オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

タグ:オオルリボシヤンマ ( 5 ) タグの人気記事


2017年 10月 08日

今期最後の遠征 オオルリボシヤンマ 青メスとの出会い

■今期最後の遠征へ
Fさんと新潟方面へ。途中、ご案内頂いた棚田やブナ林は追って公開です。

■2年前キトンボマダラナニワトンボの産卵、そしてこの夏、マダラナニワトンボ羽化で訪問した池へ
実はオオルリボシヤンマの青メス産卵を知合いの方が同じ池で撮影済。
今期、茨城方面で計画していたものの予定を逸していたため、出来たら今期やり遂げておきたい。
青メス産卵を撮影された方も現地で合流。

●キトンボ産卵(広角)
9時半頃から産卵開始。以前ここで観察した際は10時半頃でしたので、1時間程度早め。
f0324026_18170352.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25

●マダラナニワトンボ
こちらも同じ頃から産卵開始。通常なら11時過ぎからですが、こちらも今日は早め。
ナツアカネと同様、連結打空産卵なので卵が落下した場面が必須ですが、なかなかうまく行かず。
広角でピンが比較的来たものと、ピン甘ですが何とか卵が落下中の場面のものです。
f0324026_18215236.jpg
f0324026_18220305.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25
●3連結
あっと驚くオオアオイトトンボ連結にアオイトトンボ(♂)が連結した形。
f0324026_18283430.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●オオルリボシヤンマ 青メス産卵撮影
この青メスだけはここまではるばる来たものの、あとは現れてくれるか、そして撮影可能な近場で産卵してくれるかは運次第。
今年の出会いの引きの運がまだ残っているかどうか・・。
待つこと1時間超、ついに現れてくれました。同行のFさんが発見。

以前、Fさんが撮影されていた関西でのものは複眼まで青色でしたが、この個体は体のみ。
また青メス自体は西日本では割合は圧倒的に高く、東日本では逆な様です。
そんな地域的な割合の違い、青メスの部分的な違いなども興味深いです。
f0324026_18304418.jpg
▼♂が来ましたがルリボシヤンマの様に産卵中でも強引に連結することなく、見守るかのように上でホバリングしていました。
f0324026_18311653.jpg
f0324026_18313427.jpg
全てOlympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

最後に皆さんのご好意で、逃げても良いからと背中を押して頂き、広角撮影をトライ。(共に撮影角度が水平ではなかったので、現像時調整。そのため本来の画角より拡大された画像になっています)
▼オオルリボシヤンマ 青メス産卵 広角-1(Photohitoリンク)
f0324026_18324983.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25
▼オオルリボシヤンマ 青メス産卵 広角-2(Photohitoリンク)
f0324026_18331216.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25

最後の遠征で、撮影したかったオオルリボシヤンマ 青メス産卵を残せました。
背中を押して頂いた皆様、ありがとうございました。


by Nature_Oyaji | 2017-10-08 18:42 | トンボ | Comments(0)
2016年 08月 10日

オオルリボシヤンマ 産卵

夏休み初日。水戸のSさん、成田のSさんと高原の池を訪問。
ここにはムツアカネ、ルリイトトンボ、アオイトトンボ、オオルリボシヤンマが多数。
池を背景に近くで産卵を始めたオオルリボシヤンマに一番時間を使い撮影。

●オオルリボシヤンマ 産卵
f0324026_07170494.jpg
f0324026_07172282.jpg
f0324026_07173166.jpg
f0324026_07174220.jpg
f0324026_07184146.jpg
f0324026_20304348.jpg
olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

産卵にはとても敏感になるヤンマ系ですが、撮影中突然何かのゾーンに入ったのか、近寄っても全く逃げる事無く産卵を続ける瞬間を経験。約15分程同じ場所で集中して産卵。貴重な経験の日となりました。
f0324026_07231939.jpg
f0324026_07241677.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO




by Nature_Oyaji | 2016-08-10 20:00 | トンボ | Comments(0)
2016年 07月 24日

オオルリボシヤンマ 羽化

何週間か前に茨城のSさんから、オオルリボシヤンマ多産の小さな池で羽化が見られるので時期を見て行きましょう・・と連絡頂いていました。
22日に下見に行って頂いた所、羽化殻が20個以上出ていて、前日の雨の影響で居残りが4頭、すでに凄いことになっている様子。

日曜は一人でネアカヨシヤンマ探しの計画でしたが、急遽予定変更。
成田のSさんも来られて3人で6時過ぎに訪問。

かなり山奥の林道脇の10畳程の小さな池。
道から覗き込むと、羽化不全が数頭と、数えきれないほどの羽化殻・・。
中には前の羽化殻にぶら下がってのものまで。皆オオルリボシヤンマのもの。
言葉にならない位壮観です。

定位している個体を探すと4頭見つかりました。大型のヤンマ系の羽化は夜中が定番。
アオヤンマ羽化でも経験がありますが、中には少数ですが、遅く羽化するものもいるようなので、今回のこの4頭も何故か遅れて羽化しようとしている個体と思われます。

●定位発見6:00。一番初めに見つかった個体でしたが、こちらの動く様子が見えるようで、一番最後の羽化となってしまいました。
▽倒垂 8:30頃
f0324026_22145096.jpg
ここからは一気に 8:55
f0324026_22151423.jpg
f0324026_22153883.jpg
f0324026_2216795.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
f0324026_21311197.jpg
Olympus E-M1+SAMYANG OPTICS 7.5F3.5 FISH EYE/MFT BLACK


