タグ:ミドリシジミ ( 11 ) タグの人気記事


2017年 04月 01日

アケビコノハとミドリシジミ

雨の中、いつもの自然公園へ。

アケビコノハ
園内の休息場所の屋根の裏側に1頭張り付いていました。
せっかくなので手元で撮影。
アケビコノハの成虫撮影は、一度飼育したものを撮影しようと羽化した容器の蓋を開けた途端、にげられてしまいそれ以来。
こちらも十分擬態の名人の称号が与えられます。
f0324026_18341076.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

今日はかなり冷え込んでいたため手に乗せると暖かいのかまったりし、こちらが翅を開いても大人しいまま。
美しい後翅の模様は標本以外はなかなか写真に出来ないので、これ幸いに撮影。
以前、綺麗な後翅のカトカラと呼ばれるシタバ系の蛾にも興味をもった事もありましたが、なかなか撮影は難しそうでそれっきり忘れてました。
機会があればとは思っています。
f0324026_18362983.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

飛ぼうとしても寒くて翅を羽ばたいてはひっくり返るのを繰り返ししていたため、大人しくなった時を見計らって安全な場所に置いて撤収。

■ミドリシジミ孵化観察
いつもの団子6兄弟の様子を確認したのですが、どうにも卵が見つからない。
雨で流れてしまうほどヤワではなさそうだし、ひょっとしたら誰かが偶然その部分に触れたのかもしれない。
試しに小指の先で孵化済の卵の上を撫でると簡単につぶれてしまう。

代わりに近くの塊を念のため撮影。
まだ中に残っている個体もいて、3/18からでは約2週間以上続いていることになります。
バラけて孵化するのは生き残りには有利なので、ある程度長期間に渡って孵化することで良いようです。
f0324026_18262104.jpg
                           Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

暖かい日にはすでにシオヤトンボは羽化済。今日は寒くて羽化するはずはないが、念のため一通り見て今日の観察は終了。
f0324026_18393875.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro


by Nature_Oyaji | 2017-04-01 19:10 | | Comments(0)
2017年 03月 26日

ミドリシジミ孵化観察 再訪問

■ミドリシジミ 孵化観察 一週間後の様子

先週孵化が始まったのを確認していたミドリシジミ。
1週間経ち、その後の様子を確認。

●すでに孵化真っ最中
寒の戻りの冷たい雨の中。
確認すると団子6兄弟のうち2つは既に孵化済。ちょうど1頭は体が出かかり、正に出る直前。
他は中央を破り間もなく出てくるような状況。

▽1円玉と比べるとこんなサイズ。
f0324026_15070320.jpg
f0324026_15073250.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

そのまま30分ほど観察。時々頭部が動いているのが見えましたが、これ以上出て来る気配なし。
多分この雨の中で出てきたとしてもすぐ流されてしまうので、雨が上がるのを待つことにしたのかもしれません。

●ハンノキの新芽 
やわらかい芽がかなり伸びてきました。幼虫を探してみましたが、まだ見当たらず。
f0324026_15240285.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

産み付け場所から新芽まで約1.5m程。1mm程度の幼虫からすると長旅です。
その長旅の途中には捕食者たちの待ち伏せもあり、また新芽の数も限られるため、同じ幼虫同士との競争もあります。
今後も静かに見守りです。
f0324026_15430001.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

■ホソミオツネントンボがいた林へ
枝にはおらず、下草を探しましたが見つけられずで、産卵場所へ移動開始後なのかもしれません。

●足元のスミレ
f0324026_15392778.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro


by Nature_Oyaji | 2017-03-26 15:47 | チョウ | Comments(2)
2017年 03月 18日

ご近所の変化 春到来

連休初日。
今年予定のご近所定点観察。

■色付き始めたホソミオツネントンボ
いつも見ていた場所では全て枝から離れて何処かへ。
暫く探してみたものの、早朝の為かまだ飛ぶ気配がなく諦め。

●隣の林の個体
こちらの個体はまだ色の変化は少ない。
f0324026_17443761.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
f0324026_17444248.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

●昨年撮影個体(2016/3/19撮影)
午後2度目に訪問時、1頭色がつき始めた個体が見つかりましたが、活性が高くすぐ何処かへ。
写真は丁度一年前の3/19に撮影した個体ですが、色はほぼ同じ位。
f0324026_17484052.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

