<   2016年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2016年 01月 31日

捜索のみの一日

以前、タテジマカミキリの幼虫を見つけた場所を改めて再訪問。
幼虫がいたのだからあとはどこかに潜んでいるであろう成虫を見つけたい。
6:30より活動開始。

前回見て回った所を再度見直し、また同じ敷地内で見なかった所で新たに見つけたカクレミノも見て回りましたが、ダメですね。

同時にオツネントンボについても、建屋の床下やら柱の割れ目、置いてある板などの裏等々も見て回りましたが、越冬姿を拝むことが出来ません。オツネントンボについて何処にどんな様子で越冬しているのか、余りにも知識がないので、もっと調べて出直しです。

ここを諦めて探す場所を隣の山に変更。この山にも散策路が出来ているので、行ってみる価値があります。

登り始めた道脇にはカクレミノの幼木が多数、しかもそのほとんどが食害を受けています。幼虫の密度は濃いです。
そしてかなり奥まで進んだ少し開けた所に直径約数cm~15cm程度のカクレミノの林が見つかりました。斜面にも大小様々なサイズのカクレミノ。
f0324026_22405460.jpg
f0324026_2241470.jpg
一本一本目の届く範囲を丁寧に見て回りましたが、ここでもとうとう1頭も見つかりません。しかも枝には過去越冬したであろう跡も見つかりません。

この状況をまとめると・・
- しっかり繁殖はしている
- 知り合いの方が見つけた茨城中央部は多分ここより気温は低いはずですが、しっかり越冬個体を見つけている
- でもここでは越冬していた跡や成虫がみつからないことから、考えにくいのですがひょっとしたらこの場所のものは越冬しないタイプのものかもしれない(寒冷地では新成虫は夏季に羽化せず、翌春まで寄生植物内で越冬すると言われている・・とあります)

次はもう少し南側の外房やら内房やら南下した場所で探して見る必要がありそう。それにしても不思議です。


次はもう一つの目標のホソミイトトンボ探し。自然公園の目撃情報があった場所を何度も探してみましたが、生き物なのでいつもいるわけでもなく、見つかりません。
ホソミイトトンボの越冬は少し高い木の上という話も聞いているので、見つけられないのは元々潜んでいる場所が目に届かない所のためなのかもしれません。
あすから2月、これから一番気温が下がる季節ですが、そんな中で暖かい日があると低い所に降りてくる可能性があるとも聞いています。それに期待です・・。

何も撮影しないのも悔しいので少し撮影。
●ホソミオツネントンボ 今まで気づかなかった所で越冬中
f0324026_2312345.jpg
E-M1+BORG 36ED(200mm)

●ロウバイ
f0324026_23184071.jpg
f0324026_2318491.jpg
f0324026_23185863.jpg
E-M1+BORG 36ED(200mm)

●オシドリ
f0324026_23195843.jpg
f0324026_23201685.jpg
E-M1+BORG FL71(400mm)

この後、自然公園から10分程離れた谷戸に移動・ここには春先にはホソミイトトンボが産卵に来ると、管理の方から伺っている場所。
ここでも越冬姿を探してみましたが、やはり簡単にはいきません。

by Nature_Oyaji | 2016-01-31 23:20 | トンボ | Comments(3)
2016年 01月 30日

カワセミのお嬢さん

今日、一度訪問したカワセミ池。
まだ色が鮮やかではないが、昨年生まれのカワセミのお嬢さん。
下のクチバシの赤い色が妙に美しい。
f0324026_20372457.jpg
E-M1+BORG FL71(400mm)

by Nature_Oyaji | 2016-01-30 20:38 | トンボ | Comments(3)
2016年 01月 30日

コ・ボーグ36ED 導入

BORGは71FLをずっと使って来ましたが、昆虫用にもっと最短距離が短いBORGを物色していました。
メーカーに質問したり、ネットで調べたり最終的には「コ・ボーグ36ED(200mm E-M1では35mm換算400mm)」が最短距離が短く、口径は小さいものの、画質はBORG品質ということでこちらに決定。

ヤフオクで探した所、ちょうど出品しているものが見つかりました。
おまけにこのセットには元々付いていなかったヘリコイドや延長筒が追加されていて、まさに希望のセットでしたので、迷わず落札しました。

