オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ

タグ:モートンイトトンボ ( 10 ) タグの人気記事


2017年 08月 13日

房総遠征-1 ネアカヨシヤンマ羽化場所訪問

ネアカヨシヤンマ羽化場所に産卵撮影で訪問。
早朝5:30から12時過ぎまで待ったものの、とうとう現れず。マルタンヤンマの羽化殻もありましたので、マルタン産卵にも同時に期待をしていたのですが、こちらも同様の結果。

夜明け直後から湿地上空も見ていましたが、飛ぶ姿は1頭もなく、それでもこれも一つの観察結果です。

待ちながら周りの様子を確認。

●モートンイトトンボ
6月には丁度交尾態が沢山いたモートンイトトンボ、時期的には没してしまう頃でしたが、数頭未成熟の個体を確認。
f0324026_00262397.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
●オニヤンマ産卵
f0324026_01062498.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
●クロスジギンヤンマ産卵
ギンヤンマが飛びながら交尾態を試みようと何度も飛びかかりましたが、クロスジギンヤンマ(♀)は尾部を下げ時に空中で一回転するように飛び、見事にやり過ごす様子を目撃。
f0324026_00381943.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●近くの草地でツノトンボ孵化(初)
こちらは初物。ウスバカゲロウのアリジゴクを黒くして、植物上での生活に変化させたようなイメージ。
これからどんな生活なのか、興味が有る所。
f0324026_00403241.jpg
f0324026_00404698.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

この場所での観察は取り敢えず終了。
今期は羽化撮影では5回、産卵撮影で今回の計6回の訪問。

収穫としては羽化時期の確認と、念願だったネアカヨシヤンマの羽化観察が出来たこと(2回)が最大の収穫。処女飛行も残せたのも嬉しい。
産卵には出会えませんでしたが、新しい場所での観察はこんな積み重ねが必要だなと思いつつ、引き続き来年の観察へ。

羽化については来季は雨上がりのタイミングか、そんなタイミングが無ければ夜2時位から羽化観察としたい。




by Nature_Oyaji | 2017-08-13 17:07 | 昆虫 | Comments(0)
2017年 08月 03日

8月のホソミイトトンボ

定点観察場所としているホソミイトトンボ生息場所ですが、虫友Tさんはきっちり観察して頂いているのですが、こちらはこの2ヶ月程全く訪問出来てませんでした。

今日は久しぶりに訪問。
虫友Tさんに訪問することを連絡すると、越冬型の生き残りがいるか確認して欲しいとの事。
先週の虫友Tさんの観察ではホソミイトトンボの越冬型の♀が1頭いたのを確認。

生息域を色々見て回ってみたが、いるのは夏型ばかり。
虫友Tさんが7/30には♀を見ているので、今日発見出来なかった(見落としの可能性ももちろんありますが)ので、ここのホソミイトトンボは7/30~8/3の頃に没してしまうのかもしれない。
それが確認出来ただけでも腹いっぱいです。

●8月のホソミイトトンボの様子
▽♂
f0324026_21192504.jpg
▽♀
f0324026_21214022.jpg
▽連結・交尾態
f0324026_21220996.jpg
f0324026_21230233.jpg
▽モートンイトトンボ
この様子も確認。だいぶ老熟化。

f0324026_22045838.jpg
▽青いアマガエルも
f0324026_22051577.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)


by Nature_Oyaji | 2017-08-03 11:24 | トンボ | Comments(0)
2017年 06月 25日

その他トンボたち

■その他トンボたち
●ハラビロトンボ(♀)羽化
f0324026_00340002.jpg
f0324026_00342355.jpg
●♂
f0324026_00370906.jpg

f0324026_00363959.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●モートンイトトンボ
▽♂
f0324026_00391109.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
▽交尾態
f0324026_00394757.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●ショウジョウトンボ
f0324026_00413108.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

