オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ホンサナエ ( 7 ) タグの人気記事


2017年 05月 05日

サラサヤンマ羽化(再)とキイロサナエ羽化+ホンサナエ産卵確認

■サラサヤンマ羽化とキイロサナエ羽化確認、ついでにホンサナエの産卵の様子
午後車がないので、近場を再訪問。

■サラサヤンマ羽化
前回5/1はオス、メス各1頭を確認。
一昨年、去年などからすると5/1頃は羽化時期開始の頃で、メスの発生は早い気がしていました。
5日経って羽化するオスメスの割合に変化はあるか??

●6:45 すでに倒垂状態だったメスの個体 
今日は6:30過ぎ訪問で、一番羽化する場所で既に倒垂しているメスの個体を発見。
f0324026_18561452.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●更に1m離れていない所で・・
羽化し始めたばかりのメスの個体が1頭

7:10 昇り始めたヤゴ
そしてまたそこから1m程の所に正に草に昇り始めた個体が1頭。 
f0324026_18563250.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro(深度合成)

ただこの個体、登ったは良いもののどうも足場が安定しないようで、ここまで来て盛んに尾部を回転。
茎が太すぎた為か、前脚部分がうまく掴めず尾部回転運動中にそのまま少しずり落ちる結果に。
この運動、足場の確認のための行動の様。
結局は下の次の葉っぱの裏側でようやく定位。
ただ、この状態でも後脚がかかっていなかったり、何やら不安定極まりなし・・。
でも幸い、羽化中は落ちることもなく無事完了。

8:42 前回の定位しそこないから1時間以上かかりようやく定位から羽化へ 
こちらもメスの個体  
f0324026_19213138.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●8:27 初めのメスの個体 すっかり翅が伸びた頃 
f0324026_21434328.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

●2番めのメスの個体
f0324026_18192099.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

今日はあとから来られた方からもう1頭羽化していたと伺い、計4頭同時羽化の結果。
こちらが確認した3頭は全てメスで、残りの4頭目はオスと連絡頂きました。
ここではもう羽化については後半(終盤)なのかもしれません。

■9:30過ぎからキイロサナエ羽化確認
羽化開始からの観察なら8時過ぎからが良いのですが、サラサが長引いたので致し方なし。

●羽化個体 
すっかり羽が伸びた状態 9:58ちょうど9時前後の羽化開始と思われます。
f0324026_19405476.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●10:42 こちらに驚いて少し翅がバタつき気味 
f0324026_19412400.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

11時近くで、8頭程羽化個体を確認。
これ以上は新たな羽化は見られそうにないので、ホンサナエの観察へ。

■ホンサナエ

活動としてはすっかり生殖活動ピークのように思えます。
オスは頻繁に行き来し、メスが来た途端に交尾態から大空彼方へ連れ去ります。

●監視中のオス
12mmでの広角で横から待ち状態のものを撮影しようと何度か試みましたが、とうとう撮影出来ず。
言い訳をするとオスが通るとすぐ行ってしまうので(と、単に寄り方がヘタなので)、このカットのみしか撮れず。
それでも12mm最短での撮影です。
f0324026_19450119.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

そうこうしているうちに11:30過ぎ、急にホンサナエの姿が消えました。
理由としては、午前中にメスの抱えていた卵は全て産み落とした為でしょう。
産卵撮影は11:30までに終えないとまた翌日・・ということになります。(午後産みに来るものもいるかもしれませんが)




by Nature_Oyaji | 2017-05-05 19:56 | トンボ | Comments(2)
2017年 04月 22日

ホンサナエ羽化(初見)

■ホンサナエ羽化観察
昨年産卵を観察していたホンサナエ
昨年のGWにはキイロサナエの羽化は確認していましたが、ホンサナエは初。
羽化開始とお知らせ頂き、ようやく観察の日。

■モンシロチョウ
観察場所ヘ向かう途中にあるトンボ多産地をチェック。
トンボには出会えませんでしたが、モンシロチョウが朝露の中、しっとりしていました。
f0324026_20304665.jpg
f0324026_20305723.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

