オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ベニシジミ ( 5 ) タグの人気記事


2017年 03月 12日

ホソミイトトンボ定点観察 その他・・うまくいかない日

■定点観察のホソミイトトンボ
3月中旬の観察で訪問。
以前見つかった場所を改めて探しながら回りましたが、今回も新たな個体発見には至らず。
また真冬の訪問時に探した場所も、もう一度回りましたらそちらもダメでした。

●ホソミイトトンボ(♀)
この♀は産卵場所近くの藪で見つけた個体。暖かくなった為か初めて見つけた場所から少し離れた場所へ移動。
f0324026_18475047.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

3月中旬になりましたが、早朝は-2℃とまだ冷え込む日があるためか、まだご近所のホソミオツネントンボの様に昼間でも飛び回ることはまだ先のよう。体の色もまだまだ越冬職のまま。
いつ頃から色付き始めるのか気になる所。

田んぼはだんだん春の様相。田起こしも始まり、農家の方も春の準備へ。
水が引かれ、田植えが終わった頃がまた産卵の季節。そこまでの変化もできるだけ残していきたい。

■都下へ移動 フッチーこと、フチグロトゲエダシャク探し
春先に出るフユシャクの一種ですが、また未見。
活動は10:00前後から12:30位まで。太陽が出ていないと♂は飛ばない(というより、♀が枝に登って出すフェロモンがたよりなので、天気が良く、風がない条件が必須)。

1カ所
歩き回っている途中で、1頭さっと飛んで地面に降りた個体がいましたが下りた先がわからなくなり、アウト。

●2カ所目
1カ所目は11:30位で諦め、次の場所へ。
こちらでもいろいろ歩き回った途中で、またまた怪しげな高速移動体が目の前を通過しましたが、追ってみたもののロスト。
時期的には2月下旬から約2週間ほどのようなので、まだいてもおかしくないのですが、今日はうまくいかない日でした。
また次回(来年?)。

■ウスバカマキリ卵鞘探し
せっかくなので以前やろうと思っていたウスバカマキリの卵鞘探しも実施。
一昨年、初見のカマキリですが、生息場所が限られるようで貴重なカマキリ。
河原に近い石が転がっているような草地(バッタ類などの餌が豊富)が生息場所。

●一昨年11月撮影個体 細身のどこか優しげな雰囲気のあるカマキリ。前脚の付け根の白黒円マークが特徴の一つ。
f0324026_19211294.jpg
産卵は他のカマキリと違い、地面に転がっている大きめの石に産卵。
生息場所が川に近いため、増水の場合草等への産卵では卵鞘が流される危険があり、その為流されない石に産卵するものと思われます。

この卵鞘はこの状態で見つかりました。
中央が凹んでいて、鳥などに食べられた跡なのかもしれない。
f0324026_19104160.jpg
Olympus E-M5II1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

■ムカシトンボ上陸ヤゴ探し
あと1ヶ月で羽化時期。そろそろ上陸しているヤゴがいるはずで、今年も羽化撮影で訪問する場所で探索。
が、石も少なく場所によっては葉の裏に潜んでいる事もあるようで、これは無理だなとすぐ諦め。

●せっかくなので4cm位の棒をムカシトンボに見立てて、広角でのイメージ写真。
f0324026_19170531.jpg
●すぐ脇の生息している川 
f0324026_19171506.jpg
Olympus E-M5II+PROMINAR 8.5mm F2.8 MFT

■ほとんど何も撮影できていないので春らしいものを探しに里山訪問
●日なたぼっこ中のベニシジミ 
f0324026_19171842.jpg
Olympus E-M5II+PROMINAR 8.5mm F2.8 MFT

来週末は3連休。
気温が高い日が続くと、ひょっとしたらオツネントンボの産卵が始まるかもしれない。
計画するだけでも楽しいシーズン到来です。



by Nature_Oyaji | 2017-03-12 19:33 | トンボ | Comments(0)
2014年 05月 04日

泉自然公園

千葉の泉自然公園を久しぶりに訪問 すっかり新緑です。
f0324026_22210344.jpg
▽シリアゲムシ 到着して初の昆虫、馬面です。名前の通り尾部を上げてます。
f0324026_22185505.jpg
f0324026_22191058.jpg
▽ツバメシジミ
f0324026_22213756.jpg
f0324026_22214845.jpg
f0324026_22235684.jpg
▽メスアカケバエ 以前オスの飛行姿を掲載した昆虫のメス。赤い体が名前の由来。
f0324026_22224722.jpg
▽ハラナガツチバチ
f0324026_22231318.jpg
▽ベニシジミ
f0324026_22243252.jpg
見る限り、ほどんどミニーマウス顔
f0324026_22244372.jpg
その他、モンキチョウ、ニッポンヒゲナガハナバチ、クロアゲハ、ジャコウアゲハ、ハナアブやハナムグリ、シオカラトンボを確認

