オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2017年 06月 28日

夜の自然公園 コフキトンボ羽化

だいぶ間が空きましたが、久しぶりに夜の自然公園散策。
22時過ぎでいつもの範囲でウチワヤンマ羽化は2頭のみ。
コフキトンボはこの時間では今までは護岸に約20頭近く羽化していて、翅はかなり伸びていましたが、今日は個体数自体は10頭前後で、羽化はまだ倒垂のものもいてだいぶ遅れ気味。
朝のうちの雨の影響が羽化の遅れになったのかもしれません。

●コフキトンボ
いつもの護岸から更に陸側の花壇まで移動して羽化。
梅雨の時期には珍しく空には星が輝いた日。
f0324026_00144372.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO


by Nature_Oyaji | 2017-06-28 23:03 | トンボ | Comments(0)
2017年 06月 25日

カトリヤンマ羽化の頃

昨年秋、カトリヤンマの産卵を撮影した田んぼもそろそろ羽化の頃。
田んぼ周りを一回り、一番日当たりの良い田んぼで3頭の個体がいるのを確認。
それ以外の田んぼではまだ先のようで、全く確認出来ませんでした。

本格的な羽化は来週後半辺りからになりそうです。

●カトリヤンマ 羽化開始?
▽8:30、稲を登って静かにしている個体。
ただ結局11:30を過ぎても羽化せず。
f0324026_18375259.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
▽体半分出ていた個体。この個体も結局はこの状態で羽化せず。
f0324026_18395615.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●オオアオイトトンボ
こちらはもうだいぶ羽化が進んでいて、あちらこちらに羽化殻と羽化中の個体など散見。
f0324026_18422740.jpg
f0324026_18423348.jpg
f0324026_18432523.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●アキアカネ
▽こちらは到着した8時過ぎではすっかり翅が伸びてしまっていて、一斉に飛び立つ状況。
半端ない数。
f0324026_18451560.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
▽中にはゆっくり羽化している個体も。
f0324026_18450387.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●ホソミオツネントンボ
少し離れた場所に越冬場所があるのですが、ひょっとしたらそこから産卵に来ている群なのかもしれません。ホソミオツネントンボ等、越冬トンボたちの行動範囲は案外広そうです。
f0324026_18472649.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)




by Nature_Oyaji | 2017-06-25 18:50 | トンボ | Comments(0)
2017年 06月 25日

その他トンボたち

■その他トンボたち
●ハラビロトンボ(♀)羽化
f0324026_00340002.jpg
f0324026_00342355.jpg
●♂
f0324026_00370906.jpg

f0324026_00363959.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●モートンイトトンボ
▽♂
f0324026_00391109.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
▽交尾態
f0324026_00394757.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●ショウジョウトンボ
f0324026_00413108.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

オオイトトンボ
f0324026_00430606.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

他の場所へ移動
●ベニイトトンボ
f0324026_01070249.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●ムスジイトトンボ
f0324026_01073327.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●オオセスジイトトンボ(♂)
f0324026_01124621.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO




by Nature_Oyaji | 2017-06-25 01:15 | トンボ | Comments(0)
2017年 06月 25日

ネアカヨシヤンマ処女飛行

1頭目の個体の処女飛行の様子です。

飛ぶ寸前、飛べるかどうか確かめる様にまだ乾ききっていない翅を細かく震わせ、その後意を決した様に音も無く飛び立っていきました。
f0324026_00204077.jpg
f0324026_00210013.jpg
f0324026_00210798.jpg
f0324026_00212335.jpg
f0324026_00213019.jpg
f0324026_00213668.jpg
f0324026_00214377.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO


by Nature_Oyaji | 2017-06-25 00:25 | トンボ | Comments(2)
2017年 06月 24日

ネアカヨシヤンマ羽化 出会いの日

初撮影から3年目、ようやく羽化個体との出会いの日。

●ネアカヨシヤンマ(♀)
f0324026_19461024.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
f0324026_19483346.jpg
f0324026_19485043.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
f0324026_19493460.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
f0324026_19505443.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●近くで羽化していた♂
f0324026_19520757.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8


by Nature_Oyaji | 2017-06-24 19:54 | トンボ | Comments(4)
2017年 06月 21日

ゲンジボタル-3 今期最後の飛翔撮影

ゲンジボタルも終盤です。
今期飛翔は最後の撮影です。

出来ればこれからの1年間の生態、産卵、そして幼虫の成長、来年の上陸幼虫の様子など観察していきたい。
f0324026_06282596.jpg
f0324026_06283390.jpg
f0324026_04233664.jpg
全てOlympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO




by Nature_Oyaji | 2017-06-21 07:12 | ホタル | Comments(0)
2017年 06月 18日

ネアカヨシヤンマ羽化探し 当日

朝4時過ぎから活動開始。
気温は曇りのためか18~20度位で少し涼しい程度。

■ネアカヨシヤンマ羽化探し
この湿地の環境等の確認も含め端からチェックしていったものの、前回同様カンガレイ等の植物には羽化殻なし。
足元からはモートンイトトンボたち。撮影はしませんでしたが、5時過ぎにはすでに交尾態多数。
またオオシオカラトンボは多数羽化中。低い草の中にはハラビロトンボやショウジョウトンボたち。

●ようやく羽化殻を1個発見 ネアカヨシヤンマのものと確認
5時半頃、割りと水が溜まっている場所の水面からすぐの植物で見つかり、こんな所で羽化したのかと実感。
水から生えている植物を伝ってそのまま登って羽化した様子(写真は自宅に戻って改めて撮影)。

▼体長:約50mm
f0324026_19184261.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

