オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:自然( 349 )


2016年 03月 08日

3月中旬からの計画

いよいよ本格的な昆虫たちの季節到来です。

冬の間にExcelに昨年の成果をまとめて、今年の訪問計画を練っていました。
とりあえず4月上旬は昨年時期を逸して撮影出来なかったムカシトンボの羽化撮影。そろそろヤゴが川から上がって石の下などで過ごす頃なので、そちらも観察したい。

●3/12-13 オツネントンボ 水辺へ移動?
●3/19-21 オツネントンボ産卵、ムカシトンボ羽化場所下見(上陸観察)
●3/26-27 ホソミオツネントンボ 色の変化確認 
●4/2-3   ギフチョウ  
●4/9-10  ムカシトンボ羽化 サナエトンボ羽化

でも体が足りない予感・・。

by Nature_Oyaji | 2016-03-08 20:29 | 自然 | Comments(2)
2016年 02月 27日

オジロビタキとメジロ

明日、また越冬トンボ探しで少し遠出のため今日は近場の様子を。

午前中、オジロビタキも春先にはまた渡ってしまうので、もう一度残しておきたい。

●オジロビタキ(ニシオジロビタキとする方もいますが当方では同定できず)
f0324026_17592056.jpg
▽水浴び場所で
f0324026_17594611.jpg
f0324026_18331490.jpg
E-M1+BORG FL71(400mm)

●シロハラ あまり近づくことの出来ないイメージでしたがこの個体は逃げる様子もなく3m先の所を撮影
f0324026_1834744.jpg
E-M1+BORG FL71(400mm)

午後は車がないので自転車で隣の区の自然公園へ。
気温は約12℃で、越冬トンボが活動し易い14℃にはまだ低い状況。
それでも期待して訪問したものの、風が強すぎでどうにも条件が悪い。でも逆に考えればこの風が余り吹き込まない所を探せば越冬場所としては良い場所ということになりそう。

暫く林の中の道を風が来ない場所を探したものの、綺麗に下草の刈り取りなど整備されてしまっているため風通しが良すぎで、道の脇にはここ!と思える場所はなし。
一部鳥保護のための立ち入り禁止区域がありひょっとするとその辺りなのかもしれない。

帰りがけに河津桜にメジロが来ていたので撮影して帰宅。
●メジロ 蜜に夢中で近くによっても逃げる様子もなし。
f0324026_18232844.jpg
f0324026_18234578.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

by Nature_Oyaji | 2016-02-27 18:25 | 自然 | Comments(0)
2016年 02月 14日

春一番の日 また地元散策

昨日に続き、今日も気温上昇。ただ違いは夜から雨と風が強く嵐の様相。
午前中、気象庁は関東、北陸、中国、東海地方で、「春一番」が吹いたと発表。

午後家の用事があるので、嵐の朝から少しご近所をまた訪問。
昨日はすでに飛んでいるホソミオツネントンボを見ていたので、経過観察している場所の様子も見ておきたい。

現場着時は強風と強めの雨。こんな中でどう過ごしているかと思ってみると、風向きが変わるごとに体が持って行かれるという風見鶏状態。それでも懸命にしがみついていて必死に耐えていました。

●ホソミオツネントンボ 写真では静かに見えますが、実際は強風と雨の中でもう飛ばされそうな状況。
▽近くにいたオスメス同士
f0324026_17222644.jpg
▽オスのみ
f0324026_17243369.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

オスの姿を初めて見た際、実物は色が記憶にある姿より濃い感じがして、春が近づき少し色合いが変化しているのか・・と思ったのですが、どうやら尾部の模様の濃い部分の範囲が微妙に他のオスより広めの様です。

▽他のオスの様子 両方共初めのものより下側からの撮影ですので、少し模様が隠れていることもありますが、実物を見た感じでは一番初めのものが一番濃い感じがしました。
f0324026_17285183.jpg
f0324026_1729099.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

模様には個体差があるのかもしれません(あるいは本当に色の違いが出ているのかも・・)。また次回確認です。

この林近くの自然公園に移動。ちょうど昼近くに急に雨が上がり青空に。
気温が高い上に、日差しが出ればホソミイトトンボが日なたぼっこに出ている可能性大です。
木道をゆっくり歩きながら確認。

●ムラサキシジミ
f0324026_17414447.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●その少し先で今度はムラサキツバメ 以前最大20頭以上いた集団がいた場所の近く。集団はとっくに無くなってしまっていますが、こうして日なたぼっこに出てくるというのは近くで越冬している可能性大です。
f0324026_17435290.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●ここでもホソミオツネントンボを発見。活性が高く、見つけた場所は3m程上の場所。
f0324026_1745851.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●足元のトクサには数頭の越冬個体
f0324026_17455267.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

