オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 23日

雪とホソミオツネントンボ

■関東も久しぶりに大雪となった日
関東は前日午後から大雪となり、夜半過ぎまで降り続き、都心でも積雪も20cm以上を記録。
以前から雪の日のホソミオツネントンボを撮影したいと思っていたので、これはチャンス。

●第一の観察場所へ 夜の探索開始
夜20時過ぎ、久しぶりにチェーンを付けて、定点観察場所へ。
到着していざ探してみたものの、思ったより降雪量が多く、細い枝にも大量の雪が積もっており、残念ながらホソミオツネントンボは見つけられず。

第二の観察場所へ移動
思案のすえ、約30km離れた第二の観察場所へ移動することに決定。
到着時刻は22時過ぎ。
0時を回るまでライトを頼りに探したものの、1頭も見当たらず。
以前いた場所にもいないので、恐らくはホソミイトトンボのように暖かい日に移動したものと推測。

●翌朝・・
午前中は家の用事もあり、それまで時間があるので昨夜訪問した場所へ再訪問。
再度、木々を回って探索するもなかなか見つからなかったものの、ようやく1頭見つかり撮影。

●ホソミオツネントンボ 雪の中で
f0324026_08124771.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

ようやく雪の朝のホソミオツネントンボを撮影することが出来、嬉しい日になりました。
またこうして懸命に春を待つ姿は逞しくもあり、改めて自然の生き物の姿は美しいと感じた次第です。



by Nature_Oyaji | 2018-01-23 21:22 | トンボ | Comments(2)
Commented by Clearwater0606 at 2018-01-23 21:47
枝の下に位置していて、巧妙に雪を避けているようにも見えますね。
Commented by Nature_Oyaji at 2018-01-23 22:00
Clearwater0606さん
そうなんです。撮影しながら雪が上手く避けられているな・・と感じていました。
ただ別な個体が見つけられなかったので、検証出来ませんでしたので、また次回要確認ですね。


<< ホソミイトトンボ 越冬場所探索...      内房でヒナカマキリとタテジマカ... >>