カテゴリ:トンボ( 170 )


2017年 01月 09日

越冬昆虫探し ホソミイトトンボ ついに決着

3連休最後の日。
昨晩からの雨は朝方には小ぶりとなりました。

昨日はホソミイトトンボは見つけられなかったものの、あの場所は個体数も少なく、見つけられなくても仕方のない場所。
むしろ頭に染み付いた潜んでいそうな場所のイメージが消えないうちに、どこかで探してみたかった・・というのが本音。

一方、昨日の虫友Tさんはいつものホソミイトトンボ多産地で一人で探し、結果的にはホソミイトトンボは見つからなかったものそれ以外の成果があったとの連絡。また正月はこちらの地元でホソミオツネントンボを十二分に撮影して、心は満たされた状況(羨ましい・・)。

今日はその潜んでいるイメージを維持したまま本丸に突入して、探してみたい!という事で訪問。
過去ここで何度か探しているものの、どこをどう探したらよいやら・・という状況でただ歩き回るだけでしたが、今日は潜んでいるイメージがあるので、今までとは違う心持ちです。

虫友Tさんと待ち合わせし8:30過ぎから活動(虫友Tさんのブログはこちら)。
●コマダラウスバカゲロウの幼虫
道すがら、昨日虫友Tさんが見つけたと連絡をくれたコマダラウスバカゲロウの幼虫を確認。
こちらも擬態に関しては群を抜いています。背中にはどうやって付けたのか、回りの苔をまとっています。
暖かくなったらどんな狩りをするのかも見てみたい。
f0324026_17541803.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro+STF-8 で深度合成

そこを通り過ぎ、以前ウラギンシジミ越冬個体やウシカメムシがいた日当たりの良い場所付近へ。
改めて付近を見ると、例の低めの笹林もあり、そこには枯れたつる草も絡みついているし、イメージ通りの場所。
またそこは風が通過する事も少なく、そういう意味でも良さそうな場所。

手分けして探すこと30分程。笹林でしゃがみながら目を凝らしていると、「いた!」との声。
そこは生活道路すぐ脇の場所。もっと人目につかないような奥まっている場所かとも思っていましたが、案外そうでもないのかもしれない。
※当の本人はこの笹藪の中で探索中でした。
f0324026_18092024.jpg
Olympus E-M1 M5II1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

▽マル印付近の広角写真 中央にホソミイトトンボはいるのですが、これではいると分かっていても、油断すると見失ってしまう。
止まっているツルの真上には笹の葉が広がっていて傘の様。しっかり雨が当たらない場所を選んでいます。
f0324026_18131094.jpg
Olympus E-M5II1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

▽すぐ下から撮影 越冬前は横方向に止まっていましたが、越冬時は縦方向に止まりかつ密着。
f0324026_18173838.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

▽撮影時、10℃以下で飛びはしませんが、こちらを察して回転運動で逃げます。こうなるとまず見つけられません。
f0324026_18184698.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

▽そして越冬個体特有の尾部の曲がり よく見ると回りの枯れたつる草の曲がった形に似ています。
これも擬態なのかもしれない。
f0324026_18254066.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
 
気になる点としては、生まれ育った田んぼから案外遠いということ。
標高差は約20m、横方向はざっと200~300m位はあります。
どのように移動するのか確認のしようがないのですが、その高さまで飛んで、あとは暖かい優良物件を探しながら移動していくのかもしれません。
これも謎です。

それにしても昨年から探し始めて10連敗以上。心が折れまくった日々でしたが、ようやく決着。
次はここで他の個体の確認とその様子。また春先に向けていつ頃から婚姻色に変化するか、また移動開始はいつ頃かなど興味は尽きません。

昨シーズンから埼玉にいったり、あれこれ作戦を練ったりいろいろありましたが、本当にお疲れ様でした。











by Nature_Oyaji | 2017-01-09 18:45 | トンボ | Comments(0)
2017年 01月 07日

千葉の公園で越冬トンボ探し

数日前、改めてホソミイトトンボの越冬姿を検索。
新しく見つかった投稿写真は、低めの笹の林の中に縦にしがみついている姿。
笹といってもかなり細く、トンボがやっと隠れるくらいの太さのもの。

昨シーズンは目線程度の高さを探して見つけられなかったので、今季は叩き棒で少し上を探そうかと思っていました。
ただ今回投稿のものはもっと足元で笹系の中に潜んでいる様子のもの。