近くにいた方から聞いた所ではこのトクサ回りに5~6頭はいたようです。

この付近を中心にホソミイトトンボの姿を探してみましたがここでも撃沈。険しいです・・。

●所々にある水たまりにはもうカエルの卵が多数。
f0324026_17514473.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

かみさんからの連絡で今日は帰宅。

by Nature_Oyaji | 2016-02-14 21:53 | 自然 | Comments(2)
2016年 02月 13日

久しぶりに地元探索

今日は天気予報によると地元は18度近くになるとの事。
以前近くの公園で11月にホソミイトトンボを撮影していて、まだそこで命をつないでいるようであれば、今日の天気では日なたぼっこに出てくる可能性もあり、探してみることに。

午前中は近場のカワセミ池へ。
●カワセミ 早朝からオスメスが呼び合うように鳴いていて、まだ繁殖には早いものの良い雰囲気。
f0324026_17114882.jpg
●昨年より一月遅れで飛来したミコアイサ
f0324026_17131590.jpg
●足元にはツグミ
f0324026_17143030.jpg
すべてE-M1+BORG FL71(400mm)

午後、ホソミイトトンボを撮影した公園へ
心配した曇りではなく、太陽も出て風もなく条件的には良好。
f0324026_17191989.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

以前、ホソミイトトンボとホソミオツネントンボを撮影した場所へ。大木の根元にノイバラが生えている全く同じポイント。
到着と同時に上から降ってきたようにホソミオツネントンボが目の前に留まりましたが、この気温では活性が高く少し動いただけで撮影前に逃走。やはりノイバラが生えている場所は暖かく、お好みの場所のようです。
f0324026_17245468.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●クビキリギスはすっかり春モードで、近づくと飛んで逃げるありさま
f0324026_1728687.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●菜の花も咲き、ニホンミツバチたちも活動
f0324026_17535798.jpg
f0324026_173597.jpg
E-M1+BORG 36ED(200mm)

時間を置いてホソミオツネントンボがいた場所でまた探してみましたが、風が強くなり諦めて帰宅。

by Nature_Oyaji | 2016-02-13 17:42 | 自然 | Comments(0)
2016年 02月 12日

房総へ越冬昆虫探し

今日は有給休暇を頂き、房総で越冬昆虫探し。

以前タテジマカミキリ探しで訪問した場所では幼木への食害多数でしたが、越冬している成虫の姿が見つけられずにいました。
再度タテジマカミキリ探しで訪れた隣の山では食害を受けている幼木を始め、カクレミノ群落を見つけましたが、やはり越冬中の成虫は見つけられずの結果。

以前も書きましたが、幼虫はいるが成虫が見つからない(見つけられないのかもしれませんが)この場所はひょっとしたら越冬しないのではないか・・。
そして見つかった内房はもっと南で海が比較的近く、見つけられなかった場所よりはるかに暖かい。

今回は外房の暖かい場所で見つけられるか、確認のため早朝から訪問。
外房の海岸線には保安林のエリアがあり、カクレミノもその林に生えているとの事。暖かい場所で期待していたのですが、結果的には沢山の幼木に食害もなく、大きな木にも越冬した形跡もなし。海岸線に近いこの様な場所はダメということかもしれません。次回は内房で経験した場所と同じような、少し海岸線より内陸の場所で探してみようかと。今日はこれにてタテジマカミキリ探しは終了。

次は今日のもう一つの目的のオツネントンボ探し。昨日の延長戦です。
越冬しているであろう場所は昨日書きましたが、草の根元や木の皮の裏など。
今日は暖かくなるとの予報ですが内陸のため到着した10時過ぎでも気温は冬の朝そのもの。

越冬前に餌探しをしている場所は、川近くの山あいの草地。
f0324026_17592771.jpg
この場所で潜んでいそうな場所を考えると、
▽笹の根元か?
f0324026_1843675.jpg
▽ススキの中か?
f0324026_1852513.jpg
▽日当たりの良い斜面に生えているシダの裏か?
f0324026_186553.jpg
と思い長時間探してみましたが、またもや空振り。

すべて縦方向にしか留まる事しか出来ない場所ですが、ネットで見る越冬姿は横に留まっての姿(倒れた木のめくれた樹皮の下など)をよく見るので、付近でそのような場所も探してみましたが近場では無し。

今考えると探していた場所は川のすぐ近くなので、風も通りやすく余り越冬には適していない気もしています。川の反対側の山あいにはクヌギ林のようなホソミオツネントンボが越冬している環境と似ている場所がありました。そこは確認出来ていないのでまた次回に。