▼背棘を確認
ネアカヨシヤンマのヤゴの特徴はヤンマ系の中では唯一背中に背棘があること。
現場で羽化殻を見つけた時、そこをチェックしネアカヨシヤンマのものと確認。初物です。
f0324026_19203933.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

ネアカヨシヤンマ自体、冬場でも水がなくても生きていけるので、羽化もサラサヤンマのように水から上がって歩いて移動するかとも思っていましたが、案外水場に近い場所なのかもしれません。

さてここから更に湿地内をくまなく探してみましたが、これ以外の羽化殻も羽化個体も見つけられず、8:30過ぎに撤収。
天気も下り坂で小雨も降り始めたので、今日の所はここまで。

成果として、羽化殻と羽化場所の確認が出来たので一歩前進。

■モートンイトトンボ
雨の中、前回訪問のモートンイトトンボ多産地を再訪問。
時刻は12時頃で、交尾態は観察できた早朝から時間が経ったためか今回も確認出来ず。

●今回は♂を中心に撮影
複眼後ろのハートマークがなんともかわいい。
f0324026_19305299.jpg
f0324026_19381591.jpg
f0324026_19390539.jpg
●雨の中のメスの羽化個体
f0324026_19401531.jpg
全てOlympus E-M1II M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

さて来週末はネアカヨシヤンマ羽化探しは家の用事で7月初旬に予定。
そろそろカトリヤンマも羽化の頃なので、ご近所の田んぼで羽化するトンボたちを撮影予定です。




by Nature_Oyaji | 2017-06-18 19:51 | トンボ | Comments(0)
2017年 06月 17日

ネアカヨシヤンマ羽化探し 前日

初めてネアカヨシヤンマを撮影してから3年目。ようやく今期の羽化探しの時期。
昨年も撮影した場所で探索はしたのですが、時期もどの辺りを探したら良いかも分からずで何の成果もなし。
今期は下調べや頂けた情報を元に計画を立てて時期を待っていました(実は先週の日曜も訪問していたのですが、成果が全く無くホタル撮影のみ掲載)。

土曜は家の用事のあり、ご近所散策。

●チョウトンボ
羽化したばかりで、近寄っても飛ばずに暫くモデルになってくれた個体。
昨年訪問した多産地では先週辺りが羽化のピークで、今期は集団羽化撮影を計画していましたが、ホタル撮影を優先したため、また来年。
ベニイトトンボの羽化も探してみましたが、今日は出会えず。
f0324026_18525117.jpg

f0324026_22293231.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●クロイトトンボ
昨年は沢山見られた場所ですが、今期は数が少なく残念な状況。
f0324026_18552884.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●セスジイトトンボ
前回撮影した場所とはまた違う場所で発見。ムスジイトトンボも探そうと思っていましたが、今日は時間がなくこれにて撤収。
f0324026_18564600.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

夕方、ネアカヨシヤンマ羽化場所方面へ移動。

●ゲンジボタル観察

途中でまた先週訪問したゲンジボタルを観察。
数は減ったものの、まだかなりの数を確認。
この場所は道路脇のため撮影には不向きですが、近場という事もあり来年はここで上陸幼虫観察としたい。


夜中到着でまた車中泊・・。






by Nature_Oyaji | 2017-06-17 19:04 | トンボ | Comments(0)
2017年 06月 11日

ゲンジボタル-2

房総に行ったついでに前回とは違う場所で撮影。
この場所のゲンジボタルは東日本型で、長く光り、ゆっくり飛ぶのが特徴とお知らせ頂きました。
ありがとうございます。

写真を見ると、一つの光のラインが長く、他の場所のゲンジボタルのものとは大分違う事が確認できます。

また無風だった事もあるのか、川周りから離れてかなり上空まで昇ってゆっくり飛んでいました。過去あんなに上空まで飛ぶホタルは見たことがありません。
その高さからも相手は見えていて、しっかりオスメスが同期(光での呼応)をするという事も後で教えて頂きました。

夜、昆虫たちが相手を見つける手段はいろいろありますが、ホタルは相手を見つける手段として光を獲得。
どの方法もその昆虫にとっては最良の方法なのでしょうが、個人的に思うにこの光での方法が短時間でかつ離れた相手でも見つけることが出来る一番の方法のように思えます。
そして更に光で相手の意思を確認する事も出来る・・・・生命を繋ぐ為に自然界のデザイナーが与えた淡い光、いつもながら言葉がありません。
f0324026_06324912.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
f0324026_06372043.jpg
f0324026_00583657.jpg
Olympus E-M5II+Kowa PROMINAR 8.5mm F2.8 MFT



by Nature_Oyaji | 2017-06-11 22:59 | ホタル | Comments(0)
2017年 06月 11日

房総での面々

房総に行った時のその他の面々
●シラホシカミキリ
f0324026_05141744.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●ヒメイトアメンボ
イトアメンボもヒメイトアメンボも同じような環境で生息するようですが、何故かイトアメンボだけが激減とのこと。
撮影時は区別のポイントも知らず、サイズ(イトアメンボ>ヒメイトアメンボ)や腹部に違いがあるようですが、初めから絶滅危惧種を探す気合もなく、せめてサイズだけでも定規を当てて撮影しておけばよかったと反省。
また次回近くに行った時には念のためチェック。
f0324026_05155104.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

マツムラヒメアブ
複眼が美しかったので思わずカメラを向けたもの中央の単眼が少々凹んでいるものの、表情が面白い。
f0324026_05335911.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●ルリシジミ
集団吸水中。
f0324026_05393924.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●カワトンボ
f0324026_05440497.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO


by Nature_Oyaji | 2017-06-11 22:08 | 昆虫 | Comments(0)