■ミドリシジミ 孵化開始(初見) 10:30頃

●いつもの団子6兄弟の様子
撮影してみると少し違和感。よく見ると一つの卵の中央部が黒く見えます。
f0324026_17531937.jpg
●孵化の始まり 同じ写真をトリミング
ほんの少し幼虫の一部が見えています。午後14:30頃も見てみましたが、穴の大きさは変わらず。
幼虫が卵から出るには、上の写真に映っている空の卵の穴のサイズまで広げる必要がある様で、どの位かかって広げるのか知りたい所。
ただ毎日通うわけにも行かず、いずれ毎日が休みになった時にでもやってみましょう。
f0324026_17533090.jpg
●ハンノキの様子 先週まで硬かった新芽ですが、すっかり芽吹きの頃。これに合わせて幼虫も孵化ということですね。
f0324026_18000785.jpg
全てOlympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro


by Nature_Oyaji | 2017-03-18 18:10 | 自然 | Comments(0)
2017年 03月 04日

それぞれの3月初旬の様子 ホソミオツネントンボ、ミドリシジミ、オツネントンボ

3月となりました。啓蟄の頃。暦の上でも昆虫たちの活動の時期。
まずはご近所の変化の確認。

■ホソミオツネントンボ まだ色の変化なし
探したものの、1頭のみ。朝はまだ越冬姿のまま。
f0324026_19345826.jpg
▽まだまだ色の変化は見られない
f0324026_19350530.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro

■ミドリシジミ
こちらもハンノキの葉が出るまでにはまだ先。
ハンノキの芽が大きくなる時期と孵化の時期は同じはずなので、そのためにも今後はハンノキの芽の様子も同時に記録。
f0324026_19392177.jpg
●ハンノキの新芽はまだまだ硬い
f0324026_19392837.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro


■栃木へオツネントンボの様子確認へ
先週陽だまりにいた1頭を撮影しましたが、1週間後の様子の確認へ。
午後14時着。気温は14℃。到着時、既に成田のSさん、松戸のKさんが一通りチェック済で3頭程見かけたとの事。
全て活性が高く、盛んに捕食も行っていたという。

●オツネントンボ(♀)この場での初の3月初旬の様子の撮影。
午前中チェックしたという場所にご案内頂くと、すぐ何頭か目に入り目線に止まった所で早速撮影。
f0324026_19465619.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●別の個体
歩くとすぐ飛んで目線上の木の枝に止まった所を撮影。

▽逆光場面で光芒を入れて(初めからストロボも用意せずダメ写真)。
f0324026_19521885.jpg
▽順光にて。
f0324026_20402709.jpg
Olympus E-M5II+Kowa PROMINAR 8.5mm F2.8 MFT

産卵まであと3週間、今日の時点では既に活発に捕食する姿が見られたのがここでの新しい観察結果。
また前回同様、この建屋周りから産卵場所の池の間を色々探したが、また見つけられない。

産卵に向けて餌取り中の個体が集まっている場所なのですが、個体数はわずか。
産卵時には相当数集まるのて、他の知らない場所で同様の活動を行っている集団がいるに違いない。その場所は未だ見つからずで、今後の宿題です。


by Nature_Oyaji | 2017-03-04 20:09 | トンボ | Comments(2)
2017年 02月 18日

2月中旬 春一番が吹いた翌日

昨日は今年の春一番の日でした(ちなみに昨年は2/14)。
今日はまた冬場の気候に戻り、曇りがち。

今日は今年予定のご近所の定点観察。

■定点観察 ホソミオツネントンボ
3月末の移動までの色の変化を撮影予定。今はまだまだ冬のまま。
f0324026_20205698.jpg
f0324026_19053552.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro

■定点観察 ミドリシジミ
ネットで検索すると場所によって異なるものの、大方3月末-4月上旬の孵化のよう。
写真はトリミング無しで30mmマクロで寄れるだけ寄ってみたもの。
今は変化があるわけもなく、念のため撮影して撤収。
f0324026_18574464.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro

午後は予定があり、今日はここまで。

■明日の予定
明日は新たなムカシトンボの産地探索へ。
昨年3月、上陸しているヤゴ探しをしてみたのですが、何も分からずで見つけることが出来ずちょっと悔しい思いが。
その場所は岩場が少しで、目ぼしい岩石を退けて見たのですがダメで、恐らく枯れ葉の裏などに潜んでいたものと思われます。

