オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

タグ:オオアオイトトンボ ( 18 ) タグの人気記事


2016年 11月 19日

11月の冷たい雨が降った日

まずはいつも観察しているホソミオツネントンボの越冬場所。
先週は見つけられずでしたが、今回もまだ見当たりません。
ひょっとしたら既にここには移動しているのかもしれないので、念のため木に近づく時は足元を見ながら、そしてひこばえ観察。

また以前虫友Tさんから、今の時期木の上部にいる事があると教えてもらっていたので見上げて探しましたがダメでした。

越冬場所にはまだ水滴のみ
f0324026_19433094.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

続いて隣の区の自然公園訪問。
息もうっすら白く見える日。昆虫たちも動けず潜んでいる感じで、出会えたものたちも寒そう。
●イナゴ
f0324026_19493016.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●ツユムシ
f0324026_20531987.jpg
Olympus E-M5II1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●コカマキリ 最後の大仕事の産卵を終えて間もない感じ。尾部先端には卵鞘の様な白い物が見えました。
f0324026_19510096.jpg
f0324026_19511264.jpg
Olympus E-M5II1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●オオアオイトトンボ 本日出会えた唯一のトンボ。
f0324026_23141202.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8(接写リング付き
f0324026_19525469.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8



by Nature_Oyaji | 2016-11-19 19:58 | 自然 | Comments(4)
2016年 11月 03日

久しぶりの晴天の秋の日を魚眼で楽しむ

今日の活動はホソミイトトンボ探しと、晴天となったので宿題だったカトリヤンマと青空の撮影。
同時に今日は魚眼での条件ぎめが出来たらと、意識的に逆光で撮影。
特に今まで逆光での撮影時、ほとんどストロボを使っていなかったこともあり、今回は使用してどうなるか試してみました。
わざと太陽を入れているので、見ていると少々しつこいですがご容赦。

●オオアオイトトンボ
f0324026_20593270.jpg
今日は魚眼を試しながら8:00~10:00頃までホソミイトトンボを探したものの、見つからず。
いつもより早い時間帯なのでどこかに潜んでいた可能性。

●ルリタテハ
f0324026_20595952.jpg
●モンキチョウ
f0324026_2112082.jpg
f0324026_2134559.jpg
f0324026_2131395.jpg
●モンシロチョウ
f0324026_2153152.jpg
f0324026_2153924.jpg
●ヒメアカタテハ
f0324026_2173336.jpg
●ヤマトシジミ
f0324026_21164812.jpg
●コワモテとアキアカネ 真下から撮影していたら偶然・・眩しくて目付きが悪い(^^;
f0324026_21281658.jpg
●コスモス
f0324026_2182020.jpg
f0324026_2182689.jpg
Olympus E-M5II+SAMYANG OPTICS 7.5F3.5 FISH EYE/MFT BLACK(モンキチョウペア撮影のみOlympus E-M5II+NOKTON 10.5mm F0.95)

宿題のカトリヤンマ撮影。
前回と同じ田んぼを探索。結果は2頭ほど来たものの、前回同様なかなか近づけずでようやく撮影出来たものの、ストロボが強すぎという設定ミスで白飛び。
今日は結局この一枚のみ。青空もうまく入れられずでまた来年へ宿題持ち越し。
f0324026_2114081.jpg
Olympus E-M5II1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

夕日を待っての撮影。
●アキアカネ
f0324026_22262413.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
f0324026_21181852.jpg
f0324026_21184181.jpg
Olympus E-M1 M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

今日のまとめ
Olympus E-M5II+SAMYANG OPTICS 7.5F3.5 FISH EYE/MFT BLACK
●光芒を出すにはSAMYANG OPTICS 7.5F3.5 FISH EYEではF11程度。光芒以外は欲しい被写体深度で絞りを設定(これは自分の好みとか何をどう表現するかなのですが、まだまだ自分の中でイメージが固定しません)
●ISO200~500
●F値、ISOを固定としてシャッター速度はカメラ任せ。今回はPモード(結局は絞りはマニュアルでしたのでAモードと同じ)
●一度、対象を撮影してみて背景の明るさを確認。明るさはISOとシャッター速度で調整なのですが、ISOは簡単ですが、シャッター速度はMモードに移してやる必要があります。
●その時のストロボの強さを確認。被写体の明るさはストロボで調整。

う~ん、これで良いのか。ただまとめにも書きましたが「何をどう表現するか(素人がおこがましい表現ですが)」が有っての設定決めなので、まずは色々なものを撮影したり、プロの方の写真を見たりで自分に響くものを見つける事が一番。

