オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:昆虫( 18 )


2018年 01月 21日

内房でヒナカマキリとタテジマカミキリ探し

■内房で初のヒナカマキリとタテジマカミキリ探し
前日の移動時からヒナカマキリを探しながら南下。

江川海岸の夕刻にはまだ早すぎるので、途中GoogleMapで見つけた神社を訪問。
すると、いきなり卵鞘発見!
●神社-1 ヒナカマキリ卵鞘
f0324026_18522018.jpg
Olympus E-M1II M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

この神社は集落に近く、境内はきちんと管理されている場所。
過去卵鞘が見つかったのは、わりと放置された様な人里離れたような場所ばかりだったので(そんな所ばかり探していた結果でもありますが・・)、案外探せば生息場所が見つかるのかもしれない。

境内は多くは杉ですが、一部は太めの広葉樹(落葉樹)があり、その木の下にあった建屋の壁に多く見つかった。
やはり隠れる場所となる広葉樹の落ち葉のある場所が必要。高さは大人の膝程度まで。
この境内ではいくつかの建屋に分散して、計10個程卵鞘が見つかった。

●神社-2 翌日、九十九谷展望公園撮影後、同様にGoogleMapで樹木に囲まれた神社を探して移動

次の神社も民家に近い場所で、境内は明るめで平な境内脇はすぐ山間の斜面で、そこには広葉樹はあるものの、主な木は杉。
その樹皮には深い溝があり、その隙間に産み付けられている卵鞘を発見。
f0324026_19095831.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

根元付近の剥がれた樹皮をそっと剥がしてみると、かなり古い卵鞘が見つかった。
f0324026_19125068.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

残念ながらその他新しい卵鞘は見つからず。
ただ別の場所では樹木に絡みついているツル植物の裏などでも見つけているので、ここでもそんな所も丹念に探せが見つかるかもしれない。

その後、今度は北上しながら同様に探索。

●神社-3 
小さな境内で、山を建屋の形に削って建てた様な場所。
ただ周りは豊かな樹木に囲まれている。
周囲10m程の建屋周りを見て回ると・・
f0324026_19222861.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

ぽつんと1個だけ卵鞘を発見。こちらも膝の高さ位。
ここも周りの樹木付近に産卵しているものと推測。

●最後、回った所は小山の頂上にある小さな祠のある場所
頂上ゆえ、ヒナカマキリが生息するには風が強すぎで、隠れる葉も残りにくいので残念ながらヒナカマキリは見つからず(斜面にはいるのかもしれない)。
その代わりと言っては何ですが、山頂付近は嬉しいことにタテジマカミキリの食樹のカクレミノの群生地でした。
斜面にそって約1時間、タテジマカミキリ探しをしてみましたが、やはり相性が悪すぎで結局1頭も見つけられず、撤収。
食害を受けていたり、越冬した跡と思われるくぼみも多数あるのに、どうにも見つかりません。
タテジマカミキリについては、また神奈川方面で再探索予定。

●今回の結果
ヒナカマキリについては、今回の探索条件は、過去行ったように「GoogleMapの航空写真で、林の中にある神社」のみ。

ヒナカマキリ自体は、飛翔しての移動は出来ない種類(元々定地性で移動は少ない)。
そうなると、居そうな場所は
-古くからその環境が守られていて、広葉樹が多い場所
が生き残っている可能性が高いと考え、今回も神社を探索。

結果は3勝1敗。
過去房総で何度か同様の探索を行い、10ヶ所以上探索して見つかったのは2ヶ所のみ。
今回の内房での高確率での発見に驚きです。
今後は訪問地マップを作成し、生息域の観察を引き続き行っていきたい。

タテジマカミキリも同様。
訪問地で一緒に食樹を探して探索予定です。


by Nature_Oyaji | 2018-01-21 19:42 | 昆虫 | Comments(0)
2017年 11月 25日

近場の越冬場所定期観察-3 霜の下りた日

■近場の越冬場所定期観察-3
早朝7時過ぎは約1~2℃。到着したポイントの地面にはうっすら霜が降りた状態。

●紅葉とホソミオツネントンボ
前回は雨だったため、中途半端にチェックしていたので今回はじっくり探索。
ひこばえにいた個体は移動。他のひこばえにも1頭も見られず。
隣の林もチェックしてみましたが、そちらでは見つけられず。

