オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

タグ:アオヤンマ ( 11 ) タグの人気記事


2017年 05月 18日

アオヤンマ 深夜探索-5 羽化時間帯、ほぼ確定

■アオヤンマ 深夜探索-5
夜の探索も5回目(深夜探索-4は17日実施したものの成果なし)。
定位の時間帯を22時頃と予想し、昨日に続き今日も確認のため訪問。

今日は朝方は好天気だったものの、午後は豪雨注意報が出るほど変化に富んだ日。
雨によって気温は下がり気味でしたが、夜20時から0時位までは18℃で、羽化しても良い温度。

●22:30より探索
予想時間帯から探索を開始するもいつものように見つかりません。
暗い上に黒色のヤゴが丁度目線から見えない葉の裏近くや、ライトを照らした範囲しか結果的に目に入らないので、見落としがち。
植物にはまだまだ雨粒が大量に残っていて、移動したりしゃがんだりする度、ズボンはずぶ濡れ(でも止められません)。

●23:30過ぎ ようやくオスの羽化個体を発見
翅の伸び具合からすると、羽化開始後約1時間少々と思われます。
・・とすると開始は22:30頃で今日の探索開始頃。
探索開始直後はこの羽化個体のいる付近も見ていましたが、丁度つかまっている植物の影になっていて完全にこちらからは死角でした。残念・・。
f0324026_01140400.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●定位時間帯はほぼ確定と言って良さそう・・
5/16でも今回でも発見した23:30頃は、ほぼ同じ翅の伸び具合。
よってアオヤンマの夜の羽化開始はほぼ22時頃で良いと思われます。

次はマルタンヤンマ。
昨年4時過ぎに飛んでいったので、アオヤンマと同様な羽化経過のような気もします。
確認も兼ねて、6月中に22時過ぎから訪問予定です。




by Nature_Oyaji | 2017-05-18 23:55 | トンボ | Comments(0)
2017年 05月 16日

アオヤンマ 深夜探索-3

■定位時間帯の確認へ
前回の深夜探索では0:00過ぎより探索し、羽化個体を発見。
その状態から定位する時間帯を21:00~22:00と予想。

本日はその確認のための訪問。

●20:00より探索開始
懸念材料としては探索時ライトを使うため、一度探索するとこれから羽化しようとしているヤゴが警戒して登らなくなる可能性がある事。
なので一番良いのは、数例えば20時、21時、22時と時間を決めて探索し、ジャスト定位個体が見つかれば大方その時間の前後ということが言えそうです。


探索開始から1時間半の21:30、一旦自宅に戻らなければならず見つからないまま一時撤収。

ここまでは定位個体を見つけられずでしたが、
▼もともと今日は羽化予定の個体がいなかった可能性
▼ライトの影響で羽化を止めてしまった可能性
▼定位していたが見落としの可能性
が考えられます。

●23:00より2度めの探索開始で本日の羽化個体(♂)発見
用事が片付いたのでどうしようかと思ったのですが、再び23:00より2度めの探索開始。

そして・・23:15、見つかりました!
既に翅は大きく伸びて一番美しい状態(個人的には尾が翅のラインにそってカーブしている時が一番と思っています)から少し経った姿。
翅はまだ伸び切ってはいない状態。
となると、ライトの影響がなかったとすると、昼間の観察からするとこの姿になるまで約1時間少々。
どうやら定位時間帯は22:00前後の可能性大です。

●23:24 ライトの向きを変えて2枚撮影
f0324026_06210402.jpg
f0324026_06054480.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●0:33 だいぶ翅が伸びた頃
f0324026_20585543.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO(葉の上の茎は光が当っていなかったのでLightroomで修正)
気がつくと1:30を回っていました。
羽化水撮影出来たら・・と暫く粘ったのですがまだまだ先のよう。
今日は会社もあるので泣く泣く撤収。また次回です。

●定位時間帯
どうやら定位するのは22:00前後位の様です。
ただライトの影響も考えられるので、次は予想した22:00から探索して、その時間帯で再び見つけることができればその時間帯が一番定位し易い時間帯ということが言えそうです。。

