<   2016年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2016年 06月 29日

コフキトンボ オビ型羽化

コフキトンボのオビ型はある調査では、北海道南端ではほぼ100%、東北から関東では約10%、西日本ではほぼ0%と地域差がある不思議な出現率を持っています。
そういう意味ではオビ型は関東ではレアものでしょう。ただこれも不思議ですが、松戸のある池ではほぼ100%に近い出現率(過去訪問時、見た♀はすべてオビ型だったので)。

前回のウチワヤンマ羽化探しの際、コフキトンボのオビ型の羽化を初見。
少し写真を撮ったものの、ウェーダーも履かずストロボもまともに使えずで、すべてボツ写真。

羽化数は2週間前に比べたら激減。今日はたった2頭でしたが、幸運にもそのうちの1頭が見事オビ型。(ウチワヤンマは2頭羽化していました)

さて撮影は前回レクチャーしてもらったストロボを上に向け、ディフューザーでバウンズさせる方法にて。
iPhoneのメモに前回の設定を残して置いたのですが、それを見ることなくスムーズに撮影出来た事が嬉しい。

●コフキトンボ♀ オビ型(撮影 22:00)NOKTON F2.8
f0324026_22394778.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

▽レンズを替えて12-40mm F2.8トリミング済
f0324026_2240343.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

羽化の途中、開翅前の翅の色はもう赤系色。ただ俗にいう日の丸の模様はこの時点では確認出来ません。

▽暫くして開翅(撮影 22:57)
f0324026_026930.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

この時点では日の丸はうっすら確認出来ます。

羽化場所が水面に近いため、なるべく水面に近い所での撮影としてみました。
気が付くとTシャツは半濡れ、ウェーダーの中にも少々水が・・。夢中になると水に濡れてることを気づきません。

そうこうしているうちに急に雨が強くなり、撤収。


by Nature_Oyaji | 2016-06-29 23:08 | トンボ | Comments(0)
2016年 06月 27日

福島 その他に出会えた面々

メイン3種の他、散策しながら出会えた隣人たち。
●ネグロセンブリ 八王子の里山で近種のヤマトセンブリを見てなかったらスルーでした。
f0324026_20281324.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●オゼイトトンボ ここには多数
▽♀
f0324026_2029878.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

▽♂型♀
f0324026_2030211.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8 + 10mm接写リング

▽産卵直前
f0324026_2033166.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

●モノサシトンボ ♀
f0324026_20342776.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●オオイトトンボ 産卵
f0324026_20351054.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

●ヒメクロサナエ ♀
f0324026_20353817.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8 + 10mm接写リング

●サラサヤンマ ♀ 最近このように足元に止まるパターンが多いです。長靴につかまって懸命に産卵行動
f0324026_20511996.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

by Nature_Oyaji | 2016-06-27 22:25 | トンボ | Comments(0)
2016年 06月 27日

キマダラルリツバメ

今回の目的だった最後のキマダラルリツバメ。
発生からかなり時間が経ち、もうそろそろ限界の時期。

15:30に雪国茶屋に到着。前日のブログでは新しい個体が出たという記載もあり、それに期待です。
ご主人からはここ数日寒くて少し出が悪く、また今日は逆に気温が上がりすぎで出るのが遅いかもしれないとの事。
15:45に撮影場所に案内頂き、もうお一人筑波から来られた方と三人で出現を待つと、16時頃出てきました。小さく超高速飛行体です。

数は卍や追いかけっこをしながら6頭ほど。やがてテリトリーが決まったのか落ち着き始めました。

●キマダラルリツバメ 発生から時間が経ち、やはりだいぶスレがあります。
▽♂
f0324026_3415567.jpg
▽別個体
f0324026_641253.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

▽♀ この♀はもう交尾も終わり、♂からちょっかいもされなので比較的静かに吸蜜。特徴のある尾状突起4本がまだ残っていました
f0324026_6423145.jpg
f0324026_6433515.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