オオイトトンボ
f0324026_00430606.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

他の場所へ移動
●ベニイトトンボ
f0324026_01070249.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●ムスジイトトンボ
f0324026_01073327.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●オオセスジイトトンボ(♂)
f0324026_01124621.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO




by Nature_Oyaji | 2017-06-25 01:15 | トンボ | Comments(0)
2017年 06月 18日

ネアカヨシヤンマ羽化探し 当日

朝4時過ぎから活動開始。
気温は曇りのためか18~20度位で少し涼しい程度。

■ネアカヨシヤンマ羽化探し
この湿地の環境等の確認も含め端からチェックしていったものの、前回同様カンガレイ等の植物には羽化殻なし。
足元からはモートンイトトンボたち。撮影はしませんでしたが、5時過ぎにはすでに交尾態多数。
またオオシオカラトンボは多数羽化中。低い草の中にはハラビロトンボやショウジョウトンボたち。

●ようやく羽化殻を1個発見 ネアカヨシヤンマのものと確認
5時半頃、割りと水が溜まっている場所の水面からすぐの植物で見つかり、こんな所で羽化したのかと実感。
水から生えている植物を伝ってそのまま登って羽化した様子(写真は自宅に戻って改めて撮影)。

▼体長:約50mm
f0324026_19184261.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

▼背棘を確認
ネアカヨシヤンマのヤゴの特徴はヤンマ系の中では唯一背中に背棘があること。
現場で羽化殻を見つけた時、そこをチェックしネアカヨシヤンマのものと確認。初物です。
f0324026_19203933.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

ネアカヨシヤンマ自体、冬場でも水がなくても生きていけるので、羽化もサラサヤンマのように水から上がって歩いて移動するかとも思っていましたが、案外水場に近い場所なのかもしれません。

さてここから更に湿地内をくまなく探してみましたが、これ以外の羽化殻も羽化個体も見つけられず、8:30過ぎに撤収。
天気も下り坂で小雨も降り始めたので、今日の所はここまで。

成果として、羽化殻と羽化場所の確認が出来たので一歩前進。

■モートンイトトンボ
雨の中、前回訪問のモートンイトトンボ多産地を再訪問。
時刻は12時頃で、交尾態は観察できた早朝から時間が経ったためか今回も確認出来ず。

●今回は♂を中心に撮影
複眼後ろのハートマークがなんともかわいい。
f0324026_19305299.jpg
f0324026_19381591.jpg
f0324026_19390539.jpg
●雨の中のメスの羽化個体
f0324026_19401531.jpg
全てOlympus E-M1II M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

さて来週末はネアカヨシヤンマ羽化探しは家の用事で7月初旬に予定。
そろそろカトリヤンマも羽化の頃なので、ご近所の田んぼで羽化するトンボたちを撮影予定です。




by Nature_Oyaji | 2017-06-18 19:51 | トンボ | Comments(0)
2017年 06月 11日

モートンイトトンボ

昨年房総方面でGoogleMapで見つけた休耕田。
6月になった今の様子を確認で訪問した所、モートンイトトンボが大量発生中でした。
産卵しているメスを撮影したものの、交尾態は見つからずでそれが心残り。

●モートンイトトンボ 産卵
f0324026_04430538.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●羽化個体 9:30頃
歩くとやっと翅が固まった個体が飛び上がるのでゆっくり探すと、時間的に遅かったためか羽化中のものは見つけられず、この個体程度に翅が伸びたものばかり。
来年はもう少し早めの訪問としたい。
f0324026_06240503.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO



by Nature_Oyaji | 2017-06-11 06:27 | トンボ | Comments(2)
2017年 05月 28日

ハッチョウトンボ羽化探しとグンバイトンボ羽化探し

■ハッチョウトンボ探し
前日、例によってまた移動。
晴れれば星撮影も考えていたのですが、朝まで曇りとなりそのまま車中泊。

許可を頂いた場所で、早朝羽化個体を探したものの、見つからず早々に撤収。

●オバボタル
道脇の田んぼを見ると、植えたばかりの稲の苗に数頭。
f0324026_18355409.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
f0324026_18362549.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

■グンバイトンボ羽化探しへ移動
昨年見つかった場所の様子を確認。
川は昨年同様、浅瀬で場所によってはくるぶし位までの場所もあり、流れが緩やかで、良い環境のまま。

●8:15過ぎから探索
川岸に沿って羽化個体を探してゆっくり移動。
浅瀬なので膝で前進、深い所でも膝上程度。
羽化のイメージでは、水から生えた植物の割と低めの所での羽化。