明日は少し場所を変えてもっと岩場が多い場所自体を探し、その場所でヤゴ探しもしてみようかと思っています。

ムカシトンボ 上陸までの過ごし方
関東では4月上旬が羽化であるので、1ヶ月前の3月上旬が上陸開始の頃。
その前はというと、ヤゴは普段は流れの中央にいるようですが、上陸が近付くと岸辺の近くに移動するらしい。
大型のヤンマ系などは羽化直前には逆さになって、腹部を水中から出して過ごすという(その様子も見た事がないので、今期はどこかで観察してみたい)。
ムカシトンボのヤゴも上陸前の準備として、空気に慣れるため川岸で過ごしているようです。
そうなら岸辺の落ち葉などを網ですくってみると見つかる可能性があります。

明日はそんな探し方も試してみようかと思っています。


by Nature_Oyaji | 2017-02-18 18:57 | トンボ | Comments(2)
2017年 02月 13日

2月から4月上旬の計画(仮

2月が終わり、3月となると越冬していた生き物も動き出し、いよいよシーズンイン(と昨年も同じような事を書いてますが・・)

たくさん書いても追うことは不可能なので、どうしても出会いたい面々に絞って。
今年は地元の定点観察もしておきたいので、そんなスケジュールを入れての計画です。

●2月中旬
新たなムカシトンボの生息地探索、
昨年見つけた場所より北方向の沢へ。

●2月下旬 
オツネントンボ多産地の様子 越冬場所はまだ夕方等で追えるか??
越冬場所探しが不完全燃焼中。3月になるといよいよ月末の産卵に向けて活動が活発になるはず。
昨年は産卵場所での撮影と産卵自体のみだったので、2月下旬には動き出すという話も伺っているので、その様子を確認しておきたい。
f0324026_21095313.jpg

●3月中 
地元で3月中の移動前のホソミオツネントンボの色の変化確認をしたい。
f0324026_21050338.jpg
また引き続きホソミイトトンボ観察も続けたい。

●3月第2週位 
ムカシトンボ上陸個体確認。
昨年は空振り。昨年羽化を見た場所で探したい。

●3月中旬-4月初め 
地元でミドリシジミ孵化状況観察。先日ハンノキに産み付けられていた卵の様子をチェック。
f0324026_21060086.jpg
●3月下旬~4月初め 
いよいよ今季初の産卵撮影になるオツネントンボ産卵ですが、昨年は魚眼がイマイチで今季はもう少し引いて、より広角での懸命な姿を残したい。広角でもより水面に近い所からの姿を収めたい。
f0324026_21074410.jpg

●4月上旬 
この時期はムカシトンボ羽化に集中。
出来たら岩場と水が入るような場面が希望ですが、こればかりはタイミングと場所もあるので難しい。
7年水中で生き延びた者たちとの出会いを楽しみに。
f0324026_21090085.jpg

ギフチョウとヒメギフチョウもなんとか会いに行きたい。

で、これでもパツパツのような気もします。


by Nature_Oyaji | 2017-02-13 12:52 | 自然 | Comments(0)
2017年 01月 02日

越冬昆虫探しの日

f0324026_19465896.jpg
Olympus E-M5II+SAMYANG OPTICS 7.5F3.5 FISH EYE/MFT BLACK

また朝からホソミオツネントンボの越冬場所へ。
いつもの虫友Tさんと撮影。今日は6頭程いて、いよいよ越冬本格化の様相。


●道を隔てた反対側の木にはムラサキシジミの越冬集団 今の所4頭程。
f0324026_19502991.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●すぐ隣にはウラギンシジミも越冬中。
f0324026_18224141.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

ここで解散し、近くの自然公園に移動。少しフユシャク探しをしたもののまたオスすら見つからず、そのまま園内を一回り。

■ミドリシジミの卵探し
園の中央付近にあるハンノキ林。毎年6月にはここでミドリシジミ撮影をしていますが、生態についてはほぼ知識なし。
知識を増やしたく、過去何度か卵探しをしているものの未だ見つけられずにいたため、今日は残りの時間、再度卵探しに決定。

探すポイントは?
何処に産み付けると幼虫が生き残りやすいか・・少しネットで先人たちの結果を参考にさせて頂きながら…

●太い木より適度な太さの木
●卵は地上から高さ1.5m前後が多い
●産卵場所は北向きの木の幹

直径1mmの卵から孵化した幼虫がすぐ食料にたどり着くには細めで低い木が良。
太さ(10~15cm)のものだと1.5m付近(更に低い所からも)には枝が出ていたので、その高さに産み付ければ移動が少なくて済む。
昆虫は有効積算温度(で良かったか??)で適切な時期に次の活動(この場合孵化)するので、温度変化の大きい日当たり良好の場所への産卵は行わない(そのような行動は遺伝上しない)。(知識が曖昧で書き方が難しい・・) 
間違った知識でしたらご指導願います・・。

そんなことを考えながら、直径15cm程の木の北向き側の面を目を凝らして探すと、何やら白い小さなつぶつぶが・・で、ようやく見つかりました!

