オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

タグ:カトリヤンマ ( 16 ) タグの人気記事


2017年 09月 23日

カトリヤンマ産卵

■カトリヤンマも産卵の頃
トンボの産卵撮影も終盤。今季の目標の一つのカトリヤンマの広角撮影ですが、いよいよ時期となりました。
今日は昨日からの雨が10時過ぎまで続き、その後は回復傾向で、午後は曇り~晴れ。
カトリヤンマの産卵時間帯は時期にもよりますが、まだ日が長い今は15時前後が活動時間帯。

●オオアオイトトンボ
カトリヤンマの活動時間まで今暫く。近くにいたオオアオイトトンボ。
まだ連結にはなっておらず、産卵はまだ少し先の様。
▼♂
f0324026_20370945.jpg
▼♀
f0324026_20375110.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

●カトリヤンマ産卵
目的のカトリヤンマ、田んぼを眺めていると14時過ぎから何頭か産卵に飛来。
14時半過ぎから田んぼの土手斜面の一角で産卵開始。この場所は何故か人気で、もう1頭も来て産卵。
結局、16時半頃まで2頭が産卵。
f0324026_20494796.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
f0324026_20505076.jpg
f0324026_20513133.jpg
(Photohitoリンク)
f0324026_20515122.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

●広角比較 オリンパス12-40mmとツァイス2/25比較
▼オリンパス12-40mm(12mmで撮影)(Photohitoリンク)
f0324026_21023111.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
ツァイス2/25(Photohitoリンク)
f0324026_22261835.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25

オリはもっと寄れますが、2/25は目一杯(0.2m)での撮影です。
慣れと液晶の拡大率の違い、液晶の見易さからオリンパスの方がピークは掴みやすい。12-40mmの絞りは、F2.8(開放)、2/25は前回のナツアカネで被写界深度が薄すぎた事もあり、F6.3に絞っています(絞りすぎの感)。その分カトリヤンマ全体のピントは2/25の方がしっかり捉えられています。

●撮影後記
何とか広角撮影(フルサイズ、m4/3共に)が出来、取り敢えずは今期の目標の一つ達成です。

産卵開始直後は望遠で先ずは抑えました。産卵場所周りはまだまだ柔らかい泥状態で入るのを躊躇していましたが、広角に変えてからは、気が付いたら泥の中に座り込んでの撮影。

終わった時にはウェダーは泥だらけ、カメラも底部やレンズ下側は地面すれすれからの撮影でしたので、一部泥付き。

広角撮影は相手に近付かなければならないので、その分産卵中の翅音、目の前でのホバリングやその時の翅からの風、どろや草などの匂いなどなど、トンボの環境に身を置く事で、トンボが生きている世界に浸ることが出来ます。
楽しみ方は人それぞれですが、泥まみれになっても自分にとっては至福の時です。




by Nature_Oyaji | 2017-09-23 21:12 | トンボ | Comments(0)
2017年 08月 14日

カトリヤンマの夏

6~7月に羽化したカトリヤンマ。
考えてみると産卵は11月上旬までなので産卵終了まで約5ヶ月、成虫になってからかなり長寿。
夏場の様子はまだしっかり残していなかったので夏休み最後の日、カトリヤンマ探しへ。

天候は朝方雨が降り、気温も訪問時28度前後で暑さでぶら下がっている可能性は低く、出会えれば朝からの天候ではどんな状態で過ごしているかの確認が出来そう。

羽化した田んぼのすぐ脇の道を行くと、足元からカトリヤンマが2頭、立て続けに飛び立ち。
上ばかり見ていたので、地面に近い所でどんな状態でいたのか分からず。ぶら下がっているイメージがあるので、足元からとなると、草などにしがみついていた可能性。

続いて田んぼ脇の山あい斜面を探索。
ここは残暑時の午後などはぶら下がりが確認出来た所でしたが、この斜面内には不在。

道の終わりにある細めの竹の林。
その入口付近でようやくオスのカトリヤンマを発見。複眼は既に美しく発色中。
前夜、ここに止まりそのまま居残ったものかと思われます。

●カトリヤンマ(♂)
f0324026_17291861.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
f0324026_17293692.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)
f0324026_18033834.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●カトリヤンマ こちらは未成熟と思われます。
こちらは竹やぶ近くの道脇のアオキ(何処でもアオキはぶら下がりトンボには人気)で発見。
f0324026_18040752.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