●未成熟のオス発見
8:30過ぎた時、今季初のオスを発見。未成熟は初見で、色は成熟したメスの色のイメージ。
それにしてもまずは何とか成虫を見つけることが出来、羽化は始まっている事を確認。
f0324026_18591264.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●9:30過ぎ メスを発見
f0324026_19030421.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

このメスを追って葦の中を歩くと、足元から一気に5~6頭の個体が飛び上がり、オスメスは約半々。中にはまだ飛び方が心もとないものものいて、ひょっとしたら今日羽化した個体なのかもしれない。
羽化後、成熟までは近くの林に移動するとも聞いており、まだ岸辺にいるということは羽化からまだ経っていないという事で良さそう。
羽化自体始まったばかりかも知れない。

●羽化殻探し
しっかり飛べない個体もいる集団なので、この付近で羽化していると推測し羽化殻探し。
羽化殻が見つかれば、次回訪問時探すのが楽になりますが、結果的には見つけられず終了。

写真はカワトンボのものと思われる羽化殻。
当初、いくつか成虫の近くで見つかったのでグンバイトンボのものかと思ったのですが、体長は20mm位なので、グンバイトンボの12〜14mmより約1.5倍大きい。
f0324026_19175622.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

■今日のまとめ
●羽化は始まったばかりのよう(※栃木のKさんに様子をお知らせした所、1週間前に確認しているとのご連絡、ありがとうございます) 
ここでの羽化は5月下旬(5/20位以降)からと考えて良さそう。
●オスメス同時の羽化
トンボによってはオスが先でテリトリーを守る行動を取る種類がありますが、このトンボはオスがあまり強くテリトリー争いをしないからか? ただ成熟したオス同士が出逢えば、グンバイ部分を広げて威嚇する様な行動も見られます。
あるいは成熟は同じ位な為からかもしれません。
●今回だけかもしれませんが、羽化後は集団で岸の植物(ここでは葦)の中で暫く過ごす(いずれ林に移動)

羽化殻が見つけられなかったのが残念ですが、次回は教えて頂いた9時頃から探索開始予定。

■別な場所でモートンイトトンボ探し
やはり発生していました。今期初撮影。
f0324026_20043503.jpg
f0324026_20044650.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)



by Nature_Oyaji | 2017-05-28 19:53 | トンボ | Comments(0)
2016年 07月 18日

同じ田んぼでの観察 モートンイトトンボ産卵・コオイムシ・シマアメンボ

この田んぼにはトンボを始め、いろいろな昆虫たちが生きています。
トンボについては過去見たものも含めると、ホソミオツネントンボ、ホソミイトトンボ、オツネントンボ(越冬三種は生息)、ハラビロトンボ、ミヤマアカネ、キイトトンボ、ナツアカネ、アキアカネ、シオカラトンボ、ハグロトンボ、コオニヤンマなどなど。時期が異なればまた違ったトンボがいると思います。

●モートンイトトンボ このトンボも沢山群れています。朝一で♀に襲いかかり移精・交尾態に至る様子を観察。まだ撮影していなかった産卵の様子。
▽早朝
f0324026_1755196.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

▽産卵 撮影9:30
f0324026_17562173.jpg
f0324026_17563221.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

●コオイムシ 
他にも近所では見られなくなった昆虫たちも多数。以前ネットでこの場所を調べていた際出ていたコオイムシ。千葉の田舎で育ったものの、まだ見たことがなかったので是非残したい。
少し離れた所で撮影していた虫友Tさんが見つけてくれて無事撮影。これも変わった生態の一つ。

背中の卵は一部は孵化済
f0324026_17594992.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

●シマアメンボ発見
暑い日でした。梅雨が開けたかと思うほと。日光が強く、もう半分溶けてしまっていて二人とももう帰ろうか・・状態。
休憩場所として山に続いている道を行くと、山水が流れる細流があり、涼んでいるとそこにいたシマアメンボを発見。

