人気ブログランキング |

オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2019年 04月 15日

ゲンジボタル 上陸幼虫観察-3

■今季3度めのゲンジボタルの上陸幼虫観察
房総の多産地は17時頃より雨で、それが一晩中続く予報。
気温は南風が吹き込む関係で暖かく、夜中まで14℃前後で推移。

●17:00頃より雨
予報通り振り始めた。
雨はまだ強くないが、風は時折傘を強く握らないととばされそうになる位の風速。

●19:30より21時頃まで15分置きに確認
観察開始。風は相変わらず強め。
雨は時折激しくなり、車の天井に当たる音が大きく聞こえるほど。上陸したとすると、幼虫が流されてしまうのでは?と心配になる。

さてさて結果的には21時近くまで待ったものの、1頭の上陸も確認出来ず、またここでの観察はお預け。
残念ながら房総での観察はまた来年に持ち越しの感。

■今日の結果
●上陸しなかった理由は・・
ホタル師匠のFさんも山梨方面に確認にいったものの、やはり上陸はなかったと伺った。
気温は問題ないが、雨の振り始めが遅かったのが要因ではないかと連絡頂いた。

朝から雨が続いている様な日であれば、遺伝子に刻まれた記憶が上陸を促す。
今回は改めて短時間の雨ではスイッチが入らないという事の確認が出来た結果だった。

あるいは、ひと晩中の雨なのでひょっとしたら別の場所のように夜中に上陸したかもしれない。
ある一定の時間雨が降った場合は、スイッチが入るのかもしれない。

定点観察場所として、今日の結果は一つのデータとして記録し、次回同様の機会があったらその際は遅くまで粘って確認としてみたい。


# by Nature_Oyaji | 2019-04-15 12:49 | ホタル | Comments(0)
2019年 04月 15日

ホンサナエ 羽化(千葉)

■千葉でのホンサナエの羽化確認
昨年は春の訪れが早く、ここは4/7に一斉に羽化
今年は昨日のムカシトンボでほぼ平均並みと確認出来たため、こちらでの羽化もそろそろ。
天気は10時頃までは時々曇りで、それ以降は曇り。気温は到着した7:30過ぎで約12℃程。

●7:30頃
まずは羽化殻を確認。約30m程の間を丹念に探してみたが、羽化殻は見つからず。

●8:00頃 定位確認
ようやくここでの今季初の定位個体を発見。まだ体は湿っているが、脚は少し乾き気味。

▼8:16
f0324026_05041479.jpg
SONY α7RIII+Carl Zeiss Batis 2/25(トリミング)

▼8:29 裂開
f0324026_05054657.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

▼8:32
f0324026_05061720.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

▼8:42(Photohitoリンク
f0324026_05064320.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

▼9:25(Photohitoリンク
f0324026_06400064.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

▼9:32 羽化水落下
シャッター速度が遅過ぎ。
f0324026_05081564.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

●少し離れた所で2頭が羽化
▼9:12(Photohitoリンク
f0324026_06441133.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

▼9:17(Photohitoリンク
f0324026_05124548.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

その後、11時頃まで確認。
先程の3頭以外に7頭と、それらとは別に羽化殻4個程確認。
ここでも本格的な羽化時期となった。

■今日の結果
●羽化開始を確認
朝方は少し寒く晴れ間も見えていたが、だんだん雲が多くなり、11時近くには曇ってきた。
薄曇りの日でその為気温は急に上がることはなく、その様な条件下での羽化の確認にもなった。

結果的には10頭(+数頭の羽化殻)程度の羽化を確認。
昨年は朝から日差しが強く、気温は高めに推移したためか、約20頭程が羽化していた。
日差しと気温の上がり方など、羽化の条件には影響大。

●飛翔までの時間
通常なら裂開から1時間以内には飛翔するが、今日の天候では遅れ気味。1頭目は他を見ているうちに飛んでしまったが、少なくとも1時間10分はとどまっていた。

●処女飛翔撮影は失敗
チャンスは何度もあったものの、今日はうまく撮影出来なかった。

原因は明らかで一つは撮影時に気になった葉を除けたりしたため、トンボに緊張感を与えてしまった事。
羽化は動けないためトンボにとっては一番危険な時間帯で、怪しい影が近くにいるのは脅威そのもの。
そのため、翅を開いたかと思った瞬間、撮影する間を与えず飛び去ってしまった。