▽オシドリ 冬場には約30羽程いたものの、現在は2羽オスを確認。来る途中の水田でもオス1羽確認
f0324026_22274911.jpg
この自然公園の帰り道、水田脇に小川があったので立ち寄り。ここでアジアイトトンボとホソミオツネントンボが見つかりました。ここでホソミオツネントンボに出会えるとは。
▽ホソミオツネントンボ
f0324026_22323852.jpg
f0324026_22325406.jpg
f0324026_22332354.jpg
f0324026_22333876.jpg
綺麗な水色です。


公園自体はツツジもほぼ終わり、花に来る大型のチョウの撮影を目論んだものの空振り。アオバセセリやいつものフィールドでは会えないチョウなどに期待したもののこちらもダメで昼過ぎには帰宅へ。
また時期を見て再訪問です。




by Nature_Oyaji | 2014-05-04 22:39 | 自然 | Comments(2)
2014年 04月 13日

少し遠出でチョウの撮影

ミヤマセセリ、コツバメとの出会いのため埼玉山間部へ少し遠出。

到着間近の場所でツバメが巣の材料を集めていました。
f0324026_17241774.jpg
f0324026_17243439.jpg
早めに到着したため、川沿いで鳥などを探しましたが、カワラヒワの群れとツグミがいたのみ。ツグミももうすぐお別れ。
f0324026_17320282.jpg
公園端では聞きなれない鳥の声。声の主はガビチョウでした。特定外来生物です。
f0324026_18111922.jpg
8:30オープン。駐車場からすぐの開けた場所。雪柳の上でベニシジミがお出迎え。
f0324026_17353567.jpg
現場で話をさせて頂いた聞いた方にコツバメの場所(アサギがある所)を教えてもらう。この場所から100m程先ともう一箇所あるとのこと。100m先の場所を通りすぎてしまい、別の場所でチョウの幼虫を探している方にもう一箇所のアサギの場所を教えてもらう。先週はコツバメを見たとのことで期待が広がる。
f0324026_17480984.jpg
時間帯によりアサギにいない時は、アサギから約100m離れたタンポポなどがある場所にいるとのこと。またノビルも好きで時にノビルにとどまっていることもあるという。
f0324026_17490272.jpg
何度か往復したもののコツバメの姿は無く、今季は卵を産み付けて命を繋いで静かにいなくなった模様。また来年の春、今育ちつつある幼虫たちが成虫になる頃会いに来たい。

そのすぐ上の草地でホソオチョウが出ているようで行ってみることに。元々朝鮮半島のチョウでアカボシゴマダラ同様、放蝶されたようです。その場所に来て唖然。数は約40頭以上いるようで食草はウマノスズクサ、ジャコウアゲハへの影響が心配です。まだメスは出ておらず、全てオスの集団。あまりよろしくない光景です。
f0324026_18031284.jpg
f0324026_18043212.jpg
f0324026_18040204.jpg
f0324026_18034108.jpg
移動の途中やホソオチョウがいた草地に今日の目標のミヤマセセリと出会いました。別な場所では出会ったものの、カメラ設定ミスで泣く泣く削除したのでうれしい出会いでした。こちらはオスの個体。
f0324026_18211390.jpg
こちらはメス。特定の場所というより、歩いていると飛び立つのでここではこちらが動けば出会えるようです。
f0324026_18135541.jpg
アセビで粘ったものの、付近に来てくれたのはテングチョウとツマキチョウのみ。
f0324026_18251930.jpg
f0324026_18292852.jpg
一旦下まで降りて、道路を隔てた向こう側のもう一つのフィールドへ移動。坂道を登り始めた脇にツバメシジミがいました。少々翅が傷んでいますが、初見のチョウ。
f0324026_18321731.jpg
f0324026_18325103.jpg
お決まりの昆虫たち
f0324026_18333477.jpg
f0324026_18335018.jpg
初めにスルーしてしまったアセビの場所に行ってみた所、いいことがありました。トラフシジミが来ていました。生まれたてのような綺麗な個体。
f0324026_18355518.jpg
翅も広げてくれました。見事なブルー。
f0324026_18363672.jpg
初めの雪柳の場所に行ってベニシジミのカップルの飛翔撮影。
f0324026_18383226.jpg
f0324026_18395869.jpg
f0324026_18402216.jpg
f0324026_18415266.jpg
f0324026_18452708.jpg








