オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ヘイケボタル ( 2 ) タグの人気記事


2017年 05月 28日

ハッチョウトンボ羽化探しとグンバイトンボ羽化探し

■ハッチョウトンボ探し
前日、例によってまた移動。
晴れれば星撮影も考えていたのですが、朝まで曇りとなりそのまま車中泊。

許可を頂いた場所で、早朝羽化個体を探したものの、見つからず早々に撤収。

●オバボタル
道脇の田んぼを見ると、植えたばかりの稲の苗に数頭。
f0324026_18355409.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
f0324026_18362549.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

■グンバイトンボ羽化探しへ移動
昨年見つかった場所の様子を確認。
川は昨年同様、浅瀬で場所によってはくるぶし位までの場所もあり、流れが緩やかで、良い環境のまま。

●8:15過ぎから探索
川岸に沿って羽化個体を探してゆっくり移動。
浅瀬なので膝で前進、深い所でも膝上程度。
羽化のイメージでは、水から生えた植物の割と低めの所での羽化。

●未成熟のオス発見
8:30過ぎた時、今季初のオスを発見。未成熟は初見で、色は成熟したメスの色のイメージ。
それにしてもまずは何とか成虫を見つけることが出来、羽化は始まっている事を確認。
f0324026_18591264.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●9:30過ぎ メスを発見
f0324026_19030421.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

このメスを追って葦の中を歩くと、足元から一気に5~6頭の個体が飛び上がり、オスメスは約半々。中にはまだ飛び方が心もとないものものいて、ひょっとしたら今日羽化した個体なのかもしれない。
羽化後、成熟までは近くの林に移動するとも聞いており、まだ岸辺にいるということは羽化からまだ経っていないという事で良さそう。
羽化自体始まったばかりかも知れない。

●羽化殻探し
しっかり飛べない個体もいる集団なので、この付近で羽化していると推測し羽化殻探し。
羽化殻が見つかれば、次回訪問時探すのが楽になりますが、結果的には見つけられず終了。

写真はカワトンボのものと思われる羽化殻。
当初、いくつか成虫の近くで見つかったのでグンバイトンボのものかと思ったのですが、体長は20mm位なので、グンバイトンボの12〜14mmより約1.5倍大きい。
f0324026_19175622.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

■今日のまとめ
●羽化は始まったばかりのよう(※栃木のKさんに様子をお知らせした所、1週間前に確認しているとのご連絡、ありがとうございます) 
ここでの羽化は5月下旬(5/20位以降)からと考えて良さそう。
●オスメス同時の羽化
トンボによってはオスが先でテリトリーを守る行動を取る種類がありますが、このトンボはオスがあまり強くテリトリー争いをしないからか? ただ成熟したオス同士が出逢えば、グンバイ部分を広げて威嚇する様な行動も見られます。
あるいは成熟は同じ位な為からかもしれません。
●今回だけかもしれませんが、羽化後は集団で岸の植物(ここでは葦)の中で暫く過ごす(いずれ林に移動)

羽化殻が見つけられなかったのが残念ですが、次回は教えて頂いた9時頃から探索開始予定。

■別な場所でモートンイトトンボ探し
やはり発生していました。今期初撮影。
f0324026_20043503.jpg
f0324026_20044650.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)



by Nature_Oyaji | 2017-05-28 19:53 | トンボ | Comments(0)
2016年 06月 25日

ヘイケボタル

今年の目標の一つだったホタル撮影。
ヒメボタル撮影に続き、先日はゲンジボタル+ヘイケボタルの生息地に行ったものの、時期が遅くこの場での撮影はまた来年。
今回はFさんのご好意でヘイケボタル撮影に同行させて頂きました。

記憶の中ではゲンジボタルは過去見たことがあるものの、ヘイケボタルは初。
得た知識では光はゲンジボタルより弱く淡いとあり、光は白に近い色に見えました(後でFさんのブログには白く見えたのは人の目の プルキニェ現象の為と解説がありました。実際のヘイケボタルの発光色は黄緑色)。

光り方は個体差もあるのかもしれませんが、点滅するものと完全に暗くならずに点滅するものがいたようです。

初の撮影はライブコンポジットで行いました。でも淡い色のためなかなかその美しさが残せない。
どう撮影したら良いか、来年の宿題です。

▽19:30過ぎより光り始め。地面に♀がいたためか、同じ場所に多数の♂が来ては振られて飛び去りの場面
f0324026_3553561.jpg
f0324026_356467.jpg
f0324026_3565272.jpg

20:30頃、飛翔する数も減り、撤収。
約1時間程の恋の時間は無事終了。お疲れ様でした。


by Nature_Oyaji | 2016-06-25 04:05 | ホタル | Comments(0)