オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2014年 11月 30日

クロスジフユエダシャク

11時過ぎ、いつも野鳥観察で訪問する雑木林にざっと見渡せる範囲で5~6頭程飛んでいました。
近づくと更に足元から飛び立ちます。フェロモンをキャッチしようとしていたようです。
留まった所を撮影。
f0324026_1741222.jpg
f0324026_1742352.jpg
時々、触角の角度を変えてフェロモンを探しているような仕草。広い林の中、相手を探す様子は健気さも感じます。
f0324026_1743728.jpg
f0324026_174479.jpg
f0324026_175638.jpg
f0324026_176323.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

今週末は天気が良ければホソミオツネントンボの越冬とフユシャクの観察に連れて行って頂く予定です。これは楽しみ。

# by Nature_Oyaji | 2014-11-30 17:11 | 自然 | Comments(0)
2014年 11月 29日

夜景撮影

少し方向性が違いすぎる写真です。自分の日記ということで。。

先日のレインボブリッジ撮影の続きがしたくなり、無理やり娘とかみさんを誘って夜の都内へ。
検索すると都内では至る所でイルミネーション点灯中ですね。クリスマスに向けてのイベントです。
●東京ミッドタウン クリスマスイルミネーション
f0324026_7595031.jpg
f0324026_80299.jpg
f0324026_801579.jpg
f0324026_802473.jpg
f0324026_803719.jpg
f0324026_805062.jpg
f0324026_812198.jpg
f0324026_81369.jpg
●東京タワー
f0324026_832674.jpg
●お台場から
f0324026_854637.jpg
f0324026_862169.jpg
f0324026_87158.jpg
わざと玉ボケ
f0324026_884678.jpg


# by Nature_Oyaji | 2014-11-29 01:11 | 人工物 | Comments(0)
2014年 11月 28日

公園の新顔 シロハラコカゲロウ か?

今日は自分の観察する目の網目というか、いつも気づく昆虫サイズをもう少し下げてより小さいものにも注意して観察。
そうしながら見て見つけた新顔が一種類。
●シロハラコカゲロウ か?
カゲロウの仲間のよう。翅を立て、尾部には2本の長い毛。前脚はユスリカのように長脚。大きさ(純粋に体の長さ)は4mm程の感じ。でも水辺がない??(知らないだけ?)それにしてもユニークな複眼です。円筒形を2つ並べたような感じ。ネットで調べたら「ターバン眼」というらしい。うまい方の写真を見ると、ターバン眼の付け根には左右に複眼、それに単眼が3つあるらしい。う~ん。ピンぼけばかりが残念。もう一度出会ったらゆっくり撮影してみたい。
f0324026_714480.jpg
f0324026_7141340.jpg
●オンブバッタ 本当にあとわずかという感じが寂しい
f0324026_7381754.jpg
●ツマグロキンバエ(♂)左右の複眼が離れてない 今も一番多い。中には二回りも小型のものも。
f0324026_7421820.jpg
●ホソヒラタアブ
f0324026_7431344.jpg
●ヨモギハムシ 青系も散見
f0324026_7435552.jpg

f0324026_7441316.jpg
f0324026_7442399.jpg


# by Nature_Oyaji | 2014-11-28 12:50 | 自然 | Comments(2)
2014年 11月 28日

花壇も紅葉の頃 

花壇の菊の花もそろそろ終わり。
満開の頃、花粉だらけになって懸命に花粉を集めていたセイヨウミツバチたちのここでの仕事も終わり。あの姿がもう懐かしい。
f0324026_571397.jpg
●モミジ 周りの木々も紅葉。すっかり赤に変化。
f0324026_5453034.jpg
f0324026_595369.jpg
f0324026_510176.jpg
拡大すると一つの葉の中でも色の変化があり葉脈が美しい
f0324026_510388.jpg
●ムーアシロホシテントウ(ダンダラテントウ) 幼虫 先日フッカーSさんに同定して頂いたダンダラテントウ。幼虫もいたのでようやく親子の姿を記憶出来た・・と思っていたらやはり間違えてましたね。ありがとうございます。体のトゲの有無(ダンダラにはあり)での区別はわかりやすい。アブラムシを捕食中。
f0324026_5141182.jpg
f0324026_5142046.jpg
●ホソヒラタアブ
f0324026_518655.jpg
●昨日の雨が花に残っていてほんのり輝く
f0324026_517414.jpg
f0324026_518488.jpg



秋も深まり、木々の色も変化。昆虫たちも姿を変えて来年の春を待つ。

# by Nature_Oyaji | 2014-11-28 05:27 | 自然 | Comments(4)
2014年 11月 24日

今季初見のウソとルリビタキ

いつも行く公園近くの森にウソが来ていると教えて頂いたので訪問。
いました。昨年の同時期はとうとうウソもキクイタダキにも出会えず、変な年でしたが今年はしっかり移動してきていて楽しませてくれそうです。

●ウソ(♀) イノコズチの実を懸命に食べてました。
右側には綺麗なオレンジの胸をしたオスがいましたが、そのまま行ってしまい初撮りならず。
f0324026_173305.jpg
f0324026_1734138.jpg

