タグ:チョウトンボ ( 10 ) タグの人気記事


2016年 06月 12日

オオモノサシトンボ 羽化

土曜の夜。
ゲンジボタルとヘイケボタルの多産地を訪問したものの、今年はトンボを含め色々の発生が早く、すでに終わってしまった様子。
光りだす19:30頃、まだ残っていた数頭の淡い光を確認。田んぼの上や川の上を飛ぶ姿が見られました。
数は少なかったものの、これも嬉しい出会い。この時期では遅いという結果は来年に活かします。

●ホタルと星
ホタルと星は2パターン考えていました。一つがこのライブコンポジットでのものと、もう一つが15秒程の露光で星をしっかり撮影して、手前に暗闇を入れた構図の中にホタルが飛ぶ姿をいれるもの。
今回はライブコンポジットのみでしたが、こちらも飛んでくれるとまた違った絵になりますので、どちらも宿題として、次回再挑戦です。
f0324026_16493858.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

そして明日のトンボ多産地での活動のためそのまま移動し、またまた車中泊・・。

翌日4時起きして活動開始。
f0324026_16541143.jpg
f0324026_1655171.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

朝飯の買い物して戻るとやはりトンボ撮影に来られていたKTさん(イニシャルですみません)にお会いしました。(すっかり忘れていて失礼しましたが、昨年マダラナニワトンボ撮影の際、ご一緒させて頂いていました)

5時に池に行くと、多数のチョウトンボの羽化の群れ。半分はまだ翅は開いていない状態。
この時間でこの状態なら羽化は4時以前には開始しているはずで、次回羽化時期・時間帯に来る機会があれば是非羽化の様子(定位から羽化、翅の色の変化)を残したい。

●チョウトンボ
そして多分一生悩むことになりそうな、チョウトンボの美しさの撮影。
今回はマクロで裏表から、新鮮な翅に朝露が付いた状態を撮影。ヤゴが妙な形にひっくり返ってしまっているのが少々心残り。
f0324026_1745544.jpg
▽少しトリミング
f0324026_5172155.jpg
▽初めての朝日の中で
f0324026_175491.jpg
●チョウトンボ、オオモノサシトンボ(♂、♀)、オオセスジイトトンボ(♀)のセット撮影 
写真としてはごちゃごちゃで絵にはならないのですが、ここならではの豪華主役たち揃い踏みの一枚。
f0324026_1713471.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

少しチョウトンボを撮影したので、7時過ぎに今日の目的の一つのネアカヨシヤンマ羽化探し。
産卵場所のある湿地内を色々探してみたものの、やはり空振り・・。
羽化殻一つ見つけられません。このまま今季は終了の雲行きです。

諦めて、オオモノサシトンボ撮影に変更。成田のSさんも到着。

先にオオモノサシトンボの池で撮影されていたKTさんが、オオモノサシトンボの羽化個体を撮影されていました(流石というより言葉がありません・・)。今日の目的の二つ目でしたので少し撮影させて頂きました。

●オオモノサシトンボ 羽化 撮影 8:00
f0324026_1720136.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●オオセスジイトトンボ 今日唯一見た連結の一組。産卵もしていたものの、広角撮影にこだわり撮影を逸してしまいました。
f0324026_1732579.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

その他、ベニイトトンボの連結、ムスジイトトンボは相変わらずの単独状態で産卵する気配なし。
アオヤンマは前回連結撮影した時間帯に同じ場所に行ってみたものの、♂は全く来ておらずどうも時期が終わりに近づいたのか。池の周りには相変わらず探♀の♂が見かけるが、前回より個体数が少ない感じ。オオモノサシトンボはSさんが連結を一組。

もう一度ダメ元でネアカヨシヤンマ産卵の湿地を一回り。
何も見つからないので最後にここで群れていたチョウトンボを下から撮影。広角で近寄って置きピンにしてレンズ前約10cm程度で。
f0324026_17402085.jpg
f0324026_17402757.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

最後に池に戻り、もう一度連結を探したもののまた見つからず。
Sさんが近くの林でまとまった未成熟のオオセスジイトトンボを見ていることから、今月下旬近くが産卵の頃かという結論となり、昼過ぎ撤収。

お会いしたKTさん、同行のSさんお疲れ様でした。

by Nature_Oyaji | 2016-06-12 17:47 | トンボ | Comments(0)
2016年 06月 10日

チョウトンボ 羽化

少し前に撮影したチョウトンボの羽化。
撮影時間は9:30頃。
他に観察した事がないのでこの時間帯が普通なのか不明ですが、早朝には飛ぶ位にはなっているようです。
朝方もう少し早めに行けば殻から抜け出る所を観察できそう。