結局は見つかったのは前回同様落ちた枯枝にいた3頭のみ。
今日はだいぶ冷え込んできたので、発見時は完全に越冬姿。
f0324026_06070681.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

●朝日の中で(Photohitoリンク)
f0324026_18040735.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
f0324026_23490065.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●ハラビロカマキリ
林脇の道の並木にひっそり動かず。そろそろ滅する時期・・。
f0324026_18015051.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

■一旦帰宅後、11:30過ぎに隣の区の自然公園のチェック
●ホソミオツネントンボ♂♀各1頭ずつ確認
動きは活発で小さな昆虫には時々飛びかかる様子を確認しました。
朝のポイントよりこちら側の方が暖かいのかもしれません。
残念ながらホソミイトトンボには今回も出会えず。オオアオイトトンボも見つけられず。
f0324026_17463421.jpg
f0324026_17463461.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●オオカマキリ(♀)(Photohitoリンク)
この撮影少し前は何か食していました。
尾部のみでしたがオスだったのかもしれません。このメスはもう一仕事のようです。
f0324026_18030600.jpg
●紅葉してきた林
f0324026_18054727.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

明日はホソミイトトンボ探索予定です。




by Nature_Oyaji | 2017-11-25 17:53 | 昆虫 | Comments(0)
2017年 09月 16日

台風前日

9月の3連休を楽しみにしていましたが、残念ながら台風18号接近中。
今日は曇り、日曜は雨、月曜は何とか回復しそう。

●ヒガンバナ
ご近所のヒガンバナもちょうど見頃。
f0324026_19233922.jpg
f0324026_19235252.jpg
f0324026_19470674.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25

●カトリヤンマ観察
昨年の産卵観察は9/22頃からでまだ1週間前ですが、いつ頃から産卵開始なのか未確認なので産卵場所で待機。
曇りで気温も午後14時過ぎでも22度前後。正午から15時半過ぎまで待ってみましたが産卵には来ず。
探メスのオスは2度ほど目撃。

●産卵場所近くの休耕田
イチモンジセセリやノシメトンボたち。
f0324026_19332904.jpg
f0324026_19334712.jpg
SONY α7II+BORG 36ED(200mm)
f0324026_19582174.jpg
f0324026_19335236.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●問題外来種ムネアカハラビロカマキリ 再発見
2015年にもここで見つけたムネアカハラビロカマキリ。
昨年訪問時は見られなかったので死滅したのかと思っていましたが、しっかり生きていました。外来種で日本のハラビロカマキリを駆逐してしまう程、繁殖力が強いようで駆除が必要。
取り急ぎ千葉県生物多様性センターへは連絡。
f0324026_23245553.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro


by Nature_Oyaji | 2017-09-16 19:37 | 昆虫 | Comments(0)
2017年 09月 03日

フタモンクサカゲロウの卵

コシボソヤンマを待ちながらふと見つけた卵。近くに数個発見。
f0324026_03474295.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro


優曇華(うどんげ)はクサガケロウの卵として知ってはいましたが、実はまだ未見。
それに似ているなと思いつつ取り敢えず写真を撮り、あとで確認してみた所、フタモンクサカゲロウの卵ということが判明。

