オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ネコハエトリグモ ( 5 ) タグの人気記事


2016年 09月 25日

ようやく晴れの日 ご近所にて

4連休もお終い。
昨日は1日雨でとうとう何も撮影に出ること無く終了。
最後の日は山梨方面へキベリタテハやクジャクチョウ、ヤマキチョウ撮影を計画していましたが、昨日まで晴れマークだったものが夕方の予報では雨に変わり、残念ながら急遽取り止め。

急な家の用事も片付け、ご近所の様子撮影。

●アキアカネも産卵の頃 時々水面で産卵
f0324026_18083714.jpg
Olympus E-M5II1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●ナツアカネ ここでの昨年の撮影 産卵時の落ちる卵が写ったもの BORGで遠目のものを撮影したものの、自分でもあまり良くなくて、この更新をと思っていましたが、遠くにいるばかりで近付けず。また次回。
f0324026_19123186.jpg
Olympus E-M1+BORG 71FL

●モンキチョウ
川に近い防波堤の斜面。
いつもここで飛翔を狙うわけですが、いつも何故か天気が悪くなり条件はよろしくありません。
無理して魚眼のみで近付いたのでどうもボケボケの下手なものばかり。12-40mmでも狙えばよかったと反省。
f0324026_17320209.jpg
f0324026_17321152.jpg
f0324026_17321592.jpg
Olympus E-M5II+SAMYANG OPTICS 7.5F3.5 FISH EYE/MFT BLACK
●キタテハ
f0324026_17350216.jpg
Olympus E-M5II1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
●ウラナミシジミ
この時期の出会いを楽しみにしているチョウ。飛翔時の翅の表の色は青系で美しい。
f0324026_17453803.jpg
▽♀
f0324026_17464918.jpg
▽♂
f0324026_17465929.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●ネコハエトリグモ
同じ植物回りに妙に沢山の姿。しかも♀ばかり。
f0324026_17550535.jpg
拡大すると一番大きな単眼には秋空。
f0324026_17565789.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro




by Nature_Oyaji | 2016-09-25 17:58 | 自然 | Comments(0)
2015年 07月 10日

ハエトリグモ

2年前、初めてマクロを買って撮りたかったものの一つが蜘蛛。
小さくて単眼が美しい。
最近はトンボばかりですが、蜘蛛も魅力いっぱい。
f0324026_20141016.jpg

追加 マクロを手にして初めて撮影したマミジロハエトリ。
エメラルドグリーン中央の丸はこちらのレンズ。指に乗せ、前後させて撮影。
f0324026_4232019.jpg


すっかり足元の芸術品を忘れていました。

by Nature_Oyaji | 2015-07-10 04:35 | 自然 | Comments(2)
2014年 05月 03日

市川の霊園・自然公園

ゴールデンウィーク後半二日目。家近くの草むらでハエトリグモその他昆虫観察。

▽アオオビハエトリ
f0324026_19193781.jpg
f0324026_19201272.jpg
▽ネコハエトリグモ(♀)
f0324026_19213043.jpg
f0324026_19222210.jpg
▽キクスイカミキリ
f0324026_19270351.jpg
▽ホソハリカメムシ
f0324026_19281718.jpg
▽ミツボシツチカメムシ
f0324026_19284296.jpg
f0324026_19322188.jpg
市川市の霊園訪問
▽ナガサキアゲハ
f0324026_19150969.jpg
f0324026_19155474.jpg
▽クロアゲハ
f0324026_19161629.jpg
自然公園へ移動
▽ネコハエトリグモ(♀)
f0324026_19210148.jpg
f0324026_19212207.jpg
▽フトネクイハムシ
f0324026_19235275.jpg
▽シオカラトンボ フラッシュ撮影のため白飛び
f0324026_19241975.jpg
▽同トンボ 複眼部分拡大 TG-2のマクロはよく写ります(一部をトリミング)
f0324026_19251762.jpg
▽カラスハエトリ
f0324026_19292316.jpg
▽アリグモ 体はアリそっくりですが、やはり顔はクモ
f0324026_19295030.jpg
f0324026_19300685.jpg
▽クサカゲロウの幼虫 「優曇華」から生まれたもの
f0324026_19310474.jpg




