 12月 24日

E-M5II+BORG 71FLでの低振動モード

ホソミオツネントンボ撮影後、近くの雑木林など数カ所でフユシャク探しとしてみましたが、オスもメスも全く影も形もなし。
仕方がないので、またカワセミ池にてまだテストしていなかったE-M5II+BORG 71FLでの低振動モードテストを兼ねて撮影。

f0324026_20343569.jpg
いると分かっていてもいざ探すとなると見つからないカワセミ。
ただ今日はカメラをセットした瞬間、何処かに隠れていたメスが目の前の枝に来てくれました。
これもまだツキがあるのか、不思議な感じ。

これはAモード、ISO800、1/40。拡大するとやはりノイズ感があります。
少し暗い場所でレンズ自体もF5.6で暗いので致し方なし。
f0324026_20351440.jpg
日当たりの良い場所での撮影。こちらはISO200にしてAモード。BORGらしい解像度。1枚めはトリミング無し、その他は適度にトリミング済。
f0324026_20425006.jpg
f0324026_20433888.jpg
f0324026_20435297.jpg
f0324026_20432665.jpg
上の写真を再度トリミング。
f0324026_21080798.jpg
全てOlympus E-M5II+BORG 71FL

E-M5II+BORG 71FLでの低振動モードはやはり良い感じです。
それからこれは虫友さんに教えてもらったのですが、通常カメラを三脚にセットした場合は手ぶれ補正はOFFにするのが一般的ですが、オリンパスの場合、「S-IS AUTO」にしておけば三脚にセットしている場合、カメラ側で自動的にOFFになるようです。これは便利。



by Nature_Oyaji | 2016-12-24 20:50 | | Comments(0)
2016年 11月 23日

カワセミ 久しぶりに飛来

久しぶりにカワセミ池を訪問。
到着早々、鳴き声が聞こえたのでそっと様子を見ると若いメスが並んで2羽。
当然ここで産まれたものではないので、どこからか飛来したもの。
地元の方からは、この所ずっとカワセミはいなかったという話で、偶然訪問した日に偶然飛来していた2羽に遭遇・・ということになった模様。
f0324026_15470994.jpg
f0324026_15471820.jpg
f0324026_15473214.jpg
環を付けたハクセキレイも。移動などの追跡か?
f0324026_15500212.jpg
池の紅葉
f0324026_16041890.jpg
f0324026_16042567.jpg
f0324026_16043250.jpg
全てOlympus E-M5II+BORG 71FL


by Nature_Oyaji | 2016-11-23 16:11 | | Comments(0)
2016年 04月 02日

オジロビタキ そろそろ渡りの季節

久しぶりに近所に来ているオジロビタキの様子を撮影。
春になり、羽根も喉の部分がオレンジ色に変化してきました。もうそろそろユーラシア大陸へ移動。

●オジロビタキ
f0324026_12253282.jpg
f0324026_12254810.jpg
f0324026_1226017.jpg
f0324026_122614100.jpg
E-M1+BORG FL71(400mm)

by Nature_Oyaji | 2016-04-02 12:26 | | Comments(0)
2016年 03月 12日

いつものご近所でミソサザイとカワセミ撮影

週末初日。
家の用事もあるので、遠出はせずご近所訪問。

朝一訪問はいつものカワセミ池。

ここには数年ぶりにやってきたミソサザイが時々出没中。餌付けはしていないものの、ある程度人馴れしてきたようで、こちらが何か妙な動きをしなければ数m程度の距離でも撮影可能な状態。

●ミソサザイ キクイタダキに並び日本一小さい鳥の部類だけに、相変わらずなかなか撮影は難しい。
f0324026_1647318.jpg
f0324026_1754845.jpg
f0324026_16471883.jpg
f0324026_16472977.jpg
f0324026_16473717.jpg
E-M1+BORG FL71(400mm)

カワセミ達はしっかりペアになっていて、池の中ほどにある人工の盛り土に現在巣作り中。時折給餌行動を行っていたものの、撮影機会を逃しました。
ここのカワセミは何年間か続けて巣作りしているものの、毎回ヘビにやられてしまっていて、二世誕生ならず。今年こそはと思っています。

●カワセミペア
f0324026_16335392.jpg
E-M1+BORG FL71(400mm)

続いてまたいつものホソミオツネントンボの林へ。
●すっかり芽が出て春間近の感じ
f0324026_16544338.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

先週いたオスメスももう枝から移動していました。
今日の気温は約7℃。この気温では自由に飛ぶことは出来ないため、足元の下草などに留まっていると思い注意深く探してみましたが見つかりません。
次はもっと気温が上がり、自由に飛べるようになる3月末位に、青色に変化しつつある姿の撮影のため訪問予定。

さて明日はまだ時期が早いと思いますが、八王子方面へムカシトンボの上陸したヤゴ探しです。いてもいなくてもその結果は貴重な情報として今後に活かせるものになると思っています。

by Nature_Oyaji | 2016-03-12 17:13 | | Comments(2)
2016年 02月 20日

ツグミの水浴び

土曜は午後から天候は下り坂ということで、またカワセミ池を訪問。

到着早々いつものミコアイサを確認。カメラを担いでいるためか、散歩途中の方がやたらに「ミコアイサはそこですよ」と声をかけてくれる。
不思議に思っているとどうやら4日程どこかに行っていたらしい。それが今朝方戻っていたようで、知らない自分はずっとここにいたものと思っていました。
いつもと同じなので写真は割愛。

●池に流れこむ細流でツグミが豪快に水浴び。
f0324026_19314167.jpg
f0324026_1932060.jpg
f0324026_19322037.jpg
●少し前に撮影したカワセミ
f0324026_1935494.jpg
E-M1+BORG FL71(400mm)

by Nature_Oyaji | 2016-02-20 19:25 | | Comments(0)
2015年 12月 26日

オジロビタキ

2年ぶりにオジロビタキが飛来。
すっかり餌付けされてしまっているので、自然の状況ではないのですが、余り近場に飛んで来ることがないのでその姿を残しておきたい。

ただ餌付け基本的にはよくないことと思っています。
そう思いつつ撮影場所に行って撮影してしまうこと、それは自分で餌を与えていなくても行為を止めない自分も加担しているということ。
普通なら得られない餌と必要のない人馴れ、それが今後生きていく上で影響が出ないことを願います。
f0324026_12591958.jpg
f0324026_12582471.jpg
E-M1+BORG FL71(400mm)

これからかみさんを迎えにいってから茨城へ移動。

by Nature_Oyaji | 2015-12-26 13:00 | | Comments(2)
2015年 12月 20日

鳥たちとの日

昨日の続き。
今日は朝から久しぶりに鳥撮影としました。

●朝日の反射の中で水鳥たち
f0324026_14214296.jpg
f0324026_1422081.jpg
E-M1+BORG FL71(400mm)

●ジョウビタキ(♂)ピラカンサスの実が暫くのご馳走
f0324026_14245047.jpg
f0324026_14253942.jpg
f0324026_14255174.jpg
f0324026_1426201.jpg
E-M1+BORG FL71(400mm)

●ルリビタキ ようやく今季初撮影
f0324026_142953100.jpg
f0324026_1430912.jpg
E-M1+BORG FL71(400mm)

●ヒヨドリ 水飲み場にて
f0324026_14483286.jpg
E-M1+BORG FL71(400mm)

by Nature_Oyaji | 2015-12-20 14:32 | | Comments(4)