カテゴリ:自然( 345 )


2016年 11月 19日

11月の冷たい雨が降った日

まずはいつも観察しているホソミオツネントンボの越冬場所。
先週は見つけられずでしたが、今回もまだ見当たりません。
ひょっとしたら既にここには移動しているのかもしれないので、念のため木に近づく時は足元を見ながら、そしてひこばえ観察。

また以前虫友Tさんから、今の時期木の上部にいる事があると教えてもらっていたので見上げて探しましたがダメでした。

越冬場所にはまだ水滴のみ
f0324026_19433094.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

続いて隣の区の自然公園訪問。
息もうっすら白く見える日。昆虫たちも動けず潜んでいる感じで、出会えたものたちも寒そう。
●イナゴ
f0324026_19493016.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●ツユムシ
f0324026_20531987.jpg
Olympus E-M5II1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●コカマキリ 最後の大仕事の産卵を終えて間もない感じ。尾部先端には卵鞘の様な白い物が見えました。
f0324026_19510096.jpg
f0324026_19511264.jpg
Olympus E-M5II1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●オオアオイトトンボ 本日出会えた唯一のトンボ。
f0324026_23141202.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8(接写リング付き
f0324026_19525469.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8



by Nature_Oyaji | 2016-11-19 19:58 | 自然 | Comments(4)
2016年 11月 03日

久しぶりの晴天の秋の日を魚眼で楽しむ

今日の活動はホソミイトトンボ探しと、晴天となったので宿題だったカトリヤンマと青空の撮影。
同時に今日は魚眼での条件ぎめが出来たらと、意識的に逆光で撮影。
特に今まで逆光での撮影時、ほとんどストロボを使っていなかったこともあり、今回は使用してどうなるか試してみました。
わざと太陽を入れているので、見ていると少々しつこいですがご容赦。

●オオアオイトトンボ
f0324026_20593270.jpg
今日は魚眼を試しながら8:00~10:00頃までホソミイトトンボを探したものの、見つからず。
いつもより早い時間帯なのでどこかに潜んでいた可能性。

●ルリタテハ
f0324026_20595952.jpg
●モンキチョウ
f0324026_2112082.jpg
f0324026_2134559.jpg
f0324026_2131395.jpg
●モンシロチョウ
f0324026_2153152.jpg
f0324026_2153924.jpg
●ヒメアカタテハ
f0324026_2173336.jpg
●ヤマトシジミ
f0324026_21164812.jpg
●コワモテとアキアカネ 真下から撮影していたら偶然・・眩しくて目付きが悪い(^^;
f0324026_21281658.jpg
●コスモス
f0324026_2182020.jpg
f0324026_2182689.jpg
Olympus E-M5II+SAMYANG OPTICS 7.5F3.5 FISH EYE/MFT BLACK(モンキチョウペア撮影のみOlympus E-M5II+NOKTON 10.5mm F0.95)

宿題のカトリヤンマ撮影。
前回と同じ田んぼを探索。結果は2頭ほど来たものの、前回同様なかなか近づけずでようやく撮影出来たものの、ストロボが強すぎという設定ミスで白飛び。
今日は結局この一枚のみ。青空もうまく入れられずでまた来年へ宿題持ち越し。
f0324026_2114081.jpg
Olympus E-M5II1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

夕日を待っての撮影。
●アキアカネ
f0324026_22262413.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
f0324026_21181852.jpg
f0324026_21184181.jpg
Olympus E-M1 M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

今日のまとめ
Olympus E-M5II+SAMYANG OPTICS 7.5F3.5 FISH EYE/MFT BLACK
●光芒を出すにはSAMYANG OPTICS 7.5F3.5 FISH EYEではF11程度。光芒以外は欲しい被写体深度で絞りを設定(これは自分の好みとか何をどう表現するかなのですが、まだまだ自分の中でイメージが固定しません)
●ISO200~500
●F値、ISOを固定としてシャッター速度はカメラ任せ。今回はPモード(結局は絞りはマニュアルでしたのでAモードと同じ)
●一度、対象を撮影してみて背景の明るさを確認。明るさはISOとシャッター速度で調整なのですが、ISOは簡単ですが、シャッター速度はMモードに移してやる必要があります。
●その時のストロボの強さを確認。被写体の明るさはストロボで調整。

う~ん、これで良いのか。ただまとめにも書きましたが「何をどう表現するか(素人がおこがましい表現ですが)」が有っての設定決めなので、まずは色々なものを撮影したり、プロの方の写真を見たりで自分に響くものを見つける事が一番。