毎回、空振りなしでの観察が出来、出会いの神様に感謝です。





by Nature_Oyaji | 2017-05-16 06:21 | トンボ | Comments(0)
2017年 05月 14日

アオヤンマ 深夜探索-2

■アオヤンマ 深夜探索-2
13日は久しぶりにまとまった雨となりました。
朝から気温は低めで、夜中には雨は上がったものの曇りのままで、本日14日の3時過ぎで18℃。

流石にこの天気では羽化はないだろうと思いつつ、今日は都下にムカシトンボ撮影を予定していたので、念のため立ち寄り。
本来なら前回で定位時間の予測をしていたので、確認のため20時過ぎから訪問すべきでしたが流石に老体、起きられず3:30すぎ出発

●4時過ぎ訪問
一昨日羽化個体がいた回りを探すと、また1頭メスが羽化済。驚きました!
前日の天候や気温などから羽化はまずしないだろうと思っていましたが、もう羽化準備が整った個体は少し天候が悪くても羽化するものと認識。
なおまた一回りしてみましたが、見つかったのはこの個体のみ(見落としの可能性あり)。
f0324026_17495173.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

見るもの全て新知見。生き物観察は面白い。



by Nature_Oyaji | 2017-05-14 17:55 | トンボ | Comments(0)
2017年 05月 13日

アオヤンマ 深夜探索

■深夜のアオヤンマ探索
朝方の撮り損ないの悔しさもあり、またその時疑問に思った事の確認もあり、深夜探索を決行。
夜間の羽化(生態)が全くわからないので、今日の目的はまずは羽化個体の発見と定位時間帯の確認。

当初朝方の様子から定位は0時を回ってからと予想していたのですが、昼間虫友Tさんが送ってくれたギンヤンマの羽化は23時頃のものがあり(よって定位はもう少し前)、遅れて悔しい思いをするよりはと思い、急遽23:30過ぎ出発に変更。

●0時15分過ぎより探索開始
探索開始後、0時28分に幸運な事にすぐに1頭のメスが見つかりました(いよいよ神ってる状態復活か・・)。
翅は閉じたままですが、色は既に透明。
この状態になるには昼間の観察では羽化開始から約3時間程度。とすると定位は21:30前後か。

●人知れず街灯に照らされて
f0324026_10132484.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

撮影後、朝方羽化が見られた場所をチェックするも羽化個体なし。
ただ気づかなかった4個目の羽化殻発見。かなり羽化は活発になってきている模様。

●1:20 もう1頭発見
一周し終わった所で、もう一度初めから探索。
すると南側のエリアで岸からすぐの場所でもう1頭のオスの個体を発見(にしださん、ご指摘ありがとうございます)。
こちらも同様に翅は伸び切って透明な状況。
f0324026_10290999.jpg
Olympus E-M1II M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●下からLEDを少し当てて
f0324026_09303098.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

こうしてみると新鮮な翅の模様がくっきりして別物のように美しい

●1:29過ぎ 翅を開いて飛ぶ準備へ そして1:35 飛び立ち
f0324026_10293530.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

翅を開いてから飛ぶまでの時間が短すぎです。
恐らく撮影のストロボの刺激など、身の危険を感じて早々に飛んだものと思われます。

また虫友Tさんの情報がなかったら到着した頃には既に飛び去った後で、何の確認も出来ずでした。
ありがとうございました。

●夜の定位時間は・・
さて肝心の夜の定位時間帯ですが、羽化時間を3.5時間として2番目の個体が飛び立った時刻から逆算すると、21~22時位か。
その確認のためにはまた夜20時前に再訪問が必要。まだまだ観察は続きそう・・。

●羽化直前の行動
これも聞いた話ですが、羽化が近付いたアオヤンマのヤゴは、逆さになり頭だけを水中に入れた状態で体を大気中に一定時間出して過ごす。その後はまた水中へ戻り、そしてまた大気中へ出すを数日繰り返す行動を行い羽化へ。
ムカシトンボで見られた上陸ヤゴ(エラ呼吸から気門への変化のためと言われています)と同様の行動と思われます。
そんな様子も見てみたい。


by Nature_Oyaji | 2017-05-13 04:38 | トンボ | Comments(4)
2017年 05月 12日

アオヤンマ 早朝探索

■早朝のアオヤンマ探し
GW中に羽化を撮影出来たアオヤンマ。
通常の夜の羽化についてはまだ見たことがなく、昨日も行ってみたのですが(アジアイトトンボ撮影の前)羽化殻が2個あったのみ。
時間帯は5時を回っていましたので訪問自体が遅かった模様。