※後日、別の場所での様子では5:30では翅を広げているものが半分。
この個体は出遅れのものだったようで、本来の生態からはすごく外れた時間帯でした。

▽♂
f0324026_0524368.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8 + 10mm接写リング

by Nature_Oyaji | 2016-06-10 00:59 | トンボ | Comments(0)
2015年 07月 31日

ご近所の昆虫たち

ご近所の昆虫たち。色々な出会い。
●アオモンイトトンボ 
f0324026_20104117.jpg
Olympus E-M1+SAMYANG OPTICS 7.5F3.5 FISH EYE/MFT BLACK

●ヒメウラナミジャノメ
f0324026_2010484.jpg
●チョウトンボ
f0324026_20105487.jpg
●キチョウ
f0324026_20263870.jpg
●ツノトンボ
f0324026_2027223.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

by Nature_Oyaji | 2015-07-31 20:30 | 自然 | Comments(0)
2015年 07月 27日

夏真っ盛り

今チョウトンボが群れています。近くの田圃でも争うでもなく集団で飛翔中。
ここでも連結が少々、産卵も所々散見です。

●チョウトンボ
一度Fisheyeでチョウトンボに寄って撮影したいと思っていましたので、今日がチャンスです。
f0324026_21374910.jpg
Olympus E-M1+SAMYANG OPTICS 7.5F3.5 FISH EYE/MFT BLACK

ストロボを使おうと思ったのですが、実際発光してもほぼ上からになるのでこの下からのアプローチではあまり役に立たず、下から寄ると丁度ストロボがトンボの真正面になり逃してしまうので外してしまっていました。少しLEDライトで下から当てれば良かったかなと。

●ショウジョウトンボ
f0324026_2141671.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●笹林にはゴイシシジミ 幼虫は唯一の肉食系チョウ
f0324026_21421924.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●朝一ではまだこんな姿
f0324026_21424982.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

by Nature_Oyaji | 2015-07-27 21:46 | 自然 | Comments(0)
2015年 06月 24日

先日産卵撮影した日 その他の昆虫たちや様子

先日のオオセスジイトトンボ、オオモノサシトンボ産卵時撮影した他の昆虫や別のシーン。
殆ど日の丸写真のような雑多なものですがうれしい出会いの記念に。

●チョウトンボ 朝は下にいるものの少し気温が上がると木の上に多数の群れ
f0324026_18455475.jpg
f0324026_18464823.jpg
●オオルリハムシ 名前を教えて頂いて改めて調べてみると、「湿原の宝石」の異名を持つ局地的でなかなか出会えない昆虫のよう。この場所には見渡す範囲でもかなりの数がいて、探している方からは驚きの場所かもしれない。次回もっと大切に撮影しておきたい。この個体は翅に少し傷があったが、美しい姿。
f0324026_18503383.jpg
f0324026_18514858.jpg
●ツバメシジミ
f0324026_18525346.jpg
●ムラサキシジミ
f0324026_18533525.jpg
●キマダラセセリ
f0324026_18544742.jpg
●オオセスジイトトンボ
f0324026_18551517.jpg
f0324026_18552434.jpg
●オオモノサシトンボ
f0324026_18554285.jpg
●サラサヤンマ 薄暗い水たまりの出来そうな場所でメスを待つ
f0324026_18582221.jpg

たくさんの生命の出会いに感謝。

by Nature_Oyaji | 2015-06-24 19:43 | 自然 | Comments(0)
2014年 07月 26日

アカハネナガウンカ

市川のN公園訪問。
先週のチョウトンボの飛翔とメスの撮影をもう少ししたい。

●チョウトンボのオスしか見当たらず、テリトリーを往復するオスのみ撮影
f0324026_18533361.jpg
f0324026_18535287.jpg
f0324026_18540491.jpg
●ショウジョウトンボ 羽化後間もない個体 ここにはかなり多い個体数
f0324026_18552287.jpg
日中の日差しは強く、見ているうちに自然にオベリスク姿勢開始
f0324026_18560202.jpg
f0324026_18584818.jpg
●ヒマワリ 拡大するとハート型のような雄しべ
f0324026_19001988.jpg
●ミソハギ
f0324026_19013554.jpg
そして感動! ひまわり畑の脇のススキの中にいたアカハネナガウンカと目が合った!
昆虫の本などの表紙などによく取り上げられている昆虫。ここで出会えるとは思ってもみなかった。