8:00過観察開 ホンサナエ羽化場所 
久しぶりにウェダーを履いて観察開始。
すぐに沢山の羽化殻を確認。中にはすでに飛ぶ寸前まで翅が出来上がった個体も。
既に羽化最盛期は終了し、後半の雌の羽化の時期の様。

早朝から曇りでしたが気温は15℃前後で、早い個体の羽化は8時前から開始を確認。
だんだん気温が上がり、9時過ぎには多くのヤゴが羽化準備開始し、12時近くで終了。

●10:24
f0324026_19360909.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
●11:02 
羽化水落下
f0324026_19381949.jpg
f0324026_19385899.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●11:38
f0324026_20051917.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●11:48 
別個体羽化
f0324026_19393036.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

その他昆虫
●ジンガサハムシ(初)
初物でしたが、撮影結果を確認のため少し目を離した間に逃げられ残念。
f0324026_19421795.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●ベニシジミ
MFの距離設定が近すぎでだいぶピンぼけ状態
f0324026_19435926.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●カナヘビ 
やはりヤゴを狙っていたようで、しっかり捕食中。
f0324026_19445378.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

川を下流から上流まで移動したものの、連絡頂いていたホソミオツネントンボにはとうとう出会えず。
探した時間帯は昼近くだったので、産卵時間帯を外し、どこかへ移動していたためかもしれません。






by Nature_Oyaji | 2017-04-22 19:52 | トンボ | Comments(0)
2016年 05月 21日

キイロサナエとサラサヤンマ 共に産卵時期

GW中に羽化したキイロサナエとサラサヤンマ。約2週間経ち、産卵の時期となりました。

キイロサナエはまだ産卵の様子を見たことがなく、産卵時間帯は朝と夕方と聞いています。サラサヤンマの産卵は昨年撮影していますが、時間帯は正午前後です。

早朝のキイロサナエが育つ川にて。朝露が綺麗でした。
f0324026_23324049.jpg
f0324026_23325358.jpg
f0324026_2333994.jpg
f0324026_2333259.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●キイロサナエ 今日はまだ産卵時期としては早かったのか、川を行ったり来たりして出会えた個体はオスメスそれぞれ2頭ずつ。
みな、ものすごく敏感で容易に近寄らせてくれません。姿を見せ始めたのは9:30近くになってから。
産卵は川岸の泥にペタペタ尾部を付ける独特のやり方のようですが、ここはそういった場所が少なく、少し卵塊を作っては川の水面に産み落としていました。
▽♂
f0324026_2336124.jpg
▽♀
f0324026_23362528.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

●ホンサナエ 個体数は激減でもう時期的に産卵を終えて滅する頃。♂を広角で接近して撮影。♀はだいぶ弱っていて、そっと指に止まらせてもすぐには飛ば無いくらいの状況。
▽♂ この♂は相変わらずまだ元気で、今回は12-40mmで近寄って撮影。
f0324026_23413499.jpg
▽♀ 弱ってしまい手乗り状態
f0324026_2342151.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●サラサヤンマ この♀はずっと同じ場所で生み続け、見ている範囲でも約15分以上産卵していました。終わりに近づいた頃には精魂尽き果てたのか、そのまま地面に転げてしまうほど。また長期産卵のため、体が冷えてしまい産卵後はすぐには飛べないほどに。
f0324026_23455874.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
f0324026_23461013.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
f0324026_23462073.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

明日は少し遠征して千葉のトンボ多産地訪問予定です。

by Nature_Oyaji | 2016-05-21 23:52 | トンボ | Comments(2)
2016年 05月 07日

GW9日目 ホンサナエとキイロサナエの羽化

GW9日目
キイロサナエは今季5/2の昼過ぎに一度羽化出遅れ個体を見ていましたが、まだ本格的な羽化時期ではなかった状態。
その後数日前に知り合いの方からソコソコ出ているという連絡を頂いていました。
昨年も同じ頃、ダメだった5月初めの2日後の訪問時は沢山の羽化を見ました。
少ない情報しかありませんし、また天候にもよると思いますが、ここでの羽化は5月5日前後がピークのように思えます。