アオヤンマ自体の通常の羽化は真夜中(としか知識がない)。
明け方には飛び立つようなのですがその時間帯すらわからない。
今日は飛び立つ時間帯の確認が出来ればと、昨日より少し早めに訪問。

●発見したものの・・
4時着。まだ夜明け前で暗いのでヘッドライト必携で探索。
するとあっと息を呑みました。いました!
羽化に出会うことすら難しいのに、こうもあっさりまた出会えてしまうと、これもまた出会いの神様のお導きか!

ただすでに翅を広げて震わせながら飛ぶ準備中。
慌ててカメラをセットしているうちに・・残念ながらあっさり飛ばれてしまいました。
時間は4:15。
よく見ると1m以内にもう2個体の羽化殻。こちらは昨日はなかったので今朝は同時に3個体の羽化ということになります。昨日は少し場所が違いますが2個体羽化殻が見つかったので、2日間で合計5個体。

前回、昼間の羽化では8時頃定位、飛び去りは11:30位でしたので羽化時間は約3時間半。
夜中、同じ時間推移で羽化が進むかどうかわからないのですが、今日の3個体の中で一番遅く飛んだ個体が4:15なので、同じ位の推移とすると1:00過ぎの定位か?。

虫友Tさんにその辺りを聞くと、自分の家のビオトープで羽化するギンヤンマの写真を紹介してくれましたが、夜23時頃や1時頃の羽化の写真で、個体差があるらしい。
もちろんトンボの種類も違うので時間帯に差があるかもしれない。
でも大型のギンヤンマの行動なので、似た部分多数と思われます。
そんな情報連絡頂けていつもありがたい。

今日も昼間は好天気。そして夕方からは曇りで湿度も上がります。
しかも雨は3時過ぎから。雨が強くなったら居残りもありかも。
いずれにしろ昼間暖かく、湿度が高いので羽化には好条件(と思われ)。

明日はまた朝早起きして今度は2時頃から様子見予定です。

●アオヤンマ羽化殻 さっきまでここにいたのですが・・
f0324026_06405032.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO


●反省
▼翅を震わせていても不用意に近づかなければ、暫く留まっていたはず。焦ってカメラを持って近付いたのも早く飛ばしてしまった要因。
▼また初めから三脚も持たず、取りに行ったりとバタバタ。自分のあるあるではこういうのはダメの要因。初めから撮る気がないのと同じ。これも反省。

経験不足からの失敗は次回、夜中の羽化撮影(今年もマルタンヤンマ撮影予定)などに活かしたい。


by Nature_Oyaji | 2017-05-12 06:41 | トンボ | Comments(0)
2017年 05月 02日

アオヤンマ羽化

■トラウマ中のアオヤンマ羽化探し
一昨年の撮影よりずっと振られっぱなしのアオヤンマの羽化探し。
このGWに入ってからも今日で早3回め。
そのうち一度はヨツボシトンボ羽化がメインでしたので、何とか一つは目標達成でしたが、相変わらずトラウマ状態中。

こういう場合、ギラギラし過ぎると妙な念波が伝わり出てこない様で、ちょっと油断させるように1日開けるとか、現地に向かうときも焦らず、気持ちを落ち着かせ、アオヤンマのことはちょっと頭に浮かべ無いようにすると良い結果を招きます(自分の中のあるあるです)。

さて今朝はというと、焦らず朝の庭掃きをゆっくりして、車もアクセルは緩めにゆったり走行。
7時過ぎに到着した時も駐車場がタイミング良く開いたりとか、何となく良い感じ。

●7:30 探索開始 
そして・・ようやく7:50過ぎにオスの個体を発見。やっぱりあるあるです。
f0324026_17474690.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●8:14
f0324026_17485445.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●8:26
f0324026_17494050.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●8:27 

そして頃無事抜け出ました
f0324026_21555654.jpg
f0324026_21562829.jpg
f0324026_21563659.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●8:47 
f0324026_17534663.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●8:50
f0324026_17552860.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

