オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:チョウ( 29 )


2017年 09月 17日

ウラナミシジミ 羽化時期

台風で予定していた茨城遠征が中止。
朝方はまだ小雨だったので、近場のポイントを一回り。
そろそろウラナミシジミが見られる頃。いつも見られるクズの草原へ。

■ウラナミシジミたち
●羽化後間もない個体(8:50頃)
ざっと見て近付いても飛ばない個体が5~6頭。どうやら雨の前に羽化したものの様で、小雨だったので葉の上にでてきた模様。
尾状突起はまだまだ柔らかく、翅を乾かしている様子。
f0324026_11383316.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
f0324026_11583789.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●既に交尾態のペアも
f0324026_11593860.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●翅も乾き飛ぶ寸前
f0324026_12001493.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro


●ヒガンバナ
水滴がまたちょっとしたアクセント。雨の日に訪問したご褒美・・。
f0324026_12144243.jpg
f0324026_12032601.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro







by Nature_Oyaji | 2017-09-17 12:06 | チョウ | Comments(2)
2017年 08月 20日

カラスアゲハ 集団吸水

今年残りの目標の一つのミルンヤンマ、何度も書いていますがどうにも縁が薄い。
昨年は千葉や都下など何ヶ所か自分で開拓したり、場所を伺ったりして訪問したものの、生態写真(羽化、交尾態、産卵など)は全く撮影出来ずに終了。
数は多いとは聞いてはいるものの、手詰まり感大。

そんな時にFさんから都下の川で探されると言うので、お供させて頂く事に。
自分でもどんな所か見ておきたいので、待ち合わせ時間より早めに訪問。
久しぶりにウェダーを履いて川のアチラコチラを探索。

●カラスアゲハ
川から上がった近くでたまたまカラスアゲハが4頭吸水中。
少し撮影し、Fさん合流後改めて撮影。その頃には6頭集まっていました。
過去の記憶ではカラスアゲハの吸水撮影はなく考えてみたら初物。
f0324026_03092702.jpg
f0324026_03102270.jpg
f0324026_03102862.jpg
f0324026_06305644.jpg
全てOlympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付

地面にいるチョウの撮影、これもなかなか難しい。
チョウの目線にすると意外とバックがうるさく、それをぼかすようにすると集団のチョウたちの一部しかピントが合わず、今回の撮影結果からまた次回どうしたらよいか課題が出てきました。

しかしながら何とか撮影出来た結果を見ると、なんとも美しい。
春型はもっと色が鮮やかと伺い、来年5月にはまた集団での吸水場面を撮影したい。

●サカハチチョウ
f0324026_03272457.jpg
f0324026_03272872.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●ミヤマカワトンボ
ミルンヤンマを待つ間に。
f0324026_03332609.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8


さて肝心のミルンヤンマ、川で待っていると幾つか飛んでいるのは見え、そうしているうちに近くで1頭が産卵する所を目撃。
ここでの産卵は開始していた事が確認出来たのが今日の収穫です。




by Nature_Oyaji | 2017-08-20 18:45 | チョウ | Comments(0)
2017年 08月 13日

房総遠征-2 ムラサキシジミ

夏場のルーミスシジミの様子はどうか、気になっていました。
暑い時には樹上から下に降りて、沢で水分補給をするらしい。
夏場の現地の様子確認とひょっとしたら何かしらのトンボもいるかもしれないので、冬にルーミスシジミ撮影で訪問した場所へ。

入り口には「ヤマビルに注意」の看板。

●ムラサキシジミ
ルーミスシジミがいた場所で迎えてくれたのは多数のムラサキシジミ。
こんなに沢山集まっているのは見たことがなく、これもちょっとした嬉しい発見。
f0324026_06465896.jpg
f0324026_06480789.jpg
f0324026_06483745.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

少し沢に沿って山道を進んでみたもののトンボの姿はなし。
またムラサキシジミの所まで戻った所で、沢で体を冷やすように飛びながら何度か水面に飛び込むトンボを目撃。
そのまま飛び去り、その後は出会えず。

