タグ:ウチワヤンマ ( 19 ) タグの人気記事


2016年 08月 06日

暑い一日 ウチワヤンマと遊ぶ

今日は昼過ぎに家の用事がありそれまでにもどらなければならない日。
それまでどうするかとあれこれ考え、やはりここはマルタンヤンマ産卵のリベンジに決定(前回、少し薄暗い中、設定ミスのためどうやら手ブレを起こしていたよう(Tさんご指摘ありがとうございます))。

5時過ぎに現場到着。準備をする前に既に産卵していた個体がいたようで、目の前を通過。
結果的にはこの朝はこの1頭を見たのみで、9時頃まで粘りましたがとうとう出てくれませんでした。

●ここでの今日の獲物 アカハネナガウンカ いつもの正面顔を撮影
f0324026_1914130.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●春先、沢山交尾態が見られたホソミイトトンボ(♀)先週はこの場所で産卵が見られていたようです。今日は時間が早かったのかメスのみ(Tさんのアドバイスで現像し直し。明るく鮮やかに)。
f0324026_2051477.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

9時近くになり、泣く泣く撤収。

昼過ぎ、空いた時間でいつもの自然公園へ。
●ショウジョウトンボ 正午近く。この暑さでオベリスク倒立
f0324026_1982838.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●1年ぶりの昼間のウチワヤンマ撮影。いつもながら青空とそれを反射した水面にはトンボは良く似合います。
広角で翅が触れんばかりに近づいても何とか逃がさずに撮影完了。
f0324026_1910156.jpg
f0324026_1910989.jpg
f0324026_19101525.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

by Nature_Oyaji | 2016-08-06 19:11 | トンボ | Comments(0)
2016年 07月 21日

久しぶりに夜の公園

満月の夜を待っていたのですがあいにくの曇空。
それでも久しぶりにウチワヤンマのいる公園訪問。

22時半過ぎ、護岸で羽化していたウチワヤンマは3頭ほど。
右上に街灯があったものの、トンボ自体には全くあったって無くて真っ暗な環境。
一度ライトを付けてフォーカスを合わせてから撮影。
f0324026_045207.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

近くの木ではニイニイゼミが羽化。23時頃では羽化した9割方、翅が伸びきっている状態。こちらも真っ暗な環境。
シャッターはバックを入れる為、20秒で設定。
f0324026_0454491.jpg
f0324026_19397.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO


by Nature_Oyaji | 2016-07-21 00:41 | トンボ | Comments(0)
2016年 07月 01日

NOKTON 開放撮影テスト

6月も今日で終わり。
昨日は無事コフキトンボのオビ型撮影が出来たので、今日はまたウチワヤンマで撮影条件のテストを兼ねて訪問。

今日は22時過ぎで、いつもの観察範囲ではウチワヤンマ1頭、コフキトンボは2頭羽化中。うちコフキトンボはこちらの影に驚き、1頭は飛んでどこかへ。

テストはと言うとNOKTON 10.5mm F0.95を使い、開放+先日教えてもらった上に向けたストロボ設定での撮影の確認。

以下セッティング。
●カメラ Mモード
●ISO200
●シャッター 1.6S
●ストロボ Mモード 1/256

今日ウチワヤンマが羽化していた所は街灯が当たらず、かなり暗め。
今までは街灯の明かりもあり、開放ではストロボなしでも何とか撮影できていましたが、今回は暗いのでより自然の中での撮影に近い条件。テストにはうってつけです。

結果
ストロボは初めの1/256では暗く、最終的には1/64で撮影。
▽撮って出しJPEG
f0324026_131455.jpg
▽現像
f0324026_1244476.jpg

この条件を元に、またフィールドでテストです。

by Nature_Oyaji | 2016-07-01 07:07 | トンボ | Comments(0)
2016年 06月 24日

NOKTON10.5mm + ストロボ

NOKTON10.5mmは開放では0.95のため、今まで夜の撮影でも街灯などの光があれば撮影出来てしまいました。
前回投稿のコフキトンボ撮影がそうです。

それでももう少し暗い場所などではやはりストロボが欲しくなりますが、これまた設定が全く分からずで、自分で思いつく弱い設定で光らせてみても開放では真昼の様に結果が白くなるばかり・・。