シマアメンボ自体は初見ですが、山の細流など必ず流れのある場所に生息している昆虫。体長は5~6mm。写真は翅のない無翅型。

涼みながらこれをどう撮影しようか、臨時の講習会開催。
暗い場所で、動きが早く止まることはない対象。
さてどう撮影するかですが、答えは「閃光発光で止める/フォーカスはマニュアルで固定しておき、相手がピント範囲に来たらシャッターを押す」
マニュアルで1/60程度、絞りF3.5、ISO200。ストロボ 、マニュアル発光1/60程度で試して、条件ぎめ。

結果
こちらも一度残しておきたかったので嬉しい 背中の模様がなかなか面白い。
f0324026_18141519.jpg
f0324026_18142740.jpg
f0324026_18143562.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

涼んだのでだいぶ元気になり、その後少し撮影して撤収。お疲れ様でした。


by Nature_Oyaji | 2016-07-18 18:45 | 昆虫 | Comments(2)
2016年 05月 29日

栃木遠征 今季初のグンバイトンボ探し

昨年7月に初めてグンバイトンボを撮影しました。希少種なので贅沢な話ですが成虫は時期になればポイントヘ行けば撮影出来るはずですので、今季はまだ未見の羽化や産卵の様子も残したい。

そんな計画もあったので、もう発生いるかもしれないと思うと、もう止まりません・・。
例によって夜中移動の車中泊で出かけました。

昨年撮影出来た時間帯から活動開始。まずは昨年出会えた場所を一通り確認してみたものの見つからず。グンバイトンボが好む笹系植物がまだまだ不足しています。

少し上流には大量に生えているので、こちらの可能性が・・と探索してみたものの、結局見つけることが出来ず。時期的に早いためなのか、昨年の鬼怒川決壊があった際、こちらの水系もかなりの水量で流され大打撃を受けた結果なのか、後者なら少々心配なこと。
近くの別のポイントも同様に見つけれられずで、早々に諦めムードです。

※あとでこちらのポイントに詳しい方に伺った所、私が訪問した後訪問されて、未成熟個体を数頭見つけたとお知らせ頂きました。居ないわけではないことには安心しましたが、自分の探す力が無いことに少々落胆であります。

●モンシロチョウ ポイント近くの畑にて。全身水滴が付き、朝日があたって美しい。
f0324026_213359.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

そんなわけでこのポイントにいるのも露知らず別の場所へ移動。


折角なのでウエーダーを履いて早朝から水遊びです。
●ヤマサナエ 広角撮影の練習も兼ねて。本当はレンズの最短距離まで寄れたのですが、朝ゆえレンズの影が入ってしまって少し離れての撮影となりました。 
f0324026_22262067.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●アオサナエ 産卵 初めの記載時ホンサナエとしていましたが、アオサナエのよう(Kさん、ありがとうございます)。言われてみれば産卵のやり方が違うし、尾部に卵塊が見つかりません。まだまだ観察力と経験が足りません。
f0324026_21394996.jpg
▽こちらのカットからするとアオサナエですね。ちゃんと確認しておらず怠慢でした。
f0324026_6442077.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

●ヒメサナエ?ダビドサナエ? 岩場で羽化中。こちらも翅が伸びるまで観察しないと難しい同定です。周りにはダビド多数でしたので単純にダビドとしていました。ダビドだとすると八王子方面より数週間こちらは遅いことに。
f0324026_21413177.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

水遊びを終了して大きな湿地がある別のポイントへ移動
ここにはハラビロトンボが多数。遠くにはヤンマ系の姿。近くで確認するとサラサヤンマでした。
●サラサヤンマ(♂) 小さな水の無くなったエリアでメスを待ち、ホバリングの大サービス
f0324026_21501739.jpg
f0324026_21503367.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

最後のポイントはオツネントンボ産卵を撮影した場所へ。
虫友のTさんがモートンイトトンボの羽化を撮影していたので、このポイントでも撮影経験があるので、是非残しておきたい。
モートンを探していると、見慣れた姿が・・というよりオツネントンボがまだ生きてました。
●オツネントンボ
f0324026_21561991.jpg
▽懸命に産卵
f0324026_21564940.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

●モートンイトトンボ やはり発生していました。
▽まずは望遠で
f0324026_21574081.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

▽続いて広角で
f0324026_21585190.jpg
▽♂未成熟
f0324026_145354.jpg
▽♀未成熟
f0324026_154543.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

