オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2018年 10月 14日

ミルンヤンマ 産卵

■改めてミルンヤンマ生態観察 産卵撮影
今季、羽化から産卵まで定点観察としたかったミルンヤンマですが、6月の羽化観察もままならず、既に10月。

●土曜
14:30過ぎからムカシトンボ撮影した場所近くの場所で暫く観察。
何度か探メスで来てくれたものの、産卵個体は確認出来ず終了。

以前観察した際の産卵はいずれも午前中だったので、これは明日も引き続き観察することに決定。
ただこのまま帰宅してまた出直すのも時間もエネルギーも無駄なので車中泊へ。

夜は近くにある温泉に浸かって疲れを癒やし、早々に就寝。
夜中気温が急に下がり、また土砂降りにもなったので久しぶりに寝袋を出し7時までぐっすり。

●日曜
朝は明け方からの雨続きで気温は12度。
7:30過ぎから活動開始。
9:30過ぎには少し小ぶりになり、それから12:00時近くまで待ってみたものの一頭も現れず。
12:00時近くまでほぼ同じ気温で、気温が低すぎのためかと思い場所を移動。

●別の場所へ移動 13:00時過ぎから探索
羽化殻を見つけた場所に改めて今季初の産卵撮影で訪問。
沢を歩くと幸い産卵中の個体を発見。

一度はこちらに驚き飛び上がって頭上の木に止まったものの、暫く何もせず見ていると数分でまた下に降りてきて産卵開始。
f0324026_21112184.jpg
f0324026_21112193.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)
f0324026_22241697.jpg
SONY α7II+SIGMA 135mm F1.8 DG HSM

●最後に広角撮影
今期目標の一つだった広角撮影でしたが何とか達成。
翅にレンズ先が触れる位まで近寄っての場面。
f0324026_21171230.jpg
▼こちらは産卵針がしっかり写った場面Photohitoリンク
f0324026_19023699.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25

●今日の結果
-産卵は過去、午前中だったがいずれも9月のまだ気温が高かった頃。
今日は既に10月中旬。午前中の場所はムカシトンボが住む近くで、もともと気温が低めなのと、雨が降り気温が上がらなかった事が要因の様。
午後の訪問場所は平地の公園にある細流。体感温度は午前中より5度は高かったので、産卵となったと思われる。

‐一旦飛ばしてもまた戻ることを確認。
産卵していた事に気づかず不用意に飛ばしてしまい、トンボは残念な思いで見上げた上の木に静止。
ただ暫く見ていると少しクリーニングを行い、静止。
数分後、翅を震わせ始めたかと思ったら、飛んでまた同じ場所に舞い降り産卵開始してくれたので、無事撮影終了。
次に見つけた個体も同様。
驚いて避難はするが、上で暫く待ち、脅威となるものなどをやり過ごした後、また開始。
ゆっくり刺激が少ない形で追い立てた場合はリカバリー可能。

‐ここでは14:30頃から探メス開始
午後のみの観察ですが、今日はメスは昼過ぎから産卵。
オスは産卵時間帯後、少し経てから探メス。
ただ以前の観察では探メスは朝から行っており、時期や気温などが関係しているのかもしれない。

-メスへのアタック
最後の広角撮影は15:30過ぎでしたが、撮影中オスが来ていきなりメスにアタックを確認。


# by Nature_Oyaji | 2018-10-14 21:43 | トンボ | Comments(0)
2018年 10月 09日

星峠の朝

■新潟遠征の際、移動中立ち寄った星峠
いつもFさんに連れて行って頂いていたのみで、一人での訪問は初。
立ち寄る直前にネットに掲載されていた数日前の星峠の棚田には、先日の台風24号での水が満ちていたため、朝日の映り込みなど期待。
ただ残念ながら水はすぐに無くなったようで、大きめの田んぼに残るのみで、水面への映り込みはまた次回。
f0324026_06020410.jpg
f0324026_06044277.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25
f0324026_06034562.jpg
f0324026_06032266.jpg
SONY α7II+SIGMA 135mm F1.8 DG HSM