●アカハネナガウンカ
この昆虫の特徴であるニタッと笑っているかのような眼をずっと撮影してみたかった。眼の黒は偽瞳孔とよばれるもので、複眼なので黒目ではない。
撮影中どこかに飛び去り、暫く回りを探してみたものの別個体を含めて二匹目は見つからず。成虫幼虫ともススキを好むとのことなので、ゆっくり探せばまた見つけられるかもしれない。それにしてもなんともユニークな昆虫。
f0324026_19042010.jpg
f0324026_19055756.jpg
f0324026_19083842.jpg
f0324026_19084696.jpg
f0324026_19085575.jpg
f0324026_19090268.jpg
f0324026_19131188.jpg
f0324026_20525148.jpg
f0324026_19132367.jpg
●ニイニイゼミの抜け殻 セミの中で唯一泥付きの殻になるので泥が付いていたらニイニイゼミ、これは区別しやすい
f0324026_19133915.jpg

午後からは入院した番犬くんの見舞い。検査で急性白血病との診断結果で急遽抗がん剤投与開始し2日目。人の完治を目指す治療とは異なり、現状維持を目指す治療で薬はさほど強くはないらしい。ただ薬の種類は多くなく、犬によって効く効かないがあるので、上手く効いてほしいと祈るのみ。餌はよく食べるし、散歩も嫌がらない。このまま今までの普通の日常が続いてくれればと思うばかり。

フィッシュアイでデカ鼻撮影。足には固定された点滴用チューブが痛々しい。
f0324026_19190955.jpg
f0324026_19202430.jpg


by Nature_Oyaji | 2014-07-26 19:21 | 自然 | Comments(4)
2014年 07月 19日

連休初日 生憎の天候

3連休の始まり。天気予報はほぼ3日間悪し。
天気が悪くとも、いや逆に天気が悪い時ほど何か出会いがありそう。

先週のベニイトトンボの様子を見に同じ池を訪問。
驚いたことに先週あれだけ豊かだった草原が見事に丸坊主。あの時跳ねていたバッタなど、どうなってしまったやら。

▼池の淵でアカボシゴマダラの夏型。
f0324026_19011799.jpg
f0324026_19013483.jpg
▼チョウトンボ 先週に比べて数が多くなりとても楽しげ 一度に一頭しか写せなかったものの、視野には10頭以上の群れの中での撮影。
f0324026_19044759.jpg
f0324026_19050609.jpg
f0324026_19052496.jpg
f0324026_19070828.jpg
▼ベニイトトンボ 今週も再会、どうやら数は少ないものの、ここに息づいている感じ。イタドリだと思われる植物の影に隠れるようにひっそり。
f0324026_19113620.jpg
▼カマキリ まだまだ幼虫だかしっかり鎌の手入
f0324026_19132872.jpg
f0324026_19123084.jpg
▼ハナバチの一種(?)
f0324026_19192276.jpg
f0324026_21515483.jpg
▼カナヘビ
f0324026_21525198.jpg
▼道端の花
f0324026_19143495.jpg
f0324026_19135272.jpg
▼アジアイトトンボ
f0324026_19150085.jpg
f0324026_19151052.jpg
▼別な公園でのツバメたち
f0324026_19170514.jpg



by Nature_Oyaji | 2014-07-19 19:18 | 自然 | Comments(2)
2014年 07月 13日

地元のM公園でベニイトトンボ

天気が一日持つようであれば八王子の里山に行ってみようかと思ったものの、天候は下り坂。
昨日の疲れもあり、近くの公園に行くことにしました。

市川市の公園か隣の区の公園か迷ったものの、ウチワヤンマの飛翔が撮りたくなり隣の区のM公園へ。

歩きながら途中の花に目が止まり、よく見るとアオスジハナバチが吸蜜中。写真を撮る時間もなく、ここにもいるという事をインプット。

初めに一番端にある小さな池へ。ここにはチョウトンボの個体数が多く、できれば飛翔を撮りたい。
道端にはアカツメクサの花。踏み入れると相変わらずショウリョウバッタの群れ。
バッタの顔は面白い。
f0324026_19051119.jpg
f0324026_19053859.jpg
シマアシブトハナアブ アブも手をすり足を擦りしてます
f0324026_19074818.jpg
f0324026_19144239.jpg
f0324026_19114436.jpg
▼チョウトンボ 止まっている所は同じような写真ばかりになり、結局飛翔は雲天をバックにボケ写真一枚
f0324026_19164442.jpg
場所移動で池を少し回ったさっきのアカツメクサの回りにチョウトンボが沢山休んでいます。多分餌となる小さな昆虫が多いためかと。そっと近づいて撮影しようとした目の前をベニイトトンボが通過!! 驚きました。

