カテゴリ:自然( 345 )


2014年 03月 29日

春の昆虫たちとの出会い

一気に春の陽気となりいよいよ昆虫の季節です。
昆虫たちとの出会いも楽しみですが、新しいカメラ・レンズの試し撮りも楽しみです。

まずはOM-D E-M1での試し撮りです。E-M5ではフォーカス時の拡大をF1ボタンに振り分けていましたがかなり操作性が悪いと感じていました。E-M1ではレンズ脇にちょうど握った指先辺りに新たなボタンがあり、ここに拡大を設定。非常に操作性が上がりました。これは良いです。

近くにいたヒヨドリを撮影(手持ち)。解像度は三脚を使いもっとじっくり追い込めば良くなると思いますが、基本は手持ちで散策時の出会いをさっと撮るのが主なので、この位撮れれば満足です。
f0324026_18271018.jpg
OM-D E-M1+BORG 71FL


いつもの自然公園に移動。入り口近くでヒメオドリコソウにハチがいたので暫く撮影。
これはニッポンヒゲナガハナバチのオス。白系と茶系がいます。これは白系。
f0324026_18281974.jpg
茶系
f0324026_18290242.jpg
ヒメオドリコソウの受粉に特化しているわけではないのでしょうが、顔の正面に花粉が付いて花に潜り込む際上手く受粉しているようです。下の写真の顔が黄色いのは花粉です。
f0324026_18294878.jpg
よく似たシロスジヒゲナガハナバチというのがいて、区別は透明な前翅の模様の一部が違うという少々マニアックな部分になります。撮影時前翅部分を撮影し、家でニッポンヒゲナガハナバチと確認しました。

少し場所を移動してチョウの撮影(試し撮り)です。
飛翔はやはり難しいですね。かなりの枚数撮影して、見られそうなのは数枚です。(練習あるのみ) 飛翔はE-M1+シグマ 19mm単焦レンズです。あとはD7100+シグマ105mmマクロでの撮影。

スジグロチョウ
f0324026_18304021.jpg
今年初のツマキチョウ
f0324026_18331544.jpg
ツマキチョウはこの数日の暖かさで一気に出てきたようです。

ヨモギハムシ メスはすでに卵があるようでお腹は前翅に入りきれず、2/3ははみ出しています。
f0324026_18340527.jpg
マミジロハエトリ(♂)今年初見
f0324026_18342888.jpg
ルリシジミ
f0324026_22134557.jpg
ベニシジミ
f0324026_18353981.jpg
キタテハ
f0324026_22143308.jpg
アセビ
f0324026_04165676.jpg
ビロートツリアブ 吸蜜中
f0324026_18355833.jpg


D7100+AF-S DX 18-55mmf/3.5-5.6G VRでの飛翔の試し撮り。暗い場所でシャッタスピードも1/3200だったので画像が粗めとなりました。

キタキチョウ
f0324026_18361233.jpg
f0324026_18362843.jpg
f0324026_18365009.jpg
明日は雨模様との事で、今日やりたかった事が出来、出会いたかった昆虫たちにも出会えて一日良い日でした。



by Nature_Oyaji | 2014-03-29 22:52 | 自然 | Comments(2)
2014年 03月 25日

会社近くの花壇で昼休みのひととき


会社近くにご近所のボランティアの方たちが手入れされている花壇があります。
昼休み、散歩がてらカメラ片手にぶらつくのが楽しみの一つです。

E-M5にシグマの19mm F2.8 DNを付けてできるだけローアングルかつ近距離での撮影です。
f0324026_01175257.jpg
小さな名前が特定出来ない昆虫がデイジーについていました。
f0324026_01211133.jpg
ハナキャベツも少し拡大気味にすると面白い絵になります。
f0324026_01221594.jpg
福寿草
f0324026_01241205.jpg
ハナアブも吸蜜(名前わからず)
f0324026_01254081.jpg
最後はキタテハ。この春ここでは初見。
f0324026_01284195.jpg




