オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

タグ:コフキトンボ ( 12 ) タグの人気記事


2017年 07月 04日

早朝トンボ

少し早起きして朝の散歩と撮影。
●コフキトンボたち
f0324026_19143255.jpg
f0324026_19155584.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)
f0324026_19164782.jpg
f0324026_19181052.jpg
Olympus E-M1I+Kowa PROMINAR 8.5mm F2.8 MFT
f0324026_19184558.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)



by Nature_Oyaji | 2017-07-04 19:12 | トンボ | Comments(0)
2017年 06月 28日

夜の自然公園 コフキトンボ羽化

だいぶ間が空きましたが、久しぶりに夜の自然公園散策。
22時過ぎでいつもの範囲でウチワヤンマ羽化は2頭のみ。
コフキトンボはこの時間では今までは護岸に約20頭近く羽化していて、翅はかなり伸びていましたが、今日は個体数自体は10頭前後で、羽化はまだ倒垂のものもいてだいぶ遅れ気味。
朝のうちの雨の影響が羽化の遅れになったのかもしれません。

●コフキトンボ
いつもの護岸から更に陸側の花壇まで移動して羽化。
梅雨の時期には珍しく空には星が輝いた日。
f0324026_00144372.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO


by Nature_Oyaji | 2017-06-28 23:03 | トンボ | Comments(0)
2017年 06月 06日

ウチワヤンマとコフキトンボ 羽化-2

また夜の自然公園。
午後19時頃の嵐のような雨の影響なのか、22時過ぎでもコフキトンボ、ウチワヤンマの羽化数は少ない。

コフキトンボはいつもなら20頭近く羽化しているのに、今日は5頭ほど。
またウチワヤンマも今日は1頭のみの羽化。

●コフキトンボ
f0324026_02401786.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●ウチワヤンマ 1枚め偶然羽化水が写っていました。

魚眼効果で空が地球のようにも見え楽しい効果。
f0324026_02515387.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO
f0324026_02521464.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO


by Nature_Oyaji | 2017-06-06 01:49 | トンボ | Comments(2)
2017年 06月 02日

コフキトンボでノイズリダクションOFF効果確認

前回のウチワヤンマ撮影、ISO800でもかなりノイズがあったので、今回はノイズリダクションをOFFにしてテスト。
夜の撮影にはノイズリダクションOFFにして、しっかり現像したほうが良いとの結果。

シャッター速度:1秒、F3.2,ISO1000、ノイズリダクション:OFF
プラス ウェダー履いて池の中から一脚で、水面ギリギリから撮影です。

●コフキトンボ(♀)帯型
f0324026_01012708.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

こちらはピン甘でよくありませんが、羽化水付きでしたので掲載。
f0324026_01035345.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

週末、日曜日はまたハッチョウトンボ羽化とグンバイトンボ羽化狙いです。


by Nature_Oyaji | 2017-06-02 01:14 | トンボ | Comments(0)
2017年 05月 30日

ウチワヤンマとコフキトンボ(帯型) 羽化

■ウチワヤンマの羽化撮影
今日は三日月。一緒に撮影出来たらと訪問。
ウェダーを履いて、だいぶ暖かくなった池の温度を楽しみながらの撮影。

●ウチワヤンマ羽化 21:15過ぎ
丁度池の杭の上で羽化中の個体、三日月と一緒に撮影。
背景の月の雰囲気を残したく、手持ちでシャッター速度1.3秒、ISO800、少々ストロボを炊きましたが、ほとんどの写真がブレブレ。
その中でも何とか見られるものを掲載。三日月も沈みかけていて、もう少し早ければ・・。
f0324026_02222055.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
●比較のため魚眼での撮影
ほぼ同じ所から。
流石に空も多く写り、星もちらほら見えます。
大きく撮るにはこちらですが、構図的にきっちりするのはやはり12-40の方が好みです。
f0324026_02224462.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

●この後すぐ飛び立ち
羽を広げたのでその場面を。
f0324026_02231632.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