午後雨が上がったので、早速テスト。
なるべく最短距離が短く、出来ればそのまま無限にピントが合う組み合わせが出来ればベスト。

元々BORGは延長筒を付ければ最短距離は短くはなるのですが、いくら長くしても良いわけではなく限界があり、そのセットに合う長さがあります。

試せるのは2種類の延長筒とヘリコイドの組み合わせ。
撮影可能な距離を確認した所、
1.ヘリコイド+短い延長筒 約3m~無限
2.ヘリコイド+長い延長筒 約70cm~無限
3.ヘリコイド+短長繋げた筒 約50cm~2m程

結果は明らかで、2.の組み合わせに決定です。
偶然にも前のオーナーさんが購入していた中での組み合わせで、昆虫撮影のために良さそうな距離撮影が出来ることが分かりました。

早速午前中撮影したホソミオツネントンボで撮影テストですが、今日は曇りのため少し暗いレンズのBORGには辛い状況。
f0324026_18341750.jpg
f0324026_18144147.jpg
f0324026_18145318.jpg
f0324026_1815642.jpg
f0324026_18151477.jpg
E-M1+BORG 36ED(200mm)

▽比較のため40-150mmで撮影
f0324026_18244044.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

全体的にコントラストが低くボケた感じもしますが、200mm(換算400mm)で望遠マクロレンズとしては十分ではないかと。晴れた日でしたら多分問題ない結果が得られると思います。

レンズの全体の長さは18cm程。軽くてE-M1にセットすれば手ぶれ補正が十分。いろいろ使い分けが出来そうです。

by Nature_Oyaji | 2016-01-30 18:29 | 機材 | Comments(2)
2016年 01月 30日

雨の日のホソミオツネントンボ

昨夜より関東でも降雪予報が出ており、雪化粧したホソミオツネントンボ撮影を目論んでいましたが、今回は雨のまま。
それでも雨での様子観察のため訪問。

●ホソミオツネントンボ
f0324026_1212376.jpg
f0324026_12125093.jpg
f0324026_12213689.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

時々強く降る時があり、その時には雨を避けるように体を縦方向にする個体も。
また次回、雪が降る日に訪問したいと思っています。

by Nature_Oyaji | 2016-01-30 12:22 | トンボ | Comments(3)
2016年 01月 24日

神奈川方面でタテジマカミキリ探し

今日は先日の房総でのイメージが残っているので、ネットで見つかった神奈川の自然公園でまたタテジマカミキリ探し。

朝6:30には到着していたものの、初めての場所は駐車場も何処に食樹があるのか全くわからず、とりあえず公園内の谷戸がある付近に移動。
30分も駐車場探しでかかってしまい、ようやく7:00から谷戸脇の細道から山あいへ活動開始。

▽山道に入ってすぐ見つかったカクレミノには明らかに食害と越冬跡と思われる傷。
f0324026_15555942.jpg
f0324026_15562649.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

▽霜の花
f0324026_16195089.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

この道脇には何本か親指の太さ程度のカクレミノが数本ある位で、特に多いとは思えない状況。
所々生えてるヤツデも注意して探してみるも成果なし。
ハリギリは幼木が数本ありましたが、タテジマカミキリがいる様子なし。

少し南向きの場所で探すため、場所を移動し、峰にある道を探しながら移動。途中でばったり出会ったIさんと一緒に探すも食樹のカクレミノ、ヤマウコギやハリギリの幼木自体が無く、これではどうしようもありません。
たまにあるハリギリはすっかり大木になったものばかりで、これでは越冬個体がいても見つけれません。

公園内をほぼ半周した所でIさんは別行動へ。お疲れ様でした。

別れた場所は朝、カクレミノを見つけていた場所の近く。もう一度その周りを探してみると、ようやく幼木を含むハリギリ多数の斜面が見つかりました。合わせて同じ場所には適度に大きくなっているカクレミノもまとまって生えていました。
ハリギリは細いもの、太いもの(直径5cm程)合わせて20本近く、またカクレミノは3mも行かない位のものが5~6本。喜び勇んで片っ端から探してみたのの、とうとう越冬個体は見つけられず終了。
f0324026_16131817.jpg
f0324026_16132740.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