# by Nature_Oyaji | 2018-10-09 05:46 | 風景 | Comments(0)
2018年 10月 08日

マダラナニワトンボの1年

■今回の遠征で飛翔・産卵場面が残せたので改めてマダラナニワトンボの1年(8月の羽化~10月中旬産卵)の様子。

●羽化(2017/8/6 4:22撮影)
8月上旬。羽化自体は真夜中に開始し、明け方4時~5時には飛び立つ。
アカネ系と同じ時間帯の感じ。
f0324026_09224541.jpg
●羽化間もない個体(2017/8/6 5:41撮影)
5時頃では一斉に飛び立ってしまう状況。
f0324026_09243302.jpg
●未成熟個体(♀)(2014/8/11 13:49撮影)
f0324026_03350902.jpg
●成熟個体(♂)(2015/10/17 12:29撮影)
f0324026_03460612.jpg
●成熟個体(♀)(2015/10/17 12:10撮影)
f0324026_03465481.jpg
●交尾態(2015/10/17 10:41撮影)
この頃には既に産卵開始。
f0324026_09250513.jpg
●産卵(2018/10/8 9:20撮影)
f0324026_09283278.jpg
●飛翔(2018/10/8 10:24撮影)
f0324026_07375317.jpg


# by Nature_Oyaji | 2018-10-08 09:32 | トンボ | Comments(0)
2018年 10月 08日

マダラヤンマ 産卵

■遠征2日目 長野へマダラヤンマ撮影へ
過去産卵は1度だけ撮影していましたが、ほぼ真上からのもので生態写真としては満足出来るものではなく、いつかはもう少し良い場面を残したいと考えていた。

今季その目的のため、Fさんと一度新潟方面へ新規産地探索としてみましたが、残念ながら見つけられず終了。

マダラヤンマについては飛翔や静止場面は皆一緒の写真になってしまうので、今季の長野訪問は止めておこうと考えていたものの、マダラナニワトンボ撮影があるので、ダメ元で訪問。
更に時期的にももう終盤なので産卵自体撮影出来るか、条件は悪い。

現地では朝から気温が高く、普段の時期なら最高気温は20度付近の所が26度と高すぎで、さらに条件が悪くどうなるか。

ただ1つ、水位が過去見たことがない位高いのが救い。これなら少し遠目に産卵してくれたら、少しは横に近い方向からの撮影が出来るので期待。

●オスの探メス 時間経過観察
6:30過ぎ:1頭飛翔(♂)
8:30過ぎ:全部で5~6頭ほどが盛んに探メスで飛翔、その後一時休息
f0324026_07540965.jpg
SONY α7II+SIGMA 135mm F1.8 DG HSM

10:30過ぎ:また活発に活動。この時間では10頭まで行かない個体が探メス。ただ全くホバリングなし。

●産卵
昼近く、その頃はオスの探メス行動が見られず、そのスキを狙って?の産卵か。

▼ノーマル型メス
f0324026_07595006.jpg
f0324026_07595919.jpg
f0324026_08000650.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

▼オス型メス
少し不用意に動いてしまったため、残念ながらこのワンショットのみ。
f0324026_08004233.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●リンゴの木で静止中のオス(Photohitoリンク
珍しくぶら下がっての休息。
それにしてもこの多産地らしいリンゴの木で休む場面が残せたので、こちらは産卵と同様嬉しい1枚。
f0324026_04461073.jpg
SONY α7II+SIGMA 135mm F1.8 DG HSM

●今日の結果
‐メス産卵は2頭のみ
台風一過後の気温上昇のためか、メスは結局昼に2頭産卵に来たのみ。
普段は夕方16:00過ぎにも産卵に来るようなので待ってみたものの、結果は空振り。
終盤ということもあり、個体数自体が減っているのかもしれないので、やはり時期が大事。

‐産卵場面は水位の影響もあり、今までより良い場面を残す事が出来たことは嬉しい。

来年は別の産地開拓と、何とか羽化場面を残したい。



# by Nature_Oyaji | 2018-10-08 08:08 | トンボ | Comments(0)
2018年 10月 08日

マダラナニワトンボ 産卵

■連休を利用して新潟~長野へ遠征。
初日は新潟へマダラヤニワトンボの産卵場面撮影へ。
過去2回この場所で産卵撮影をしていましたが、しっかり撮影出来ていなかったので3度めの正直。

9:30過ぎには徐々に産卵開始し、11:00頃には台風の影響もあり、気温は一気に上昇。
産卵個体も多数現れ、至福の時。

●マダラヤニワトンボ
今回は空を入れた場面として少し斜め下から撮影。卵がこちらに落下してくるような場面も残したかったのでトライ。

▼飛翔(といっても連結打空産卵なので、産卵自体飛翔・・)

Photohitoリンク
f0324026_07391454.jpg
f0324026_07393899.jpg
f0324026_07394461.jpg
f0324026_07394926.jpg
▼トリミング Photohitoリンク
f0324026_08565810.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