もう一つはフルサイズでオリンパスのプロキャプチャーモードに頼らず撮影を試みたものの、種類によって翅を開いてから飛ぶまでの時間など振る舞いが違う事や、脅威を与えた事などでシャッターが間に合わなかった事。
それは飛翔時の生態観察が不足している事と、先程の様に脅威を与えないなど経験不足からの事でこれでは撮影出来ない。

次回はそんな所に注意してまたフルサイズでの飛翔撮影としてみたい。


# by Nature_Oyaji | 2019-04-15 06:05 | トンボ | Comments(0)
2019年 04月 14日

ムカシトンボ 処女飛翔

■先に羽化していた個体の飛翔
f0324026_05365399.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro(プロキャプチャーモード)

■今日の結果
●飛翔直前の行動
・脚を動かし始める
・頭部を前脚で撫でる
・頭部が動き始める
・翅を開き震わせ始め、その後約30秒以内に飛翔
以前観察したウチワヤンマの処女飛翔とほぼ同じ。

次回はそのタイミングでプロキャプチャーモードに頼らず、フルサイズで狙ってみたい。



# by Nature_Oyaji | 2019-04-14 05:37 | トンボ | Comments(0)
2019年 04月 14日

ムカシトンボ 羽化

■先週に引き続き、ムカシトンボ羽化の確認
週末の活動をどうするか。千葉のホンサナエにするか少々悩んだものの、明日は曇りのためまだ確認出来ていないムカシトンボ羽化観察へ。
天気予報では気温は9:00過ぎで12℃を超え、昼近くでは15℃の予報。

●現地着8:50過ぎ
家の都合で出かけるのが遅れてしまい、現地には8:50過ぎ着。
羽化しているとすると、定位をしていても良い時間帯で少々焦り気味。
先に到着していた虫友Iさんが探索していたが、まだ発見に至らず。

●9:30を回ってしまい、残念ながら定位探しは諦め・・
遅く登ってくる個体もいるかもしれないが、今は倒垂している時間帯なので定位は無理。
この付近はまだ寒いため、なるべく太陽の当たる場所を中心に探したが、見つからない。
こちらが探している間、虫友Iさんは別の暖かいもう一つの場所へ移動。

●10:00過ぎ、ここでの初の羽化発見
単独で来ていたK君が羽化個体を発見。ただ羽化場所が悪く絵にならない。また羽化自体終盤で、翅もだいぶ伸びた状態。

●こちらも虫友Iさんが探している場所へ移動
虫友Iさんが探しているエリアは日差しも出て気温は体感でも15℃を超えている感じで、ネルシャツ1枚で十分。
探しながら進むと、遠くまで探していた虫友Iさんが引き返してきた。残念ながら見つからなかったという。

念の為そのまま30分ほど探しながら進むと、道脇に羽化している2個体を運良く発見。いつもながら地面から高さは約20cm程度の所での羽化。

1頭はもう体が出てしまっていたが、もう1頭は倒垂中。
慌ててカメラをセットしようとしたが、寄ってきたハイカーの方にちょっと説明している間に抜け出てしまい、尾部抜けの撮影はまた次回・・。

▼♂ 10:21
f0324026_19510357.jpg
▼11:03
f0324026_20504018.jpg
SONY α7RIII+Carl Zeiss Batis 2/25

▼近くで先に羽化していた♂ 10:24(Photohitoリンク
f0324026_19511733.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

▼広角-1 10:44(Photohitoリンク
f0324026_19513788.jpg
SONY α7RIII+Carl Zeiss Batis 2/25

▼広角-2 ハイカーの方を入れて(Photohitoリンク
f0324026_19515139.jpg
SONY α7RIII+Carl Zeiss Batis 2/25

撮影中、まったくの偶然ですが、以前よく一緒に鳥撮影など行っていたKaf600さんが来られて一緒に撮影。
しかも先程の2頭のすぐ近くで、全く気づかなかった追加の2頭を発見して頂いた。感謝!