今はそれが見つかった時のために、じゃあ設定はどうする?に対応するためのテスト中ということで、まずは撮れる条件を探しました。

by Nature_Oyaji | 2016-11-03 21:34 | 自然 | Comments(2)
2016年 11月 01日

秋日

昆虫たちもそろそろ終焉。
会社隣の公園で秋の日を楽しみました。

魚眼であえて逆光にして、被写体にはストロボを当てての撮影。どんな条件がよいやら試行錯誤。
きちんと初めから頭の中での設定はまだまだ無理。
でもそんな試行錯誤もまた楽しい。
f0324026_06185266.jpg
f0324026_06190184.jpg
Olympus E-M5II+SAMYANG OPTICS 7.5F3.5 FISH EYE/MFT BLACK


by Nature_Oyaji | 2016-11-01 06:21 | 自然 | Comments(0)
2016年 10月 29日

コスモス

朝のうち少し天気が良かったので、たまには季節物を撮影。
f0324026_19173682.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
f0324026_19174181.jpg
Olympus E-M5II+SAMYANG OPTICS 7.5F3.5 FISH EYE/MFT BLACK
f0324026_19174655.jpg

f0324026_19175375.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro



by Nature_Oyaji | 2016-10-29 12:14 | 自然 | Comments(0)
2016年 10月 14日

夕日

会社が早く終わったので夕日撮影へ。
f0324026_20543848.jpg
Olympus E-M5II+NOKTON 10.5mm F0.95


by Nature_Oyaji | 2016-10-14 20:55 | 自然 | Comments(2)
2016年 09月 28日

年内の計画 お天気次第

今年は昨年にも増して天候不順に悩まされ、あっという間にもう10月。
会いたいと思っていた昆虫たちの計画はもう伸び伸びで、時期を逸してしまったりし始めています。

残り出来るか出来ないかお天気次第ですが、年内の計画です・・。
休日数と計画数からするとすでに無理な気もしています。

10月
●アカネ系の産卵/ウスバカマキリ
●カトリヤンマ産卵/夕日とトンボの撮影
●ミルンヤンマ産卵
●マダラナニワトンボ、キトンボ(昨年訪問した場所へ)
●キベリタテハ、クジャクチョウ、ヤマキチョウ、アサギマダラ
●シルビアシジミ(千葉か、栃木。千葉ならシルビア近くでヒナカマキリの生息場所探索をセットで。栃木ならハネビロエゾとオツネントンボ セットで)
●ヒナカマキリ 一ヶ所は生息場所を見つけましたが、その近くの怪しげな場所を何ヶ所か確認
●引き続き越冬三種の秋口から越冬への様子(オツネントンボ、ホソミイトトンボを中心に)

11月
●ルーミスシジミ/タテジマカミキリ越冬/オオキンカメムシ越冬/ヒナカマキリ
●引き続き越冬三種の秋口から越冬への様子(オツネントンボ、ホソミイトトンボを中心に)

12月
●ルーミスシジミ/タテジマカミキリ越冬/オオキンカメムシ越冬/ヒナカマキリ卵鞘探し
●フユシャク
●引き続き越冬三種の秋口から越冬への様子(オツネントンボ、ホソミイトトンボを中心に)

う〜ん、盛り込みすぎで体が足りません・・。


by Nature_Oyaji | 2016-09-28 13:01 | 自然 | Comments(4)
2016年 09月 25日

ようやく晴れの日 ご近所にて

4連休もお終い。
昨日は1日雨でとうとう何も撮影に出ること無く終了。
最後の日は山梨方面へキベリタテハやクジャクチョウ、ヤマキチョウ撮影を計画していましたが、昨日まで晴れマークだったものが夕方の予報では雨に変わり、残念ながら急遽取り止め。

急な家の用事も片付け、ご近所の様子撮影。

●アキアカネも産卵の頃 時々水面で産卵
f0324026_18083714.jpg
Olympus E-M5II1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●ナツアカネ ここでの昨年の撮影 産卵時の落ちる卵が写ったもの BORGで遠目のものを撮影したものの、自分でもあまり良くなくて、この更新をと思っていましたが、遠くにいるばかりで近付けず。また次回。
f0324026_19123186.jpg
Olympus E-M1+BORG 71FL

