<   2014年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2014年 06月 29日

コフキトンボ 帯型

朝の土砂降りがウソのように晴れたので、いつもの自然公園近くの別の公園訪問。
以前別の公園で知り合った方から、この場所で約50種類のチョウを見ていたと紹介された公園。前回はまだ春先での訪問だったので、昆虫の季節になってからは初。
f0324026_18533166.jpg
▼コフキトンボ
着早々、コフキトンボの帯型を発見。この個体だけかもしれないが、成熟したと思われる個体は非常に警戒心が強く、約2m以内には近寄らせてくれない。ようやく遠くにいる所を撮影。回りにはオスも多数みられ、メスはオスより何故か低く飛んでいる(ほぼ地面すれすれ)。
f0324026_18365949.jpg
f0324026_18371411.jpg
他には未成熟の個体が何頭かいて、ざっと歩いた感じではメスはほぼ帯型だった感じ。未成熟の個体はあまり警戒心は強くないらしく、こちらは近くで撮影。
f0324026_18465628.jpg
f0324026_18473023.jpg
▼ウチワヤンマ トンボの個体数は多く、その他オニヤンマ、ギンヤンマ(気づかないその他もいると思われ)多数。場所的にいい感じです。
f0324026_18520498.jpg
▼チョウトンボ 偶然コガネムシも映りこみ
f0324026_19004776.jpg
花も植えられ、子どもと過ごすには良い場所。現に網を持った子連れが多く、自然に触れ合うには良さそう。
f0324026_18581149.jpg
▼カマキリ
f0324026_19033166.jpg
f0324026_19034750.jpg
▼歩道脇の木漏れ日の中の紫陽花
f0324026_19044057.jpg
f0324026_19041429.jpg
f0324026_19051265.jpg
f0324026_19053445.jpg
園内を少し移動。
▼幹に蛾を発見。見事な擬態(不詳)
f0324026_19070431.jpg
▼遠くのモンシロチョウたち
f0324026_19081161.jpg
▼イチモンジセセリ
f0324026_19091152.jpg
f0324026_19092059.jpg
f0324026_19114543.jpg
園内の田んぼにはタンデムのギンヤンマが産卵中。途中で出会った知り合いからはカミキリも色々といると言われるもそこまで発見できる目を持っていないので、結局カミキリは見つけられず。ヤンマ系やカミキリなど、次回以降の撮影のお楽しみ。



by Nature_Oyaji | 2014-06-29 19:15 | 自然 | Comments(2)
2014年 06月 28日

雨の自然公園

週末、土日とも雨の予報。
雨は自然の事、その中で昆虫たちがどう過ごしているかも興味のある所。
ひょっとしたら普段見られないことに遭遇する可能性もあり、期待して出動。

初めは葛飾区の自然公園。前回、キイトトンボのような羽化間もないイトトンボを見ていたので、様子を見に行きました。
池の周りを色々探してみましたが、前回見かけたイトトンボの姿はどこにもなくまた次回。

▼クロイトトンボ(と思われ)
f0324026_19071827.jpg
f0324026_19015011.jpg
▼雨天でのご褒美 チョウトンボ 雨を避けてか地面すれすれで休んでいました
f0324026_19043462.jpg
マクロ撮影でゆっくり近づいた所、逃げる様子はありません
f0324026_19055511.jpg
相変わらず美しい翅
f0324026_19062986.jpg
▼モンシロチョウも雨の中、余り飛ばずに止まっています
f0324026_19093737.jpg
f0324026_19094535.jpg
▼ショウリョウバッタ アカツメクサの中を歩いている際、目が会いました
f0324026_19112030.jpg
f0324026_19134197.jpg
f0324026_19143875.jpg
f0324026_19100781.jpg
f0324026_19150751.jpg
▼新芽がきれいな植え込みの植物(不詳) 整然と並んでいて高層ビル群のよう
f0324026_19175293.jpg
f0324026_19190640.jpg
▼イチモンジセセリ
f0324026_19224498.jpg
f0324026_19232839.jpg
市川の自然公園に移動
さすがに撮影しているのは自分一人(^^; 雨は幸い降らず、一回り
f0324026_19204986.jpg
f0324026_19210591.jpg
▼ハンゲショウ(半夏生、半化粧)花のすぐ下に位置する葉の表面が白く変化し花弁の役目を果たすのが本種の特徴との事
f0324026_19241941.jpg
自然公園から近い調整池へ移動
前回チョウトンボが一斉に出ていたものの、今日は風と雨のためか一頭も見られず。見られたのはシオカラトンボとこのコフキトンボ。コフキトンボも帯型を探したものの見つからず。
f0324026_19213961.jpg
f0324026_19215593.jpg




