オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ホタル( 4 )


2017年 04月 12日

ゲンジボタル上陸幼虫観察(再)

■ゲンジボタル 上陸幼虫観察(再)へ
9日観察時は上陸なしの結果。
理由ははっきりわかりませんが、気温が低め(11℃前後)だったことと、雨が上がってしまったためではないかと素人予想。

それでも上陸無しはありえないので、11日は朝方から夜まで雨の日でかつ気温も前回より高めなので期待大。
12日は休みを頂いたので11日夜から観察へ。

●1ヶ所目 20:30過ぎ着
期待して川を覗き込んだものの、全く上陸なし・・。
上陸は時に一晩中行うと伺ったので、期待して待つことに。
小一時間経ちましたが、上がってくる気配なし。気温は12℃で雨は霧雨程度。雨音がないのが気になる。

●2カ所目 22:00頃
昨年ホタルが乱舞していた場所の川は今日の雨などの影響でかなり流れが早い。
1ヶ所目も同様に流れが速かった。
しょっちゅう雨の度にこんな流れがあると、餌となるカワニナと一緒に下流に流されないだろうか。
ひょっとしたら歩いて行けない下流の何処かに流れの緩やかな場所があり、そこが上陸場所になっているのかも。

●少し雨が降ってきたのでまた1ヶ所目へ 23:30過ぎ
やはり上がってきていない下流へ移動してみたがこちらも気配なし。

●3ヶ所目 0:15頃
18kmほど離れた場所。市でホタルを保護・観察会などを行っている場所。
こちらは田んぼの中の水路でも発生しているので、上記の2ヶ所とは違い流れが緩やか。
期待して回ってみるも発光体には出会えずじまい。

せっかくなので近場の踏切を撮影(有名所らしい)
f0324026_18463425.jpg
Olympus E-M1II+PROMINAR 8.5mm F2.8 MFT

●最後にもう一度1ヶ所目を確認 2:00頃

ダメですね。諦めて都下へ移動(150km以上あります)。

2度目の今回も出会えませんでしたが、今期は気温低下での遅れなど大きな時期のズレが発生していたためかもしれません。

次はラストチャンス。GW中で都下の多産地を観察予定。








by Nature_Oyaji | 2017-04-12 18:52 | ホタル | Comments(0)
2017年 04月 09日

春の雨の日 ゲンジボタル 上陸幼虫観察・・不発

東京の桜も先週半ばで満開。
この桜が満開の頃に降る雨をゲンジボタルの幼虫は待っています。

ゲンジボタルは4月に蛹になる為上陸します。
上陸の条件(確実に蛹になる条件)はいくつかあるようで、
●時期的にはその場所で桜が満開の頃
●雨が1日中降るその夜(雨音も上陸には必要の様)
●また長時間雨が必要なのは、蛹になる時土の中に潜り込むため、その場所は雨で柔らかくなっている必要があるため
●気温・水温共に14度前後(気温については10~15℃位でも上陸するという記述を見ています)
●その条件がそろうと大体18~19時前後で上陸開始

これらのうち、外れる条件があると上陸はしない。
それは生き死にに直結することなので当然なのかもしれない。

さて今日はというと
桜は東京ではとっくに満開宣言。今日訪問の場所は東京より南の暖かい場所なので、同様に満開。
雨は昨日~今日まで断続的に強めの日。
唯一気になるのは最高気温12℃という事と上陸時間帯の19時頃から雨が上がった事。
ただ上記のように上陸気温は10~15℃のようなので、それならOKかも知れない。


結果的には今日は上陸は見られず・・。
恐らくは上陸時間帯に雨が降っていなかった事と、気温が低めだった事が原因ではないかと思われます。

15km程離れた場所にも寄ってみましたが、こちらも同様上陸は見られず。

予報では11日(火)は午前中から夜まで雨。
気温も19時頃には上昇して15℃前後となり、その日が上陸日になるかもしれない。
蛹になってから羽化までが約49日のようで、そうすると6月上旬に現れることになりますが、通年より遅い発生となりそう。

5月上旬、都下方面で上陸の時期を迎える場所があるので、次回はそこで初観察としたい。

なお以前8/9日予定していた計画は全て未達。
都下ムカシトンボ確認:気温が低く、遅れ気味なので時期をずらして訪問。
ホンサナエ羽化(初):朝8時過ぎから見たものの、羽化殻も無し。雨だったことも要因かもしれない。
ホソミイトトンボ 定点観察:土曜、休日出勤のため時間なし
f0324026_06491591.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8


by Nature_Oyaji | 2017-04-09 00:29 | ホタル | Comments(0)
2016年 06月 25日

ヘイケボタル

今年の目標の一つだったホタル撮影。
ヒメボタル撮影に続き、先日はゲンジボタル+ヘイケボタルの生息地に行ったものの、時期が遅くこの場での撮影はまた来年。
今回はFさんのご好意でヘイケボタル撮影に同行させて頂きました。

記憶の中ではゲンジボタルは過去見たことがあるものの、ヘイケボタルは初。
得た知識では光はゲンジボタルより弱く淡いとあり、光は白に近い色に見えました(後でFさんのブログには白く見えたのは人の目の プルキニェ現象の為と解説がありました。実際のヘイケボタルの発光色は黄緑色)。

光り方は個体差もあるのかもしれませんが、点滅するものと完全に暗くならずに点滅するものがいたようです。

初の撮影はライブコンポジットで行いました。でも淡い色のためなかなかその美しさが残せない。
どう撮影したら良いか、来年の宿題です。

▽19:30過ぎより光り始め。地面に♀がいたためか、同じ場所に多数の♂が来ては振られて飛び去りの場面
f0324026_3553561.jpg
f0324026_356467.jpg
f0324026_3565272.jpg

20:30頃、飛翔する数も減り、撤収。
約1時間程の恋の時間は無事終了。お疲れ様でした。


by Nature_Oyaji | 2016-06-25 04:05 | ホタル | Comments(0)
2016年 06月 05日

ヒメボタル

秩父方面に念願のヒメボタル撮影に行ってきました。
19時位から光り始め、やがて♀を探す♂たちが飛び始め、それが夜中2時頃まで続きました。

生命を繋ぐためのごく淡い光で呼び合う様子、その点滅の中で静かにその光を見つめていると、色々なものがその光の中に見えるような気がします。

▽1頭の♂が♀を探す15秒間の軌跡。重ねた光も美しいですが、生物学的な観点から♂が懸命に命を繋ぐために♀を探している個々の姿、愛おしく感じられます。
f0324026_155327.jpg
f0324026_1554199.jpg
f0324026_210487.jpg
▽以下の撮影はすべてライブコンポジットでのもの。
f0324026_21495046.jpg
f0324026_21495920.jpg
f0324026_215063.jpg
f0324026_21501418.jpg
f0324026_2150224.jpg
f0324026_21503061.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

by Nature_Oyaji | 2016-06-05 20:00 | ホタル | Comments(0)