という結果を先に書きましたが、今日はピークと思われる日の2日後。
8時過ぎから探してみたものの、羽化個体は見つかりません。羽化殻はなんとか2つ発見。

●朝の様子
f0324026_12522921.jpg
まだホンサナエが元気なので、前回NOKTONで寄っての撮影ができていなかったので再挑戦。
今年、広角で近寄っての撮影が一つの目標なので、良いチャンスです。

●ホンサナエ(♂) 風が強く、流れの上の葉や枝に必死にとまった所をレンズ前5cm位まで寄って撮影。
f0324026_177279.jpg
f0324026_1773538.jpg
●ホンサナエ(♀) またウェーダーに止まった所と卵塊作成のため止まった所を撮影
f0324026_1254880.jpg
f0324026_178881.jpg
●肝心のキイロサナエ 9:30過ぎにようやく羽化個体を発見・・といっても定位からではなくすっかり体が出きっていて気付かずの個体。
f0324026_1784832.jpg
f0324026_178552.jpg
すべてOlympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

今季のキイロサナエ羽化はほぼ終了の様です。またここの近くの場所のサラサヤンマの羽化も、毎日のように観察されている方から終了したようだという話を伺いました。
また来年のお楽しみです。


それから昨日まで通っていたアオヤンマ。
今日は朝3頭出ていたようです(通っていた時も実は見つけられずにいた可能性大ではありますが・・)。
早朝の羽化ではなく、明け方羽化して、みなさんが見つけた7時位には尾が出て伸びていたいたそうですが、それでも出会えれば御の字です。
明日は連休最終日、遠くに出かけるのも疲れそうなので、アオヤンマ観察としたいです。

by Nature_Oyaji | 2016-05-07 12:58 | トンボ | Comments(2)
2016年 04月 30日

GW2日目 ホンサナエの産卵

今日は早朝から昨年サラサヤンマ羽化を見た池を1年ぶりに訪問。

早朝5:30過ぎから探索開始。池は昨年よりだいぶ水かさが増していて、少し乾燥気味の場所を好むサラサヤンマからすると、羽化場所は昨年よりもっと水場から離れた場所かと勝手に想像しながら探索。

池の脇の昨年羽化が見られた場所や、もっと乾燥している場所などいろいろ探してみましたが、今日の所は見える範囲では羽化していなかった様で成果なし。ハラビロトンボもいるので一緒に探してみたものの、こちらもダメ。

撤収時、今まで見ていなかった場所を覗くと、幸か不幸か羽化不全(翅)のメスの個体が見つかりました。様子からすると今日の羽化ではなく、数日前に羽化したものの、飛べずにそのままいたもの。
f0324026_12424482.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

それ以上は見つかりそうにないので、キイロサナエやホンサナエのいる川へ移動。
ホンサナエはそろそろ産卵頃で、キイロサナエは羽化の時期。

●キイロサナエ
暫く探してみたもののキイロサナエについては羽化殻が1つ見つかったのみで、まだ本格的な羽化には早かった様です。

●ホンサナエ
ホンサナエは8時過ぎにはまだオスがテリを張っているだけでしたが、8:30過ぎ位からはようやくメスも飛び始め産卵開始。
▽卵塊作り 偶然目の前に止まったので様子を撮影 尾の先端に少しずつ卵が出現
f0324026_13162470.jpg
だんだん量が増えて卵塊に。ここまで止まってから約2分間ほど。
f0324026_13191994.jpg
卵塊拡大
f0324026_13194265.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

出来上がったらすぐ川の水面にまとめて産卵。

メスは産卵しては近くに止まって卵塊を作り、また産卵と何度か繰り返し。
オスは周りに何頭も待っていて、多分今腹にある卵を全て生み終わるのを待っている感じです。
その最後と思われる産卵が終わるやいなや、あっという間に連結して空高く連れ去ってしまいます。

▽待機している♂
f0324026_19383640.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

こんな産卵のメリットを考えると、効率良く多くのオスの遺伝子を残す為かなと。今、腹にある卵は卵塊にして一度に沢山産卵、しかも卵塊は2分程度で作っては次々に済ませてしまう。終わったらすぐ次のオスと交尾。生殖活動期間が短いトンボには効率が良さそう(素人の妄想です)。