秋口の産卵撮影が楽しみです。



by Nature_Oyaji | 2017-08-14 18:06 | トンボ | Comments(2)
2017年 07月 01日

カトリヤンマ羽化

前回訪問から1週間、再訪問です。
先週とうとう羽化しなかった個体がいた場所には羽化殻が残されていて、無事羽化した模様。
また稲には羽化殻が多数、もうすっかり羽化の時期です。

5:30頃から田んぼを一回りしてみたものの、定位や倒垂などの個体はなく、翅が伸び切った個体が2頭のみ。

●カトリヤンマ羽化個体 今季初
f0324026_16270805.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
少し撮影していた所、翅を震わせ始めあっという間に空へ。

●別個体
こちらもすっかり翅は伸び切り状態。
f0324026_16313296.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

1頭目は飛ばれてしまったので、こちらはじっくり構えて処女飛行狙い。
三脚はまだ泥に直接入れる勇気はないので、以前頂いておいた傘用のビニール袋を使用してカトリヤンマに並行になるようにセット。
f0324026_16353313.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

ただこの個体、なかなか飛ばず、結局このまま1時間待ち、ようやく無事飛んでいきました。
f0324026_16365964.jpg
f0324026_16374578.jpg
f0324026_16384996.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO





by Nature_Oyaji | 2017-07-01 16:41 | トンボ | Comments(0)
2017年 06月 25日

カトリヤンマ羽化の頃

昨年秋、カトリヤンマの産卵を撮影した田んぼもそろそろ羽化の頃。
田んぼ周りを一回り、一番日当たりの良い田んぼで3頭の個体がいるのを確認。
それ以外の田んぼではまだ先のようで、全く確認出来ませんでした。

本格的な羽化は来週後半辺りからになりそうです。

●カトリヤンマ 羽化開始?
▽8:30、稲を登って静かにしている個体。
ただ結局11:30を過ぎても羽化せず。
f0324026_18375259.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
▽体半分出ていた個体。この個体も結局はこの状態で羽化せず。
f0324026_18395615.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●オオアオイトトンボ
こちらはもうだいぶ羽化が進んでいて、あちらこちらに羽化殻と羽化中の個体など散見。
f0324026_18422740.jpg
f0324026_18423348.jpg
f0324026_18432523.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●アキアカネ
▽こちらは到着した8時過ぎではすっかり翅が伸びてしまっていて、一斉に飛び立つ状況。
半端ない数。
f0324026_18451560.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
▽中にはゆっくり羽化している個体も。
f0324026_18450387.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●ホソミオツネントンボ
少し離れた場所に越冬場所があるのですが、ひょっとしたらそこから産卵に来ている群なのかもしれません。ホソミオツネントンボ等、越冬トンボたちの行動範囲は案外広そうです。
f0324026_18472649.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)




by Nature_Oyaji | 2017-06-25 18:50 | トンボ | Comments(0)
2016年 11月 06日

カトリヤンマ(青眼型メス)産卵

オツネントンボ確認のあと、もう一度心残りのカトリヤンマ産卵確認。今日は1頭のみ。
昨日ご一緒だったFさんの投稿が青眼型メスで、こちらのメスもよく見ると青眼型メスでしたので改めて投稿です。

●カトリヤンマ(青目型メス)産卵 
f0324026_22304995.jpg
f0324026_22305999.jpg
f0324026_22164339.jpg
f0324026_23482346.jpg
f0324026_22343631.jpg
f0324026_19334180.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

今季最後と思ってしっかり撮影と考えていたのに望遠でボケボケでしたが、最後に青眼型メスに出会えたのが救いとなりました。

来年の宿題はオス型メスで広角+青空+産卵針での撮影としたい。


by Nature_Oyaji | 2016-11-06 22:11 | トンボ | Comments(2)
2016年 11月 03日

久しぶりの晴天の秋の日を魚眼で楽しむ

今日の活動はホソミイトトンボ探しと、晴天となったので宿題だったカトリヤンマと青空の撮影。
同時に今日は魚眼での条件ぎめが出来たらと、意識的に逆光で撮影。
特に今まで逆光での撮影時、ほとんどストロボを使っていなかったこともあり、今回は使用してどうなるか試してみました。
わざと太陽を入れているので、見ていると少々しつこいですがご容赦。