今回は空を入れた場面としたかったので、取り敢えずは撮影完了。


# by Nature_Oyaji | 2018-10-08 07:41 | トンボ | Comments(0)
2018年 09月 30日

アオイトトンボ

■アオイトトンボ 9月末の様子
9月最終日。
カトリヤンマのいる谷戸近くの池で生息しているアオイトトンボ。
毎年カトリヤンマ撮影時に一緒に観察。

昨年は個体数が少なかったものの、今季は昨年より多め。
既にオスは池で待機しているが、メスはまだ未着。

そのメスたちは、産卵場所になっている池から直線で約100〜200m程離れ離れたカトリヤンマのいる田んぼ周りで確認(少し前はオスも確認)。
羽化後は田んぼ周りで過ごし、産卵時に池に集まると想像ですが、今季集まるのが遅れているのは不思議。

●アオイトトンボ(♂)
複眼はすっかり美しい青色に変化済。
f0324026_18214225.jpg
f0324026_18221488.jpg
f0324026_18224751.jpg
SONY α7II+FE 90mm F2.8 Macro G OSS




# by Nature_Oyaji | 2018-09-30 18:23 | トンボ | Comments(0)
2018年 09月 29日

ホソミイトトンボ 9月末の様子

■久しぶりに定点観察場所でのホソミイトトンボの様子
9月もあと1日で終わり。
今日は台風24号の影響で到着した7:30過ぎには雨。気温は約18℃。
久しぶりに虫友Tさんと待ち合わせして観察(虫友Tさんブログはこちら)。

●羽化個体探し
先週末も虫友Tさんは訪問済で、驚きの過去の観察では最も遅いタイミングでの羽化を確認済。
合流後一緒に羽化個体を探したものの、羽化個体は見つけられず。
その年の平均気温にもよりますが、ここでの越冬型の羽化は9/20前後で終了の様(いつもの定点観察ありがとうございます!)。

●田んぼ周りの個体
以前、11月での色の変化を観察したブログを書きましたが(その時のブログ)、過去数年ここで一緒に観察していましたが、自分が認識していなかった事を教えてもらった。

それは「羽化直後の色は茶系で暫くそのままで、その後は徐々に青みが増し、冬が近づくと越冬色の茶系に戻る」という事。
1. 8月下旬から越冬型の羽化開始となりその時の体色は茶系→その後だんだん青色が増す→また寒くなってくると茶系に変化。
2. また越冬が近づくと複眼の色合いが濃くなり縞々がはっきり見て取れるようになる。体色が青色でも複眼の色を見ると間もなく体色が茶系に変化するか判断出来る。

▼オスの個体(茶色)(Photohitoリンク
体が茶色でまだ複眼の色が薄く、青色に変化中。
f0324026_21481692.jpg
▼同トリミング
f0324026_20593990.jpg
▼オスの個体(青色に変化後)(Photohitoリンク
f0324026_20534117.jpg
▼メスの個体(青色に変化後)(Photohitoリンク
f0324026_20520658.jpg
▼同トリミング
f0324026_20591274.jpg

●越冬場所での個体(田んぼ周りから少し高地の草地)
昨年は11月にこの越冬場所での移動後の個体を確認していましたが、先週虫友Tさんが既に多数の個体が移動済ということを確認してくれていた。過去観察したことがなかったので、これは嬉しい新しい知見(ありがとうございます!)。

▼オスの個体(少し青色が残るが大方茶色に変化)
複眼の縞々もはっきりしている。
f0324026_21105737.jpg
▼同トリミング
f0324026_21142963.jpg
一緒に探しながら、「先週は下草にたくさん見られたが雨のためか先週に比べて見かける個体数が少ない」という話を聞きつつ越冬エリアにある枯れ木に近づくと、雨を避けることも出来ない場所なのですがたくさんの個体を確認。
f0324026_21192348.jpg
▼メスの個体
体色は青色ですが、複眼の縞々がはっきりしている。
f0324026_21215490.jpg
▼同トリミング
f0324026_21592844.jpg
●オスの個体(茶系)
梅の木で雨宿り中。複眼の縞々もはっきり。
f0324026_21292103.jpg
▼同トリミング
f0324026_21304685.jpg
全てSONY α7II+SIGMA 135mm F1.8 DG HSM