▽9:14
f0324026_22215477.jpg
Olympus E-M1+SAMYANG OPTICS 7.5F3.5 FISH EYE/MFT BLACK
f0324026_6405013.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
f0324026_2222628.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

本日でこの状況。恐らくもう一週間程前位が最盛期だったようです。
お疲れ様でした。

追記
実は今回羽化、すべて♂ばかりでした。
今日、同行頂いた茨城のSさんがまた確認した所、♀が2頭羽化していたようで、♀の羽化はこれからの様です。




by Nature_Oyaji | 2016-07-24 22:27 | トンボ | Comments(0)
2015年 09月 05日

オオルリボシヤンマ その他トンボ

今回はオオルリボシヤンマの産卵の様子の撮影。

オルリボシヤンマも過去一度位は見たことがある位で、ほぼ知識もなにもゼロの状態。
事前に教えて頂いた事もあるのですが、この場所の早朝からの様子の観察などを含めて今回も夜中移動の車中泊をして、日の出の5時すぎから現場で地味に観察。
この場所は前日の午後は雨模様で、また雨上がりの翌日なので産卵集中に期待です。気温は19度程でやや肌寒い状況ですが、天気は回復して今日は久しぶりに気温が上がりそう。

ネットで調べてみると8月に活動を終えたネアカヨシヤンマより一回り大きいトンボで、腹長比較でオスは53-67mm(ネアカ54.0~59.0mm)(メスはオスに比べて約2-4mm程大きい)とあります。

10時前位
オスがメスを待って池の上を行ったり来たりし始め、その後10:40頃メスが産卵に入りました。
産卵場所を探しながら水面ギリギリを飛ぶメスの上に、オス2頭が重なるようにホバリング。あとで別の方のブログを見た所、このオスメスがホバリングしている様子も絶好の撮影ポイントでした。しっかり撮りそこなっていました。
その後メスがもう一度入った際、オスがしつこくメスを追いかけて結局何処かへ行った所も目撃。

昼近く、一斉にオスもいなくなりました。真夏時のぶら下がりの為いなくなった時の様。
探してみるとテリトリー近くでぶら下がっています。メスも同様の行動をするためでしょう、この時間帯は活動停止です。

14:30頃
ようやくまたオスがテリ張り始めましたがその後、ずっとメスは出てきません。
そして待つこと、1時間。ようやくメスが入り、産卵開始。場所を変えながら約20分ほど産卵。
真横からの撮影やアオメス撮影は出来ませんでしたが、産卵の様子が見られ満足の嬉しいひと時。

産み付けられた卵はそのままの状態で越冬。ヤゴで1~3年の生活。
f0324026_6291012.jpg
f0324026_6292440.jpg
f0324026_6404552.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

静止のオス
f0324026_702757.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8

今年はトンボについて色々な方に教えていたながら、春先から羽化の様子、そして産卵の様子などを撮影することが出来ました。お付き合い頂いる方々、いつもありがとうございます。

そんな今年のトンボ中心の活動もそろそろ終盤の9月。今月はカトリヤンマの産卵やマダラヤンマ飛翔の撮影を予定しています。

追記 その他トンボなど
●アジアイトトンボ
f0324026_8335055.jpg
●タカネトンボ
f0324026_8381410.jpg
●ヤブヤンマ(遠くでトリミング大)
f0324026_834182.jpg


by Nature_Oyaji | 2015-09-05 16:00 | トンボ | Comments(0)
2014年 08月 14日

山梨 オオムラサキセンター訪問

この夏に出会っておきたい昆虫の一つが擬態の最終完成形であるムラサキシャチホコ。
いつものフィールドにはいないので、思い切って山梨まで足を運んだものの、今回は出会えず。
それでもそこに息づいている昆虫たちとの出会いは楽しい。

●ヒメジャノメ
f0324026_04141479.jpg
●早朝のご褒美 

f0324026_04281285.jpg
f0324026_04473472.jpg
f0324026_04475657.jpg
●ガビチョウ どうやら縄張り争い中 足同士を掴んでかなり激しい攻防
f0324026_04292913.jpg
●マユタテアカネ(♂) 
f0324026_04313582.jpg
●ハサミツノカメムシ(♀) オスには立派なハサミがある
f0324026_04315256.jpg
●ヘビトンボ 手に取ると以外にも攻撃的で噛み付く  Wikiには大顎で噛みつく習性を蛇に準えて付けたもの とある
f0324026_04321023.jpg
f0324026_04321746.jpg
●ハラビロカマキリ
f0324026_04324622.jpg
●オオムラサキ センター内の飼育場にて 8月頃は卵、幼虫は2齢のものが見られる
f0324026_04331091.jpg
f0324026_04334595.jpg
f0324026_04340127.jpg
●ヘラクレスオオカブト 子どもに戻って大興奮
f0324026_04375977.jpg
●ミヤマアカネ(♀)
f0324026_04341953.jpg
●トゲアリ
f0324026_04370552.jpg
●ヒメウラナミジャノメ
f0324026_04403410.jpg
●ジャノメチョウ
f0324026_04404505.jpg
●オオルリボシヤンマ 
f0324026_04410211.jpg
f0324026_04411797.jpg
f0324026_04412751.jpg
f0324026_04420379.jpg
またムラサキシャチホコ探しに訪問したい。




by Nature_Oyaji | 2014-08-14 21:55 | 自然 | Comments(4)