オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

タグ:マルタンヤンマ ( 6 ) タグの人気記事


2016年 07月 30日

マルタンヤンマ 産卵

マルタンヤンマは有名な場所に行けばぶら下がりは必ず撮影出来るので、それを楽しむも良しですが、今の興味は羽化や産卵など普段目に付き難い生態の様子。

今季ようやく羽化後の飛び立つ前の様子を確認出来ましたが、産卵は過去一度だけボケボケ写真を撮影したのみ。
今年も産卵の時期になったので、一年越しの宿題だった産卵の様子を是非とも残しておきたい。

マルタンヤンマの産卵についての知識は
- 産卵は朝と夕方の2回
- 時間帯は朝は過去の観察から4:30位~8:00位まで。午後はまだ見たことがなく、ネット等での情報では16:30頃から17時を回る時間帯までらしい。

現場に16:00頃着。
16:10には1頭目のマルタンヤンマの♀が飛来。撮影する間もなく、シオカラトンボたちに追いかけられて何処かへ。

その後も何度か飛来し、うまくシオカラトンボ等の追撃を逃れて産卵に至るも、草地の中に入ってしまうなど全く撮影出来ず。

17:30を回り諦めモード全開でしたが、撤収準備中にまた1頭飛来。その個体が嬉しいことに近場で産卵開始。
最後の最後でようやく撮影の機会となりました。ただ場所的に日光は既に入らず、少し暗めの環境。ISOも650程度まで上げての撮影となりました。

●マルタンヤンマ 産卵 
f0324026_23133658.jpg
f0324026_23134330.jpg
f0324026_23135071.jpg
f0324026_23135676.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

かなりノイズの入った結果となりましたが、これほど長く産卵する様子を観察出来たのは初なので、まずはここから課題を見つけてまた次の撮影に臨みたい。

■今日確認出来た事は夕方の産卵時間帯。
朝は以前確認した6:30〜8:00位。
ただここでテリ張っているシオカラトンボに追われて、なかなか水面に近付けない様子。

夕方は16:00〜18:30位。
実は広角撮影を試みて失敗、最後は飛ばしてしまったので18:30よりもう少し遅めだった可能性。今の日没が18:48なので同じ位かもしれません。
シオカラトンボは17時半頃にはうるさくなくなったので、マルタンはすんなり産卵場所に来れる様な状態。
産卵時はとても敏感ですが、朝の方がより敏感な感じ。



by Nature_Oyaji | 2016-07-30 23:13 | トンボ | Comments(0)
2016年 06月 20日

マルタンヤンマ羽化とオオミドリシジミ

昨年6月都下のとんぼ撮影に同行させて頂いた際、マルタンヤンマの羽化殻を見て、一度は羽化の様子を見たいと思っていました。

マルタンヤンマはヤンマ系の羽化の通り、真夜中に開始し明け方4時頃には飛び立つ。
昨年の訪問時は4時で、その時点で既に羽化殻が残されていたので、今年はもう少し早めに訪問して様子を観察しようと思っていました、

里山には3:30着。探索を開始し、3:45にやっと翅が伸びきった状態の個体を発見。

●マルタンヤンマ(♀)どう撮影したらよいやら・・。取り敢えずストロボにて証拠写真。ブレブレボケボケ写真・・。
本当は泥の湿地に三脚を立てて撮影すればまだ良かったのですが、まだ三脚をドロドロにする勇気が無く、ためらいが。
▽4:00
f0324026_20361874.jpg
▽4:15 空がしらじら
f0324026_20371486.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95
この後すぐ処女飛行。

今日のメインは久しぶりにチョウ撮影。
5:30にFさんと待ち合わせ。
●オオミドリシジミ 今季は昨年訪問した場所に行く時期を逸していて、先日その場所で撮影した虫友さんからは採取者多数で酷いことになっていたという。ここはそんなこともなく、また新鮮な個体多数で嬉しい限り。
f0324026_2353145.jpg
f0324026_23532837.jpg
f0324026_00183.jpg
f0324026_003520.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
他にウスイロオナガシジミ、ウラナミアカシジミ、ヒオドシチョウなどもいたのに撮影出来ず。