最終的には5名程で4頭が飛翔するまで見届け。お疲れ様でした。

▼だいぶ翅が固まった頃 11:26(Photohitoリンク
f0324026_19521089.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

▼飛翔寸前 12:14(Photohitoリンク
f0324026_19523964.jpg
SONY α7RIII+Carl Zeiss Batis 2/25

●その後、毎年観察しているエリアへ移動
現場では知り合いのSさんのグループの方々がムカシトンボヤゴ探しをしていた。
以前同じ場所では見つけられなかったが、流石に探す場所が良いのか1頭発見。

羽化場所探索では、羽化殻をこれまたメンバーの方が見つけてくれて、ここでの羽化も開始していることを確認。

■今日の結果
●初めのエリアもいつもの毎年観察しているエリアもようやく羽化開始
この時期なら例年通りと思える。
また初めての場所ではどこで羽化するのかもわかず、その中での発見なのでまた嬉しい。

●羽化は5頭
うち♂4頭、♀1頭。


# by Nature_Oyaji | 2019-04-14 01:08 | トンボ | Comments(1)
2019年 04月 11日

ゲンジボタル 上陸幼虫観察-2

■今季2度めのゲンジボタルの上陸幼虫観察
朝から関東はかなりの雨量でしたが、気温はまた寒の戻りの日。
北関東では積雪まであり、東京の青梅でも雪が舞ったとニュースになっていた。

房総のいつもの観察場所エリアの天気予報は、朝から夕方まで気温は7~8℃とほぼ昼間は同じ。
夕方以降は9℃前後の予報。雨については1日約2mm/h。


●20:30着
気温は約7℃で3/31とほぼ同じ。
細流に沿って見ていくと、今回は数頭上陸している幼虫を確認。
まだ川からはほとんど移動していないので、上陸を開始したばかりの様。

観察しやすい場所を見て回ったが、21:00頃までに確認出来たのは約10頭程。
22:00前後で、ほぼ垂直の川岸を約1m程登った個体を確認し撤収。

■今日の結果
●今季初の上陸を確認
3/31も雨は降ったものの、雨は冷たく肌寒かった。
今回は気温的には前回と同じだが、肌で感じる空気や雨などは前回より暖かく、上陸しやすい状況だったのかもしれない。

また、前回の雨から間があった事や、それなりに気温も上がった事もあり、それらを合わせての結果に違いない。

●上陸は20:00前後からか
一般的には条件が揃えば19:30頃からと伺っていた。
到着時、川岸近くにまだいたので上陸してからさほど時間は経っていないはずで、今回は20:00前後と想像。
昨年は4/7の1:00前後での上陸を確認。そんな時間帯でも条件次第で上陸していたので、今日もその可能性もあったのですが明日仕事もあるため今回は撤収。

次は4/17(日)、4/18(月)にも雨の予報なのですが、どうするかまた当日に検討。



# by Nature_Oyaji | 2019-04-11 06:29 | ホタル | Comments(0)
2019年 04月 09日

ダビドサナエ 処女飛翔 合成写真

■昨日のダビドサナエの処女飛翔をPhotoshopで合成
f0324026_07060884.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro プロキャプチャーモード

まだまだ柔らかく時々反射する翅の動く様子は、散る桜の花びらの様。
今季の春の桜とのコラボもこれで無事完了。

●以前撮影したネアカヨシヤンマとカトリヤンマの処女飛翔
f0324026_07105788.jpg
f0324026_07105737.jpg

●比較
ヤンマ系は体が重いためか、前後に大きく翅を動かしている。
ダビドサナエは離陸時は大きく動かしているものの、一旦浮いてしまえば体が軽いためか、さほど翅を動かさずに飛翔。

こんな比較もまた楽しい。


# by Nature_Oyaji | 2019-04-09 07:08 | トンボ | Comments(0)
2019年 04月 07日

都下 トンボシーズン開幕-2

■昨日に続き同じ河川にサナエ系羽化と桜とのコラボ撮影で訪問
春の1枚を残したく、再び早朝から訪問。

到着した7:30過ぎからダビドサナエの上陸が始まり、次々に羽化開始。
すぐに昨日も来られていたKさんとその友人も来られ一緒に観察。
一度だけホンサナエが登ってきたがその後ロスト。

間もなく昨日同様虫友Iさんも合流。
またこれまたいつもお世話になっているFさんが、こちらの車を通りがかりに偶然見つけて立ち寄り。
賑やかな春のひととき。

●そんなお二人とダビドサナエ
f0324026_19462411.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●その手前のダビドサナエ 羽化水落下
f0324026_20153110.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●ダビドサナエ別個体 処女飛翔撮影
これも是非残しておきたかった場面
f0324026_19571514.jpg
f0324026_19572195.jpg
f0324026_19572677.jpg
f0324026_19573169.jpg
f0324026_19573720.jpg
f0324026_19574333.jpg
f0324026_19574936.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

お二人は別の場所へ移動。Fさんも蝶撮影で今日の目的地へ移動。
処女飛行撮影後、離れた所で一人で撮影していた虫友Iさんからホンサナエ羽化との緊急連絡・・(また今日も見つけて頂き、ありがとうございます!・・)