■今日の結果
虫友Tさんが継続観察してくれていたので、今回は自分では発見はなかったものの、新しい知見を教えてもらいながら確認。
-田んぼ周りからの移動は9月には開始していた(新知見)。
-田んぼから沢脇を上った道脇にいるのを発見。沢からも移動(先週確認)。
-越冬場所の下草には多数の移動個体(先週確認)。
-今回、枯れた木に多数止まっていましたが、越冬までここで捕食しながら、夜はその周りで過ごす。
 それを繰り返しているうちに、雨が当たりにくくまた風の通りが少なく、そして日当たりも適度にある越冬に適した場所を探し当てるに違いないと感じた次第。

お疲れ様でした。


# by Nature_Oyaji | 2018-09-29 21:50 | トンボ | Comments(0)
2018年 09月 24日

中秋の名月(前日)撮影 御射鹿池にて

■遠征最後は御射鹿池で1日早い中秋の名月撮影
この場所での中秋の名月撮影はFさんがずっと思い描いていた場面。

その場面はずっと想っていればこその場面であり、どの様に撮影しようか、時期は?時間は?とあれこれ準備をして臨むもの。

今回はFさんの想い描いていたタイミングと、心配していた天候(雲、風)にも恵まれ、全てが合致した日となった。

●夕刻の頃(ハイレゾリューション撮影にて)
f0324026_18074379.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●月が出た頃
雲が流れ、月を覆った所を撮影。
f0324026_18092700.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25

●もう少し月が上り、更に暗くなった頃
木々がうっすら月明かりの中に浮かぶ
f0324026_23045042.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25

こればかりは風景写真全てに疎い当人にとっては二度と撮影出来ない場面。
このようなタイミングで撮影に同行させて頂けた事、感謝しかありません。


# by Nature_Oyaji | 2018-09-24 18:11 | 風景 | Comments(0)
2018年 09月 24日

ルリボシヤンマ オス型メス探し

■先程のオオルリボシヤンマに続き、ルリボシヤンマのオス型メス探しへ
ルリボシヤンマにも少ないながらオス型メスがいる様で、別な場所で初探索。
ただ時期的には高地ということもあり、ルリボシヤンマ自体が少なく、出会えた個体はオスメスともに2頭ずつ。
この場のオス型メス探しはまた来年。

▼産卵個体
f0324026_11563247.jpg
▼休息
f0324026_11570343.jpg
▼オスの飛翔
相変わらずの飛翔撮影挑戦。今回は風とこのフレンドリーな個体が味方。
f0324026_11580642.jpg
f0324026_11580747.jpg
すべてOlympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)



# by Nature_Oyaji | 2018-09-24 11:58 | トンボ | Comments(0)
2018年 09月 24日

オオルリボシヤンマ オス型メス(雄型雌)

■オオルリボシヤンマのオス型メス撮影で訪問
トンボは通常オスとメスの色が異なる。
ただその中には変異としてオスに似た色合いのメスの存在が知られている。


先週Fさんと訪問した場所にはオオルリボシヤンマのオス型メスがいたのですが、前回撮影した尾部のみ青いタイプと、複眼まで青い完全なオス型メスがいるのを初発見。
前回は撮影出来なかったので、改めて今回はノーマル型を含め3タイプの撮影でFさんと訪問。

●ノーマル型
全身は茶系で、複眼も茶系のもの。
f0324026_10391284.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●尾部がオス型タイプ 昨年1度撮影したタイプ
f0324026_10453435.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●尾部がオス型タイプ 複眼の縁が青みがかった(様に見える)個体
撮影中に気づいたのですが、この尾部のみオス型メスの一部に複眼の縁が少し青みがかったタイプ。
ただひょっとしたら光の角度などでそう見えただけなのかもしれない。
次回、また確認してみたい。
f0324026_10484323.jpg
▼トリミング
f0324026_11221712.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)
▼上記の個体の飛翔
この角度だと複眼の縁は青く見える。
f0324026_11325520.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

▼産卵中のオスの見守り飛翔
f0324026_10505579.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●複眼まで青いオス型メス
f0324026_10560871.jpg
f0324026_10561145.jpg
f0324026_11364606.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)


●今日の結果
‐ このエリアのオス型メスはノーマル:尾部のみ:複眼+尾部の比率はだいたい6:3:1。
‐ Fさんは関西地区で「複眼+尾部」のオス型メスを撮影済。情報が少ないのでどの地域にどんなタイプのオス型メスがいるのかわからないが、変異体の分布は興味あるもの。

※コフキトンボの帯型は北海道と沖縄は100%、関東付近で50%、関西は0%などが知られている。北海道と沖縄という日本での両極端な地域が100%というのも興味深い。



# by Nature_Oyaji | 2018-09-24 11:14 | トンボ | Comments(0)