鮮明ではありませんが、先程の卵の部分をトリミング。
優曇華はまとまって産み付けられていますが、卵自体は一個一個単独。
こちらのものはそれが撚られてまとめられている様にみえます。産卵中の様子、一度見てみたい。
f0324026_03511677.jpg
全てlympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro


by Nature_Oyaji | 2017-09-03 04:01 | 昆虫 | Comments(0)
2017年 08月 17日

夏場後半から秋にかけての計画

週末ごとに天気が悪い・・と思っていたら東京は16日連続の雨だったと、ニュースで改めて確認。
結局は8月に入ってからずっと雨続きという事で、夏はどこへ行ったやら。

ただ先週は夏休みで東京を離れており、3日間は晴天に恵まれつつ成果もあったので、少しは良い思い出にはなりました。

さて関東の天気は、来週火曜日辺りから少し回復するようですが、8月は残り2週間で二度の週末を残すのみ。10月まで含めてサラリーマンにとっては今期はもう残り少ない。

昨年出会えず心残りだった昆虫や、一度撮影は出来たものの更新しておきたいもの、生態的に残しておきたい姿や、生息場所の確認などなど、8月上旬までで行っておきたかった事がほとんど延期状態。

改めて出来なかった事の中で残りの今シーズンでやっておきたい事を書き出してみました。
ここまで来ると毎年出会いたいメンバーもほぼ同じなのですが、昨年よりもっと本来の美しい姿で残したい、昨年撮影のあとでこうしておけば良かったと思う事を実践出来ればと思っています。

8月
●コシボソヤンマの生息場所と産卵
f0324026_06293139.jpg
●ミルンヤンマの生息場所と産卵
(コシボソヤンマ、ミルンヤンマはたくさんいるようなのですが、どうにもご縁が薄い)
●マルタンヤンマ(♂)と産卵撮影
f0324026_06303990.jpg
●オオセイボウ
f0324026_06250351.jpg
●キベリタテハ
f0324026_06260549.jpg
●ジンガサハムシ

9月
●マルタンヤンマ(♂)と産卵撮影(終盤)
●キベリタテハ
●ホソミイトトンボ越冬型羽化
f0324026_06281015.jpg
●マダラヤンマ
f0324026_06315712.jpg
●カトリヤンマ飛翔と産卵(産卵は広角撮影)
f0324026_06350732.jpg
10月
引き続きカトリヤンマ飛翔と産卵(産卵は広角撮影)
●ナツアカネ、アキアカネ広角撮影
f0324026_06334254.jpg
●ヒナカマキリ(都内、千葉の生息場所確認)※皇居周りでの確認
f0324026_06424047.jpg
f0324026_06401531.jpg
●キトンボ、マダラナニワトンボ
f0324026_06452526.jpg
●ホソミイトトンボ定点観察
●オツネントンボ

11月
●引き続きヒナカマキリ(都内、千葉の生息場所確認)
●ホソミイトトンボ定点観察
●オツネントンボ
●ホソミオツネントンボ越冬場所確認
●晩秋、最後のトンボたち(夕日などと一緒に)
f0324026_06471254.jpg
f0324026_06492830.jpg
といつもながら盛り沢山過ぎです。


by Nature_Oyaji | 2017-08-17 06:07 | 昆虫 | Comments(2)
2017年 08月 13日

房総遠征-1 ネアカヨシヤンマ羽化場所訪問

ネアカヨシヤンマ羽化場所に産卵撮影で訪問。
早朝5:30から12時過ぎまで待ったものの、とうとう現れず。マルタンヤンマの羽化殻もありましたので、マルタン産卵にも同時に期待をしていたのですが、こちらも同様の結果。

夜明け直後から湿地上空も見ていましたが、飛ぶ姿は1頭もなく、それでもこれも一つの観察結果です。

待ちながら周りの様子を確認。

●モートンイトトンボ
6月には丁度交尾態が沢山いたモートンイトトンボ、時期的には没してしまう頃でしたが、数頭未成熟の個体を確認。
f0324026_00262397.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
●オニヤンマ産卵
f0324026_01062498.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
●クロスジギンヤンマ産卵
ギンヤンマが飛びながら交尾態を試みようと何度も飛びかかりましたが、クロスジギンヤンマ(♀)は尾部を下げ時に空中で一回転するように飛び、見事にやり過ごす様子を目撃。
f0324026_00381943.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●近くの草地でツノトンボ孵化(初)
こちらは初物。ウスバカゲロウのアリジゴクを黒くして、植物上での生活に変化させたようなイメージ。
これからどんな生活なのか、興味が有る所。
f0324026_00403241.jpg
f0324026_00404698.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