●ルリビタキ(♀?)こちらも今季初撮影。
f0324026_1753514.jpg
f0324026_1754720.jpg
●トホシテントウの幼虫 カラスウリ類を食するとあり、葉の表面を食べてました。成虫も食べるとありましたが、また見た記憶が無い。
f0324026_20141034.jpg
f0324026_20134054.jpg


葛飾区の公園にまた越冬トンボ観察で訪問。
一回りしてもどのトンボにも出会えず、また近くの見ていなかった所も回ってみたが今日は何のトンボにも出会えず終了。
数名のカメラマンがいたので様子を伺っていると、レンズ先にはアメリカヒドリガモ。
一羽だけ入っていたようです。
●アメリカヒドリガモ
f0324026_17112240.jpg
f0324026_17113284.jpg


連休も終了。

# by Nature_Oyaji | 2014-11-24 17:14 | 自然 | Comments(4)
2014年 11月 24日

富士花鳥園

娘が以前から行きたがっていた掛川花鳥園。
目的はそこにいるアフリカオオコノハズク。驚くと体をキューと細くするあのミミズクです。
調べてみると富士山の麓にも姉妹店「富士花鳥園」がありました。
もちろんアフリカオオコノハズクもいました。

●ススキの原っぱと富士山
f0324026_6343740.jpg
f0324026_634539.jpg


●15時からのトレーング風景
f0324026_6382633.jpg
f0324026_6391445.jpg
f0324026_6392788.jpg
f0324026_6505151.jpg
●手乗り体験 たまたま今回体験用の鳥が目的だったアフリカオオコノハズクだったので大満足状態
f0324026_639529.jpg
f0324026_6483386.jpg
f0324026_6461361.jpg
f0324026_6462264.jpg

●富士花鳥園の可愛いフクロウや鳥たち
f0324026_6364630.jpg
f0324026_6365365.jpg
f0324026_637118.jpg
f0324026_637173.jpg
f0324026_6372439.jpg
f0324026_637344.jpg
f0324026_638591.jpg
f0324026_6463772.jpg
f0324026_6571047.jpg
f0324026_6573192.jpg
f0324026_6574594.jpg
f0324026_6575989.jpg
f0324026_6583128.jpg
f0324026_6584478.jpg
f0324026_6585965.jpg


入場料は大人1,100円と比較的安く(年間パスポートは2,200円と破格)、鳥たちとのふれあいも出来るようになっているのでオススメです。その他の料金はその場での料金となります。手乗り体験は300円です。
ただ難点は東京からだとやはり遠い。
東京方面からだとちょうど富士山の裏側になるので、なかなかすぐには行ける所ではないのですが、
フクロウ好きにとってはたまらない施設には違いありません。

繁殖もきちんとされていて、今日も何組かが抱卵中でした。

# by Nature_Oyaji | 2014-11-24 07:09 | 自然 | Comments(3)
2014年 11月 22日

海岸の鳥たちと越冬トンボたち、そして冬の来訪者 タゲリ

今日はかみさんの送り迎えがあるので、その間に行ける場所を散策。
早朝、また船橋の海岸を訪問。今日は満潮が朝5時半過ぎ。
到着した7時頃は少し出てきた干潟に鳥たちが集まり、海岸線からも近いのでゆっくり撮影。

●ミヤコドリ
f0324026_17445111.jpg
●シロチドリ 冬毛で体が丸くなり可愛さ倍増
f0324026_17451147.jpg
いつもの池の紅葉の様子を確認。木によって進んでいるものもあるが、本格的にはこれから。水面に映る様子を撮影したかったので少し撮影。
f0324026_1757568.jpg
●タゲリ いつもの公園近くの場所に今年もタゲリが姿を見せてくれました。撮影方向が限られる事と日光の関係が上手く咬み合わないのでなかなか美しい羽根が捉えられない。
f0324026_17502784.jpg
f0324026_17503916.jpg

一旦帰宅し、かみさんを別な所に送り届け、またその間近場で撮影。
葛飾区の公園。前回ホソミオツネントンボを見つけた場所をもう一度散策。レンズは全てではないですが、今回はほとんど12-40mmで出来るだけ寄って撮影してみました。簡易マクロとしても十分な感じ。
●ホソミイトトンボ オツネントンボ  (atsushiさん ご指摘ありがとうございます)同じポイントを探していた所、今までより細身のトンボを発見。ホソミイトトンボでした。とても出会うのが困難なトンボのようです。
f0324026_18454762.jpg
f0324026_1841679.jpg
●ホソミオツネントンボ 少し探すとホソミオツネントンボも発見
f0324026_1823343.jpg
●コカマキリ こちらも腹部が大きく産卵前の様子
f0324026_1872095.jpg
●オオアオイトトンボ 前回同様まだ元気な姿
f0324026_1875966.jpg
●コハナバチ(同定できず)
f0324026_189342.jpg
●チャバネアオカメムシ(らしい) 夏場は緑色だが秋にはこのような茶系のものが出現するらしい
f0324026_1894874.jpg


かみさんを送るなどして限られた時間などの散策の方が、新しい出会いが多いように感じます。
自分自身が時間の関係で活動に集中しているからなのかな。それとも単に運を使い果たしてるだけ??