■コフキトンボ 
●帯型

今日は湖岸には多数のコフキトンボが羽化中で、その中に3頭、帯型が羽化中。
f0324026_06164707.jpg
f0324026_02244690.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
●ノーマルタイプ羽化
f0324026_01022845.jpg
Olympus E-M1II M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO


by Nature_Oyaji | 2017-05-30 23:18 | トンボ | Comments(0)
2017年 05月 27日

セスジイトトンボ探し 方々 昼間のコシアキトンボやコフキトンボ

今日は一番の目的はセスジイトトンボ探し。
探しながら他の出会えたトンボたちを撮影。

■コシアキトンボ
羽化を撮影出来たので昼間のコシアキトンボを改めて撮影。
●テリトリーでホバリングするオス達
f0324026_19555741.jpg
f0324026_19560853.jpg
●産卵するメス
f0324026_19563899.jpg
全てOlympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

産卵は明るい所ではなかなか行ってくれず、またオスがしつこくつきまとうこともあり、一ヶ所で落ち着いて産卵する姿はなかなか出会えない。
今回は池に浮いていた枝に産卵。回りには他に産卵に適したものがなかったのが幸いし、この枝にピントを合わせてあとはタイミングのみ。

■コフキトンボ
こちらも個体数が多くなり、テリトリーを守って一定の場所を必至に守る姿。

●テリトリーを守るオス
コフキトンボに限ったことではありませんが、今期はこんな水場とトンボを広角で残していきたい。
f0324026_20443729.jpg
Olympus E-M5II+Kowa PROMINAR 8.5mm F2.8 MFT

●レンズを替えて魚眼で
f0324026_20502472.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

■セスジイトトンボ
ようやく見つかりました。
幾つか類似のクロイトトンボ、オオイトトンボ、ムスジイトトンボとの比較ポイントがあります。
この場所には皆生息しているようなので、いずれ全て撮影出来たら比較ポイントを自分なりに一覧にしておこうと思っています。

●♂
f0324026_20554916.jpg
●産卵
f0324026_20562164.jpg
全てOlympus E-M1II M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

虫友Tさんから♂型♀もいるという連絡も頂き、次回チェック予定。

■アオモンイトトンボ ペア
f0324026_21035208.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

■不明だったイトトンボ
●アジアイトトンボ(♀)老齢個体(こちらも虫友Tさんに教えてもらいましたが、老齢は難。トンボは特に羽化後間もない個体、未成熟個体、成熟、老齢と色が違うものがありそれぞれを改めて見た記憶がない)
f0324026_21023967.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO







by Nature_Oyaji | 2017-05-27 21:11 | トンボ | Comments(0)
2016年 06月 29日

コフキトンボ オビ型羽化

コフキトンボのオビ型はある調査では、北海道南端ではほぼ100%、東北から関東では約10%、西日本ではほぼ0%と地域差がある不思議な出現率を持っています。
そういう意味ではオビ型は関東ではレアものでしょう。ただこれも不思議ですが、松戸のある池ではほぼ100%に近い出現率(過去訪問時、見た♀はすべてオビ型だったので)。

前回のウチワヤンマ羽化探しの際、コフキトンボのオビ型の羽化を初見。
少し写真を撮ったものの、ウェーダーも履かずストロボもまともに使えずで、すべてボツ写真。

羽化数は2週間前に比べたら激減。今日はたった2頭でしたが、幸運にもそのうちの1頭が見事オビ型。(ウチワヤンマは2頭羽化していました)

さて撮影は前回レクチャーしてもらったストロボを上に向け、ディフューザーでバウンズさせる方法にて。
iPhoneのメモに前回の設定を残して置いたのですが、それを見ることなくスムーズに撮影出来た事が嬉しい。

●コフキトンボ♀ オビ型(撮影 22:00)NOKTON F2.8
f0324026_22394778.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

▽レンズを替えて12-40mm F2.8トリミング済
f0324026_2240343.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

羽化の途中、開翅前の翅の色はもう赤系色。ただ俗にいう日の丸の模様はこの時点では確認出来ません。

▽暫くして開翅(撮影 22:57)
f0324026_026930.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

この時点では日の丸はうっすら確認出来ます。

羽化場所が水面に近いため、なるべく水面に近い所での撮影としてみました。
気が付くとTシャツは半濡れ、ウェーダーの中にも少々水が・・。夢中になると水に濡れてることを気づきません。