●11:30過ぎ 処女飛行 
置きピン+プロキャプチャーモードでタイミングは良かったのですが、奥側に飛んでしまい結果的にはボケ写真。
f0324026_18001091.jpg
f0324026_18001764.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

GWの一番の懸念だったアオヤンマを何とか撮影出来、これで後半に集中出来ます。






by Nature_Oyaji | 2017-05-02 18:04 | トンボ | Comments(2)
2016年 05月 22日

トンボ沼 今の様子の観察へ

前回、トラフトンボの羽化撮影で訪問したトンボ沼。
昨年の訪問状況を見ればいつ、どんなトンボに出会えるか、種類を絞っての訪問も有りなのですが、少し時期をずらして訪問することで、思わぬ出会いがあるかもしれないし、自分の目で今の様子を観察しておきたい。

昨年はここでオオモノサシトンボ、オオセスジイトトンボの産卵を6月中旬に観察。
産卵自体はもっと早くから開始しているのかもしれません。その後何度か通い7月上旬まで観察できました。
6月中旬で産卵というと、羽化はいつ頃なのか? 今回はその確認もあっての訪問です。
見つかれば羽化は始まっているし、見つからなければ早かったということ(見つけられないという可能性もありますが)。

結果は・・オオセスジイトトンボは取り敢えず1頭のみ見つけることが出来ました。オオモノサシトンボはまだのようです。

●オオセスジイトトンボ(♀)まだまだ産卵には早く、池の中ではなく近くの草地で成熟中の様。
池にも入りましたが、全くいません。
f0324026_181549.jpg
f0324026_1821648.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

他にはオオイトトンボ、アオモンイトトンボたちが多数。昨年は同じ場所でベニイトトンボも見られましたが、ここでの発生はまだのよう。

別の池に移動。
コフキトンボが多数いる中、1頭だけオビ型の♀を発見。あまりきちんと撮影していなかったので、少しオビ型特集です。
●コフキトンボ(♀)オビ型 いろいろな角度から撮影。
f0324026_18101085.jpg
f0324026_18102760.jpg
f0324026_18104483.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

●ムスジイトトンボ(♂)
前回、都内の公園で撮影したオオイトトンボをムスジイトトンボと間違えてました。
この沼でようやく見ることが出来ました。見分け方も覚えバッチリです。
そろそろ産卵時期かとも思ったのですが、池には昼過ぎになってもペアは出てこず、単独の♂を見たくらい。まだ産卵時期ではないのかもしれません。
f0324026_18141484.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

●アオヤンマ
朝方から目についていたアオヤンマ。池の周りを餌を捕りながら探♀の様子。
まだ交尾態や産卵撮影は出来ていないので、出来たら残しておきたい。
11時近くには探♀の活性が上がったようで、見ている前で何組か交尾態へ。ただ止まった所が悪く草地の上。そのためクリアな姿は残せず。
それでもどんな感じで交尾態になるのか観察できたことは◎ オスメス共に美しい姿
f0324026_18214950.jpg
f0324026_1822190.jpg
▽静止中の♂
f0324026_18232667.jpg
▽頭部に寄って撮影 美しい複眼
f0324026_1824553.jpg
全てOlympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

早朝は昨年何度も産卵撮影で通ったネアカヨシヤンマの羽化探しもしてみました。
ネットでの情報や伺った情報では7時前後で翅が伸びきった位。
今日の所は時期が早いのか、別な場所での羽化なのか、情報がないのでわかりませんが見つけられなかったので記録として記載。(いつか、この場所で羽化発見!と記録したい)

次回は6月中旬、いつもお世話になっている水戸のSさん、成田のSさんたちとオオモノサシトンボ、オオセスジイトトンボの産卵時期に訪問予定。

by Nature_Oyaji | 2016-05-22 18:34 | トンボ | Comments(0)
2016年 05月 14日

アオヤンマ羽化探し 5日目

連休も終わった初の休み。
車は午前中のみ空きのため、早朝から連敗中のアオヤンマ探しとしました。

早朝といっても3時過ぎには到着。
ヘッドランプを付けて、池の周りを数回探索しましたが見つかりません。
4:30分位には空は白々。その頃ようやく1個体を発見。

●アオヤンマ
ただ羽化不全で4枚の翅がすべてダメな状況(写真は5:30頃のもの)
f0324026_10295126.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