テリトリーが決まった時点で、負けた♂はどこかに行ってしまうわけですが、ここに残っている強い♂は古参のものばかりのようで、残念ながら状態は良くない。

別の所に行ったであろう新鮮な個体を探してみましたが、そちらは残念ながら見つけられず。

やはり出始めの頃など早めの訪問が良さそうです。こちらもまた来年のお楽しみ。
それでも初の出会いには大満足です。

雪国茶屋のご主人、筑波からご一緒になった方、お疲れ様でした。


by Nature_Oyaji | 2016-06-27 20:34 | チョウ | Comments(0)
2016年 06月 27日

アマゴイルリトンボ

2年前、福島にボランティアで訪問した帰り、せっかくなので猪苗代湖近くの湿原で撮影したの初でした。それ以来の撮影。

ハッチョウトンボがいる同じ湿地内。この中にいるというのは事前に調べていましたが、湿地の全体像がわからないのでどこにいるか不明。
前回撮影した時は、水のある割りと日影が多い場所。湿地内を取り囲むようにある道を進むと、うってつけの場所があり、果たしてやはりここにいました。

個体数は多く、良い場所なのでしょう。

●アマゴイルリトンボ 
▽♂
f0324026_5584958.jpg
▽一番のポイントのブルーの複眼 斜め後ろから
f0324026_645347.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

▽♀
f0324026_655831.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

▽交尾態 朝方は見られなかったものの11時近くに
f0324026_675482.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

こちらは次の湿地での撮影。水際にて。
f0324026_684159.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

今回は交尾態撮影が出来、生態写真として進展がありました。産卵は残念ながらまた次回。

by Nature_Oyaji | 2016-06-27 19:10 | トンボ | Comments(0)
2016年 06月 27日

ハッチョウトンボ

休日出勤の休みを頂き、今回は思い切ってキマダラルリツバメをメインにした福島遠征としてみました。
キマダラルリツバメは16時前後でないと出てくれませんので、それまでは目星をつけていた2ヶ所の湿地で散策。

移動の夜。21:30に出発。初めの湿地までは約240km。
移動途中で川の流れが月の光を反射するのが見えたので撮影。星も入り、夏の星撮影の試し撮り。

●月明かりと星と
f0324026_0543880.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

真夜中に湿地に到着。車中泊にてまた朝から活動。

●至福の時
f0324026_0582486.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

●ハッチョウトンボたち。
昨年は栃木の湿地で撮影しましたが、今回は初めての湿地。初めの1頭目が見つかるまでは不安でしたが、結果的には多数のハッチョウトンボが見つかり驚きました。

▽青空と
f0324026_164921.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

▽NOKTON開放ならでは
f0324026_192773.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

▽♂ 約50cm程度の距離を置いてテリトリーとしている
f0324026_142348.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

▽♀ あまり暖かくない時間帯は、♂がテリトリーを張っている産卵場所に近づく気配がありません。♂達よりかなり遠目の所で多数まとまって活動。
f0324026_1454852.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

▽11時過ぎ、活性があがり交尾態、その後産卵が見られるようになりました。交尾態の時間は約1分ほど。
f0324026_1505320.jpg
f0324026_156112.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

▽産卵の途中 何度も産卵していましたが、とうとううまく残せず。また次回。
f0324026_548063.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
 
交尾態を終えると、♂♀はじっと動かないでいるのですが、暫くすると♂が♀に産卵を促すようにアタックし、♀は産卵開始。それを何度か繰り返しながら、また交尾態へ。

実はこの♂、この周りでは一番大きな且つ産卵に良さそうなエリアを確保中。
上の交尾態の写真は同じ♂で、♀は異なるもの。同時に2頭の♀をエリア内で産卵させていました。

続く


by Nature_Oyaji | 2016-06-27 16:22 | トンボ | Comments(0)
2016年 06月 25日

梅雨の嵐の日

朝から風速10mの梅雨の日。
昨年確認したカトリヤンマ羽化の時期なので、早朝から訪問。

羽化は開始していました。
羽化殻は3~4個程。今日の羽化数は6頭。ただこの風のため、うち3頭の翅は残念なことに。

●カトリヤンマ 
▽無事翅が伸びたもの 撮影 5:32
f0324026_172119100.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
f0324026_17191731.jpg
f0324026_17203872.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

▽田んぼの中には羽化を諦めた個体が逆さで 撮影 6:30
f0324026_17223050.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

▽風が収まってきた頃。
帰宅時刻ギリギリで見つかった定位個体 もうすぐ羽化なのに撮影できず泣く泣く撤収 撮影 10:51
f0324026_17245624.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