今はそれが見つかった時のために、じゃあ設定はどうする?に対応するためのテスト中ということで、まずは撮れる条件を探しました。

by Nature_Oyaji | 2016-11-03 21:34 | 自然 | Comments(2)
2016年 09月 22日

4連休の初日 嵐の一日

金曜休みを頂き、4連休としたもののどうにも天気がよくありません。
今日は秋雨前線の影響で千葉方面は土砂降り。
それでも雨の中、出会いがあればと思い出撃。

7月にカトリヤンマとホソミオツネントンボ、オオアオイトトンボ羽化を撮影した場所へ。
晴れていればカトリヤンマは産卵の頃なのに残念。出会えたものたちは雨の中、晴れを待つ。

●ノシメトンボ
f0324026_20341874.jpg
●オオアオイトトンボ 
f0324026_20304367.jpg
f0324026_20325009.jpg
ホソミオツネントンボも探してみたものの見つけられず。

別の場所へ移動。こちらもカトリヤンマ羽化撮影と、この場所では初見のホソミイトトンボを撮影した場所。

そのホソミイトトンボ。撮影後何度か探してみたものの、それ以降は見つけられないまま。
19日の観察からだと、うまく繁殖して越冬型がいるなら田んぼ近くの草原にいる可能性があるので、田んぼ回りにある草原を探索。広い草原を暫く探してみたものの、見つかりません。
f0324026_21244544.jpg
なおあとで知ったのですが、ここのホソミイトトンボについてはどうやらこのエリアの別の所にいるらしい。
そこが普段過ごしている場所で、1頭ここにいたのはそこから飛ばされてきた(?)個体なのかもしれません。
いずれにしろ、また探索が必要です。

他の面々
●マユタテアカネ(♂)
f0324026_22051061.jpg
f0324026_22055986.jpg
●ナツアカネ(♀)
f0324026_22074731.jpg
●ノシメトンボ なぜか同じ枝に止って
f0324026_00473785.jpg
全てOlympus E-M5II1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO


連休、残り3日の予定。
明日はまた天気が悪いので足立区生物園へチョウ撮影にいってみようか。
土曜は茨城のSさんがヒナカマキリ撮影に来られるというので、一緒に撮影。
日曜は山梨の山間部へキベリタテハなど久しぶりのチョウ目的で訪問予定。





by Nature_Oyaji | 2016-09-22 22:14 | トンボ | Comments(0)
2016年 07月 24日

コバネアオイトトンボ 他

朝一からのオオルリボシヤンマ羽化撮影も昼前で終了。皆さん、色々な疲れもあり今日はこれで解散。

●コバネアオイトトンボ
解散後、せっかくなのでコバネアオイトトンボが生息している池へ。
成熟までには時間が掛かりそう。まだ複眼はグリーン系の淡い色のまま。
f0324026_224941.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●ホソミオツネントンボ 同じ場所にて。初めて気付きましたが、体には少しグリーンが反射する模様発見。
この個体が越冬する訳ですが、越冬中にはこの様な反射する色はありません。越冬前の活動期、グリーンの中では保護色になるのか?
f0324026_22561616.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

ウチワヤンマ オオヤマトンボ (Yさん、ご指摘ありがとうございます!)人の高さより高い所に羽化殻。それがいくつもあり、セミの羽化殻と並んで何やらおかしい。
f0324026_2321110.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●モノサシトンボ 飛翔
f0324026_2324123.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●オオアオイトトンボ 作品として色を少し濃い目に現像
f0324026_2131831.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8


by Nature_Oyaji | 2016-07-24 23:04 | トンボ | Comments(0)
2016年 06月 25日

梅雨の嵐の日

朝から風速10mの梅雨の日。
昨年確認したカトリヤンマ羽化の時期なので、早朝から訪問。

羽化は開始していました。
羽化殻は3~4個程。今日の羽化数は6頭。ただこの風のため、うち3頭の翅は残念なことに。

●カトリヤンマ 
▽無事翅が伸びたもの 撮影 5:32
f0324026_172119100.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
f0324026_17191731.jpg
f0324026_17203872.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

▽田んぼの中には羽化を諦めた個体が逆さで 撮影 6:30
f0324026_17223050.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

▽風が収まってきた頃。
帰宅時刻ギリギリで見つかった定位個体 もうすぐ羽化なのに撮影できず泣く泣く撤収 撮影 10:51
f0324026_17245624.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