食害があったので、ここには明らかに生息しているはずです。
今日見つけたハリギリの林は今後も続けてみていきたいポイントです。

今日は朝7時からほとんど休憩なしで13時まで6時間歩きつづけの活動。途中でストロボのディフューザー落としてしまったりと体も心もだいぶ疲れましたが、食樹の場所がとりあえずわかったので良しとします。

by Nature_Oyaji | 2016-01-24 16:44 | 自然 | Comments(2)
2016年 01月 23日

千葉の公園で越冬昆虫探し ムラサキツバメとアカスジキンカメムシ

家の用事の前に早朝から公園で越冬している昆虫の観察。

以前、雨の中ムラサキツバメの越冬の状態を見に行った公園ですが、今日見つかったのは以前とは別の場所で5頭の集団と、3頭+近くの葉に1頭の集団(以前見つけた場所のは移動)。

●ムラサキツバメ 5頭の集団
f0324026_1232168.jpg
f0324026_1233817.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●同3頭+1頭(右上に頭だけ)
f0324026_1261255.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

ずっと南向きの暖かい葉にいるものと思っていたのですが、向きに関係なく集団は潜んでいるとの情報を頂いていたので、一通り南向きの葉を見た後は木の裏側に回って移動しながら探すと・・

今度は思わぬ所でアカスジキンカメムシの越冬中の集団が見つかりました。

●アカスジキンカメムシ
暖かい時期には幼虫も成虫も見ていたのですが、越冬中のものは初。これは嬉しい越冬姿が観察できました。生態的には5齢幼虫で越冬で、過去の知識では落ち葉などの裏で越冬すると記憶していたのですが、ここのは常緑樹の葉の裏にいました。

葉の様子を見ると蜘蛛が巣を作っていたようで、うまい具合に2枚の葉の先端付近が糸でくっついていて、そこに出来た隙間に入り込んでいました。

場所的には地面から約1m、木の北側でここでは日は当たりませんが、これが彼らが好む場所なのでしょう。

▽可愛い笑顔の10匹兄弟姉妹
f0324026_12233682.jpg
f0324026_12235624.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

さて家の用事が終わったら午後はトンボ界の重鎮の皆様の集まりに参加させて頂けることになっています。どんな写真や観察報告が見聞き出来るのか楽しみです。

明日は横浜方面にまたタテジマカミキリ探しです。


by Nature_Oyaji | 2016-01-23 12:33 | チョウ | Comments(2)
2016年 01月 17日

オオキンカメムシ 越冬個体

タテジマカミキリ撮影後、昨年撮影したオオキンカメムシの越冬場所を確認。
何の調査も無しに感で訪問して見つけることの出来た思い出の場所。
外房には多数集まっている越冬場所があるのですが、ここでは1個体しか見つけられず(昨年も数頭ほど)。

●オオキンカメムシ
▽海岸近くの少し高台で日当たりの良い場所。こんな場所で越冬。
f0324026_2340592.jpg
▽寒い中、葉の上に移動してもらい撮影
f0324026_23402378.jpg
f0324026_23403353.jpg
f0324026_23404230.jpg
f0324026_23404970.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

この後、また元の葉の裏に戻して撤収。




by Nature_Oyaji | 2016-01-17 23:42 | 自然 | Comments(0)
2016年 01月 17日

タテジマカミキリ ようやく発見

房総へ家庭サービスで訪問。
ちょうど房総は水仙の頃。かみさんたちが見ている間、懸念だったタテジマカミキリ探しを実施。

山あいの日当たりの良い場所に行くと、約5m程のカクレミノの木があり、見上げた2.5m上の枝先にようやくお目当てのタテジマカミキリを発見。

●タテジマカミキリ(雌雄は不明)こうしてみるとやはり見事な擬態。写真は深度合成したので葉っぱなどが不自然な仕上がり。
f0324026_232138100.jpg
f0324026_22541864.jpg
f0324026_23243277.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

この個体がいた同じ枝のすぐ上には越冬個体がいたと思われる新鮮な跡。
f0324026_22564393.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