●同じ田んぼではオオアオイトトンボが羽化中
しっかり定位を確認せず不用意に近付くと、あっという間に水中に飛び込んで逃げる…という行動を初めて見ました。

他のイトトンボでも同じかもしれない。グンバイトンボ羽化探しの際も要注意。
f0324026_1727434.jpg
f0324026_17324192.jpg
f0324026_17272432.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
f0324026_1727335.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

今日はここまで。
明日は珍しく休日出勤。
月曜は休みを頂いたので、色々悩んだのですが、今会っておきたいキマダラルリツバメをメインに、周辺のトンボ撮影としたい。




by Nature_Oyaji | 2016-06-25 17:29 | トンボ | Comments(2)
2016年 06月 25日

ヘイケボタル

今年の目標の一つだったホタル撮影。
ヒメボタル撮影に続き、先日はゲンジボタル+ヘイケボタルの生息地に行ったものの、時期が遅くこの場での撮影はまた来年。
今回はFさんのご好意でヘイケボタル撮影に同行させて頂きました。

記憶の中ではゲンジボタルは過去見たことがあるものの、ヘイケボタルは初。
得た知識では光はゲンジボタルより弱く淡いとあり、光は白に近い色に見えました(後でFさんのブログには白く見えたのは人の目の プルキニェ現象の為と解説がありました。実際のヘイケボタルの発光色は黄緑色)。

光り方は個体差もあるのかもしれませんが、点滅するものと完全に暗くならずに点滅するものがいたようです。

初の撮影はライブコンポジットで行いました。でも淡い色のためなかなかその美しさが残せない。
どう撮影したら良いか、来年の宿題です。

▽19:30過ぎより光り始め。地面に♀がいたためか、同じ場所に多数の♂が来ては振られて飛び去りの場面
f0324026_3553561.jpg
f0324026_356467.jpg
f0324026_3565272.jpg

20:30頃、飛翔する数も減り、撤収。
約1時間程の恋の時間は無事終了。お疲れ様でした。


by Nature_Oyaji | 2016-06-25 04:05 | ホタル | Comments(0)
2016年 06月 24日

NOKTON10.5mm + ストロボ

NOKTON10.5mmは開放では0.95のため、今まで夜の撮影でも街灯などの光があれば撮影出来てしまいました。
前回投稿のコフキトンボ撮影がそうです。

それでももう少し暗い場所などではやはりストロボが欲しくなりますが、これまた設定が全く分からずで、自分で思いつく弱い設定で光らせてみても開放では真昼の様に結果が白くなるばかり・・。

その為今晩もまた虫友Tさんにアドバイスを頂きました。

設定としては
●カメラ マニュアルモード
●ストロボ マニュアルモード 1/256
●ISO200(それでも明るかったら LOW設定)
●シャッター 1/4
●レンズ NOKTON0.95 開放(の予定でしたが、家でF値見たら5.6。しっかり確認してなかったのでこのまま撮影してたかもしれません)

ストロボは光らせ方に一工夫。
ストロボの発光部分には布製カバー式のディフューザーを取り付け拡散させる。
さらにもう一つハクバのディフューザーを取り付け、ストロボを真上に向け、簡易バウンズ的に使うというもの。
う~ん、思いつきません。
f0324026_0553914.jpg
まずはこれを基準として、撮影結果から設定を調整。

撮影結果です。月も調度良い角度であがってきた22時頃。
●ウチワヤンマ
f0324026_6441252.jpg
f0324026_6545023.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

明るすぎてストロボの光量をどうしたら良いのかわからなかったNOKTON。
工夫次第ということですね。
またまたありがとうございました。

結局のこの撮影の後1時間ほど見ていましたが、時折尾部を動かしたりでまだまだ羽化する様子もなく、23時過ぎに撤収。


by Nature_Oyaji | 2016-06-24 01:13 | 機材 | Comments(0)
2016年 06月 22日

ウチワヤンマ羽化とコフキトンボ羽化

どうにもストロボが使いこなせず、夜な夜なウチワヤンマ羽化撮影に来ては、NOKTONの明るさにかまけてそちらばかりで撮影していました。

解決もせずにいたため、先日の折角のマルタンヤンマ羽化も散々な結果に。

今夜は月も出て、撮影には絶好の日。月とのコラボは薄暗い空と、手前のトンボをストロボで少し明るくする絵を考えている為、ストロボ必須なのでどうなるやら。
不安を抱えたまま取り敢えず撮影開始。