by Nature_Oyaji | 2014-04-13 18:46 | 自然 | Comments(6)
2014年 04月 13日

かみさん達のお迎え方々、房総へ

房総の保養所へ行ったかみさんと娘が迎えに来てというので、機材持参で出発。場所は上総一ノ宮駅近く。

日の出撮影と思ったものの、今日の東京の日の出はなんと、5:15分だそうだ。海に着いた時にはすっかり太陽は登ってました。
f0324026_23233490.jpg
海岸近くの草地。ヒバリ達が鳴いています。
f0324026_23310306.jpg
近くの一松海岸に移動。冬場にはクロガモやビロードキンクロが群れていましたがもう春、海には何もいません。
港に何かいそうな気がするので、大東港へ。アカエリカイツブリがいました。
f0324026_23373455.jpg
f0324026_23381029.jpg
f0324026_23383386.jpg
何故かクロガモが一羽出てきました。仲間はとっくに北に帰ったのにどうしたんでしょう。
f0324026_23385530.jpg
近くの山間に移動。あぜ道で昆虫たちの撮影。ベニシジミが絡んでいました。
f0324026_23441993.jpg
f0324026_23435171.jpg
f0324026_23443502.jpg
モモブトカミキリモドキを発見。
f0324026_23521576.jpg
田圃ではアマガエルたちの合掌。お腹がかなり大きく、産卵間近という感じ。少し撮影にお付き合い願いました。
f0324026_23543631.jpg
何を思う?
f0324026_23560414.jpg
かみさんたちを乗せ、娘が行きたいと言っていた行元寺へ。
f0324026_23573777.jpg
f0324026_00145442.jpg
f0324026_00152130.jpg
f0324026_00155472.jpg
波の伊八と呼ばれる名工の作品が残っています。入館料を支払うと説明をしてくれますが、オヤジは撮影の方が良いのでかみさんと娘のみ見学。

駐車場脇の空き地に生えていたアブラナにツマキチョウやモンシロチョウが多数。
f0324026_00242860.jpg
f0324026_00253253.jpg
ここにもベニシジミ。こちらも恋の季節。
f0324026_00260397.jpg
f0324026_00261844.jpg

f0324026_00264041.jpg
別の場所でみたミズカシワ
f0324026_00275469.jpg
f0324026_00292909.jpg





by Nature_Oyaji | 2014-04-13 00:29 | 自然 | Comments(0)
2014年 04月 06日

寝不足なのにいつものご近所散策

昨日のギフチョウとの出会いに興奮冷めやらぬまま寝不足の朝。今日は朝曇り気味だったので撮影はダメかと思い二度寝をしかけた所で急に日が差してきました。また散策です。

頭に描いた予定は船橋の三番瀬でチシギの観察、そのあとは大町自然公園で昆虫撮影、そして江戸川付近に戻ってベニシジミの飛翔撮影。

三番瀬は朝満潮からやや引き始めた頃。以前、引き潮を待っていた沢山の鳥達が波打ち際にいたこともあり、近場で撮影出来るかと思い訪問。しかしこれはあてが外れました。2羽の白鷺がいるのみで仕方なく退散。もう少し潮が引いてから出直すことにして、ご近所のカワセミの様子の観察へ。

ここのカワセミはすでにペアになっていて、人工の土手に巣穴を掘り抱卵中の様子。上手くいけばゴールデンウィーク辺りがヒナ誕生の予定です。とても期待しています。
f0324026_23171805.jpg
暫く巣穴にこもっていたたオス、外に出て水浴びした所を連続撮影。少々ボケ気味です。
f0324026_23191595.jpg
f0324026_23195075.jpg
f0324026_23200962.jpg
その後一旦大町方面に向かい川沿いでツバメの撮影を試みるものの成果は出ず、三番瀬が気になり自然公園はスルーしてそのまま再び三番瀬へ。
遠くの浅瀬にはカモメ類とミヤコドリ。ミヤコドリもそろそろ移動の頃。今季最後かもしれません。ウミアイサは今日も姿が見えません。今季は相性が悪いためか一度のみしか見られませんでした。
f0324026_23270916.jpg
f0324026_23302460.jpg
f0324026_23304664.jpg
f0324026_23305702.jpg
オオソリハシシギも来ているようですが、ベニシジミが気になり江戸川付近へ移動。

今日はD7100 + 18-55mmでの試し撮り。ベニシジミは何頭か見ることが出来ましたが、相変わらずヘタな撮影でほどんど撮れませんでした。チョウとの間合いがつかめず、設定した置きピン距離がまだまだダメです。
f0324026_23334124.jpg
f0324026_23350248.jpg
再度撮り直しと思いましたが、14時過ぎまたもや雨にたたられてやむなく帰宅。また次回挑戦。




by Nature_Oyaji | 2014-04-06 22:00 | 自然 | Comments(0)