目的だったルーミスシジミも時間的には一番気温の上がる頃でしたが成果なし。

気付くと長靴には看板通りのヤマビル。食卓塩を振って撃退しこの場を撤収。

帰りがけにルリモンハナバチを撮影した場所へ立ち寄り。花がなく、まだ姿なし。

●オオイトトンボ
同じエリアにある池でオオイトトンボ産卵を撮影。
f0324026_07060251.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)



by Nature_Oyaji | 2017-08-13 21:08 | チョウ | Comments(0)
2017年 07月 10日

ギンイチモンジセセリ

オツネントンボ撮影の途中で見つけたギンイチモンジセセリの夏型。
春型特有のはっきりした銀色部分は少ないものの、ちょっと可愛い感じがよし。
f0324026_20251984.jpg
f0324026_20253336.jpg
f0324026_20254124.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro


by Nature_Oyaji | 2017-07-10 20:26 | チョウ | Comments(2)
2017年 06月 10日

ミドリシジミ

今期、冬場の卵の様子、そして孵化、幼虫と観察してきたミドリシジミですが、ここでは6月に入ってから羽化開始。
1週間以上経ち、久しぶりに訪問です。

7時過ぎではハンノキの林の根元に広がる草地に点在。好きなエリアではまとまって5~6頭が見られるほど発生。
ただ朝方は翅を広げることもなく、ようやく動き出したかと思うと葉に付いた朝露を吸い、体が温まると一気に樹上へ移動してしまう個体が多いため、撮影できない状況。

それでも何頭かは美しい翅を開いてくれ、ようやく撮影。

●♂
f0324026_13473401.jpg
●他のチョウの色に見えますが、構造色故の色の変化(この個体を別の場所で見るとやはり緑系に見えています)
f0324026_13495247.jpg
f0324026_13500169.jpg
f0324026_13505930.jpg
●♀
f0324026_13465547.jpg
f0324026_13512733.jpg
すべてOlympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)


by Nature_Oyaji | 2017-06-10 13:52 | チョウ | Comments(0)
2017年 05月 30日

アサギマダラ

■アサギマダラ
自然公園にいたもの。一昨年以来、久しぶりの撮影。
f0324026_07134960.jpg
f0324026_07143287.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)



by Nature_Oyaji | 2017-05-30 07:17 | チョウ | Comments(0)
2017年 05月 20日

遠征-3 ウスバシロチョウ(今期初見)

■ウスバシロチョウの「黒化型」探索
「黒化型」のウスバシロチョウの撮影は今回の遠征でのFさんのもう一つの目的。
ウスバシロチョウには地域性なのか少し翅の色、と書くと語弊がありますが、翅のベース部分の鱗粉がない部分の色が異なるものが知られています。

今回始めてその存在を教えて頂き、ネットでも調べたのですが、一番のものは「黒化型」。鱗粉がない部分は普通は透明ですが、そこが黒くなっている変異型。
黒化型といってもその具合は変化に飛んでいて、一部が黒になっていたり、翅全体が正に黒っぽくなっていたりと様々。
それからこれもネットで調べた記事には鱗粉部分が薄い黄色で、翅のベース部分は黒の「黄色型」もいるようです。

●今回見つかった「黒化型」
f0324026_06121026.jpg
f0324026_06130359.jpg
f0324026_06132530.jpg
f0324026_06134719.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)


●以前撮影したウスバシロチョウで比較(都下撮影)
f0324026_06231721.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

こうして比較すると明らかに翅の色が違う事がわかります。こうした変化はこのチョウの楽しみ方の一つのようです。
こちらも初見でうれしい。



by Nature_Oyaji | 2017-05-20 23:58 | チョウ | Comments(0)
2017年 05月 04日

ヒメギフチョウ(初見)

■ヒメギフチョウ撮影
Fさん同行2日目。
夕方茨城から一気に白馬へ移動(運転おまかせで横で居眠りすみません)。
到着した夕方遅く、中綱湖で明日朝撮影予定のオオヤマザクラのロケハン(桜については別途掲載予定)。
そして車中泊。

早朝、3時過ぎから活動開始。オオヤマザクラ撮影後、移動し生息場所へ。
帰りの渋滞も考慮して、12時頃まで約4時間勝負。

白馬にはギフチョウ、ヒメギフチョウが同時に発生。
しかもギフチョウの中には後翅周辺全てが黄白色になった「イエローバンド」と呼ばれる個体が少数ながら発生。
この「イエローバンド」はここでは遺伝的に固定されているもので、今回はこの「イエローバンド」撮影が第一目的。

●8時過ぎから待ち
朝方から気温は高めで早15℃を越える程。余り高すぎるのも良くないが、こればかりはどうにもならない。
一度ヒメギフチョウが来たので、先に見つけられた方について行き、初撮影・・としたかったのですが、かなり追った所で林の向こうへ。