今日見つかった唯一の越冬姿
●ウラギンシジミ オツネントンボがいるかもしれないと思っていたシダの裏で越冬中
f0324026_18241072.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

越冬個体探しは難しい・・。

by Nature_Oyaji | 2016-02-12 18:42 | 自然 | Comments(0)
2016年 01月 24日

神奈川方面でタテジマカミキリ探し

今日は先日の房総でのイメージが残っているので、ネットで見つかった神奈川の自然公園でまたタテジマカミキリ探し。

朝6:30には到着していたものの、初めての場所は駐車場も何処に食樹があるのか全くわからず、とりあえず公園内の谷戸がある付近に移動。
30分も駐車場探しでかかってしまい、ようやく7:00から谷戸脇の細道から山あいへ活動開始。

▽山道に入ってすぐ見つかったカクレミノには明らかに食害と越冬跡と思われる傷。
f0324026_15555942.jpg
f0324026_15562649.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

▽霜の花
f0324026_16195089.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

この道脇には何本か親指の太さ程度のカクレミノが数本ある位で、特に多いとは思えない状況。
所々生えてるヤツデも注意して探してみるも成果なし。
ハリギリは幼木が数本ありましたが、タテジマカミキリがいる様子なし。

少し南向きの場所で探すため、場所を移動し、峰にある道を探しながら移動。途中でばったり出会ったIさんと一緒に探すも食樹のカクレミノ、ヤマウコギやハリギリの幼木自体が無く、これではどうしようもありません。
たまにあるハリギリはすっかり大木になったものばかりで、これでは越冬個体がいても見つけれません。

公園内をほぼ半周した所でIさんは別行動へ。お疲れ様でした。

別れた場所は朝、カクレミノを見つけていた場所の近く。もう一度その周りを探してみると、ようやく幼木を含むハリギリ多数の斜面が見つかりました。合わせて同じ場所には適度に大きくなっているカクレミノもまとまって生えていました。
ハリギリは細いもの、太いもの(直径5cm程)合わせて20本近く、またカクレミノは3mも行かない位のものが5~6本。喜び勇んで片っ端から探してみたのの、とうとう越冬個体は見つけられず終了。
f0324026_16131817.jpg
f0324026_16132740.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

食害があったので、ここには明らかに生息しているはずです。
今日見つけたハリギリの林は今後も続けてみていきたいポイントです。

今日は朝7時からほとんど休憩なしで13時まで6時間歩きつづけの活動。途中でストロボのディフューザー落としてしまったりと体も心もだいぶ疲れましたが、食樹の場所がとりあえずわかったので良しとします。

by Nature_Oyaji | 2016-01-24 16:44 | 自然 | Comments(2)
2016年 01月 17日

オオキンカメムシ 越冬個体

タテジマカミキリ撮影後、昨年撮影したオオキンカメムシの越冬場所を確認。
何の調査も無しに感で訪問して見つけることの出来た思い出の場所。
外房には多数集まっている越冬場所があるのですが、ここでは1個体しか見つけられず(昨年も数頭ほど)。

●オオキンカメムシ
▽海岸近くの少し高台で日当たりの良い場所。こんな場所で越冬。
f0324026_2340592.jpg
▽寒い中、葉の上に移動してもらい撮影
f0324026_23402378.jpg
f0324026_23403353.jpg
f0324026_23404230.jpg
f0324026_23404970.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

この後、また元の葉の裏に戻して撤収。




by Nature_Oyaji | 2016-01-17 23:42 | 自然 | Comments(0)
2016年 01月 17日

タテジマカミキリ ようやく発見

房総へ家庭サービスで訪問。
ちょうど房総は水仙の頃。かみさんたちが見ている間、懸念だったタテジマカミキリ探しを実施。

山あいの日当たりの良い場所に行くと、約5m程のカクレミノの木があり、見上げた2.5m上の枝先にようやくお目当てのタテジマカミキリを発見。

●タテジマカミキリ(雌雄は不明)こうしてみるとやはり見事な擬態。写真は深度合成したので葉っぱなどが不自然な仕上がり。
f0324026_232138100.jpg
f0324026_22541864.jpg
f0324026_23243277.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

この個体がいた同じ枝のすぐ上には越冬個体がいたと思われる新鮮な跡。
f0324026_22564393.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

この空き家の推測ですが
▽この場所もすでに採取者には知られていて、すぐ上にいたと思われる個体は残念ながら採取された可能性。
この個体を見ると触角が片方折れていたため、採取を免れたのか。
▽あるいは、妙に樹液が出ているので、この個体が一度越冬場所を作ったものの、気に入らなかったのかも。
今の様子を見ると樹液は出ていないので、出る場所では一冬過ごせないのかもしれない・・。