この場所での観察は取り敢えず終了。
今期は羽化撮影では5回、産卵撮影で今回の計6回の訪問。

収穫としては羽化時期の確認と、念願だったネアカヨシヤンマの羽化観察が出来たこと(2回)が最大の収穫。処女飛行も残せたのも嬉しい。
産卵には出会えませんでしたが、新しい場所での観察はこんな積み重ねが必要だなと思いつつ、引き続き来年の観察へ。

羽化については来季は雨上がりのタイミングか、そんなタイミングが無ければ夜2時位から羽化観察としたい。




by Nature_Oyaji | 2017-08-13 17:07 | 昆虫 | Comments(0)
2017年 07月 30日

アオバハゴロモ

アオバハゴロモの2頭。
枝下には少し水滴。

心理テストの様ですが、どう見えますか?(と投げかけてみたものの、どう見えるか、見る方のその時の心情によって様々かと思うので、コメントには返答はできませぬ ♪)

f0324026_23470016.jpg

Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)




by Nature_Oyaji | 2017-07-30 18:46 | 昆虫 | Comments(2)
2017年 06月 11日

房総での面々

房総に行った時のその他の面々
●シラホシカミキリ
f0324026_05141744.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●ヒメイトアメンボ
イトアメンボもヒメイトアメンボも同じような環境で生息するようですが、何故かイトアメンボだけが激減とのこと。
撮影時は区別のポイントも知らず、サイズ(イトアメンボ>ヒメイトアメンボ)や腹部に違いがあるようですが、初めから絶滅危惧種を探す気合もなく、せめてサイズだけでも定規を当てて撮影しておけばよかったと反省。
また次回近くに行った時には念のためチェック。
f0324026_05155104.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

マツムラヒメアブ
複眼が美しかったので思わずカメラを向けたもの中央の単眼が少々凹んでいるものの、表情が面白い。
f0324026_05335911.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●ルリシジミ
集団吸水中。
f0324026_05393924.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●カワトンボ
f0324026_05440497.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO


by Nature_Oyaji | 2017-06-11 22:08 | 昆虫 | Comments(0)
2017年 05月 13日

雨の日

沖縄・奄美方面が梅雨入り。
こちらはまだまだ先ですが、久しぶりのまとまった雨の日。

先日アジアイトトンボを撮影した同じ池を訪問。
●アジアイトトンボとヒゲナガハナバチ 雨の中で。
f0324026_16301766.jpg
f0324026_16304640.jpg
f0324026_16310094.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro


by Nature_Oyaji | 2017-05-13 16:36 | 昆虫 | Comments(2)
2017年 04月 02日

ヒナカマキリ卵鞘確認とホソミイトトンボ確認

ムカシトンボ観察が終了し、ホソミイトトンボ観察場所へ移動。

■移動途中にあるヒナカマキリ生息場所へ卵鞘の様子を確認
昨年秋に卵鞘の場所を確認していた所へ孵化の様子を確認へ。結果的には4つある卵鞘には変化なし。
f0324026_21374775.jpg
Olympus E-M1 M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

■ホソミイトトンボ確認へ
久しぶりにホソミイトトンボの確認で訪問。
まずは田起こしや草が生え始めた田んぼへ。いろいろな植物が生え始めましたがまだトンボたちはここには出ていない。
せっかくなのでたまには田んぼ回りの植物とそこで出会えたナナホシテントウとミヤマセセリを撮影。
f0324026_21402787.jpg
f0324026_21402137.jpg
f0324026_21402658.jpg
f0324026_21403299.jpg
f0324026_21403882.jpg
全てOlympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

その後、越冬していた竹林の中も探してみましたが、とうとう見つからず。
竹林から山あいの上側へ移動するとは思えないので、田んぼに出ていないとなると、竹林付近にいるはず。
でも見つからない。また近々訪問して、その時での様子観察をするしかなさそう。




by Nature_Oyaji | 2017-04-02 21:46 | 昆虫 | Comments(0)