ここでFさんとお別れ。ご案内ありがとうございました。またお疲れ様でした。

もう一ヶ所、メスアカミドリシジミの場所を教えて頂き訪問したが、時期か時間なのか1頭のみ出会えたものの撮影に至らずここも撤収し、朝訪問した里山へ。

いつもの虫友Tさんがすでに到着済。ここでちょっとした出来事・・。片方の複眼が潰れていた♀のサナエトンボですが、正体をめぐって喧々諤々。
●不明のサナエ
f0324026_0133091.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

ここでは過去見つかったことがなかったものの、背中、胸の模様などでTさんの言う「ヒメサナエ」の意見と、こちらをよく訪問する方々の中で「ダビドサナエ」など意見が割れましたが、最終的には「ヒメサナエ」と同定。ここでの初物に沸き立つ。

●キイトトンボも発生開始 7月中まで羽化が続くようなのでまた羽化撮影で訪問したい
f0324026_0232696.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

ここで今日は13時過ぎには撤収。お疲れ様でした。


by Nature_Oyaji | 2016-06-20 00:24 | チョウ | Comments(0)
2015年 07月 25日

マルタンヤンマ 産卵

早朝からマルタンヤンマの産卵の観察のため、里山へ夜中に移動してそのまま車中泊。
今日の東京の日の出は4:43分。明け方4:30頃からしらじらしてきた頃、ヒグラシの大合唱開始。

マルタンヤンマは早朝と夕方に産卵。調べてみると朝方はだいたい8時頃で終了するらしい。
産卵場所で5時位から待つと5:05過ぎに1頭上空を滑空するメスが現れました。
その後オモダカ(?)付近で産卵開始。
f0324026_16534364.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

数枚撮影したもののブレブレの証拠写真程度。更に角度を変えようと一歩場所を動いた途端、飛び去り。聞いてはいましたが非常に敏感。

その後、別の場所で探したり、また戻ったりで様子を見ていましたが、何度か姿を見せたものの産卵に至らず。7:30過ぎにはまた先ほどの産卵場所に来たものの、この頃にはオオシオカラトンボがしっかりテリをはっていて、マルタンヤンマを追い払う光景が見られ、早朝というのも他のトンボの邪魔が入らない時間帯を選んでいるのかもしれません。(夕方の様子は見ていないので不明)
また次回再訪問。
この後、この里山を一周して撤収。

●モノサシトンボ 
春先に撮影した場所を再訪問。ペアは3組で2組が産卵、1組はこれから。あとはあぶれたオスが数頭。
f0324026_20144582.jpg
f0324026_17212652.jpg


Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

このあとは川での観察、昨年ミヤマアカネが見られた場所の様子見をして帰宅。

by Nature_Oyaji | 2015-07-25 17:13 | 自然 | Comments(0)
2015年 07月 20日

ヤンマ系 ぶら下がり撮影

梅雨明け翌日です。
三連休も最後の日、ヤブヤンマがそろそろ終わりの時期でマルタンヤンマと一緒に撮影出来る最後の時期なので、行こうと思っていたぶら下がり撮影に行きました。

●マルタンヤンマ
f0324026_1952226.jpg
f0324026_19572665.jpg
f0324026_1954142.jpg

●ヤブヤンマ 2年ぶり2度目の撮影で、複眼の色が素晴らしい憧れのトンボの一つです。
f0324026_195521100.jpg

Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

今日はフラッシュの使い方を実践形式でレクチャーしてもらいました。覚書
●撮影設定はマニュアル
●絞りはどれくらいの被写界深度が欲いかで調整
●ISO 200程度
●フラッシュはマニュアル発光にて試してみて発光量を調整
●シャッター速度が速いと被写体のみ明るくて背景が真っ黒になるので、シャッター速度はできるだけ下げる。
背景自体の明るさはシャッター速度を変更して調整する
●低振動モード 2秒に設定