by Nature_Oyaji | 2014-05-03 19:34 | 自然 | Comments(2)
2014年 05月 01日

ネコハエトリグモの季節

昨夜からの雨も上がり、まずは三番瀬へ行ってみました。引き潮具合は絶好ながら潮干狩りシーズン真っ最中ということもあり、鳥達は皆無。仕方なく、昨年ハエトリグモがいた植え込みを探した所、ネコハエトリグモを発見。

▽ネコハエトリグモ(♂)
f0324026_17474506.jpg
f0324026_17480534.jpg
ネコハエトリグモはオス同士争うわけですが、この前脚を横に広げ大きさを主張します。
f0324026_17482873.jpg
顔の単眼にこちらのレンズが写り込んでいます。
f0324026_17523371.jpg
▽メスの後ろ姿
f0324026_17504245.jpg
▽トホシテントウ
f0324026_18063477.jpg

潮もかなり引いてきたので谷津干潟へ移動。現場で話をした方からここも鳥が少ないという話を聞く。いつも聞く言葉、どこも同様の様子。

▽セイタカシギ
f0324026_17540049.jpg
▽メダイチドリ
f0324026_17554439.jpg
▽トウネン(多分)
f0324026_17560248.jpg
結局、ここで近場で撮影出来たのはこの3種類。帰りがけにキョウジョシギやかなり遠くにダイゼンの群れが飛来するものの、撮影できず。市川市内の緑地公園へ移動。

▽アジアイトトンボ
f0324026_18011347.jpg
▽ヤブキリ
f0324026_18015292.jpg
▽コアオハナムグリ
f0324026_18025204.jpg
▽ツバメシジミ
f0324026_18031779.jpg
f0324026_18034327.jpg
普段昆虫撮影はマクロがほとんどでしたが、回りの生息環境や少し遠目にいるものを撮影するため200mmまで程度の中望遠レンズが欲しくなりました。かみさんに相談です。




by Nature_Oyaji | 2014-05-01 18:09 | 自然 | Comments(2)
2014年 03月 22日

ヒレンジャク、今季初見

今季は毎週のように回っている近くの自然公園など、冬鳥の数が少なく妙な冬でした。
昨年、真冬の頃から春先まで見られたキクイタダキはさっぱり、ウソも昨年3月には梅の木にとまったのを撮影しましたが、今季は姿を見せません。
少し寂しい思いをしていましたが、鳥友の先輩からヒレンジャクが来ている場所を教えてもらい、少し元気をもらいに少し遠出をして会いに行ってきました。

ヒレンジャク いつ見ても独特の色と形、惚れ惚れします。何か元気をもらいました。
f0324026_23311287.jpg
この枝の根元には水がたまっているらしく、頻繁に飲みに来ていました。
f0324026_23331118.jpg
f0324026_23342204.jpg
f0324026_23345617.jpg
ヒレンジャクの撮影も一段落。気が付くと足元のヒメオドリコソウの群生にいろいろ昆虫が出ていました。TG-2+魚露目8号での撮影。

ナミホシヒラタアブ
f0324026_23473297.jpg
ナナホシテントウ
f0324026_23484509.jpg
もう幼虫も出ています。ヒメオドリコソウにはナナホシテントウの成虫も幼虫いるので、アブラムシが葉の裏などにいるものと思います。
f0324026_23500691.jpg
ネコハエトリグモ 丸々しています。越冬から活動開始したものでしょう。何やら餌らしきものをしっかり掴んでいます。今年もまだ会えていないハエトリグモの仲間の撮影は目標にしたい。
f0324026_23514690.jpg
家の近くでたまたま見つけたオオイヌノフグリの群生地。セイヨウミツバチが吸蜜中。
f0324026_23540853.jpg







by Nature_Oyaji | 2014-03-22 00:35 | 自然 | Comments(2)