その為今晩もまた虫友Tさんにアドバイスを頂きました。

設定としては
●カメラ マニュアルモード
●ストロボ マニュアルモード 1/256
●ISO200(それでも明るかったら LOW設定)
●シャッター 1/4
●レンズ NOKTON0.95 開放(の予定でしたが、家でF値見たら5.6。しっかり確認してなかったのでこのまま撮影してたかもしれません)

ストロボは光らせ方に一工夫。
ストロボの発光部分には布製カバー式のディフューザーを取り付け拡散させる。
さらにもう一つハクバのディフューザーを取り付け、ストロボを真上に向け、簡易バウンズ的に使うというもの。
う~ん、思いつきません。
f0324026_0553914.jpg
まずはこれを基準として、撮影結果から設定を調整。

撮影結果です。月も調度良い角度であがってきた22時頃。
●ウチワヤンマ
f0324026_6441252.jpg
f0324026_6545023.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

明るすぎてストロボの光量をどうしたら良いのかわからなかったNOKTON。
工夫次第ということですね。
またまたありがとうございました。

結局のこの撮影の後1時間ほど見ていましたが、時折尾部を動かしたりでまだまだ羽化する様子もなく、23時過ぎに撤収。


by Nature_Oyaji | 2016-06-24 01:13 | 機材 | Comments(0)
2016年 06月 22日

ウチワヤンマ羽化とコフキトンボ羽化

どうにもストロボが使いこなせず、夜な夜なウチワヤンマ羽化撮影に来ては、NOKTONの明るさにかまけてそちらばかりで撮影していました。

解決もせずにいたため、先日の折角のマルタンヤンマ羽化も散々な結果に。

今夜は月も出て、撮影には絶好の日。月とのコラボは薄暗い空と、手前のトンボをストロボで少し明るくする絵を考えている為、ストロボ必須なのでどうなるやら。
不安を抱えたまま取り敢えず撮影開始。

●コフキトンボ 6月初旬の方が個体数が多い感じです。
▽護岸で羽化中(トンボの左側の丸は月が池に映り込んだもの)
f0324026_0323355.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

▽別個体 池の護岸ではなく、少し移動して草に登っての羽化。
f0324026_041115.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

●ウチワヤンマ この所、羽化数が少なくこちらも少々心配。今日も結局は1頭のみ。

さてストロボ撮影です。初めはウチワヤンマのみが明るくなり、バックの月はおろか、それ以前の問題で全くのダメダメ状態。
もう少したつととウチワヤンマも飛んでしまいそうなので、夜で申しわけなかったのですが虫友Tさんへ電話し、ストロボ講習会をしてもらいながらの撮影・・。

以下設定
●Mモード
●シャッター速度はバックの明るさに関係する(長くすれば明るく)。取り敢えず1/60からだんだん長めに。最終的には8秒でも撮影
●ISO200
●F6.0
●ストロボ1/32
この状態でトンボへの光の強さを確認するため試し撮り。
その結果からストロボの強さを考え、またシャッター速度を変えていくことでバック全体が適度な明るさになるよう設定。

▽嬉しい結果
f0324026_118562.jpg
f0324026_3251031.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

Tさん、的確なご指導ありがとうございました。


by Nature_Oyaji | 2016-06-22 03:27 | トンボ | Comments(0)
2016年 06月 18日

月明かりの中

夜な夜なウチワヤンマ羽化観察です。
今日は21:30頃から訪問し、羽化は5頭ほど。
定位前のもの、定位開始直後のものから、この個体のようにすでに体が伸びきっているものまで様々。
満月まであと3日。
満月とのコラボ、何か残したい。

●ウチワヤンマ
f0324026_12474953.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

by Nature_Oyaji | 2016-06-18 12:48 | トンボ | Comments(0)
2016年 06月 15日

ウチワヤンマ羽化 今季何度目?