by Nature_Oyaji | 2014-06-28 19:26 | 自然 | Comments(2)
2014年 06月 27日

サムヤン 7.5mm フィッシュアイ導入

昆虫の飛翔撮影用に欲しいと思っていたフィッシュアイレンズ。
安価でも意外と評判のよい、サムヤンのフィッシュアイ マイクロフォーサーズ用を購入。昼休みに試し撮りしました。

安価なだけあって完全マニュアルですが、操作性は悪く無いと思います。今日はまさに梅雨の日、曇で余り条件はよくありません(腕も^^;)。

少し離れるとハチ程度の大きさのものだと小さくなりすぎてしまいますが、最短9cmまで寄れることで何とかなります。
f0324026_01041819.jpg
f0324026_01043367.jpg
f0324026_01050394.jpg
f0324026_01051834.jpg
f0324026_01054400.jpg
現像で色をポップに
f0324026_01060290.jpg
別の日、シグマの19mm単焦点レンズでも撮影してみました。こちらも昆虫飛翔用に買いました。最短撮影距離は20cm。これはマニュアルで20cm程度にしての撮影。
f0324026_01155667.jpg
f0324026_01194708.jpg
最後は60mmマクロ
f0324026_01203426.jpg





by Nature_Oyaji | 2014-06-27 13:21 | 機材 | Comments(0)
2014年 06月 22日

鉄棒の思い出

朝の番犬くんの散歩の際、もう一つ鉄棒に光る水滴を見ました。
その時、小学校の時の擦りむいた手やデキなかった時の涙を急に思いだしました。
一つ一つが遠い光の中の思い出です。
f0324026_22274516.jpg


by Nature_Oyaji | 2014-06-22 22:28 | 日記 | Comments(2)
2014年 06月 22日

雨の公園

天気予報通り、朝から雨の日。
番犬くんの散歩は雨が降ろうが決まった日課。しっかり玄関で待っています。

散歩の時、公園の入り口にある植え込みに新しい花が雨に光ってました。
早速カメラ持参でしばらく撮影。
f0324026_20113155.jpg
f0324026_20085892.jpg
f0324026_20092638.jpg
f0324026_20102881.jpg
水滴の中に向こうの水滴、花が映り込んで不思議な絵になりました。

午後になり、天候回復。近くの自然公園へトンボ撮影に訪問。

▼羽化後間もない未成熟のイトトンボ 相変わらず写真を撮るだけで同定には至らず。
f0324026_20264937.jpg
▼これはひょっとしたらキイトトンボかもと勝手な想像
f0324026_20280081.jpg
▼少し表情を出してくれたイトトンボ
f0324026_20293585.jpg
ただこのイトトンボ、残念なことに翅が途中から無くなっていて、羽化時のトラブルかもしれません。生きていくにはつらい状況。何もしてられないもどかしさ。
f0324026_20300330.jpg
▼近くでは産卵中のアジアイトトンボ
f0324026_22174515.jpg
▼アオドウガネ 変わらずの素晴らしい光沢
f0324026_20325966.jpg
▼キマダラセセリ
f0324026_20335501.jpg
▼サビカミキリの一種と思われるもののなかなか同定できず
f0324026_20350477.jpg
f0324026_20352031.jpg
▼クヌギの葉に大粒の卵 葉の表にオレンジ系の卵1個。こんな目立つ産み付け方をする主は何者?
f0324026_20403882.jpg




by Nature_Oyaji | 2014-06-22 20:45 | 自然 | Comments(2)
2014年 06月 21日

オオミドリシジミ

明日日曜は天候が悪くなるとのことで、梅雨の合間の天候回復の今日、オオトラフコガネとオオミドリシジミを探しに行きました。

前回、都下林道を尋ねた際、オオミドリシジミ撮影を午後にしたことがまずかった。
やはりチョウたちは朝、日が上がるのを待っていて体が温まったら飛び立ち、卍をして大体9時過ぎにはピークが終わるようなので今日はまずはチョウから。