▼ベニイトトンボ こんな所にいるのか疑い、別のイトトンボの未成熟体と思ったものの、よく見ると頭から尾部まで全身紅色。ネットで胸の模様や色の付き方を見て間違いないと確信。いやぁ、嬉しいサブライズ!!!
f0324026_19211086.jpg
f0324026_19213269.jpg
f0324026_19214775.jpg
f0324026_19221189.jpg
▼ウチワヤンマ 飛翔 天気も悪くなり撮ったというだけ
f0324026_19592638.jpg
最近は毎回会いたいと思っている昆虫に会えて、運を使い果たしそう。

7/8に購入した防湿庫も無事届き、すべての機材を収めてもまだ余裕。これで湿気対策も万全。



by Nature_Oyaji | 2014-07-13 19:27 | 自然 | Comments(0)
2014年 06月 28日

雨の自然公園

週末、土日とも雨の予報。
雨は自然の事、その中で昆虫たちがどう過ごしているかも興味のある所。
ひょっとしたら普段見られないことに遭遇する可能性もあり、期待して出動。

初めは葛飾区の自然公園。前回、キイトトンボのような羽化間もないイトトンボを見ていたので、様子を見に行きました。
池の周りを色々探してみましたが、前回見かけたイトトンボの姿はどこにもなくまた次回。

▼クロイトトンボ(と思われ)
f0324026_19071827.jpg
f0324026_19015011.jpg
▼雨天でのご褒美 チョウトンボ 雨を避けてか地面すれすれで休んでいました
f0324026_19043462.jpg
マクロ撮影でゆっくり近づいた所、逃げる様子はありません
f0324026_19055511.jpg
相変わらず美しい翅
f0324026_19062986.jpg
▼モンシロチョウも雨の中、余り飛ばずに止まっています
f0324026_19093737.jpg
f0324026_19094535.jpg
▼ショウリョウバッタ アカツメクサの中を歩いている際、目が会いました
f0324026_19112030.jpg
f0324026_19134197.jpg
f0324026_19143875.jpg
f0324026_19100781.jpg
f0324026_19150751.jpg
▼新芽がきれいな植え込みの植物(不詳) 整然と並んでいて高層ビル群のよう
f0324026_19175293.jpg
f0324026_19190640.jpg
▼イチモンジセセリ
f0324026_19224498.jpg
f0324026_19232839.jpg
市川の自然公園に移動
さすがに撮影しているのは自分一人(^^; 雨は幸い降らず、一回り
f0324026_19204986.jpg
f0324026_19210591.jpg
▼ハンゲショウ(半夏生、半化粧)花のすぐ下に位置する葉の表面が白く変化し花弁の役目を果たすのが本種の特徴との事
f0324026_19241941.jpg
自然公園から近い調整池へ移動
前回チョウトンボが一斉に出ていたものの、今日は風と雨のためか一頭も見られず。見られたのはシオカラトンボとこのコフキトンボ。コフキトンボも帯型を探したものの見つからず。
f0324026_19213961.jpg
f0324026_19215593.jpg




by Nature_Oyaji | 2014-06-28 19:26 | 自然 | Comments(2)
2014年 06月 15日

いつもの自然公園でミドリシジミ観察

今季、一度だけミドリシジミを撮影したのみだったので再度訪問。
すっかり景色は夏。
f0324026_19352232.jpg
数日前の雨で出来た水場で、昨日高温だったためかスジグロチョウたちが盛んに吸水中。
f0324026_19325266.jpg
f0324026_19331987.jpg
f0324026_19333277.jpg
f0324026_19333914.jpg
f0324026_19334712.jpg
キタテハの産卵。産卵中の写真は撮りそこねましたが、卵はカナムグラの葉の裏に確認。
f0324026_19363292.jpg
f0324026_19382544.jpg
いつも一番見つかる場所でミドリシジミが見つからず、取り敢えず奥まで行ってみると一頭出てきました。
f0324026_19404241.jpg
飛び立つ所ですが、ボケ写真。
f0324026_19394203.jpg
場所を移動し、調節池へトンボ観察。頭になかったチョウトンボが出ており、おそらく今日一斉に羽化した様子。翅の反射も少し違っていて、午後ではあるものの翅が乾ききっていない感じ(午後そんな状態、本当か?)。
f0324026_19430836.jpg
f0324026_19432029.jpg



by Nature_Oyaji | 2014-06-15 19:45 | 自然 | Comments(2)