by Nature_Oyaji | 2014-03-25 01:57 | 自然 | Comments(2)
2014年 03月 23日

花やミツバチたちとの時間

初めに行ったのは市内の緑地として保護している所。チョウ目当てで行ってみました。到着して初めに目についたのが、ビロードツリアブ。蜜を吸うための口が伸びていて特徴的な形。
f0324026_17583008.jpg
通りかかりの知り合いの方から近くに春蘭が咲いていると教えてもらう。この時期だけの花。ご近所友だちと合流して観察。
f0324026_18010179.jpg
f0324026_18012040.jpg
ご近所友だちから紹介のブドウトリバ。翅の開張は1.5cm程度の小さい蛾。ガガンボに擬態という説もあるとの話を聞くが、たしかに擬態するメリットって??
f0324026_18110910.jpg
これはシロバナタンポポ。花の数(タンポポは小さな花の集合体)が少なく、結果種も少ないため広範囲には広がらないようです。日本には20種類以上のタンポポが自生しているようです。結局ここではチョウは見つかりませんでした。
f0324026_18281500.jpg
f0324026_18290939.jpg
オオイヌノフグリの群生地でミツバチの撮影。いろいろな表情を見せてくれます。
f0324026_18373983.jpg
f0324026_18381886.jpg
f0324026_18370289.jpg
f0324026_18480481.jpg



by Nature_Oyaji | 2014-03-23 18:42 | 自然 | Comments(2)
2014年 03月 22日

ヒレンジャク、今季初見

今季は毎週のように回っている近くの自然公園など、冬鳥の数が少なく妙な冬でした。
昨年、真冬の頃から春先まで見られたキクイタダキはさっぱり、ウソも昨年3月には梅の木にとまったのを撮影しましたが、今季は姿を見せません。
少し寂しい思いをしていましたが、鳥友の先輩からヒレンジャクが来ている場所を教えてもらい、少し元気をもらいに少し遠出をして会いに行ってきました。

ヒレンジャク いつ見ても独特の色と形、惚れ惚れします。何か元気をもらいました。
f0324026_23311287.jpg
この枝の根元には水がたまっているらしく、頻繁に飲みに来ていました。
f0324026_23331118.jpg
f0324026_23342204.jpg
f0324026_23345617.jpg
ヒレンジャクの撮影も一段落。気が付くと足元のヒメオドリコソウの群生にいろいろ昆虫が出ていました。TG-2+魚露目8号での撮影。

ナミホシヒラタアブ
f0324026_23473297.jpg
ナナホシテントウ
f0324026_23484509.jpg
もう幼虫も出ています。ヒメオドリコソウにはナナホシテントウの成虫も幼虫いるので、アブラムシが葉の裏などにいるものと思います。
f0324026_23500691.jpg
ネコハエトリグモ 丸々しています。越冬から活動開始したものでしょう。何やら餌らしきものをしっかり掴んでいます。今年もまだ会えていないハエトリグモの仲間の撮影は目標にしたい。
f0324026_23514690.jpg
家の近くでたまたま見つけたオオイヌノフグリの群生地。セイヨウミツバチが吸蜜中。
f0324026_23540853.jpg







by Nature_Oyaji | 2014-03-22 00:35 | 自然 | Comments(2)
2014年 03月 16日

春らしくなってきました

桜はまだまだ先ですが、足元には春の小花が満開です。

オオイヌノフグリ
f0324026_19404826.jpg
虫の目線で見るとこんな感じでしょうか。見上げると花の裏側。
f0324026_19431846.jpg
f0324026_19445263.jpg
ナミホシヒラタアブ(メス)が吸蜜に
f0324026_20120065.jpg


ホトケノザ
f0324026_19460465.jpg
f0324026_19505949.jpg

菜の花も開花
f0324026_19520227.jpg
セイヨウミツバチ
f0324026_19552094.jpg

モンキチョウ この所の暖かさで一気に蛹から成虫へ。
f0324026_19593061.jpg
f0324026_20012350.jpg

ナナホシテントウも活発に活動
f0324026_20064597.jpg

ムラサキシジミ
f0324026_20083291.jpg




by Nature_Oyaji | 2014-03-16 20:16 | 自然 | Comments(3)