●ホンサナエ(♀)Photohitoリンク
f0324026_20082076.jpg
SONY α7RIII+Carl Zeiss Batis 2/25
リンク先の写真で拡大するとかなり毛深い。
f0324026_20475296.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS


●その後、念の為ムカシトンボ羽化確認へ
結果的には羽化殻もなく、羽化開始はまだだった様(と一安心)。

今日もお疲れ様でした。

■今日の結果
●改めてダビドサナエの上陸観察
昨日伺った様に7:30過ぎから上陸開始。
見ていたエリア(約30m程の護岸)で早朝から昼近くで約10~15頭程羽化。

●ホンサナエ
昨日はメス1頭。
今日は1頭が上陸してきたがロスト。その近くでは気づかなかったがオスの羽化不全が1頭。
更に撮影出来たメスが1頭。
大量羽化とは行かなかったが、ホンサナエも羽化開始。

●ムカシトンボ
羽化殻を探したが見つからず。
誰かが持ち帰った可能性もあるが、ここは今日は羽化しなかったと思いたい。
上陸ヤゴについては皆移動済。今週は水~金まで気温が低く雨模様。
土曜は晴れなので、土曜には期待。



# by Nature_Oyaji | 2019-04-07 21:01 | トンボ | Comments(2)
2019年 04月 06日

都下 トンボシーズン開幕

■都下方面で羽化探し
●まずはムカシトンボ羽化探し
神奈川西部方面ではムカシトンボの羽化開始。
都下方面は神奈川西部に毎年少し遅れてから羽化開始ということで、虫友Iさんと朝から今季初のムカシトンボの羽化探し。

前回上陸ヤゴを見つけた付近を丹念に探してみたものの、結果は羽化なし。
虫友Iさんは追加で上陸ヤゴ2頭発見してくれたものの、じっと動かずのままの状態。

支流脇探索ではまだ気温が低いと感じたが、本流側へ降りた所ではやはり山間部とは異なり低めの場所なので一気に数度上がり、これなら本流の脇の道でも見つかるかと思われたがこちらも羽化殻も見つからず終了。

●諦めて川へサナエ羽化探しへ変更
知り合いのSさんが先に探索中。今日は朝7:30過ぎからダビドサナエが羽化していたとの事。
時間的に少し遅いのでどうかと思いながら上流部に向かいながら探索。
2頭ほどのダビドサナエに気づかず飛ばれたり、ホンサナエの羽化殻1個確認まで。

撮影出来ずスタート場所に戻ったら、虫友Iさんが手招き。
ダビドサナエの定位個体を見つけてくれていた(この所、発見はいつも虫友Iさん。ありがとうございます!)

近場にもう1頭羽化開始したので、別れて撮影。

●ダビドサナエ(今季初の羽化撮影)(Photohitoリンク
f0324026_20532278.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

▼撮影したかった桜とのコラボ(Photohitoリンク
f0324026_05544255.jpg
SONY α7RIII+Carl Zeiss Batis 2/25

今季羽化初撮影で、またようやく念願だった桜との撮影も出来、まったりしている所へいつもお世話になっているKさんが到着。
今日はやはり早朝から観察されていたとの事。

●ホンサナエ(♀)14:00過ぎ(Photohitoリンク
Kさんの同行の方が定位しているホンサナエを見つけてくれ、最後に少し撮らせてもらった。
千葉ではまだ羽化していないので、ホンサナエも今季初撮影
f0324026_20594982.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

気温20℃の中でのウェーダーでの撮影は気持ちよく、川からの桜も愛でることが出来た。
こうなると少し欲が出てきてしまい、桜満開も今だけなのでもう少しサナエと桜のコラボを撮影したくなり、明日再訪決定。
また今日も気温上昇。明日はムカシトンボも羽化するかもしれないのでそちらももう一度訪問予定。

■今日の結果
●ムカシトンボは持ち越し 明日再訪問
今日も気温は20℃まで上昇し、そろそろ羽化しても良さそう。
過去4月第1週目での羽化も確認している。
支流側は急な上りで本流とはだいぶ気温差があり、新たに見つかったヤゴも動き出す様子もなかったが、今日の気温で羽化のスイッチが入った可能性もあり、明日再訪問。

●サナエ類の羽化
昨日虫友Iさんが羽化殻を探したものの見つからなかった状況。
今日は一変。7:30頃からダビドサナエの羽化開始だったと伺い、ここでの羽化開幕の日。

