タグ:ヤマサナエ ( 6 ) タグの人気記事


2016年 05月 29日

栃木遠征 今季初のグンバイトンボ探し

昨年7月に初めてグンバイトンボを撮影しました。希少種なので贅沢な話ですが成虫は時期になればポイントヘ行けば撮影出来るはずですので、今季はまだ未見の羽化や産卵の様子も残したい。

そんな計画もあったので、もう発生いるかもしれないと思うと、もう止まりません・・。
例によって夜中移動の車中泊で出かけました。

昨年撮影出来た時間帯から活動開始。まずは昨年出会えた場所を一通り確認してみたものの見つからず。グンバイトンボが好む笹系植物がまだまだ不足しています。

少し上流には大量に生えているので、こちらの可能性が・・と探索してみたものの、結局見つけることが出来ず。時期的に早いためなのか、昨年の鬼怒川決壊があった際、こちらの水系もかなりの水量で流され大打撃を受けた結果なのか、後者なら少々心配なこと。
近くの別のポイントも同様に見つけれられずで、早々に諦めムードです。

※あとでこちらのポイントに詳しい方に伺った所、私が訪問した後訪問されて、未成熟個体を数頭見つけたとお知らせ頂きました。居ないわけではないことには安心しましたが、自分の探す力が無いことに少々落胆であります。

●モンシロチョウ ポイント近くの畑にて。全身水滴が付き、朝日があたって美しい。
f0324026_213359.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

そんなわけでこのポイントにいるのも露知らず別の場所へ移動。


折角なのでウエーダーを履いて早朝から水遊びです。
●ヤマサナエ 広角撮影の練習も兼ねて。本当はレンズの最短距離まで寄れたのですが、朝ゆえレンズの影が入ってしまって少し離れての撮影となりました。 
f0324026_22262067.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●アオサナエ 産卵 初めの記載時ホンサナエとしていましたが、アオサナエのよう(Kさん、ありがとうございます)。言われてみれば産卵のやり方が違うし、尾部に卵塊が見つかりません。まだまだ観察力と経験が足りません。
f0324026_21394996.jpg
▽こちらのカットからするとアオサナエですね。ちゃんと確認しておらず怠慢でした。
f0324026_6442077.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

●ヒメサナエ?ダビドサナエ? 岩場で羽化中。こちらも翅が伸びるまで観察しないと難しい同定です。周りにはダビド多数でしたので単純にダビドとしていました。ダビドだとすると八王子方面より数週間こちらは遅いことに。
f0324026_21413177.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

水遊びを終了して大きな湿地がある別のポイントへ移動
ここにはハラビロトンボが多数。遠くにはヤンマ系の姿。近くで確認するとサラサヤンマでした。
●サラサヤンマ(♂) 小さな水の無くなったエリアでメスを待ち、ホバリングの大サービス
f0324026_21501739.jpg
f0324026_21503367.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

最後のポイントはオツネントンボ産卵を撮影した場所へ。
虫友のTさんがモートンイトトンボの羽化を撮影していたので、このポイントでも撮影経験があるので、是非残しておきたい。
モートンを探していると、見慣れた姿が・・というよりオツネントンボがまだ生きてました。
●オツネントンボ
f0324026_21561991.jpg
▽懸命に産卵
f0324026_21564940.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

●モートンイトトンボ やはり発生していました。
▽まずは望遠で
f0324026_21574081.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

▽続いて広角で
f0324026_21585190.jpg
▽♂未成熟
f0324026_145354.jpg
▽♀未成熟
f0324026_154543.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

撮影はしていませんが、モートンを探しているうちにホソミオツネントンボも発見・・という話を虫友のTさんに連絡すると、春と夏のトンボが一緒に同じ時期生息しているのは興味深いとのコメント。

言われてみると確かに生息に適した気温などが違うし、オツネントンボはとっくに産卵を終えてその使命を終えているはずですが、まだ夏のトンボが出る頃まで生きているというのは不思議です。
場所に関連するのかもしれません。