それらを駆使しての結果ですが、マルタンヤンマなど光が当たりすぎて複眼には部分的に白飛びが出てしまっています。
フラッシュが強いということで光量やディフューザーなどでの調整は必要な様です。

Tさん、ありがとうございました。

by Nature_Oyaji | 2015-07-20 18:38 | 自然 | Comments(2)
2014年 08月 21日

山梨へ再遠征

今週はジョンの件もまだ引きずっていることと、週末天候が悪いので思うように撮影が出来ないと思い、今日は気分転換のため休みをいただき撮影に出かけた。
予定では再度ムラサキシャチホコの確認と都内の池でまだ見ぬマルタンヤンマ(♂)のぶら下がりがメイン。

水曜21時過ぎに出発。
蛾の観察はやはり灯火採集が良い。移動中見た大きな立て看板には無数の蛾やその他昆虫が群れている。
その中に出会いたかったツマキシャチホコを発見。案外大きめサイズだった。
明るくなってからの撮影のため、一時袋に保存。

夜中2時過ぎ、鈴木海花さんのブログにあった無人駅に到着。駅の中はこうこうと明かりがついていて、一周りするだけでいろいろな蛾や昆虫に出会えた。ただ残念ながらムラサキシャチホコの姿はなし。

光害も少ないため、星の撮影。
f0324026_17194660.jpg
いろいろ試すものの、結局はこんなお決まりのような絵しか撮影出来ず。

4時近くなりだんだん明るい空に。三日月の空。
f0324026_17213345.jpg
朝。
線路脇の斜面には数本のオニグルミが生えていて、居てもおかしくないロケーション。
駅回りの桜の木や、その他植物の上を慎重に探してみるものの、やはり見つからず。

その代わりとしてムラサキシャチホコの幼虫を確保。自宅にて育てることにした。
f0324026_17302303.jpg
●ツマキシャチホコ 夜別々の場所で捉えた二匹の撮影。見事な枯れ枝への擬態
f0324026_17335705.jpg
f0324026_17340815.jpg
f0324026_17341806.jpg
f0324026_17343082.jpg
●イチモンジセセリ 白紋が光に透けて美しい
f0324026_17481542.jpg
●ウラナミシジミ
f0324026_18213615.jpg
オオムラサキセンターが近いので再訪問。ただ探してみたもののムラサキシャチホコはとうとう見られず。
●オオルリボシヤンマ 再度飛翔撮影に挑戦
f0324026_17502604.jpg
ここまでで10時半過ぎ。ツマキシャチホコも撮影出来、ムラサキシャチホコの幼虫にも出会え、残るはムラサキシャチホコ成虫とマルタンヤンマのオスの撮影。
何やら運気向上のようなので、計画通り寄ってみた。
いました。ついに自分でぶら下がりも見つけることが出来、念願のオスを発見。
●マルタンヤンマ(♂)
f0324026_17584280.jpg
f0324026_13354913.jpg
f0324026_13360855.jpg
近くにはメスも
f0324026_17593630.jpg
f0324026_17595140.jpg





by Nature_Oyaji | 2014-08-21 18:01 | 自然 | Comments(2)
2014年 08月 15日

マルタンヤンマ

ずっと行きたかった練馬のS公園。
今週は台風通過後、天候不順でしたが今日は晴天。
気温も33度との予報もあり、これは期待出来ると踏んで訪問。

時には朝からぶら下がっていることもあると聞き、トンボが好きそうな暗さの木陰を見て回るも収穫なし。

いや大収穫(と言っては失礼ですが)。偶然にもPhotohitoで繋がりのあるAtushiさんに出会いました。これは来た甲斐がありました。

途中でぶら下がりを見つけた方がいて、無事メスのマルタンヤンマを撮影出来ました。マルタンヤンマはこれが初撮影。
f0324026_20530161.jpg

Atsushiさん、ご案内ありがとうございました。




by Nature_Oyaji | 2014-08-15 21:02 | 自然 | Comments(0)