●モンキチョウ
川に近い防波堤の斜面。
いつもここで飛翔を狙うわけですが、いつも何故か天気が悪くなり条件はよろしくありません。
無理して魚眼のみで近付いたのでどうもボケボケの下手なものばかり。12-40mmでも狙えばよかったと反省。
f0324026_17320209.jpg
f0324026_17321152.jpg
f0324026_17321592.jpg
Olympus E-M5II+SAMYANG OPTICS 7.5F3.5 FISH EYE/MFT BLACK
●キタテハ
f0324026_17350216.jpg
Olympus E-M5II1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
●ウラナミシジミ
この時期の出会いを楽しみにしているチョウ。飛翔時の翅の表の色は青系で美しい。
f0324026_17453803.jpg
▽♀
f0324026_17464918.jpg
▽♂
f0324026_17465929.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●ネコハエトリグモ
同じ植物回りに妙に沢山の姿。しかも♀ばかり。
f0324026_17550535.jpg
拡大すると一番大きな単眼には秋空。
f0324026_17565789.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro




by Nature_Oyaji | 2016-09-25 17:58 | 自然 | Comments(0)
2016年 08月 16日

台風7号接近中 午前中のみご近所散策

朝からご近所の様子を。午後は台風7号接近のため雨模様なので午前のみの活動。

●ショウリョウバッタ
漢字で書くと精霊蝗虫。精霊流しの精霊船に似ることからとWikiにあり、今頃にふさわしいバッタ。
また少し飛んでもらって撮影。
f0324026_15344893.jpg
f0324026_15410272.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●ウスバキトンボ
同じ斜面には沢山のウスバキトンボの群れ。
相当数いるのですが、これをどう撮影したら表現できるか・・。
イメージ的には手前に大きめに1頭とその向こうに群れている様子が良さそうですが、なかなか撮れません。
人の回りに近寄らないかというとそうでもなく、飛ぶ高さも目線だったりするので、タイミングの問題。
四苦八苦の結果の撮影ですがこんな感じ。空も暗くて必要以上に入ってしまい、高さももっと目線で。また再挑戦。
f0324026_15455636.jpg
Olympus M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

以前、ヤブヤンマの産卵を撮影した神社の小さな池を訪問。
何度か産卵時間帯に訪問しているものの出会えず。
産卵に来ていた頃はもっと木が上に覆いかぶさり暗めでしたが、今はバッサリ切られてしまい環境変化で来なくなった感じ。


●代わりにいたリスアカネを撮影。
f0324026_15531338.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●その近場にいたコノシメトンボ(♀)
f0324026_16011843.jpg
●ナツアカネ(♀)
f0324026_16012595.jpg
Olympus M5II+SAMYANG OPTICS 7.5F3.5 FISH EYE/MFT BLACK

明日は台風一過。関東はちょうど昼頃から天候回復で気温上昇。
夏休み最後の日。先日撮影しそこなったルリモンハナバチとヤブヤンマ産卵で締めくくりたい。





by Nature_Oyaji | 2016-08-16 16:07 | 自然 | Comments(2)
2016年 05月 23日

トンボ沼 その他の昆虫たち

トンボ沼の続き・・。
最近はトンボが多いのですが、基本的には昆虫全般が範疇です。
トンボ撮影の途中で出会えた昆虫たち。

●オオルリハムシ 
湿地の宝石とも言われているようです。アカガネサルハムシと同系の色合い。
生息域も限られ、残念ながら絶滅危惧種のよう。ただこの場所には多数生息。
f0324026_20571971.jpg
f0324026_20572765.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●コフキトンボ 
オビ型 昨日と同じ個体 写真追加です。 
f0324026_20575489.jpg
●ダイミョウセセリ
f0324026_2058972.jpg
●ホシベニカミキリ
名前を調べている最中、ネットで検索しているとなかなかのレアなカミキリらしい。ベニカミキリより二回り大きな感じ。紅色が美しい。
f0324026_2059554.jpg
f0324026_210643.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

by Nature_Oyaji | 2016-05-23 21:02 | 自然 | Comments(0)
2016年 05月 15日

キバネツノトンボ

以前から気になっていたキバネツノトンボ。
生息場所が限られることと、都内では絶滅したという話も聞き、少し遠征が必要。
昨年、生息場所などをネットで探し一年越しでの訪問。

なお独特の翅の様子も撮影したくて、少し触角を触るなどして開いてくれた所を撮影しています。

●キバネツノトンボ(♂)
f0324026_18122916.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
f0324026_18162355.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●キバネツノトンボ(♀)
f0324026_18132984.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
f0324026_18134197.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
f0324026_1814998.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●キバネツノトンボ(♂♀)サイズ比較 近くに居た♂を♀が止まっている所へ移動させて撮影。なので自然によったものではありません。
f0324026_18173165.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

顔のアップ。複眼が二重構造というか、一部盛り上がっています。
恐らくは空中の餌を捕食するため、相当良い目が必要でそのための構造かと思われます。
トンボの複眼は頭のほぼ全てを占めていますが、そこへの変化の過程のような姿?
トンボもこのような変化を経て巨大な複眼を持つに至ったのかも??
f0324026_121727.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

正面顔。モフモフ感たっぷりです。
f0324026_1533227.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

by Nature_Oyaji | 2016-05-15 18:21 | 自然 | Comments(0)