●ミドリシジミ 卵(トリミング済)
f0324026_19111369.jpg
▽撮って出し 直径1mmの卵を30mmレンズ先から3cm程度で撮影
 もっと寄れたのですが、細めの木のためレンズを近づけた状態ではストロボの光が木に当たって回らず、少し離す必要があります。
f0324026_19134902.jpg
▽上の写真をトリミング
f0324026_19141530.jpg
f0324026_13451196.jpg
▽別の卵を更にトリミング 
f0324026_19182772.jpg
f0324026_16034023.jpg
全てOlympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro+STF-8

単独での産卵や、少し離れて複数、あるいは固めての産卵といろいろバリエーションがあります。
写真の中に昨年孵化したものと思われる殻があります。上から出て行くわけですね。
この場所は覚えていますので、これから春先、孵化の時期を見極めるため暫く観察を続けようと思っています。

※1/3再訪問。
改めて肉眼で探しましたが、一度探す目が出来ると今日はありそうな場所を見るとすぐ見つかるようになりました。


by Nature_Oyaji | 2017-01-02 19:41 | 自然 | Comments(2)
2016年 06月 04日

ミドリシジミ

ヒメボタル撮影の前に地元で発生しているミドリシジミを撮影。
相変わらずの美しさゆえ、反射が強すぎ結局この1枚のみ。

●ミドリシジミ(♂)
f0324026_20274729.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

by Nature_Oyaji | 2016-06-04 20:25 | チョウ | Comments(0)
2015年 05月 31日

ミドリシジミの季節

いつもの自然公園に今年もミドリシジミが発生。
今年も美しい姿を見せてくれました。昨日は10時位に10頭程。今日は数も多く、また発生場所も昨日はほぼ同じ場所だったものから色々な場所へ拡大との事。
●ミドリシジミ(♂)
f0324026_19311122.jpg
f0324026_1921236.jpg
f0324026_1923244.jpg
f0324026_19223582.jpg
f0324026_19225346.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●ヤマサナエ(♀) 木道の上の木漏れ日の中に留まりました。
f0324026_19262479.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●ヤマサナエ(♂) 同じ場所で撮影。しっかり繁殖しているものと思います。
f0324026_19265897.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●ミズイロオナガシジミ この公園では初撮り
f0324026_1957237.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

トンボ池に移動
●サラサヤンマ 前回と同じ場所。各ドーム(木に覆われたドーム状の空間)にはオスが待っています。目の届く範囲で約5頭程確認。
f0324026_19345535.jpg
f0324026_1935720.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

川に移動してその回りを散策
●コオニヤンマ 羽化殻 水面から結構な高さ 昼間でも羽化するとの事。それにしてもこの平べったいヤゴの形からあのスラっとした長身の姿に変化するとは。
f0324026_19365644.jpg
●キイロサナエ(♂)
f0324026_19373498.jpg
f0324026_193742100.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

家に向かう途中、ヒヌマイトトンボのポイントに行ってみましたが、まだ発生は確認出来ません。

by Nature_Oyaji | 2015-05-31 19:47 | 自然 | Comments(0)
2014年 06月 15日

いつもの自然公園でミドリシジミ観察

今季、一度だけミドリシジミを撮影したのみだったので再度訪問。
すっかり景色は夏。
f0324026_19352232.jpg
数日前の雨で出来た水場で、昨日高温だったためかスジグロチョウたちが盛んに吸水中。
f0324026_19325266.jpg
f0324026_19331987.jpg
f0324026_19333277.jpg
f0324026_19333914.jpg
f0324026_19334712.jpg
キタテハの産卵。産卵中の写真は撮りそこねましたが、卵はカナムグラの葉の裏に確認。
f0324026_19363292.jpg
f0324026_19382544.jpg
いつも一番見つかる場所でミドリシジミが見つからず、取り敢えず奥まで行ってみると一頭出てきました。
f0324026_19404241.jpg
飛び立つ所ですが、ボケ写真。
f0324026_19394203.jpg
場所を移動し、調節池へトンボ観察。頭になかったチョウトンボが出ており、おそらく今日一斉に羽化した様子。翅の反射も少し違っていて、午後ではあるものの翅が乾ききっていない感じ(午後そんな状態、本当か?)。
f0324026_19430836.jpg
f0324026_19432029.jpg



by Nature_Oyaji | 2014-06-15 19:45 | 自然 | Comments(2)