そうこうしているうちに急に雨が強くなり、撤収。


by Nature_Oyaji | 2016-06-29 23:08 | トンボ | Comments(0)
2016年 06月 22日

ウチワヤンマ羽化とコフキトンボ羽化

どうにもストロボが使いこなせず、夜な夜なウチワヤンマ羽化撮影に来ては、NOKTONの明るさにかまけてそちらばかりで撮影していました。

解決もせずにいたため、先日の折角のマルタンヤンマ羽化も散々な結果に。

今夜は月も出て、撮影には絶好の日。月とのコラボは薄暗い空と、手前のトンボをストロボで少し明るくする絵を考えている為、ストロボ必須なのでどうなるやら。
不安を抱えたまま取り敢えず撮影開始。

●コフキトンボ 6月初旬の方が個体数が多い感じです。
▽護岸で羽化中(トンボの左側の丸は月が池に映り込んだもの)
f0324026_0323355.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

▽別個体 池の護岸ではなく、少し移動して草に登っての羽化。
f0324026_041115.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

●ウチワヤンマ この所、羽化数が少なくこちらも少々心配。今日も結局は1頭のみ。

さてストロボ撮影です。初めはウチワヤンマのみが明るくなり、バックの月はおろか、それ以前の問題で全くのダメダメ状態。
もう少したつととウチワヤンマも飛んでしまいそうなので、夜で申しわけなかったのですが虫友Tさんへ電話し、ストロボ講習会をしてもらいながらの撮影・・。

以下設定
●Mモード
●シャッター速度はバックの明るさに関係する(長くすれば明るく)。取り敢えず1/60からだんだん長めに。最終的には8秒でも撮影
●ISO200
●F6.0
●ストロボ1/32
この状態でトンボへの光の強さを確認するため試し撮り。
その結果からストロボの強さを考え、またシャッター速度を変えていくことでバック全体が適度な明るさになるよう設定。

▽嬉しい結果
f0324026_118562.jpg
f0324026_3251031.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

Tさん、的確なご指導ありがとうございました。


by Nature_Oyaji | 2016-06-22 03:27 | トンボ | Comments(0)
2016年 06月 11日

コフキトンボ

いつもの地元の自然公園にチョウトンボの羽化狙いでしたが空振り。ここのはまだ羽化していない様子。
菖蒲に止まったコフキトンボを撮影して撤収です。

夜な夜なウチワヤンマ羽化探しで22時頃同じ公園に訪問していますが、コフキトンボもちょうど羽化の時間帯。護岸には沢山の羽化したコフキトンボが見られます。

●コフキトンボ
f0324026_3122774.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8 + 10mm接写リング


by Nature_Oyaji | 2016-06-11 03:12 | トンボ | Comments(2)
2016年 05月 27日

ウチワヤンマ 羽化探し

昨年の7月中旬の夜は何度ウチワヤンマ羽化探しをしていました。
沢山のヤゴが上陸し、一斉に羽化する様子はちょっと感動ものでした。

昨年は7月23日まで羽化観察し、結構夏場になっても羽化するものだと思いましたが、では開始はいつ頃から?という疑問が浮かび、これは来季の宿題にと思っていました。

今季になりいつから観察しようかと思っていた矢先、トラフトンボやサラサヤンマの羽化撮影でお会いしたFさんが5/20にウチワヤンマ羽化の写真を投稿されていました。もうすでに羽化は開始しているらしい・・。これは行かねばと思っていたもの、なかなか行けずようやく昨夜の観察の機会となりました。

0時を回っていましたので、羽化中の個体には期待出来ないため、まずは羽化しているかどうか羽化殻探しのつもりでしたが、到着早々飛ぶ寸前の個体が護岸に止まっていました。

●ウチワヤンマ 月明かりをバックに。撮影条件変更やアングル、レンズ交換などしようと思っていたのですが、数枚試し撮りした程度で飛び立ち。
f0324026_5405063.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

同じ護岸には羽化殻が5つほど。羽化開始ということで、また暫くは夜の観察会となります。

●コフキトンボ羽化 こちらは0時過ぎで翅を広げるまでに羽化が進む事を確認。
f0324026_5445135.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

次回はウエーダーを履いて、池の中からでも撮影出来る準備をして活動予定です。


by Nature_Oyaji | 2016-05-27 05:49 | トンボ | Comments(2)