そんなイメージが頭から離れなくなり、ふっと昨年訪問した千葉の自然公園を思い出しました。
その公園でホソミイトトンボが撮影された場所近くには同様の笹が生えていたし、少し離れたホソミオツネントンボが越冬していた場所の回りも同様の笹の林。

午後訪問。
到着後、約2時間程探してみましたが見つかりません。
もっとも広大な面積の笹林に少ない個体数のホソミイトトンボが隠れているわけで、ここでの出会いは偶然に頼る以外になさそう。

●日当たりの良い笹林
f0324026_17391693.jpg
iPhone6Sで撮影
諦めずにまた次回訪問時も探す予定。

●ホソミオツネントンボ
f0324026_17432846.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

昨年と同じ場所で5頭程確認して撤収。


by Nature_Oyaji | 2017-01-07 20:14 | トンボ | Comments(0)
2017年 01月 07日

星明かりの下 真夜中のホソミオツネントンボ

星とホソミオツネントンボのコラボを残したく、真夜中に訪問。

寝込み中のホソミオツネントンボの様子はと言うと、枝に真っ直ぐになっておらず、単に枝にぶら下がるような姿。
思うに昼間のあの棒の様な体勢は、やはり労れるのかもしれない。
そして夜。擬態する必要がない時間帯は無理(?)な体勢は止めて、体が楽な体勢で過ごしているのかもしれない。
他の個体も全てそんな体勢でぶら下がっているので、恐らく間違いない気がします。

●ホソミオツネントンボ 皆、こんな感じでだらっと枝にぶら下がっていました。
f0324026_05264981.jpg
この様子と星のライブコンポジット撮影を合体したい。
イメージ的にはホソミオツネントンボをある程度はっきりした姿として入れて、その後ろの星はライブコンポジットで円を描くような軌跡としたい。
ただ極近くのものと遠い星、そのままではどうやっても両方にピントは合いません。

考えたのは
1.ホソミオツネントンボにピントを合わせてライブコンポジット撮影開始
2.開始早々、ホソミオツネントンボに少し光を当てる
3.その後、星にピントを合わせて撮影 ピントはここでホソミオツネントンボから大きくずれるが、初めに明るい姿を残しているので、問題ないのでは・・。

さて、それを何度も繰り返すも・・トンボへの光の量が微妙に難しいのと、星へのピント位置が正確でなく、ただのピンボケ写真の様。
その2つのポイント対策を考え、また今晩トライです。
f0324026_05280522.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro
●月とホソミオツネントンボ
▽トンボにピントを合わせストロボ撮影
f0324026_22455133.jpg
Olympus E-M5II1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

▽多重露光 1枚め:40-150mmレンズで月を撮影、2枚め:レンズを12-40mmに変えてホソミオツネントンボをストロボにて撮影し自動合成。
ちょっと月が大きめでした。
f0324026_22480380.jpg

●朝方の光芒とホソミオツネントンボ しっかり越冬姿に戻ってました。
f0324026_17273877.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro


by Nature_Oyaji | 2017-01-07 05:30 | トンボ | Comments(0)
2016年 12月 31日

今年の活動結果 トンボ関連

今年は本格的にトンボ撮影開始の2年目。
1年目はいろいろな方にお世話になりながら、初めて羽化を中心にトンボの世界に触れることが出来ました。
今年は昨年教えて頂いた事を振り返りながら再訪問したり、未達だった事、一番残しておきたかった羽化と産卵を中心に追ってみました。
ただ8~9月は度重なる台風等での雨続きの週末で、何種類か予定していた種が未達になり、また来年のお楽しみとなりました。

それでも産卵は初が10種、羽化は14種(ホソミイトトンボは夏型・越冬型で1種)で、沢山の感動をもらえました。

■産卵
●3月
オツネントンボ(初)

●4月
ムカシトンボ

●5月
ホンサナエ(初)
ホソミオツネントンボ
ホソミイトトンボ(越冬型)(初)
オオイトトンボ
サラサヤンマ
キイロサナエ(卵塊撮影まで)(初)
アオサナエ

●7月
グンバイトンボ(初)
カトリヤンマ
ネアカヨシヤンマ
ホソミイトトンボ(夏型)(初)
モートンイトトンボ(初)
マルタンヤンマ(初)

●8月
オオルリボシヤンマ(初)
アオイトトンボ
コシボソヤンマ(初)
ギンヤンマ

■羽化
●4月
ムカシトンボ(初)
トラフトンボ(初)
ムカシヤンマ(初)