●オオアオイトトンボ
f0324026_20593270.jpg
今日は魚眼を試しながら8:00~10:00頃までホソミイトトンボを探したものの、見つからず。
いつもより早い時間帯なのでどこかに潜んでいた可能性。

●ルリタテハ
f0324026_20595952.jpg
●モンキチョウ
f0324026_2112082.jpg
f0324026_2134559.jpg
f0324026_2131395.jpg
●モンシロチョウ
f0324026_2153152.jpg
f0324026_2153924.jpg
●ヒメアカタテハ
f0324026_2173336.jpg
●ヤマトシジミ
f0324026_21164812.jpg
●コワモテとアキアカネ 真下から撮影していたら偶然・・眩しくて目付きが悪い(^^;
f0324026_21281658.jpg
●コスモス
f0324026_2182020.jpg
f0324026_2182689.jpg
Olympus E-M5II+SAMYANG OPTICS 7.5F3.5 FISH EYE/MFT BLACK(モンキチョウペア撮影のみOlympus E-M5II+NOKTON 10.5mm F0.95)

宿題のカトリヤンマ撮影。
前回と同じ田んぼを探索。結果は2頭ほど来たものの、前回同様なかなか近づけずでようやく撮影出来たものの、ストロボが強すぎという設定ミスで白飛び。
今日は結局この一枚のみ。青空もうまく入れられずでまた来年へ宿題持ち越し。
f0324026_2114081.jpg
Olympus E-M5II1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

夕日を待っての撮影。
●アキアカネ
f0324026_22262413.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
f0324026_21181852.jpg
f0324026_21184181.jpg
Olympus E-M1 M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

今日のまとめ
Olympus E-M5II+SAMYANG OPTICS 7.5F3.5 FISH EYE/MFT BLACK
●光芒を出すにはSAMYANG OPTICS 7.5F3.5 FISH EYEではF11程度。光芒以外は欲しい被写体深度で絞りを設定(これは自分の好みとか何をどう表現するかなのですが、まだまだ自分の中でイメージが固定しません)
●ISO200~500
●F値、ISOを固定としてシャッター速度はカメラ任せ。今回はPモード(結局は絞りはマニュアルでしたのでAモードと同じ)
●一度、対象を撮影してみて背景の明るさを確認。明るさはISOとシャッター速度で調整なのですが、ISOは簡単ですが、シャッター速度はMモードに移してやる必要があります。
●その時のストロボの強さを確認。被写体の明るさはストロボで調整。

う~ん、これで良いのか。ただまとめにも書きましたが「何をどう表現するか(素人がおこがましい表現ですが)」が有っての設定決めなので、まずは色々なものを撮影したり、プロの方の写真を見たりで自分に響くものを見つける事が一番。

今はそれが見つかった時のために、じゃあ設定はどうする?に対応するためのテスト中ということで、まずは撮れる条件を探しました。

by Nature_Oyaji | 2016-11-03 21:34 | 自然 | Comments(2)
2016年 10月 29日

カトリヤンマ 産卵

9~10月は週末毎の雨模様が続き、なかなかカトリヤンマ撮影に行けませんでした。
今日も朝のうちは少し晴れ間も見えたものの、午後は曇り。
カトリヤンマ産卵ももう終盤なので、今日はダメ元で訪問してみました。

結果的には今日は3枚の田んぼを行き来して出会えた個体は2頭程。
f0324026_19052375.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

証拠写真として望遠で撮影。
ただ望遠はこのショットのみ。あとは昨年からの宿題だった広角撮影にトライしてみました。

分かってはいましたがやはりこれは難しい・・。
ネアカヨシヤンマも近づけない苦労がありましたが、カトリヤンマも同様。
ウェーダー無しでしたので、初めからしゃがんで近づく事が出来ず、1時間ほどの攻防のあと、ようやく広角で撮影出来ました。

ただストロボもなく、曇り空も入ったためトンボ自体はアンダー過ぎ。
また翅が切れていたり、トンボとバックのサイズのバランスが悪かったり・・。
撮影結果についてどうしたら良かったのか考え、また次回の宿題です。

それでも今日は広角で近寄って撮影出来た事が何より嬉しい。
f0324026_05433092.jpg
f0324026_05433672.jpg
f0324026_05463545.jpg
Olympus E-M5II1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