●同じ田んぼではオオアオイトトンボが羽化中
しっかり定位を確認せず不用意に近付くと、あっという間に水中に飛び込んで逃げる…という行動を初めて見ました。

他のイトトンボでも同じかもしれない。グンバイトンボ羽化探しの際も要注意。
f0324026_1727434.jpg
f0324026_17324192.jpg
f0324026_17272432.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
f0324026_1727335.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

今日はここまで。
明日は珍しく休日出勤。
月曜は休みを頂いたので、色々悩んだのですが、今会っておきたいキマダラルリツバメをメインに、周辺のトンボ撮影としたい。




by Nature_Oyaji | 2016-06-25 17:29 | トンボ | Comments(2)
2015年 11月 15日

千葉の別のホソミオツネントンボ越冬地

朝のうちは曇だった空は、午後になり急に青空に。活動中久しぶりの太陽です。

午後から以前ご案内頂いたホソミオツネントンボの越冬地へ改めて訪問。
杉林の向こうにイヌシデの林があり、そこが格好の越冬場所になっています。
時期的に集まりつつあるようですが、まだ越冬には気温も高く活発です。
不用意に近寄るとあっという間に高い枝に移動してしまいます。餌もまだまだ食べていて、越冬前の栄養補給中という所。

●ホソミオツネントンボ(♀)
f0324026_20123648.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

何頭か見つけることが出来、今日の所はここまで。

帰り道にある別のトンボのポイントへ。
田圃やあぜ道を歩きまわり、アカネ系を探してみましたが、アキアカネが2頭のみ。遠くに見かけただけで撮影出来ず。

道端の細流にはまだ元気なオオアオイトトンボ。見上げると高い枝にはまだ多数留まっています。

●オオアオイトトンボ
f0324026_20301658.jpg
▽途中から交尾態へ
f0324026_2035797.jpg
f0324026_20311238.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

●ホソミオツネントンボ まだ越冬地へ移動前と思われる個体。
f0324026_2037554.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
f0324026_20402139.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

by Nature_Oyaji | 2015-11-15 20:43 | トンボ | Comments(2)
2015年 11月 14日

先週に続き雨の秋の日 

今週末も雨。一週間置きの雨のサイクルになってしまったようです。7月もそんな日々でした。

先週に続き、ホソミオツネントンボの越冬場所を訪問してみましたが、1頭も確認出来ません。
今季が初の観察なので、いつ頃から来るのか自分で確認していきたい。

その後また自然公園を訪問し、先週のムラツの様子を観察。

●ムラサキツバメ 先週見つけた場所とは違う所で2頭一緒の所を確認。
f0324026_18183345.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

先週見つけたポイント。今回は1頭のみ。
f0324026_18191152.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

●カワセミ 同じ自然公園の住人。雨の中、一羽で何を思う。
f0324026_18361721.jpg
f0324026_21521634.jpg
f0324026_154041.jpg
E-M1+BORG FL71(400mm)

午後、15時過ぎに隣の区の公園を訪問。以前ホソミオツネントンボとホソミイトトンボを見つけた場所を丹念に回ってみたものの、また空振り。
1時間ほど歩きまわったものの、これといったものは出会えず終い。

帰りがけにようやくオオアオイトトンボがいるのを見つけて暫し撮影。
夏場はいくらでも出会えるのでスルーしがちですが、今の時期は素直に嬉しい。

●オオアオイトトンボ 少し高めの場所で、空がバックなので完全にモノクロの世界。
f0324026_1844379.jpg
別アングル
f0324026_1853834.jpg
隣の木の比較的低い場所に2頭。もう16時30分近くでかなり暗くなって、遠くに街灯の明かり。1/20の手持ち撮影は自分では初。それでも大きくブレることもなく撮影出来るとは、素晴らしい機材に助けられています。
f0324026_18465148.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

明日も雨ですね。どうしましょう。

by Nature_Oyaji | 2015-11-14 18:54 | 自然 | Comments(2)
2015年 11月 07日

千葉の里山でホソミイトトンボ探し

以前訪問した千葉の里山へホソミイトトンボ探しで訪問(今回で3回め)。
越冬場所へ移動してしまう前の暖かい時期に訪問したいと思っていたものの、今日になってしまいました。

埼玉で以前撮影した際、大量にいたホソミイトトンボたちは、虫友さんが訪問した10/24にはすっかりその姿を消してしまい、おそらくは越冬場所へ移動してしまったものと思われます。

この場所では春の産卵は目撃されているので、生息しているのは確か。
昨年ご近所の都市公園で見た時は11月下旬で、暖かい場所で飛んでいましたので、埼玉より低地であるこの場所の日当たりの良い所にはまだ飛んでいる可能性があります。