●コフキトンボ 6月初旬の方が個体数が多い感じです。
▽護岸で羽化中(トンボの左側の丸は月が池に映り込んだもの)
f0324026_0323355.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

▽別個体 池の護岸ではなく、少し移動して草に登っての羽化。
f0324026_041115.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

●ウチワヤンマ この所、羽化数が少なくこちらも少々心配。今日も結局は1頭のみ。

さてストロボ撮影です。初めはウチワヤンマのみが明るくなり、バックの月はおろか、それ以前の問題で全くのダメダメ状態。
もう少したつととウチワヤンマも飛んでしまいそうなので、夜で申しわけなかったのですが虫友Tさんへ電話し、ストロボ講習会をしてもらいながらの撮影・・。

以下設定
●Mモード
●シャッター速度はバックの明るさに関係する(長くすれば明るく)。取り敢えず1/60からだんだん長めに。最終的には8秒でも撮影
●ISO200
●F6.0
●ストロボ1/32
この状態でトンボへの光の強さを確認するため試し撮り。
その結果からストロボの強さを考え、またシャッター速度を変えていくことでバック全体が適度な明るさになるよう設定。

▽嬉しい結果
f0324026_118562.jpg
f0324026_3251031.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

Tさん、的確なご指導ありがとうございました。


by Nature_Oyaji | 2016-06-22 03:27 | トンボ | Comments(0)
2016年 06月 20日

マルタンヤンマ羽化とオオミドリシジミ

昨年6月都下のとんぼ撮影に同行させて頂いた際、マルタンヤンマの羽化殻を見て、一度は羽化の様子を見たいと思っていました。

マルタンヤンマはヤンマ系の羽化の通り、真夜中に開始し明け方4時頃には飛び立つ。
昨年の訪問時は4時で、その時点で既に羽化殻が残されていたので、今年はもう少し早めに訪問して様子を観察しようと思っていました、

里山には3:30着。探索を開始し、3:45にやっと翅が伸びきった状態の個体を発見。

●マルタンヤンマ(♀)どう撮影したらよいやら・・。取り敢えずストロボにて証拠写真。ブレブレボケボケ写真・・。
本当は泥の湿地に三脚を立てて撮影すればまだ良かったのですが、まだ三脚をドロドロにする勇気が無く、ためらいが。
▽4:00
f0324026_20361874.jpg
▽4:15 空がしらじら
f0324026_20371486.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95
この後すぐ処女飛行。

今日のメインは久しぶりにチョウ撮影。
5:30にFさんと待ち合わせ。
●オオミドリシジミ 今季は昨年訪問した場所に行く時期を逸していて、先日その場所で撮影した虫友さんからは採取者多数で酷いことになっていたという。ここはそんなこともなく、また新鮮な個体多数で嬉しい限り。
f0324026_2353145.jpg
f0324026_23532837.jpg
f0324026_00183.jpg
f0324026_003520.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
他にウスイロオナガシジミ、ウラナミアカシジミ、ヒオドシチョウなどもいたのに撮影出来ず。

ここでFさんとお別れ。ご案内ありがとうございました。またお疲れ様でした。

もう一ヶ所、メスアカミドリシジミの場所を教えて頂き訪問したが、時期か時間なのか1頭のみ出会えたものの撮影に至らずここも撤収し、朝訪問した里山へ。

いつもの虫友Tさんがすでに到着済。ここでちょっとした出来事・・。片方の複眼が潰れていた♀のサナエトンボですが、正体をめぐって喧々諤々。
●不明のサナエ
f0324026_0133091.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

ここでは過去見つかったことがなかったものの、背中、胸の模様などでTさんの言う「ヒメサナエ」の意見と、こちらをよく訪問する方々の中で「ダビドサナエ」など意見が割れましたが、最終的には「ヒメサナエ」と同定。ここでの初物に沸き立つ。

●キイトトンボも発生開始 7月中まで羽化が続くようなのでまた羽化撮影で訪問したい
f0324026_0232696.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

ここで今日は13時過ぎには撤収。お疲れ様でした。


by Nature_Oyaji | 2016-06-20 00:24 | チョウ | Comments(0)