カテゴリ:カメムシ( 3 )


2016年 12月 25日

またホソミイトトンボ探し ・・で心が折れたので

7:30頃からいつものホソミイトトンボの定点観察場所で越冬場所探し。
気温は4℃なので見つかれば越冬姿観察となります。
前回探した場所から更に山の斜面を登たり、前回探していなかった場所をゆっくり探したものの、今回もダメ。
1時間半探して折れかかっていた所で、今日は待ち合わせ予定ではなかったものの、いつもの虫友Tさんもこちらに向かっていて合流。
また手分けをして2時間余り探したものの、またまたダメで今季三度目の空振り(虫友Tさんのブログはこちら)。

途中で先日ホソミイトトンボ写真を撮影されていた方にその時の様や、経験的にいそうな場所を伺うと

-日当たりが長い場所の日影
-比較的気温が高い場所だが、日較差が少ない
-木の上の高い所とは限らず、低い所にもいる
-山の尾根でも見たことがある

などなど。良くフィールドを歩いている方の経験的な話なので、これは助かります。
その後も少し日当たりの良い場所を探したものの見つけられない。
ひょっとするとこの辺りではなく、もっと日当たりの良い場所があり、そこでぬくぬくしているのかもしれません。

二人でまた心が折れてきたので、前回虫友さんがアキアカネやムラサキシジミなど撮影した陽だまりへ移動。
そこで見られた昆虫たちを撮影。

●ウラギンシジミ 越冬個体
f0324026_17023003.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●ウシカメムシ かなり体が小さいと感じつつ、道路を歩いていた所を捕獲し、30mmマクロで手持ち深度合成。
f0324026_17033016.jpg
f0324026_17035804.jpg
f0324026_17043603.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro

●心が折れついでにカミキリムシ(同定不能)に菌糸がついたものまで撮影。これはこれで綺麗です。
f0324026_20171148.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro

さて、次週週末はもう正月休み。
次はオツネントンボ越冬場所に切り替えて、連敗ストップとしたい。




by Nature_Oyaji | 2016-12-25 17:14 | カメムシ | Comments(0)
2016年 12月 18日

房総訪問 オオキンカメムシとルーミスシジミ


房総へルーミスシジミ撮影で訪問。

早朝5:00過ぎ。頭上には月齢18.5の月(満月から数日経たもの)。
f0324026_18255657.jpg
Olympus E-M5II+BORG 71FL

7:00過ぎから活動。まずは朝日の当たる場所を探し、ホソミイトトンボやムラツなどの越冬中の個体を探してみたものの見つけられず。
あちらこちら探しながら見上げた葉にはもう一つの目的だったオオキンカメムシの越冬集団を発見。これは嬉しい。ただ集団といっても3頭一組が2グループ。

●オオキンカメムシ
f0324026_06510059.jpg
Olympus E-M5II1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
f0324026_18333250.jpg
f0324026_18344174.jpg
Olympus E-M5II+SAMYANG OPTICS 7.5F3.5 FISH EYE/MFT BLACK

9時過ぎ頃からルーミスシジミのポイントへ。一人で小一時間程探してみたものの、まだ気温は6℃前後で気配なし。
10時過ぎに以前お会いしたNさんが来られ、日当たりの良い場所で早速1頭見つけて頂き撮影。
f0324026_18393819.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

気温上昇に伴い、だんだん飛び始め地面で開翅する個体もちらほら。
f0324026_06473507.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

11時過ぎには個体数も増え、色々な場面が残せました。
f0324026_18463963.jpg
f0324026_06480922.jpg
f0324026_06471431.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)
f0324026_06505468.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
f0324026_07140848.jpg
f0324026_06462268.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

今季初のルーミスブルーを堪能。ご一緒頂いた方々、いろいろありがとうございました。

帰り道、今年の1月にタテジマカミキリの越冬個体を見つけた場所を訪問。
何本かあるカクレミノを順に見ていったが今回は発見できず。
成虫になるまで2年ほどかかるようだし、カクレミノは幼虫が好む若い木が少なく、安定して繁殖出来る場所ではないのかもしれない。
また新しい越冬場所をさがさねば・・。


by Nature_Oyaji | 2016-12-18 18:56 | カメムシ | Comments(2)
2016年 11月 12日

ご近所散策-1 深度合成でカメムシやハエトリグモ撮影

ご近所の自然公園。
秋口になると公園内の擬木に昆虫たちが集まり始める。
ここは暖かいのかもしれない。

特に今日はカメムシが多く、その中で一番目立つオオツノカメムシを撮影。
●オオツノカメムシ 肩から突き出した赤い角が厳しくもあり、格好がいい。
深度合成時、ストロボを使用したのですが、自然光を入れるためのシャッタ速度が速すぎ、真っ黒になってました・・。残念。
f0324026_15531500.jpg
f0324026_15532305.jpg
f0324026_20510025.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro(深度合成)

●キイロテントウ 体長は4~5mm程度。これはかなり小さい。
透明な樹脂で覆っているかのような姿。
ネットで調べると「幸福を運ぶ黄色いてんとう虫」とも紹介されてますね。
f0324026_15593353.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●最後はカラスハエトリグモ(♀)頭部が平な所がこのハエトリグモの特徴。
f0324026_16032251.jpg
f0324026_16041385.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

昼頃、もう一ヶ所のホソミオツネントンボ・ホソミイトトンボ観察で訪問している場所へ。
結果はホソミオツネントンボが4頭でホソミイトトンボは見つからず。
近くではオオアオイトトンボがまだまだ元気な姿を見せています。
f0324026_23540596.jpg


by Nature_Oyaji | 2016-11-12 16:15 | カメムシ | Comments(0)