撮影はしていませんが、モートンを探しているうちにホソミオツネントンボも発見・・という話を虫友のTさんに連絡すると、春と夏のトンボが一緒に同じ時期生息しているのは興味深いとのコメント。

言われてみると確かに生息に適した気温などが違うし、オツネントンボはとっくに産卵を終えてその使命を終えているはずですが、まだ夏のトンボが出る頃まで生きているというのは不思議です。
場所に関連するのかもしれません。


早くも心は来週末。またグンバイトンボ探しとしてしまいそうです・・とも思ったのですがヒメボタルの季節となるのを思い出しました。

週末は初のヒメボタル撮影を主に、近場のミドリシジミを残したい。


by Nature_Oyaji | 2016-05-29 22:03 | トンボ | Comments(2)
2015年 06月 14日

トンボ観察同行の日

今日は早朝から雨の中、トンボのエキスパートの方に同行させて頂き、生態、撮影方法など普段自分では知ることの出来ない沢山の事を教えて頂きました。色々ありがとうございました。
同行中に観察出来たトンボたち。

●オオシオカラトンボ 羽化
f0324026_19234587.jpg
●モートンイトトンボ
f0324026_19273057.jpg
f0324026_19275766.jpg
f0324026_19523028.jpg
●ハラビロトンボ
f0324026_19281556.jpg
●オジロサナエ 羽化
f0324026_1934165.jpg
●コオニヤンマ 羽化
f0324026_19294361.jpg
●ミヤマサナエ 羽化
f0324026_19301077.jpg
f0324026_19302710.jpg
●オナガサナエ 羽化殻 夜来ればたくさんの羽化の様子が見られるとのこと
f0324026_19433338.jpg
●オオイトトンボ
f0324026_1941473.jpg
●モノサシトンボ
f0324026_19322327.jpg
f0324026_1932402.jpg
f0324026_1933474.jpg
f0324026_1937378.jpg
●コサナエ
f0324026_19364450.jpg

沢山の出会いと情報・知識を頂きました。お疲れ様でした。




by Nature_Oyaji | 2015-06-14 19:44 | 自然 | Comments(2)
2015年 06月 06日

都下訪問 オオミドリシジミとモートンイトトンボ

昨年ワンカットだけ撮影出来たオオミドリシジミ。今年も少し遅いですが訪問してみました。
向かう道中は雨で、現場に到着した7:15過ぎにはようやく上がったものの、気温は15度でまだまだくもり空。暫く天候回復待ちです。
8時過ぎ、ようやく日が差し始めたと同時に飛び始めました。

●オオミドリシジミ 近くになかなか来てくれません。
▽撮影そのまま こんな距離です(800mm相当)
f0324026_2252711.jpg
▽トリミング 
f0324026_2273159.jpg
f0324026_229174.jpg
f0324026_2293176.jpg
Olympus E-M1+BORG 71FL
日が強くなるに従い、数頭まとめて卍で翔ぶ姿が見られ、時折反射するブルーの色を堪能。時期的には少し遅かったようで、スレた個体が多いように感じました。

11半頃までで撤収し、近くの別の場所へ移動。
●モートンイトトンボ 田植え前の田圃脇。羽化後ようやく飛べるようになったものもいて、今日は雨での気温低下で羽化の時間は遅かった様子。そもそも羽化自体は最近始まった様に思えます。
f0324026_2411338.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)
f0324026_2412516.jpg
f0324026_242932.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
f0324026_241514.jpg
Olympus E-M1+SAMYANG OPTICS 7.5F3.5 FISH EYE/MFT BLACK

●アカシジミとウラナミアカシジミ 
f0324026_2475084.jpg
f0324026_2475966.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

市川の里山では今年珍しくアカシジミ、ウラナミアカシジミ、ミズイロオナガシジミが多数発生していて、今年はゼフィルスの当たり年の感です。

昨日ひねった腰の具合が良くないので、今日はこれにて撤収。ウェーダーは持っていったのですが、今日はデビューは延期。Kafさん、お疲れ様でした。

by Nature_Oyaji | 2015-06-06 19:14 | 自然 | Comments(0)