さて、結果的には埼玉のポイントと同じような雰囲気の場所を広範囲に探したものの出会えませんでした。
到着した頃から少し日が陰ってしまったことと、今日は里山の脱穀の日に重なり、潜んでいるであろう田圃回りなどに、多数の人が行き来して飛ばしてしまった可能性もあります。

ホソミイトトンボを探しながらの出会い
●蜘蛛(不明種)
f0324026_19394361.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●クロコノマチョウ
f0324026_19585082.jpg
●キタテハ
f0324026_19433015.jpg
●オオアオイトトンボ
f0324026_19435392.jpg
f0324026_1944345.jpg
●ムラサキシキブ
f0324026_19484194.jpg
●渡り鳥の忘れ物? 偶然田圃脇の草に乗って、たなびいていました。
f0324026_19512684.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

by Nature_Oyaji | 2015-11-07 19:59 | トンボ | Comments(2)
2015年 11月 03日

都下の里山でアキアカネ産卵撮影

11/1に訪問した都下の里山へ。
昨日は冷たい強い雨でしたが、今日は天候も回復し気温上昇。
以前教えて頂きましたが、雨の翌日の晴れの日はトンボにとっては絶好の産卵日。
そこで今回はまだいるアキアカネを8時過ぎから観察。

●ツリフネソウ 昨日の雨が輝く
f0324026_1834390.jpg
f0324026_18372682.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●ナツアカネ
f0324026_18351963.jpg
●オオアオイトトンボ
f0324026_18353669.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

今日の目的だったアキアカネたち。田圃回りを歩くと、もう8時過ぎから産卵開始。やはり雨上がりの翌日は産卵を待っていたものたちには恵みの雨のようです。
産卵の終わりは10:45分頃でした。
f0324026_219610.jpg
f0324026_18423889.jpg
f0324026_18425498.jpg
f0324026_21161767.jpg
f0324026_21165139.jpg

Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO 全て12mm(35mm換算24mm)での撮影、ノートリ(最後だけトリミング)
久しぶりにウェーダーを履いて田圃に座り込んでの撮影でした。

E-M1で泥面ギリギリで狙ったものの、まだレンズの位置が高かったので、途中からバッテリーグリップも外し、素のE-M1での撮影としてみました。初めは撮影向きも考えずに山がバックだったり全く空がなかったので、結局約半分はボツ。

結局700枚近く撮影して、見られそうなものを残したら10枚にも満たない結果で、また来年の課題です。
またタイトルを産卵としたものの、打水場面がうまく残せず、こちらも来年の課題です。

by Nature_Oyaji | 2015-11-03 19:01 | トンボ | Comments(0)
2015年 10月 31日

ご近所での秋の一日

いつもの隣の市の池を訪問。
冬場、一緒にこの池でカワセミなどを撮影していた方たちとは約半年ぶりの再会。

池のいつもの住人たち
●カワセミ(♀)今年生まれの個体らしい。別の場所からここに来たもの。
聞いた話では現在3羽居るらしい。
まだ縄張りが確定しておらず、出会うたびに争っているとの事。
なのでまだ人になれる状況にないことから、昨年の冬場のように数m程度の間近での撮影できるようになるには時間がかかりそう。
f0324026_172818.jpg
●カルガモ 紅葉した葉を少し入れて。
f0324026_1844077.jpg
BORG FL71(400mm)

●コゲラ こちらも少し紅葉をバックに。
f0324026_1744458.jpg
●エナガ モミジの種を集団で食べながら移動
f0324026_1792131.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

隣の区の公園へ移動。
●オオカマキリ 出会えた数少ない昆虫の一つ。
f0324026_17114483.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●オオアオイトトンボ 先日75mm F1.8を購入したので、60mmマクロとの比較。ISO200、Aモード、F2.8、1/50で撮影
▽60mmマクロ
f0324026_1719579.jpg
▽75mm f1.8
f0324026_17204119.jpg
別の場所で75mm撮影。
f0324026_1724279.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

昨年ここでホソミオツネントンボとホソミイトトンボを見つけたが、今年は2度訪問したものの今の所出会えません。

●相棒 今日も車がなかったのでチャリで移動。約25km走破。途中で両太ももがつってしまって暫く休憩^^;
f0324026_1745614.jpg
●ススキと東京スカイツリー
f0324026_1749449.jpg


by Nature_Oyaji | 2015-10-31 17:52 | 自然 | Comments(4)