早くも心は来週末。またグンバイトンボ探しとしてしまいそうです・・とも思ったのですがヒメボタルの季節となるのを思い出しました。

週末は初のヒメボタル撮影を主に、近場のミドリシジミを残したい。


by Nature_Oyaji | 2016-05-29 22:03 | トンボ | Comments(2)
2016年 05月 01日

GW3日目 都下里山訪問とムカシトンボ産卵

GW3日目。
今日はいつもの虫友さんと都下方面を散策。

●里山散策
▽まずはサラサヤンマの羽化探しのため6時過ぎから活動開始。結果的には羽化は見つからなかったものの朝露の中のトンボなどを撮影。

●ハラビロトンボ(♀)朝露をまとい、気温が上がるまでしばし休息中。
f0324026_1956632.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95
f0324026_19562776.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●ヤマサナエ 羽化 里山の中央を流れる細流にて。川岸近くの水際で羽化。
f0324026_19585451.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

●ヒメギス
f0324026_200574.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

●タンポポも朝露をまとって。
f0324026_2011051.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

コサナエの羽化探しもしたものの、そちらはまだ早かったのか見つからずに終了。そうこうしているうちに気温は20℃を越え、虫友さんが出てくるのを待っていたホソミイトトンボの活動が活発化。

●ホソミイトトンボ 冬の間、越冬個体を探してかなりの時間を使って捜索したものの、結局は見つからずに終了。でも春になりこうして産卵のため集まった個体数はかなりのもの。やはりどこかに隠れているわけですね。
f0324026_205962.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

午前中の里山散策はここまで。
午後は前回やはり一緒にムカシトンボ羽化を探した場所で、今度は産卵の様子を撮影するため訪問。

ムカシトンボの産卵は午後にすることが多く、流れのすぐ上にある柔らかい植物の茎や苔などに産卵。今回は12:30過ぎから待ってみることに。
この川には沢山の岩が点在していて、岩の間を細流が流れ、ギシギシがその流れを覆うように生えている場所。虫友さんの知り合いが数日前にこの場所で産卵の様子を撮影しているので期待大。

暫くして流れの上をメスを探して飛ぶオスを発見。そしてそれから間もなく、先ほどのギシギシで産卵しているメスを発見。

●ムカシトンボ(♀)産卵 
f0324026_20192989.jpg
▽トリミング
f0324026_20271978.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

▽いつものように虫友さんを撮影。ちょうど上と同じ♀を撮影している最中。今回はくっきりと。
f0324026_20232725.jpg

今日も無事成果がありました。お疲れ様でした。

by Nature_Oyaji | 2016-05-01 20:33 | トンボ | Comments(0)
2015年 05月 31日

ミドリシジミの季節

いつもの自然公園に今年もミドリシジミが発生。
今年も美しい姿を見せてくれました。昨日は10時位に10頭程。今日は数も多く、また発生場所も昨日はほぼ同じ場所だったものから色々な場所へ拡大との事。
●ミドリシジミ(♂)
f0324026_19311122.jpg
f0324026_1921236.jpg
f0324026_1923244.jpg
f0324026_19223582.jpg
f0324026_19225346.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●ヤマサナエ(♀) 木道の上の木漏れ日の中に留まりました。
f0324026_19262479.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●ヤマサナエ(♂) 同じ場所で撮影。しっかり繁殖しているものと思います。
f0324026_19265897.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●ミズイロオナガシジミ この公園では初撮り
f0324026_1957237.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

トンボ池に移動
●サラサヤンマ 前回と同じ場所。各ドーム(木に覆われたドーム状の空間)にはオスが待っています。目の届く範囲で約5頭程確認。
f0324026_19345535.jpg
f0324026_1935720.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

川に移動してその回りを散策
●コオニヤンマ 羽化殻 水面から結構な高さ 昼間でも羽化するとの事。それにしてもこの平べったいヤゴの形からあのスラっとした長身の姿に変化するとは。
f0324026_19365644.jpg
●キイロサナエ(♂)
f0324026_19373498.jpg
f0324026_193742100.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