●5月
コサナエ(初)
ヤマサナエ(初)
クロスジギンヤンマ
キイロサナエ
ウチワヤンマ
ベニイトトンボ(初)

●6月
チョウトンボ(初)
オニヤンマ
オオモノサシトンボ(初)
マルタンヤンマ(初)
コフキトンボ(初)
コフキトンボ オビ型(初)

●7月
ホソミオツネントンボ(初)
ホソミイトトンボ(夏型)(初)
オオルリボシヤンマ(初)

●9月
ホソミイトトンボ(越冬型)(初)

いつも拙いブログに訪問頂きありがとうございます。
来年もまた宜しくお願い致します。

良いお年をお迎え下さい。


by Nature_Oyaji | 2016-12-31 21:24 | トンボ | Comments(0)
2016年 12月 31日

今年の撮影納め ホソミオツネントンボ

今年も今日でお終い。
最後は今観察できるホソミオツネントンボで撮影納めです。

今日はいつも訪問している観察場所では3頭でしたが、越冬している場所や状態が悪くあまり絵にならず、撮影はしたものの撤収。
続けて少し離れたもう一ヶ所を訪問。
ここは昨年紹介頂いたあと、越冬期には未訪問でした。実は残念ながらここも数は減っているという話で、今日は1頭のみ見つかりました。

●ホソミオツネントンボ
f0324026_21184793.jpg
Olympus E-M5II+SAMYANG OPTICS 7.5F3.5 FISH EYE/MFT BLACK








by Nature_Oyaji | 2016-12-31 20:06 | トンボ | Comments(0)
2016年 12月 24日

ホソミオツネントンボ 30mmマクロの深度合成-2

昨日は暖かい日で近くで撮影するとすぐ移動してしまい、思う場所で撮影出来ず、余りにも結果が悪すぎました。
今日は気温は昨日より下がり、動きが少ないと思い再テストです。
全てMモード、F5.0、1/250、ISO200

●30mm
f0324026_18061702.jpg
●60mm
f0324026_18062239.jpg
複眼部分の拡大。30mmはトリミング無し、60mmは30mmに合わせて上の写真をトリミング
●30mm
f0324026_18095849.jpg
●60mm
f0324026_18101817.jpg

どちらも自分的には満足です。
30mmは1.25倍ということもあり、来季はハエトリグモなどより小さなものの撮影に活躍してくれるものと思います。

最後は青空をバックに。
f0324026_20043532.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8


by Nature_Oyaji | 2016-12-24 18:38 | トンボ | Comments(0)
2016年 12月 23日

ホソミオツネントンボ 30mmマクロの深度合成

12月中旬というのに、今日の最高気温予想は19℃。
今日は約1年ぶりに虫友Tさんがこちらに来て、朝から一緒にホソミオツネントンボを撮影です。
しかも今日は虫友さんは昨日発売となったE-1MKII持参で、テスト撮影も兼ねています。
虫友さんの結果はこちら

こちらはE-M1のVerを4.3にして、機能追加となった30mmマクロでの深度合成テストをしてみました。

●深度合成比較(ステップ2)
上30mm、下60mm 画角が異なるので、60mmはカメラを移動させ同じくらいの画角にして、最後はトリミングで調整しています。
ただ設定はMモードにするのを忘れ、Aモード。F3.5、ISO200は同じなのですが、シャッター速度は30mmは1/40、60mmは1/80での撮影です。
f0324026_17535013.jpg
f0324026_17535503.jpg
30mmもきちんと動くことを確認。撮影結果は全体に光量不足など良くない写真となってしまいました。
ここからどう評価するのかは、見て頂いた方におまかせです。
自分としてはバックのボケの違いが大きい事と、60mmの方がピシっとしている感じがしています(撮影者側の技術の問題もありますので、ご容赦)。

その他レンズを変えて違う雰囲気の撮影。
f0324026_18084618.jpg
f0324026_18082481.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
f0324026_18072563.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

E-M1MKIIについては、少し触るだけに留めて今日は解散です。お疲れ様でした。




by Nature_Oyaji | 2016-12-23 18:15 | トンボ | Comments(0)
2016年 12月 17日

今季初の0℃の日 ホソミオツネントンボ

東京の6時過ぎは今季初の0℃のよう。
隣の市のホソミオツネントンボ観察場所の地面にも霜柱多数。池には今季初の氷。
先週は朝方でも暖かかった為、撮影で近付くと動いてしまう状態でしたが、今日は流石に0℃付近で動けない様子。
それにしても今年は暖かい日が続いていたためか数は少ない感じがします。
また翌週訪問すると活性が高いので移動してしまい、同じ所にはほぼ見つからない状態でしたが、これからはほぼ同じ場所で出会えそう。