里山のある公園に7時過ぎに到着。栗の花が咲いている場所で暫く待機。その間、回りにいる昆虫たちを撮影。
▼トンボ池の回りにはカノコガのペア。
f0324026_19481690.jpg
▼ヒメキマダラセセリ
f0324026_19490437.jpg
f0324026_19523906.jpg
カツオゾウムシ
f0324026_06030619.jpg
少し粘ったものの、出てくる雰囲気なし。たまたまチョウ撮影をしていた方から嬉しいことに別のオオミドリシジミの場所を教えて頂き、早速移動。場所は元城跡の山頂付近。見ると数頭飛んでいます。どうやらオスばかり、ざっと4~5頭くらい。時々卍でクルクル回っています。近くにとまった所を証拠写真。

▼オオミドリシジミ 時間が遅いためか高い所で暫し休息中。ようやく翅が入る場所にとまってくれました。
f0324026_19590069.jpg
f0324026_19592916.jpg
頂上付近で天然では初見のアサギマダラに出会うものの、撮影できず。

ニイジマトラカミキリ 頂上からの林道脇にて
f0324026_05431571.jpg
いつもの林道へ移動。
▼ルリシジミ 林道の所々吸水のためか集団をみかけます
f0324026_05593156.jpg
f0324026_06012037.jpg
f0324026_06012607.jpg
▼名前不詳 黄色の綺麗な蛾
f0324026_06145517.jpg
▼コオニヤンマ 初見
f0324026_06270378.jpg
▼テングアワフキ 
f0324026_06274133.jpg
▼トビイロツノゼミ
f0324026_06372423.jpg
▼オオトラフコガネ 先週から一週間経ち、羽化の時期となったようです。林道を往復し、計3匹オスばかり見つかりました。
f0324026_06413602.jpg
f0324026_06433701.jpg
▼ラミーカミキリ こんな所で。葉を食べていてようにも見えました。
f0324026_06454452.jpg
f0324026_06465129.jpg
f0324026_06465924.jpg
f0324026_07295430.jpg
先週は余り昆虫たちが見られなかったものの、一週間たち様子は一変。初夏らしくなってきました。



by Nature_Oyaji | 2014-06-21 19:41 | 自然 | Comments(2)
2014年 06月 15日

いつもの自然公園でミドリシジミ観察

今季、一度だけミドリシジミを撮影したのみだったので再度訪問。
すっかり景色は夏。
f0324026_19352232.jpg
数日前の雨で出来た水場で、昨日高温だったためかスジグロチョウたちが盛んに吸水中。
f0324026_19325266.jpg
f0324026_19331987.jpg
f0324026_19333277.jpg
f0324026_19333914.jpg
f0324026_19334712.jpg
キタテハの産卵。産卵中の写真は撮りそこねましたが、卵はカナムグラの葉の裏に確認。
f0324026_19363292.jpg
f0324026_19382544.jpg
いつも一番見つかる場所でミドリシジミが見つからず、取り敢えず奥まで行ってみると一頭出てきました。
f0324026_19404241.jpg
飛び立つ所ですが、ボケ写真。
f0324026_19394203.jpg
場所を移動し、調節池へトンボ観察。頭になかったチョウトンボが出ており、おそらく今日一斉に羽化した様子。翅の反射も少し違っていて、午後ではあるものの翅が乾ききっていない感じ(午後そんな状態、本当か?)。
f0324026_19430836.jpg
f0324026_19432029.jpg



by Nature_Oyaji | 2014-06-15 19:45 | 自然 | Comments(2)
2014年 06月 15日

都下林道訪問 オオトラフコガネを探して

梅雨の合間、天候も回復したので 都下の林道にオオトラフコガネを探しに行きました。2日前の大雨がウソのように気温30度超、夏の様相です。
朝5:30に出発し、現場には7時過ぎ着。自宅からはカーナビ表示で約60km弱、一般道を走ってもこれくらいで到着するので高速使わずに節約方々ゆっくり通りを楽しみながらドライブ。

