オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ベニイトトンボ ( 6 ) タグの人気記事


2016年 06月 04日

ベニイトトンボ 羽化(定位から)

ベニイトトンボの羽化。
先週羽化の様子を確認しましたが、定位からの様子を残しておきたい事と、このベニイトトンボでの羽化の様子をキチンと見ておけば、今後探したいグンバイトンボの羽化探しの時にも役立つかも知れない。

先週と同じ場所で目を凝らすと運良く数頭定位していました。

●定位発見 6:45分
f0324026_2012975.jpg
●6:53
f0324026_2013630.jpg
●6:57
f0324026_2013423.jpg
●7:04
f0324026_201421100.jpg
●7:40
f0324026_20151263.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

羽化については多分どのイトトンボ羽化も同じ位の時間だと思いますので、羽化が始まり体や翅が伸びるまで約1時間程度。
水から上がって定位・羽化開始までの時間は見ていないのでわかりませんが、少なくとも動かなくなってからの時間は10分以上のよう。また気温などやトンボの個体によって羽化開始時間は変化するようです。

グンバイトンボについては次回、6月中旬以降で再訪問の予定ですが、成虫が見られたという付近の川岸をダメ元で、偶然に期待してまずは探してみることしかなさそうです。
羽化の主な時間帯は9時過ぎ位からのようですので、気温や個体差も考えることその前から探さないとダメです。
個体数のこともあり、ハードルは高すぎる状況です・・。


by Nature_Oyaji | 2016-06-04 20:06 | トンボ | Comments(0)
2016年 05月 28日

ベニイトトンボ 羽化

この所の土曜の定番、比較的近場なので5時過ぎからいつものアオヤンマ羽化探しで訪問している池へ。
今日はアオヤンマの羽化とここでの発生が多いベニイトトンボの羽化狙い。

昨日は朝から雨で、昼には上がりましたが比較的低温気味。今日は若干曇りであるものの気温は上昇気味なので、アオヤンマについては昨日羽化できなかった個体が出てくれればとの思惑での訪問。

ベニイトトンボはまだ羽化撮影したことがないので、昨年羽化時期や時間帯を伺ったり調べたりして、この時期を待っていました。
羽化は時間的には10時頃からということで、それまでアオヤンマ探しとすでに飛び回っているベニイトトンボ撮影。

アオヤンマは・・またまたダメでまた連敗を伸ばす結果でした。こればかりは仕方がないですね。

●ベニイトトンボ 早々に心を切り替えました
▽未成熟個体
f0324026_1329684.jpg
▽紫陽花の上で並んで
f0324026_13295236.jpg
f0324026_13311189.jpg
f0324026_18181421.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

アオヤンマ探しで目を凝らしていると、7時過ぎに羽化しているベニイトトンボを発見。
10時位からが本番のようですが、やはり気温・天候の影響や個体差があるようです。
f0324026_13343399.jpg
f0324026_1335389.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

ご一緒になったOさん、お疲れ様でした。


by Nature_Oyaji | 2016-05-28 13:38 | トンボ | Comments(2)
2015年 07月 10日

千葉のトンボ池 オオモノサシトンボとオオセスジイトトンボ(再)&ベニイトトンボ 産卵の様子 

又週末ごとの悪天候の繰り返しの中、オオセスジイトトンボがそろそろ終わり近くになり、ベニイトトンボの産卵もまだ撮影していないこともあり、また千葉のトンボ池を訪問。
Sさんにまたお付き合い頂きました。お疲れ様でした。

●カトリヤンマ トンボ池に向かう途中で見つけた谷津にて。まだ何頭も羽化していて、ここは終わっていない様子。
f0324026_2021825.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●オオルリハムシ 前回見なかった交尾中のもの。前回より数が減り、こちらは終わりなのかもしれません。
f0324026_2019204.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
f0324026_20223573.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●カマキリに捕らえられたチョウトンボ
f0324026_20255911.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●オオモノサシトンボ 連結している個体数は少なく、なかなか撮影出来ません。メスの未成熟はまだいるのでもう暫く見られそう。
f0324026_20462571.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
f0324026_212516.jpg
どことなくピンが来ていないのでソフトフォーカスでごまかしています^^;
f0324026_1275343.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●オオセスジイトトンボ こちらも連結している個体数は少ない。
f0324026_20475270.jpg
f0324026_2048967.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)※この後すぐメスが魚の餌食に。

●ベニイトトンボ 敏感で近寄りがたい状況。産卵している数は前回より増加。
f0324026_20511562.jpg
f0324026_057695.jpg
f0324026_5234172.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●ギンヤンマ(♂?)尾部を水に付けたまま近寄っても動かず。
f0324026_115965.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

by Nature_Oyaji | 2015-07-10 16:54 | 自然 | Comments(0)
2015年 06月 07日

千葉のトンボ池訪問 ウェーダーデビューの日

Sさんにお付き合い頂き、トンボ池で初ウェーダーでの撮影となりました。ありがとうございました。
腰まで沈んでの撮影は緊張と楽しさが混在。よりトンボに近づいての撮影はウェーダーならではの世界。