▼遅い時間帯での羽化
ダビドサナエは12:30過ぎでの羽化。
ホンサナエは14:00過ぎでの羽化。
こんな遅い時間帯でも羽化するという事、生態の一つの観察結果として覚えておきたい。


# by Nature_Oyaji | 2019-04-06 21:41 | トンボ | Comments(0)
2019年 03月 31日

ホソミオツネントンボ 春先の変化

■越冬観察していた千葉の自然公園訪問
ホソミイトトンボとホソミオツネントンボの現在の色の状況確認。
ただやはり寒の戻りの日。気温は結局10℃を少し超えた程度で終了。

●10:30近く、10℃を超えた日当たりの良い斜面で探索
越冬していた場所を回ってみたが、ホソミイトトンボもホソミオツネントンボもやはり移動済。
産卵までまだまだ1ヶ月近くあるため、今は越冬付近の近くの南向きの暖かい斜面で摂食中の可能性と思い、そんな場所を探索。

斜面をゆっくり探してみたものの、暫く見つからなかったが、越冬していた木に近づいた所で1頭、ホソミオツネントンボが木の上から舞い降りてきた。

●ホソミオツネントンボ(♂)
写真は同じ個体。色はだいぶ青みが増している。
f0324026_21003351.jpg
f0324026_21003385.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

●別の♂の個体
だいぶボケ写真ですが、色の変化は先程の個体と同等
f0324026_21034153.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS
●その近くにいた♀
こちらはまだ色の変化なし。
f0324026_21073822.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

午後まで待ってみたものの、天候は晴れたり曇ったりで気温は15℃を超えることがなく、ホソミイトトンボについては活動は見られず。

今回はホソミオツネントンボのみで終了。

■今日の結果
●改めてホソミオツネントンボの活動温度は10℃位からと確認
探し始めた10:30過ぎで約10℃位。
その気温でも飛んで舞い降りてきたことからも、活動温度は10℃位と確認。

●色の変化
だいぶ青みが増しているが、まだまだ茶色部分が多い。
下草は所々緑が増えてきたが、まだ枯れ草が多い状態なので、暖かくなり緑が多くなれば同様に変化すると思われる。

●ホソミイトトンボについては姿なし
今日は15℃を超えることがなく、結局姿を見せることがなかった。
こちらも改めて気温が15℃を超えないと活動しないという確認となった。

地面や目の届く範囲で木の周りを探したものの、姿は見つけられず。越冬前と同様、もっと木の高い場所にいるのではと思われる。


# by Nature_Oyaji | 2019-03-31 21:17 | トンボ | Comments(0)
2019年 03月 31日

ゲンジボタル 上陸幼虫観察

■ゲンジボタルの幼虫上陸の頃
ムカシトンボ観察後、タイヤのパンク(山道で大きな石をタイヤサイドに当ててしまった様で裂けていた・・これはパンクとは言えないかも)でタイヤ交換。
八王子を20:30頃出発。その頃には関東には雨雲が通過中で、今ゲンジボタルの観察をしている場所も21:00~0:00頃までまとまった雨の予報。

昨年4/7、1時近くでも上陸していたため、ひょっとしたらと思い移動。
気温は予報では10℃以上あり条件は満たしている。

●22:30過ぎ着
ただ気温は予報とは異なり(この場所での予報ではないので致し方なし)、7℃程。
0時過ぎまで待ったものの気温も上がらず。やはり久しぶりの雨でも気温が足りずでは上陸せず。

念の為、川底を照らしながら幼虫を探してみたが、全く見つからない。
餌となるカワニナは多数見られるが、幼虫がいないとはどういう訳か。

●幼虫探し途中で多数の同種のヤゴを確認
どうやらミルンヤンマのヤゴの様で、翅芽脇の色の様子や、捉えて手のひらで転がしてみると擬死状態になる点で判断。ミルンヤンマヤゴが多数いることが確認出来たのは収穫。

最後にもう一度ライトを消して願いながら確認してみるが、単に真っ暗な闇に変わるのみで、動く希望の光はなし。

■今日の結果
●雨が降って気温が足りず、その後雨なし状態が続く予報・・
月曜に若干雨が降るが、それ以降は雨の予報はない。
幸い寒の戻りは今回で終了との予報なので、まとまった雨が降れば確実に上陸するはず。

次の雨はいつになるのか。






# by Nature_Oyaji | 2019-03-31 20:44 | ホタル | Comments(0)