最初の昆虫はダビドサナエ(と思われます)。自分にはトンボはなかなか同定は難しい。
f0324026_18462033.jpg
f0324026_18480843.jpg
殻のサイズ、数mmのヒダリマキマイマイ。朝日に透ける様子を目の前にして、ここに至る時間を想像してしまいました。
f0324026_18495929.jpg
これも自信はないのですが、アサヒナカワトンボと思われます。翅が透明と茶系があるとのこと。
f0324026_18503793.jpg
f0324026_18512996.jpg
林道はさすがに涼しげです。
f0324026_18520151.jpg
山間なのでいつも行く近場と違ってテングチョウが大量発生中。なかなか開いてくれなかったのですがようやく一枚撮れました。
f0324026_18530124.jpg
サカハチチョウ
f0324026_18550418.jpg
途中にある湧き水場所で滴下する水を一枚。手持ち撮影でしっかりボケ気味。
f0324026_18563474.jpg
空ではコミスジがランデブー
f0324026_18565530.jpg
カシアシナガゾウムシ 家で調べると前脚中脚が揃って長い事が分かりましたが、上からの写真を撮りそこねていました。
f0324026_18573922.jpg
昼食時、リュックに付いた汗のミネラル分に引き寄せられたのか、ウラギンシジミがしきりに寄って来ました。
f0324026_19003409.jpg
さてさて目的のオオトラフコガネは今まで行ったことのない先まで歩きましたが見つかりません。ひょっとしたらまだ時期が早かったのかもしれないと思いつつ、見上げた木にラミーカミキリを発見。初めて出会い。
f0324026_19010240.jpg
f0324026_19031984.jpg
次の場所にも行く予定なので、ここから引き返すことに。キイロトラカミキリを発見。
f0324026_19044177.jpg
かなり戻ったところで、昆虫撮影されている方に様子を伺うとこの先でオオトラフコガネを撮影したとの事。その方の話ではこれから本格的に発生するらしい。探しながら歩くこと数分、ようやく見つかりました。
日本にはいないような模様と配色。箱根の寄木細工のようで、腹部も自然は手を抜かずしっかり作りこんでいました。
f0324026_19101797.jpg
f0324026_19102890.jpg
f0324026_19103817.jpg
来週末以降も晴れたらまた訪問です。



by Nature_Oyaji | 2014-06-15 18:39 | 自然 | Comments(0)
2014年 06月 09日

梅雨時の昆虫たち

梅雨は始まったばかり。昆虫たちは雨宿りしたり、そのままだったり。
梅雨の合間を待っていたかのようにミドリシジミたちも飛行。

▽ミドリシジミ(♀) 暫く翅を閉じていましたが、ようやく開いてくれました。
f0324026_22042685.jpg
B型です。
f0324026_22045316.jpg
別の個体。羽化してようやく翅が乾いた頃と思われます。
f0324026_22070185.jpg
f0324026_22080859.jpg
f0324026_22081645.jpg
f0324026_22092224.jpg
▽クロオオアリ(と思われ)も雨の合間を見て忙しそう
f0324026_22094514.jpg
f0324026_22101857.jpg
f0324026_22114780.jpg
▽ウシカメムシ 被写界深度が浅く、角がボケてしまいました。
f0324026_22123731.jpg
▽オオハナアブ 雨に打たれて暫し我慢の時
f0324026_22133843.jpg
f0324026_22135282.jpg
f0324026_22140553.jpg
▽コメツキムシ 暫く葉の裏で雨宿りしていましたが、ようやく何処かへ飛び立ち
f0324026_22153567.jpg




by Nature_Oyaji | 2014-06-09 22:16 | 自然 | Comments(2)
2014年 06月 08日

小宇宙

土曜の土砂降りから少し回復。
朝は小糠のような雨。蜘蛛の巣にも平等に降った雨は小宇宙となっていました。

f0324026_21315395.jpg
f0324026_21321809.jpg
f0324026_21323339.jpg
f0324026_21330038.jpg
f0324026_21331281.jpg
f0324026_21332557.jpg
f0324026_21333665.jpg
f0324026_21335761.jpg
f0324026_21343201.jpg
f0324026_21341651.jpg



by Nature_Oyaji | 2014-06-08 21:36 | 自然 | Comments(0)