●目の前には水面
f0324026_174616.jpg
f0324026_17463480.jpg
●オオセスジイトトンボ(レッドデータの絶滅危惧種) 局地的な生息場所。成熟の個体は美しい独特の薄青色。以前福島で撮影したアマゴイルリトンボとはまた違った美しさ。
f0324026_17501233.jpg
f0324026_17505324.jpg
▽未成熟個体
f0324026_1751720.jpg
●オオモノサシトンボ(レッドデータの絶滅危惧種)
▽♂
f0324026_17594166.jpg
f0324026_1755572.jpg
f0324026_17561381.jpg
f0324026_1844650.jpg
▽♀
f0324026_17565270.jpg
f0324026_18371474.jpg
●ベニイトトンボ
f0324026_17592067.jpg
f0324026_175929100.jpg
●チョウトンボ 大空に舞う
f0324026_1804970.jpg
f0324026_181656.jpg
●コフキトンボ(♀)帯型 
f0324026_1823662.jpg
すべてOlympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

次回は6月末位からの産卵の撮影での訪問としたい。

by Nature_Oyaji | 2015-06-07 18:31 | 自然 | Comments(2)
2014年 07月 19日

連休初日 生憎の天候

3連休の始まり。天気予報はほぼ3日間悪し。
天気が悪くとも、いや逆に天気が悪い時ほど何か出会いがありそう。

先週のベニイトトンボの様子を見に同じ池を訪問。
驚いたことに先週あれだけ豊かだった草原が見事に丸坊主。あの時跳ねていたバッタなど、どうなってしまったやら。

▼池の淵でアカボシゴマダラの夏型。
f0324026_19011799.jpg
f0324026_19013483.jpg
▼チョウトンボ 先週に比べて数が多くなりとても楽しげ 一度に一頭しか写せなかったものの、視野には10頭以上の群れの中での撮影。
f0324026_19044759.jpg
f0324026_19050609.jpg
f0324026_19052496.jpg
f0324026_19070828.jpg
▼ベニイトトンボ 今週も再会、どうやら数は少ないものの、ここに息づいている感じ。イタドリだと思われる植物の影に隠れるようにひっそり。
f0324026_19113620.jpg
▼カマキリ まだまだ幼虫だかしっかり鎌の手入
f0324026_19132872.jpg
f0324026_19123084.jpg
▼ハナバチの一種(?)
f0324026_19192276.jpg
f0324026_21515483.jpg
▼カナヘビ
f0324026_21525198.jpg
▼道端の花
f0324026_19143495.jpg
f0324026_19135272.jpg
▼アジアイトトンボ
f0324026_19150085.jpg
f0324026_19151052.jpg
▼別な公園でのツバメたち
f0324026_19170514.jpg



by Nature_Oyaji | 2014-07-19 19:18 | 自然 | Comments(2)
2014年 07月 13日

地元のM公園でベニイトトンボ

天気が一日持つようであれば八王子の里山に行ってみようかと思ったものの、天候は下り坂。
昨日の疲れもあり、近くの公園に行くことにしました。

市川市の公園か隣の区の公園か迷ったものの、ウチワヤンマの飛翔が撮りたくなり隣の区のM公園へ。

歩きながら途中の花に目が止まり、よく見るとアオスジハナバチが吸蜜中。写真を撮る時間もなく、ここにもいるという事をインプット。

初めに一番端にある小さな池へ。ここにはチョウトンボの個体数が多く、できれば飛翔を撮りたい。
道端にはアカツメクサの花。踏み入れると相変わらずショウリョウバッタの群れ。
バッタの顔は面白い。
f0324026_19051119.jpg
f0324026_19053859.jpg
シマアシブトハナアブ アブも手をすり足を擦りしてます
f0324026_19074818.jpg
f0324026_19144239.jpg
f0324026_19114436.jpg
▼チョウトンボ 止まっている所は同じような写真ばかりになり、結局飛翔は雲天をバックにボケ写真一枚
f0324026_19164442.jpg
場所移動で池を少し回ったさっきのアカツメクサの回りにチョウトンボが沢山休んでいます。多分餌となる小さな昆虫が多いためかと。そっと近づいて撮影しようとした目の前をベニイトトンボが通過!! 驚きました。

▼ベニイトトンボ こんな所にいるのか疑い、別のイトトンボの未成熟体と思ったものの、よく見ると頭から尾部まで全身紅色。ネットで胸の模様や色の付き方を見て間違いないと確信。いやぁ、嬉しいサブライズ!!!
f0324026_19211086.jpg
f0324026_19213269.jpg
f0324026_19214775.jpg
f0324026_19221189.jpg
▼ウチワヤンマ 飛翔 天気も悪くなり撮ったというだけ
f0324026_19592638.jpg
最近は毎回会いたいと思っている昆虫に会えて、運を使い果たしそう。

7/8に購入した防湿庫も無事届き、すべての機材を収めてもまだ余裕。これで湿気対策も万全。



by Nature_Oyaji | 2014-07-13 19:27 | 自然 | Comments(0)