家に向かう途中、ヒヌマイトトンボのポイントに行ってみましたが、まだ発生は確認出来ません。

by Nature_Oyaji | 2015-05-31 19:47 | 自然 | Comments(0)
2015年 05月 24日

サラサヤンマの産卵

千葉のトンボ池にサラサヤンマの観察で訪問。
12時半過ぎに以前羽化を観察した同じ場所に到着。
木が覆いかぶさり、薄暗いドーム状になった中にオスのサラサヤンマが留まっていました。
こちらの姿に驚いて飛び立つものの、ドームからは出ずホバリング。おそらくはここにやってくるメスを待っているに違いありません。
●サラサヤンマ(♂)
f0324026_17341051.jpg
f0324026_354061.jpg
f0324026_17342350.jpg
f0324026_17343094.jpg
▽少し他を観察後戻るとペアになっていました(証拠写真)。この後ドームから出て何処かへ。
f0324026_1741098.jpg
▽外で観察中13時半頃メスがドームに入り産卵開始となりました。初めて見ましたが、水は無くぬかっている感じの地面や湿った木などに産み付けていました。湿地は以前訪問した時は水はまだまだありましたが、今はほぼ無しの状態。
乾燥が気になりますが、それでもここに産み付けるのはこれが彼らの生きてきた場所という事。水はすべてこれからの雨頼みなので、梅雨を狙っての産卵なのでしょう。一頭が産卵しているうちにまた別のメスがやってきて産卵開始。
f0324026_17482141.jpg
f0324026_1748319.jpg
f0324026_17484492.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

▽少し奥まった所のドームでメスを待つオス。魚眼レンズがふれんばかりに近づいての撮影をしても飛び立つこともなくそのまま。翅には痛みがあるので少々老齢化により鈍くなっているのかもしれません。
f0324026_1875562.jpg
f0324026_1861679.jpg
Olympus E-M1+SAMYANG OPTICS 7.5F3.5 FISH EYE/MFT BLACK

●ヤマサナエ
f0324026_17562936.jpg
●ハラビロトンボ(ペア)
f0324026_17564983.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

湿地回りを歩くとアオヤンマが草の中から飛び立ちました。ざっとその数3-4頭程。また今日はここに来る前、ヒヌマイトトンボの繁殖場所を訪問してみましたが、時期が早くまだ見ることが出来ませんでした。

先日Sさんから、来週はキイロサナエが産卵に生まれた川に戻る頃と伺っているので次の週末訪問予定です。

by Nature_Oyaji | 2015-05-24 18:02 | 自然 | Comments(0)
2015年 05月 22日

茨城遠征 その他のトンボたち

茨城遠征時のその他のトンボたち

●サラサヤンマ GW中、羽化を見たものの飛べる状態の成虫は初見(ピン甘です)。
f0324026_21351735.jpg
f0324026_21372967.jpg
f0324026_227357.jpg
f0324026_21371488.jpg
●ニホンカワトンボ
f0324026_2218897.jpg
f0324026_22101195.jpg
f0324026_22105726.jpg
●ヤマサナエ(♂)(♀)の順
f0324026_22121445.jpg
f0324026_22123034.jpg
●オオアオイトトンボ(♀)
f0324026_22131342.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

by Nature_Oyaji | 2015-05-22 23:48 | 自然 | Comments(0)
2015年 04月 25日

ご近所 4月末 GW前の様子

ご近所回りの4月末近くの様子。
▽鳥たち
●エナガ 子育て中で、まもなく巣立ちらしい。エナガ団子待ちで様子見。餌を運んではホバリングの繰り返し。今日はヒナたちは巣から出てこなかった模様(暗めでノイズ大)
f0324026_18796.jpg
Olympus E-M1+BORG 71FL

●オナガ エナガの巣の近くで
f0324026_18301663.jpg
f0324026_18302416.jpg
f0324026_1885695.jpg
Olympus E-M1+BORG 71FL

●カワセミ いつもとは違う池のオス
f0324026_1810111.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

▽昆虫たち
●ジョウカイボン
f0324026_18103918.jpg
●シロスジチョウ
f0324026_1810536.jpg
●ヤマサナエ
f0324026_1811274.jpg
f0324026_18113867.jpg
f0324026_18115796.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●アジアイトトンボ 近くの調整池にて。先週は見られなかったが既に一斉に羽化。未成熟などいろいろな状態
f0324026_18163021.jpg
f0324026_18163950.jpg
f0324026_18164777.jpg
f0324026_1817189.jpg
f0324026_18171189.jpg
f0324026_18171925.jpg
f0324026_18172971.jpg
Olympus E-M1+BORG 71FL

f0324026_19163046.jpg
f0324026_1916426.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

by Nature_Oyaji | 2015-04-25 18:26 | 自然 | Comments(0)