夜またいつもの池にウチワヤンマの様子をチェック。
少し前はまとまって羽化していたものの、前回と今回とも1頭程度と低調です。
今日は前回多かったコフキトンボ羽化も数頭程度。

唯一の個体は21:50で既に翅も尾部も伸びきり状態。羽化の時間帯もやけに早い感じ。
天候は少し湿った雨風があり、ひょっとしたらこの風を嫌って早めに羽化したのか、そして他の個体は今日は見送りしたのかも知れません。
コフキトンボの中には横風を受けて、翅がダメになってしまったものもいて、やはり風は羽化には向かない日のよう。

●ウチワヤンマ 
▽撮影 21:50頃
f0324026_23573143.jpg
▽撮影 22:05頃
f0324026_2357402.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95 開放にて Aモード ISO800 1/1.3

by Nature_Oyaji | 2016-06-15 00:00 | トンボ | Comments(2)
2016年 06月 02日

ウチワヤンマ 羽化探し-3

ウチワヤンマ 羽化探し-3日目。
珍しく池の中の杭で羽化していました。
慌ててウェーダーを取りに戻り、暫し夜の池にみぞおち辺りまで浸かりながら撮影。
3枚目の右上の星らしきものはスーパーマーズ(ピントも何もあったものではありません)
少しずつ、距離や方向を変えて。

●ウチワヤンマ
f0324026_12152562.jpg
f0324026_12153289.jpg
f0324026_12153937.jpg
f0324026_12154678.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

by Nature_Oyaji | 2016-06-02 06:13 | トンボ | Comments(0)
2016年 05月 28日

ウチワヤンマ 羽化探し-2

明日休みということもあり、連日の羽化探し。
今日は昨日より早めの21時頃より訪問。昼間は冷たい雨だったので、夜の気温も低め。
いつもの護岸を行くと、すでに定位しているものが3頭、だいぶ羽化が進んでいる個体が2頭の計5頭。
今日は月が出ておらず、昨日より暗い状況。

今日の撮影は暗いこともあり使用レンズ NOKTONは全て開放で撮影です。

●ウチワヤンマ 
▽すでに体がだいぶ伸びていた個体
f0324026_1142797.jpg
f0324026_1144140.jpg
▽羽化開始
f0324026_115237.jpg
すべてOlympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95 絞りは開放

by Nature_Oyaji | 2016-05-28 01:25 | トンボ | Comments(0)
2016年 05月 27日

ウチワヤンマ 羽化探し

昨年の7月中旬の夜は何度ウチワヤンマ羽化探しをしていました。
沢山のヤゴが上陸し、一斉に羽化する様子はちょっと感動ものでした。

昨年は7月23日まで羽化観察し、結構夏場になっても羽化するものだと思いましたが、では開始はいつ頃から?という疑問が浮かび、これは来季の宿題にと思っていました。

今季になりいつから観察しようかと思っていた矢先、トラフトンボやサラサヤンマの羽化撮影でお会いしたFさんが5/20にウチワヤンマ羽化の写真を投稿されていました。もうすでに羽化は開始しているらしい・・。これは行かねばと思っていたもの、なかなか行けずようやく昨夜の観察の機会となりました。

0時を回っていましたので、羽化中の個体には期待出来ないため、まずは羽化しているかどうか羽化殻探しのつもりでしたが、到着早々飛ぶ寸前の個体が護岸に止まっていました。

●ウチワヤンマ 月明かりをバックに。撮影条件変更やアングル、レンズ交換などしようと思っていたのですが、数枚試し撮りした程度で飛び立ち。
f0324026_5405063.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

同じ護岸には羽化殻が5つほど。羽化開始ということで、また暫くは夜の観察会となります。

●コフキトンボ羽化 こちらは0時過ぎで翅を広げるまでに羽化が進む事を確認。
f0324026_5445135.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

次回はウエーダーを履いて、池の中からでも撮影出来る準備をして活動予定です。


by Nature_Oyaji | 2016-05-27 05:49 | トンボ | Comments(2)