オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 24日

NOKTON10.5mm + ストロボ

NOKTON10.5mmは開放では0.95のため、今まで夜の撮影でも街灯などの光があれば撮影出来てしまいました。
前回投稿のコフキトンボ撮影がそうです。

それでももう少し暗い場所などではやはりストロボが欲しくなりますが、これまた設定が全く分からずで、自分で思いつく弱い設定で光らせてみても開放では真昼の様に結果が白くなるばかり・・。

その為今晩もまた虫友Tさんにアドバイスを頂きました。

設定としては
●カメラ マニュアルモード
●ストロボ マニュアルモード 1/256
●ISO200(それでも明るかったら LOW設定)
●シャッター 1/4
●レンズ NOKTON0.95 開放(の予定でしたが、家でF値見たら5.6。しっかり確認してなかったのでこのまま撮影してたかもしれません)

ストロボは光らせ方に一工夫。
ストロボの発光部分には布製カバー式のディフューザーを取り付け拡散させる。
さらにもう一つハクバのディフューザーを取り付け、ストロボを真上に向け、簡易バウンズ的に使うというもの。
う~ん、思いつきません。
f0324026_0553914.jpg
まずはこれを基準として、撮影結果から設定を調整。

撮影結果です。月も調度良い角度であがってきた22時頃。
●ウチワヤンマ
f0324026_6441252.jpg
f0324026_6545023.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

明るすぎてストロボの光量をどうしたら良いのかわからなかったNOKTON。
工夫次第ということですね。
またまたありがとうございました。

結局のこの撮影の後1時間ほど見ていましたが、時折尾部を動かしたりでまだまだ羽化する様子もなく、23時過ぎに撤収。


by Nature_Oyaji | 2016-06-24 01:13 | 機材 | Comments(0)


<< ヘイケボタル      ウチワヤンマ羽化とコフキトンボ羽化 >>