明日はたまには家族サービス。また観音崎公園方面から海岸線を通り、鎌倉で散策予定。
そして40-150mmレンズ、かみさんにお伺い中。

# by Nature_Oyaji | 2014-11-22 18:21 | 自然 | Comments(4)
2014年 11月 21日

観音崎公園

早朝の様子も撮影したくて例によって前日出発。
途中でレインボブリッジを撮影。よく見る絵が撮影出来たので、ここが撮影ポイントかと。
f0324026_19493591.jpg
f0324026_19494139.jpg

●日の出前
f0324026_19513960.jpg
●日の出
f0324026_19521637.jpg
●イソヒヨドリ(♀)
f0324026_19524911.jpg
●ハマシギ
f0324026_1953660.jpg
f0324026_19531330.jpg
沖を通過する船を撮影する方たちと一緒になりました。伺うとネットに通過する船など情報が公開されていて、今日はこれから地球深部探査船「ちきゅう」がドックに入るため通過するという。
●米海軍船
f0324026_19585878.jpg
f0324026_1959776.jpg
●地球深部探査船「ちきゅう」船体ほぼ中央に船底からの高さが130mある掘削用デリックが印象的。
f0324026_19592972.jpg
f0324026_19594231.jpg

観音崎を散策
●ツユムシ
f0324026_2052165.jpg
●カネタタキ
f0324026_205432.jpg
●トビナナフシ
f0324026_2081563.jpg
f0324026_2082499.jpg
●エサキモンキツノカメムシ
f0324026_209731.jpg
f0324026_2091733.jpg
●ミミズク(うすのきさん ありがとうございます)
f0324026_20122020.jpg
●ネコハエトリ
f0324026_2013952.jpg
f0324026_20131779.jpg
●アカタテハ
f0324026_20134044.jpg

ここまでで観音崎公園を一回り終了。道もよく整備されていて、木陰や広場、時期が良ければ多数昆虫たちに出会えそうな場所。

ヒナカマキリは見つけられなかったので、観音崎自然博物館のスタッフの方に尋ねると、成虫はほぼ時期遅れで、卵は木に絡んでいるツル植物の裏などを探すと見つかるかもしれないとのこと。適切な時期であれば自然博物館の反対側の道路脇の茂みでもよく見つかるという。場所も分かったのでまた来年ということで、本日は退散。

# by Nature_Oyaji | 2014-11-21 20:47 | 自然 | Comments(2)
2014年 11月 20日

昼休み 新顔たち

いつもの昼休み。流石に今日は昼休みでも冷え込んでいて、コハナバチやミツバチは不在。
f0324026_19403917.jpg
●タンダラテントウ(✖︎ヨツボシテントウ) 大きさが5mm程度の小型。ナミテントウではなさそうなので。
f0324026_19404863.jpg
●ヨモギハムシ だいぶペアばかり目立つ時期。
f0324026_1941144.jpg
f0324026_19411022.jpg
●コアオカスミカメ(かな?)正面からの複眼が以外にもはっきりしていて美しい(初見)。
f0324026_19412886.jpg
f0324026_20253740.jpg
f0324026_19415020.jpg


明日は有給休暇をもらい4連休。
夕方の雨は明日には上がるらしい。少し遠出をしてみようか。

# by Nature_Oyaji | 2014-11-20 19:54 | 自然 | Comments(3)
2014年 11月 19日

獅子座流星群

E-M1のライブコンポジットも試したかったので、夜中に撮影に行ってみました。
16個の願いも考えて・・(獅子座なので^^;)。

●船橋の三番瀬
魚眼での撮影。1時間程粘るも、向けた方向には流れてくれず。空を見ていても流れた様子なし(気付かず)。
浅瀬では真夜中でも鳥たちの鳴き声。
f0324026_19392190.jpg


ライブコンポジットは簡単ですね。設定で「ライブコンポジット」を選択して、モードはマニュアルでシャッタ-速度もコンポジットに設定。あとはISOとライブコンポジット設定時の時間をセットするだけ。
一度目のシャッターで現在見えている環境(光)を固定、もう一度シャッターを押すと指定した時間毎に新たに入った光のみを重ねていく。終わりにしたい時はもう一度シャッターを押して終了。
これなら夏のホタルの撮影など、簡単です。楽しみが増えました。

●自宅近くの河原
北極星を中心に少し撮影。もう少し時間を伸ばせば同心円の動きになりましたが、ちょっと中途半端。
f0324026_19491962.jpg
f0324026_19524549.jpg
f0324026_19502452.jpg
●最後の一枚 PCでよく見たら右下に1個だけうっすら写っていました。獅子座方面は写真の少し右上。方向通りの角度で入り込んでいました。
f0324026_19533888.jpg
●部分拡大
f0324026_21355197.jpg


# by Nature_Oyaji | 2014-11-19 19:54 | 自然 | Comments(2)