オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ウスバシロチョウ ( 3 ) タグの人気記事


2017年 05月 20日

遠征-3 ウスバシロチョウ(今期初見)

■ウスバシロチョウの「黒化型」探索
「黒化型」のウスバシロチョウの撮影は今回の遠征でのFさんのもう一つの目的。
ウスバシロチョウには地域性なのか少し翅の色、と書くと語弊がありますが、翅のベース部分の鱗粉がない部分の色が異なるものが知られています。

今回始めてその存在を教えて頂き、ネットでも調べたのですが、一番のものは「黒化型」。鱗粉がない部分は普通は透明ですが、そこが黒くなっている変異型。
黒化型といってもその具合は変化に飛んでいて、一部が黒になっていたり、翅全体が正に黒っぽくなっていたりと様々。
それからこれもネットで調べた記事には鱗粉部分が薄い黄色で、翅のベース部分は黒の「黄色型」もいるようです。

●今回見つかった「黒化型」
f0324026_06121026.jpg
f0324026_06130359.jpg
f0324026_06132530.jpg
f0324026_06134719.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)


●以前撮影したウスバシロチョウで比較(都下撮影)
f0324026_06231721.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

こうして比較すると明らかに翅の色が違う事がわかります。こうした変化はこのチョウの楽しみ方の一つのようです。
こちらも初見でうれしい。



by Nature_Oyaji | 2017-05-20 23:58 | チョウ | Comments(0)
2015年 04月 26日

都下訪問-2 里山にて

里山に移動。途中から気温も上がり、春とは思えないくらいの陽気。
今季初のものあり、初見のものありで楽しいひととき。

●ウスバシロチョウ 今季初
f0324026_22525792.jpg
f0324026_2253406.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●ヤマトセンブリ 初見 顔はヘビトンボ。成虫の下にあるのが産み付けられた卵。
f0324026_22554157.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●シオヤトンボ 悩ましい季節。国内約200種類に加えて、オスメス、成熟未成熟、オス型、メス型などなど 少なくとも撮影時は横や正面など必要との事。
f0324026_2311938.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●アサヒナカワトンボ(♂) 赤の縁紋が♂で♀は白。あとは翅の色違いもあるらしい(みき♂さんありがとうございます)
f0324026_2256458.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●ダビドサナエ(♀) まだ羽化後よく飛べない個体。風で飛ばされてきたらしい。
f0324026_2316022.jpg
f0324026_23175983.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●その他
f0324026_2319938.jpg
f0324026_23193446.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●レンゲ草のハチたち
f0324026_2320498.jpg
f0324026_232153.jpg
f0324026_23212676.jpg
f0324026_23215728.jpg
f0324026_23231486.jpg
f0324026_232524.jpg


by Nature_Oyaji | 2015-04-26 23:29 | 自然 | Comments(6)
2014年 05月 10日

初見のアオバセセリとウスバシロチョウ

去年からの念願だったアオバセセリとウスバシロチョウに会いに都下山間部へ。
朝5時に出発、現地には7時半には到着。駐車スペース脇にはウツギがあり、見るからにチョウが来そうな感じです。E-M1用に60mmマクロを購入したので試し撮りをしながら待つこと暫し。ちょうど8時頃1頭目が来ました。
f0324026_20171605.jpg
f0324026_20175161.jpg
セセリという名前のイメージからはかなり大柄で、非常に飛び方が早い、それに花にも長時間とどまらないのでなかなか手ごわいです。飛翔撮影は今はムリと感じた次第。約1時間半、10分間隔位に来てくれました。
f0324026_19580049.jpg
f0324026_19582198.jpg
f0324026_19584683.jpg
f0324026_20521324.jpg
少し奥へ移動し、ウスバシロチョウ探し。歩いている際、薄いベーシュ色の大柄なチョウを見かけましたがやはりそれがウスバシロチョウでした。
f0324026_20050555.jpg
f0324026_20052322.jpg
f0324026_20061864.jpg
f0324026_20095126.jpg
f0324026_20104707.jpg
f0324026_20110601.jpg
交尾も確認
f0324026_20152834.jpg
もう今日は目的達成。あとは探したい昆虫がいるので道なりに散策。

▽ミヤマカラスアゲハ
f0324026_20211704.jpg
f0324026_20494068.jpg
▽コツバメ だいぶ痛みが来ています。
f0324026_20215863.jpg
▽スミナガシ 撮影場所で一緒になった方の帽子がお気に入り
f0324026_20230567.jpg
ウスアカオトシブミ
f0324026_20253791.jpg
ドロハマキチョッキリ 玉虫色のオトシブミ
f0324026_20391718.jpg
▽トラフシジミ
f0324026_20402316.jpg
ニホンカワトンボ
f0324026_20421372.jpg
f0324026_20454464.jpg
クロハネシロヒゲナガ
f0324026_20482396.jpg
川へ
f0324026_20541449.jpg
▽カワゲラ(カミムラカワゲラ)
f0324026_20543269.jpg









by Nature_Oyaji | 2014-05-10 21:04 | 自然 | Comments(4)