連結撮影は襲っている最中か、運良く近場に止まってくれないと撮影は難しいと感じた次第。
それらの様子も大体10時頃までには終わるようなので、次回産卵や連結などの撮影は時間帯を考えて訪問予定です。


by Nature_Oyaji | 2016-04-30 13:31 | トンボ | Comments(0)
2015年 05月 01日

キイロサナエの羽化探し

サラサヤンマの後、8:30頃から昨日の川でキイロサナエの羽化探し。

●ホンサナエ(♂)かなり活発に縄張り争い中。
f0324026_17321438.jpg
f0324026_17322593.jpg
●キイロサナエ この川は羽化に適した砂地がないという事を昨日説明を頂いた。昨日の羽化殻も川のすぐ脇の枯れ草の上。その辺りを見ながら移動。
ようやく見つかったのは水草から体半分出した状態で羽化した個体。
f0324026_17372071.jpg
程なく翅を広げて最後の仕上げ
f0324026_1738297.jpg
羽化殻。尾が尖っていてキイロサナエの特徴(撮影し易いよう水から上げています)。
f0324026_17384119.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

もう一人の方ととバラバラに分かれて回りを探すと、別の水草の上にいたもう一頭が飛び立ち(一度通ってきたのに全く気付かず)。
またもっと下流で探していた方も2頭気付かず飛び立たれたとの事。
砂地がないので低い水草の上での羽化のようです。
少し下流の道脇でも一頭、羽化したてのものがいて計5頭の結果。

▽いつものスタイルに戻り回りの昆虫たちを撮影
●ナナホシテントウ
f0324026_1751658.jpg
●ベニカミキリ
f0324026_17512638.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

(Kさん、ここで撮影したのをうっかり忘れてました)

by Nature_Oyaji | 2015-05-01 17:53 | 自然 | Comments(0)
2015年 04月 30日

初めてのトンボ池訪問

先日ご紹介頂いた千葉のトンボ池を訪問。
早朝6時過ぎ着。とても静かで開けた場所や藪もあり、日影を好むトンボには良さそうな環境。
これなら色々なトンボたちがいそうです。
今日はサラサヤンマとハラビロトンボの羽化を探す計画。
しかし生態知識不足でまた探すポイントをお知らせ頂いたり、現場で一緒になった方と探してみましたが今日は残念な日だったようで出会えませんでした。

●ハラビロトンボ(♀) こちらも羽化個体を探したのですが、今朝知らない場所で羽化した個体のよう。
f0324026_172239.jpg
f0324026_17221339.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

8時近くになり、近くの川でキイロサナエの羽化の時期ということでご一緒させて頂きました。
●キイロサナエ 羽化殻 本格的にはこれからのようで今日は羽化は見つからず。明日以降GW中に再訪問予定。
f0324026_17271183.jpg
●ホンサナエ(♀) 羽化は既に時期は過ぎ、今は産卵の頃で、卵塊が見られました。オスも回りを飛んでいましたが撮影できず。
f0324026_17304313.jpg
●ホソミオツネントンボ(♂)流れの速い川ですがここにもいました。連結したものも。
f0324026_17344454.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

ご一緒させて頂いたSさんはここでご帰宅。ありがとうございました。

最初のトンボ池に戻り、もう一度一回りしたものの羽化個体は見つからず。
それでも時間が経った池の回りには日がさし良い雰囲気です。一瞬ですがヤンマ系のトンボが目の前を通り過ぎました。次回は何か出会いに期待です。
10時近くになったのでもう一度川に戻り様子見。ホンサナエが目の前で連結したが、あっという間に消えた所で今日は退散。

その後もう少しホソミオツネントンボの産卵を撮影したくて昨日の場所に再訪問。
昨日同様、たくさんのホソミオツネントンボたち。
f0324026_17485488.jpg
f0324026_17491185.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)
f0324026_17494597.jpg
f0324026_2121148.jpg
f0324026_17525986.jpg
f0324026_17533978.jpg
●シオカラトンボ 泥に尾部を付けての産卵を確認。その後はオスに追い立てられるように飛び回り。
f0324026_185690.jpg
f0324026_1851921.jpg

Olympus E-M1+BORG 71FL

by Nature_Oyaji | 2015-04-30 18:08 | 自然 | Comments(0)