ここでのアオヤンマ羽化探しは今季5度目。出会えた2頭は両方とも羽化不全のもの。
ただしそのお陰でヤゴ探しはだいぶ慣れてきました。好みの羽化場所、高さなどがようやく自分のものになってきた感じ。
今までは回っても羽化殻すらなかなか見つけられませんでしたが、今日は今までより沢山の殻も目に留まる様になりました。
今回の羽化不全の個体も多分探す目が出来てきた結果と思います。

その他の羽化個体を見つけながら、その他のトンボを撮影。
●アオモンイトトンボ 連結
f0324026_10471658.jpg
f0324026_10421917.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
f0324026_11281150.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●クロスジギンヤンマ 産卵
f0324026_10485255.jpg


by Nature_Oyaji | 2016-05-14 11:00 | トンボ | Comments(0)
2016年 05月 06日

GW8日目 心も折れるアオヤンマ探しとホソミオツネントンボ産卵

GW8日目 
今日でアオヤンマ羽化探しは3日連続。
今朝は4月下旬頃の天候で若干涼しい陽気で6時頃で17℃位。
今日は夕方からは天候も下り坂ということもあり、駆け込み的な羽化(?)があるのか・・。

さて2時間後・・結果は心も折れるアオヤンマ羽化探し3連敗。
まあ、自然相手なのでこちらが思うようには行かないもの(ホソミイトトンボ探しで折れることには慣れてしまってます)。
元々夜羽化するのが本筋なのに、何かのきっかけで朝方羽化する一部の個体に出会えるのは運任せの何物でもありません。
あれこれきっかけとなりそうなことを考えても無理なのかもしれません。出会える確率を上げるには通うしかなさそうです。
自宅から比較的近い場所なのが救いです。

●アオヤンマ それでも綺麗な個体には出会えたので良しです。
f0324026_1857180.jpg
▽少し寄って
f0324026_18522735.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

一端帰宅後、ホソミオツネントンボの産卵場所へ。
昨年は同じ頃、多数の産卵が見られました。
今季何度か通っていますが、産卵する数が少ないように思えます。ただ何度か通った際いつも何故か天候不順。産卵は天候の影響を受けやすいのでその為少なかったのかもしれません。

●ホソミオツネントンボ 
▽あぶれている雄
f0324026_1983215.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

▽雨の中出会えたペア 交尾態
f0324026_1472212.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
f0324026_1475063.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8+10mm接写リング

明日は早朝6時過ぎからサラサヤンマ羽化探し、その後8時過ぎにキイロサナエ羽化の撮影予定です。

by Nature_Oyaji | 2016-05-06 19:21 | トンボ | Comments(2)
2016年 05月 05日

GW7日目 アオヤンマ羽化探し(再)

GW7日目 
午後急な家の用事もあり、午前中のみの活動。
昨日に続き、アオヤンマ羽化探しです。
情報として知る限り、明るくなってからの羽化個体は一昨日よりゼロ。
天気は快晴、6:30訪問時には約19℃位。

昨日より新たに見つかった羽化殻は2つ。そのうちの一つは残念ながら羽化不良の個体のもの。

●アオヤンマ
▽後翅が不良の個体。何とか飛べるものの全くスピードは出ない状態
f0324026_1616979.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

▽複眼を深度合成
f0324026_1617457.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

10時頃まで探してみたものの、残念ながら今日も空振り。Oさん、今日もお疲れ様でした。
アオヤンマの羽化は7月頃まで続くようなので、また機会を見て訪問予定です。

●ヨツボシトンボ 同じポイントに多数
f0324026_16214144.jpg
f0324026_16235755.jpg
ともにOlympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

別の場所へ移動
●クロイトトンボ すでに連結・交尾態多数で産卵も開始中。
f0324026_1628572.jpg
f0324026_1629631.jpg
f0324026_1630519.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
f0324026_16295079.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

午後は大事な家の仕事対応のため、早々に切り上帰宅。

by Nature_Oyaji | 2016-05-05 16:37 | トンボ | Comments(2)