オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ウスバカマキリ ( 2 ) タグの人気記事


2017年 03月 12日

ホソミイトトンボ定点観察 その他・・うまくいかない日

■定点観察のホソミイトトンボ
3月中旬の観察で訪問。
以前見つかった場所を改めて探しながら回りましたが、今回も新たな個体発見には至らず。
また真冬の訪問時に探した場所も、もう一度回りましたらそちらもダメでした。

●ホソミイトトンボ(♀)
この♀は産卵場所近くの藪で見つけた個体。暖かくなった為か初めて見つけた場所から少し離れた場所へ移動。
f0324026_18475047.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

3月中旬になりましたが、早朝は-2℃とまだ冷え込む日があるためか、まだご近所のホソミオツネントンボの様に昼間でも飛び回ることはまだ先のよう。体の色もまだまだ越冬職のまま。
いつ頃から色付き始めるのか気になる所。

田んぼはだんだん春の様相。田起こしも始まり、農家の方も春の準備へ。
水が引かれ、田植えが終わった頃がまた産卵の季節。そこまでの変化もできるだけ残していきたい。

■都下へ移動 フッチーこと、フチグロトゲエダシャク探し
春先に出るフユシャクの一種ですが、また未見。
活動は10:00前後から12:30位まで。太陽が出ていないと♂は飛ばない(というより、♀が枝に登って出すフェロモンがたよりなので、天気が良く、風がない条件が必須)。

1カ所
歩き回っている途中で、1頭さっと飛んで地面に降りた個体がいましたが下りた先がわからなくなり、アウト。

●2カ所目
1カ所目は11:30位で諦め、次の場所へ。
こちらでもいろいろ歩き回った途中で、またまた怪しげな高速移動体が目の前を通過しましたが、追ってみたもののロスト。
時期的には2月下旬から約2週間ほどのようなので、まだいてもおかしくないのですが、今日はうまくいかない日でした。
また次回(来年?)。

■ウスバカマキリ卵鞘探し
せっかくなので以前やろうと思っていたウスバカマキリの卵鞘探しも実施。
一昨年、初見のカマキリですが、生息場所が限られるようで貴重なカマキリ。
河原に近い石が転がっているような草地(バッタ類などの餌が豊富)が生息場所。

●一昨年11月撮影個体 細身のどこか優しげな雰囲気のあるカマキリ。前脚の付け根の白黒円マークが特徴の一つ。
f0324026_19211294.jpg
産卵は他のカマキリと違い、地面に転がっている大きめの石に産卵。
生息場所が川に近いため、増水の場合草等への産卵では卵鞘が流される危険があり、その為流されない石に産卵するものと思われます。

この卵鞘はこの状態で見つかりました。
中央が凹んでいて、鳥などに食べられた跡なのかもしれない。
f0324026_19104160.jpg
Olympus E-M5II1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

■ムカシトンボ上陸ヤゴ探し
あと1ヶ月で羽化時期。そろそろ上陸しているヤゴがいるはずで、今年も羽化撮影で訪問する場所で探索。
が、石も少なく場所によっては葉の裏に潜んでいる事もあるようで、これは無理だなとすぐ諦め。

●せっかくなので4cm位の棒をムカシトンボに見立てて、広角でのイメージ写真。
f0324026_19170531.jpg
●すぐ脇の生息している川 
f0324026_19171506.jpg
Olympus E-M5II+PROMINAR 8.5mm F2.8 MFT

■ほとんど何も撮影できていないので春らしいものを探しに里山訪問
●日なたぼっこ中のベニシジミ 
f0324026_19171842.jpg
Olympus E-M5II+PROMINAR 8.5mm F2.8 MFT

来週末は3連休。
気温が高い日が続くと、ひょっとしたらオツネントンボの産卵が始まるかもしれない。
計画するだけでも楽しいシーズン到来です。



by Nature_Oyaji | 2017-03-12 19:33 | トンボ | Comments(0)
2015年 11月 01日

都下でカマキリ探し その2 やっと発見

先週に引き続き、朝からカマキリ探し。
初めに開始したウスバカマキリ探しは早朝から1時間以上探すも、とうとう見つからず。
昨日の疲れもあり探す気力も薄れてしまったので、一旦気持ちを切り替えるためヒナカマキリ探しへ。

さてそのヒナカマキリ。先週見つからなかった場所以外に探す範囲を広げてみるものの、やはりダメです。11時頃まで探してみましたが、何も見つけられずここも終了。

先週同行させて頂いたTさんに連絡すると、今先週と同じ場所で撮影しているとのことで合流。
そこに比較的多くいたヒメアカネを撮影。

●ヒメアカネ 75mmf1.8に接写リングの16mmを取り付けて焦点距離を短くして(通常0.84mが約0.3m程に)撮影。顔が白いとは聞いていたものの、実際にはまだ見たことがなかったもの。ほぼ正面からの撮影は初。
f0324026_19373463.jpg
f0324026_19374275.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8 + 接写リング 16mm使用

昼食後解散。お疲れ様でした。

午前中のカマキリ探しの結果と午後もう一度ウスバカマキリ探し予定をKさんに連絡した所、ご案内頂けることに。いつもありがとうございます。
いそうな所をレクチャーして頂き、二人で探すとようやく幸運の女神が降りてきてくれました。

●ウスバカマキリ(♂) 自力での捜索はやはり難でした。1頭見つかったので、その回りを探してみたものの、このオスのみ。
時期的にはもういなくなる頃のようで、ひょっとしたらこれで最後なのかもしれません。
初めてのウスバカマキリの感想は、少し小型で色合いも薄め。顔も厳しい他のカマキリと違ってどこか優しげな感じ。
捕まえても他のカマキリの様にやたら鎌で攻撃を仕掛けるようなこともなく、近づいても攻撃ポーズを取ることもない。
f0324026_1950515.jpg
f0324026_19501316.jpg
▽同行頂いたKさんを入れて
f0324026_19504170.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

▽前脚の付け根にあるウスバカマキリの特徴である黒丸が見えます。
f0324026_19515983.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
f0324026_19521493.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8 + 接写リング 16mm使用

さて2度のウスバカマキリ探しは早朝からだったので、カマキリにとって気温が低く、まだ動ける状態では無かったように思えます。
午後など十分気温が上がっていることが探すのには適していると感じた次第です。
でももう時期は終わり。もっと冬になったら石に産み付けられた卵鞘の観察にまた来ようと思います。
そして来年はもっと早いうちから幼虫の観察にも訪問予定です。




by Nature_Oyaji | 2015-11-01 20:22 | 自然 | Comments(0)