次回の課題は青空の下、真横から産卵針も入れた全体写真です。

by Nature_Oyaji | 2016-10-29 19:06 | トンボ | Comments(0)
2016年 07月 16日

カトリヤンマ 羽化-2

先週訪問したカトリヤンマ羽化場所。
前回は訪問時間が遅く残念な結果だったので、今日は4時過ぎから訪問。

前回の田んぼで羽化を探すと、まだまだ羽化していました。
結局今日見つかったのは7頭程。5:30過ぎから撮影開始。

●カトリヤンマ
▽倒垂状態の個体に間に合いました
f0324026_19391474.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

▽山に朝日が反射するその中で
f0324026_1945726.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

▽久しぶりに魚眼で(別個体)
f0324026_1949773.jpg
Olympus E-M5II+SAMYANG OPTICS 7.5F3.5 FISH EYE/MFT BLACK

羽化は7/16まで続いていたと記録更新。
この場での羽化としては非常に遅いことのようです。

続く

by Nature_Oyaji | 2016-07-16 19:52 | トンボ | Comments(0)
2016年 07月 09日

カトリヤンマ 羽化

今季は6/25の風雨の日の残念な結果や、その後の7/2訪問では全く羽化が見られなかったりで、ピークはとっくに過ぎているカトリヤンマの羽化。
まだしっかり撮影出来ていないこともあり、雨の中の羽化観察しようとダメ元で別のポイントへ。

昨年6月末、一番多くの羽化が見られた手前の田んぼなどは今日は水がなく、生息出来ない状況。
少し奥側の谷戸の山に挟まれた田んぼは水は少しあり、下から順に探してみたものの羽化個体は無し。
そして最後の一番上の田んぼでようやく羽化個体を発見。

●カトリヤンマ 撮影7:30
f0324026_18581918.jpg
▽少し角度を変えて
f0324026_211529100.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

すでに翅を広げているものも多く、約1時間早ければもっと違う場面が残せたと思うと少々残念。
また来年です。

この田んぼは山の木の葉が覆っていたり、日当たりはあまり良くない場所。ただ羽化は何故かその木の葉の下近くに集まっていて、今日は10頭程まとまっていました。羽化個体の中には明らかに体が小さく見える個体も散見。

思うに日当たりの良い場所は栄養状態もよく早くに羽化は終わっていたのではないか。この場所は育つ条件が良くなく、成長が遅れ、結果羽化も遅れたのでは(でも田んぼの全てが暗いわけではないのでそれはどうか?と自問自答)・・とまたあれこれ素人推測です。

実際の遅い理由ははっきりしませんが、取り敢えずこの場所のカトリヤンマは7/9でも羽化するという事実を残しておきます。


by Nature_Oyaji | 2016-07-09 19:08 | トンボ | Comments(2)
2016年 06月 25日

梅雨の嵐の日

朝から風速10mの梅雨の日。
昨年確認したカトリヤンマ羽化の時期なので、早朝から訪問。

羽化は開始していました。
羽化殻は3~4個程。今日の羽化数は6頭。ただこの風のため、うち3頭の翅は残念なことに。

●カトリヤンマ 
▽無事翅が伸びたもの 撮影 5:32
f0324026_172119100.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
f0324026_17191731.jpg
f0324026_17203872.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

▽田んぼの中には羽化を諦めた個体が逆さで 撮影 6:30
f0324026_17223050.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

▽風が収まってきた頃。
帰宅時刻ギリギリで見つかった定位個体 もうすぐ羽化なのに撮影できず泣く泣く撤収 撮影 10:51
f0324026_17245624.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

●同じ田んぼではオオアオイトトンボが羽化中
しっかり定位を確認せず不用意に近付くと、あっという間に水中に飛び込んで逃げる…という行動を初めて見ました。

他のイトトンボでも同じかもしれない。グンバイトンボ羽化探しの際も要注意。
f0324026_1727434.jpg
f0324026_17324192.jpg
f0324026_17272432.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
f0324026_1727335.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

今日はここまで。
明日は珍しく休日出勤。
月曜は休みを頂いたので、色々悩んだのですが、今会っておきたいキマダラルリツバメをメインに、周辺のトンボ撮影としたい。




by Nature_Oyaji | 2016-06-25 17:29 | トンボ | Comments(2)