多分後者の可能性が高い気がします。

さてさて、たまに家庭サービスをすると、何やら出会いの神様が降りてきてご褒美をくれるようです。
お陰様でこの冬の目標の一つのタテジマカミキリ探しは2連敗で決着。




by Nature_Oyaji | 2016-01-17 23:15 | 自然 | Comments(2)
2016年 01月 04日

タテジマカミキリ探し

正月休みも今日でおしまい。最終日はこの冬の目標の一つの「タテジマカミキリ」探し。

タテジマカミキリは体長約2cm、触角はそれ以上に長い。越冬時は食草のカクレミノ等の枝に少し体を収められるくぼみを作り、触角を前方に出してしがみつく。色も形も越冬するための擬態ですが、加えて数が少ないようで探すのには苦労しそう。

予め食草のカクレミノが多数自生している場所をネット等で検索してダメ元で訪問。
食草のカクレミノ(隠蓑)はウコギ科の常緑亜高木で5~7メートル程にもなる木。ここには木登り出来るほど成長した大きなものや、1m、2m程度のものなど様々。

ネットでの越冬写真を見ると、タテジマカミキリの体長からしてあまり太い枝は好みでないらしいので、大きく成長した木や若木などの大人の小指~人差し指程度の太さの部分を中心に丹念に確認。

■山道での確認
日当たりは周りに杉等巨木があるためあまり良くなく、所々スポット的に光がある所にカクレミノは生えている感じ。それでも大きく成長しているものや、若木のものまで多数。常に光がなくても成長出来るようです。
約1時間程山道を歩きながら一本一本チェックしてみたものの、越冬個体もまた過去越冬したであろう噛み跡も見つかりません。

■一旦戻って別の場所を確認
今度は開けた場所の日当たりの良い場所にあるカクレミノを見ると、若木で先端が無くなっているものが数本あり、引き寄せた際折れてしまった枝に幼虫を発見。
▽右の枝が食害されていた部分。中央にあった枝も食害を受けた跡が・・。
f0324026_15114448.jpg
▽折れた枝内にいた幼虫 体長は3cm程。
f0324026_15125646.jpg
▽近場の日当たり良好な場所の若木を見ると、かなりの確率で同様の食害を受けていると思われるものを発見。先端には少し穴が開いています。割ってはみなかったものの、中には幼虫がいるものと思われます。ここには案外個体数は多いのかもしれません
f0324026_15185548.jpg
f0324026_1519185.jpg
▽並んで生えている3本とも食害の可能性
f0324026_15191452.jpg
f0324026_15194291.jpg
▽幹の傷がふさがっていて、恐らく過去越冬したと思われる場所
f0324026_15355662.jpg
すべて Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

今日の結果
幼虫がいるのは日当たりの良い若木で、大人の小指程の太さのもの。
それは自分の体のサイズと食する部分のサイズが同じくらいの太さ。
また潜んでいる枝の先端は無く、食いつくされているためのよう。
先端には少し穴が開いる。などなど。

さて肝心の成虫ですが、何処にいるのか・・。
生態としては暖かい場所のものは夏に成虫となり、越冬して翌春に産卵するとあります。そうなると幼虫がいた若木の近くにいるのが普通です。
見つけられなかったのは目の届かない高い所にいた可能性が高いです。あるいはヤツデも見て回ったのですが、今回見落としている別の食草の可能性も。
次回訪問時はもっと高い所まで木登りすることと、今一度別の食草の確認をしておくことですね。


by Nature_Oyaji | 2016-01-04 16:29 | 自然 | Comments(3)
2016年 01月 02日

夜景撮影

本日、夜の部。ゲートブリッジを中心にしたイルミや星の撮影。

星の撮影をすると広角レンズが欲しくなります。
12-40mmでは歪みがはっきりするし、その歪みがうまく処理出来ないと(今回の写真もそうですが)水平が取れていない妙な感じの写真になってしまいます。

広角で歪みの少ない7-14mmがより魅力的に感じます。
f0324026_402718.jpg
f0324026_0413839.jpg
f0324026_3584968.jpg
f0324026_0412933.jpg
f0324026_4215614.jpg
▽北東方向に向けての撮影 星は地球の回転からななめ右上に移動 羽田からの飛行機がゲートブリッジ上空を通過
f0324026_0492546.jpg
▽ほぼ南に向けての撮影 星は東から西へ向かって移動
f0324026_3562464.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

by Nature_Oyaji | 2016-01-02 23:40 | 自然 | Comments(2)