この空き家の推測ですが
▽この場所もすでに採取者には知られていて、すぐ上にいたと思われる個体は残念ながら採取された可能性。
この個体を見ると触角が片方折れていたため、採取を免れたのか。
▽あるいは、妙に樹液が出ているので、この個体が一度越冬場所を作ったものの、気に入らなかったのかも。
今の様子を見ると樹液は出ていないので、出る場所では一冬過ごせないのかもしれない・・。

多分後者の可能性が高い気がします。

さてさて、たまに家庭サービスをすると、何やら出会いの神様が降りてきてご褒美をくれるようです。
お陰様でこの冬の目標の一つのタテジマカミキリ探しは2連敗で決着。




by Nature_Oyaji | 2016-01-17 23:15 | 自然 | Comments(2)
2016年 01月 11日

再びホソミイトトンボの越冬探し

昨日の疲れが残っているので今日は大人しくしているつもりでしたが、またホソミイトトンボの越冬姿を探しに以前訪問した千葉の自然公園を訪問してしまいました。
今回は知り合いからホソミイトトンボの越冬の姿の写真など紹介頂いていたので、暖かそうな所で、つる草が枯れている所や杉の枯れた所(保護色になるためでしょう)や杉も高めの所に留まっている所を重点的に一回り。

でも見つかりませんね・・。姿や大きさはわかっていますが、越冬している様子は出会えていないので探す目や環境が頭に入っていないことが大きいためでしょう。一度見つけられると何となく見ていても不思議と見つかるものなんですが。

という事で結局ホソミオツネントンボしか見つけられなかったので、またか!と言われそうですが撮影。
今回は木の枝につかまっているので、なるべく頭部分に後ろ部分が隠れるような方向からにして、手持ちで深度合成を試してみました。

複眼にはわりとピントは合いましたが、写真下側の足の付近などはボケてしまっています。自分の技量ではこれが手持ちでの限界かも知れません。
f0324026_1611179.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro カメラ内深度合成 Aモード、1/80 ISO200 フォーカスステップ5

もう一つ、これは数日前のものですが、BORG 71FL(35mm換算で800mm)を使ってフォーカスが合う約5m離れた所から撮影したもの。これは少々厳しい。
f0324026_16184759.jpg
E-M1+BORG FL71(400mm)

まだこの冬の目標は何一つ達成出来ておらず、ただタテジマカミキリは幼虫を見つけているので生息場所は確定なのでまずはケリをつけたい。

by Nature_Oyaji | 2016-01-11 16:30 | トンボ | Comments(0)
2016年 01月 10日

ムカシヤンマ 新しいポイント探し

以前ムカシヤンマの生息場所をご案内頂いたので、目撃例のある都下の林道で生息場所探し。

朝6:30より山歩き開始。
●富士山 昨日のニュースで暖冬のため積雪が例年より少ないという
f0324026_19553467.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●以前遠征した際見た環境 苔に覆われていて、その裏の岩の隙間に生息
f0324026_2045380.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●道端には一輪だけスミレの花
f0324026_20132182.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●山道を降りてせせらぎの脇で一息 
f0324026_20171884.jpg
Olympus E-M1+SAMYANG OPTICS 7.5F3.5 FISH EYE/MFT BLACK

この林道を約4km程歩きまわり、道の脇にある同じような場所がある度にじっくり見てみたものの、この林道ではとうとう見つけられず終了。このせせらぎの近場の何処かにいそうな気がしますが、探すのは難しい・・。

別な林道に移動。ここは道脇に細流がある一本道。
●苔に付いた霜
f0324026_20303714.jpg
f0324026_20294873.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●日当たりの良い場所の足元にはオオイヌノフグリ
f0324026_20281160.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●テングチョウは多数、ムラサキシジミも日なたぼっこ
f0324026_20325030.jpg
f0324026_20332628.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

ここも片道約3km程進んで苔の生えている所を探してみたものの、やはり見つかりません。
結局、約10kmの山歩きの日になりましたが、それでも足元の小さな出会いもあり、心地よい疲れの残る一日となりました。

by Nature_Oyaji | 2016-01-10 20:42 | トンボ | Comments(2)