●ホソミオツネントンボ 今日の観察では3頭発見。
f0324026_16302302.jpg
f0324026_17203552.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro

この撮影のあと、隣の林でクロスジフユエダシャクを探してみましたが、流石に遅いようで飛んでいるオスはゼロ。
クロスジフユエダシャクについてはまた来年。

ここを撤収し、隣の区のいつものホソミオツネントンボ観察ポイントへ。11:30に訪問。
この頃には気温はすでに10℃超え。いつものノイバラに近づくと、1頭のホソミオツネントンボのメスを発見。

ただ・・活性が高い!恐らく朝のうちはこの付近で越冬状態だったのでしょうが、10℃を超え動きは夏場の状態と変わらない。
一度撮影後、すぐロストし、また暫くして見つかり撮影。そしてまたロスト。
気温差は激しいものの、暖かくなるとすぐ活発化するものと理解しました。ホソミイトトンボも同様かもしれません・・。

●ホソミオツネントンボ
f0324026_16542670.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
f0324026_16550380.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
▽クリーニング中
f0324026_16550843.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8


さて明日はどうしようか。



by Nature_Oyaji | 2016-12-17 16:58 | トンボ | Comments(2)
2016年 12月 05日

広島市森林公園昆虫館 第5回むしむし写真コンテスト入選

広島市森林公園昆虫館 第5回むしむし写真コンテストに応募し、初の入賞となりました(準特選)。
初めての事なので、嬉しいやら恥ずかしいやら。

応募はこの春、撮影したホソミイトトンボです。
f0324026_22020715.jpg




by Nature_Oyaji | 2016-12-05 22:07 | トンボ | Comments(10)
2016年 12月 04日

越冬トンボ ホソミイトトンボ 越冬場所発見(仮

前回、11/20に訪問してまだ数頭、田んぼ回りにいる事を確認したホソミイトトンボ。
12月に入り、初の訪問。
今日は昼近くで16℃の予報。
まだ本格的な寒さにはなっていないものの、既に羽化した田んぼ回りから殆どの個体は移動しているため、いよいよ今季の越冬場所探し開始です。

訪問に当たり、虫友Tさんが田んぼ脇の山あいを予めGoogleMapでチェック。いそうな場所を確認してくれていました。
Mapで見ると田んぼ脇の山林は急斜面が約50m程続き、上には民家や畑、空き地が点在。
その民家や畑の中を田んぼと平行に道が通じていて、確認出来た空き地は日当たりも良さそうでその辺りが怪しい。

9時待ち合わせで、探索開始。
怪しい道をゆっくり確認しながら進むと、Mapで見た空き地が見つかり、空き地の林縁部を中心に約1時間半探索。

10時半を回った頃、別な場所を探していたTさんから「いた!」との連絡。
そこは到着早々、枝を叩きながら探したが見つからなかった梅の木。
気温が高くなり、もっと枝の上にいたのか、別な所から来たのが不明ですが、ここは田んぼから離れた場所で、明らかに越冬地として移動している場所。
ようやく移動先を発見です。
f0324026_16341315.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

Tさんがいる場所を見てくれている間にこちらは証拠写真は撮影出来ましたが、逆にTさんがカメラ準備中に痛恨のロスト。申し訳ない・・。
暫く付近を手分けして探してみましたが、今日は先ほどの1頭のみ。
どうやら越冬時は単独で散らばっている様です。

●探している時に足元に降りたムラサキシジミ
f0324026_16412385.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

暫く続けて探してみたものの見つからない為、山道を降りて前回も見つかった田んぼ回りを探索。
するとなんとか1頭のオスを発見。
f0324026_16435241.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

このオスはこれから越冬場所に移動するのか、移動し損なっているのか不明ではありますが、この時期でも見つかったという観察記録です。

今日は初の移動先が確認が出来た嬉しい日になりました。ただまだ真冬ではないので、タイトルは「越冬場所発見(仮」です。
これから本格的な冬の日に、静かにしている姿をまた探しましょう。

お疲れ様でした。




by Nature_Oyaji | 2016-12-04 16:52 | トンボ | Comments(0)