●ヒメギフチョウ卵撮影
残念がっていると、先程の方が昨日産卵していた場所へご案内してくださいました。(ありがとうございました)
ウスバサイシンへ産み付けられた卵ですが、緑の真珠としか言いようがない美しさ。
Fさんが以前撮影した写真を見せて頂きましたが、数は同様に10個程。
ウスバサイシン自体、今出ている葉は2枚程度。
これからもっと生えてくるものと思われますが、1ヶ所へ10個というのは恐らく捕食される個体も含めて、生き残るのに最低限必要な数ではないかと思われます。
f0324026_15480849.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
f0324026_15514830.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●ヒメギフチョウ撮影(初)
何度かギフチョウなのかヒメギフチョウなのか
どちらか確認出来ないまま通過。
ようやく1頭がスミレで吸蜜。
全く擦れておらず、聞く所によると今年の発生は数日前だった模様。それでも昨日産卵した個体もいたのはどう考えたら良いのか?
f0324026_15580727.jpg
f0324026_15593351.jpg

飛翔は相変わらずうまく行かず。
f0324026_16064374.jpg
f0324026_16065481.jpg
f0324026_16070254.jpg
f0324026_16071603.jpg
f0324026_16072458.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

この飛翔撮影は9:20頃。
その後は何頭か通過するように行ってしまう個体を見送るばかりで、とうとうイエローバンドどころか、ギフチョウ自体撮影出来ず、タイムアップ。

朝伺った数日前の羽化開始。
今回はそのために絶多数がまだ少なかったようです。
ここにも春先の気温低の影響が出ていたものと思います。

■その他の昆虫
●シータテハ
f0324026_16151518.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

●ホソミオツネントンボ 
林の中で分かりにくい(はず)ですが、見慣れているためかすぐ目に止まってしまいます。
色からすると千葉で見かけた3月中旬程度の姿。
f0324026_16155852.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

ギフチョウ、更にイエローバンド撮影は来年以降のお楽しみです。
Fさん、運転を始めいろいろご案内頂きありがとうございました。
撮影についても、また色々な昆虫についても沢山知識を頂きました。
改めてありがとうございました!


by Nature_Oyaji | 2017-05-04 18:51 | チョウ | Comments(0)
2017年 04月 21日

ツマキチョウ

会社近くの公園。
数日前からやっとツマキチョウを確認しましたが、数は雄1,雌1のみ。
f0324026_02341200.jpg
f0324026_03021501.jpg
f0324026_03023523.jpg
f0324026_03031868.jpg
f0324026_03032429.jpg
f0324026_02360306.jpg
f0324026_02361206.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO



by Nature_Oyaji | 2017-04-21 02:37 | チョウ | Comments(0)
2017年 04月 15日

ムカシトンボ羽化探し でもまた外し・・ スギタニルリシジミ撮影を楽しむ

■ムカシトンボ羽化探し
今日こそはと訪問したムカシトンボ羽化ポイント、今日は車がないので、駅から4.5km歩いて訪問。
8時過ぎからまずは羽化殻を探してみましたが、またまた一つもなし。
この場所はあまり日当たりが良くないので、少し遅れ気味なのかもしれません。

上流側へ移動したものの、こちらもまだのよう。
今日は朝から12℃~13℃なので、出てもおかしくない陽気ですが、微妙に羽化に必要な積算温度が達していないのかもしれない。

探し疲れていた所でFさんと合流。もう一ヶ所探してみましたが、こちらもまだのよう。
10時過ぎでも出てこないので今日は諦めて、チョウのポイントにご案内頂きました。

■スギタニルリシジミ多産地へ
メスアカミドリシジミやスギタニルリシジミ多産地の林道へ。
かなり奥側へ行った所にあるスギタニルリシジミが吸水で集まる場所。
ひとしきり楽しく撮影。

●お好み食堂
この枯れた木からの水には何か特別なものが含まれているのかもしれない
f0324026_18565043.jpg
●続けて飛翔撮影
f0324026_18570131.jpg
f0324026_18570857.jpg
●止まった所を連写で
飛び上がろうとして翅を広げた瞬間が写っていました。
f0324026_18571623.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

林道を歩いていた所、撮影は出来ませんでしたがホソミオツネントンボを発見。
こんなムカシトンボがいるような山あいの谷川のどこで行きているのか、不思議です。
色も越冬明け位でほとんど青い色はなく、こちらではもうだいぶ青くなっているのでだいぶ違う。

今日は関東では一部真夏日になった所もあり、ムカシトンボの羽化に必要な積算温度も、また羽化に必要なスイッチが入る温度にも達したと思いたい。
期待して明日も訪問です。


by Nature_Oyaji | 2017-04-15 19:06 | チョウ | Comments(0)