オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 06日

2月から3月の計画(仮

■残り少ない越冬観察から春先の計画(仮

●2月
▽引き続きホソミイトトンボ越冬観察
新たな越冬場所が確認出来れば良いのですが、今季はこのまま終了の公算大。
そうは言っても、今季はまた虫友Tさんが昨年とは全く違う環境の越冬場所を見つけてくれたので、助かりました。昨シーズンは「枯れたツル草」「竹やぶ」にとどまっていましたが、今シーズンは新たに「チャノキ」での越冬を確認出来、生態観察が前進出来たのは嬉しい。
新たな越冬場所探索は続けたい。

▽タテジマカミキリ
ホソミイトトンボ越冬場所から少し離れた森林公園で越冬個体は観察されていて、既に昨年から5回ほどは訪問済ですが、未だ発見に至らず。
ホソミイトトンボとセットで次回も探してみたい。

▽ムカシトンボ 上陸前ヤゴ探し
都下では4月上旬が羽化なので、上陸は約1ヶ月程前。
2月下旬はまだ上陸前だと思われるので、石をひっくり返すなどして探してみたい気もするのですが、潰してしまいそうな気もしていて、どうするか悩みどころ。

▽オツネントンボ
昨年は2月下旬に池から離れた場所(越冬場所は未確認ですが、その近くで越冬しているものと思います)で初確認。
2月の新たな生態行動が確認出来たら嬉しい。

●3月 
▽引き続きホソミイトトンボ越冬観察
昨年は3月中旬でもまだ越冬場所で確認しましたが、越冬場所からいつ頃移動するものか・・までは追えず。
現状で越冬個体数が多ければ、暖かくなっての移動開始がいつ頃なのか追えるのですが、今季も多数いる場所には辿り着けそうもなく、このまま次年度へ持ち越しか。

▽ムカシトンボ上陸個体探しとムカシヤンマヤゴ観察
昨年の羽化時期からみて中旬には上陸しているので個体が見つかるはず。
茨城訪問ならムカシヤンマのヤゴの様子確認とセットで。都下もチェックしておきたい。

▽オツネントンボ産卵
昨年3/4にはまだ建屋周り(越冬場所と思われる)にいるのを確認。その後、3/19に産卵を初撮影。
建屋周りからいつ頃池周りへ移動するのか・・。何度か通って池近くで見かけるようになるのをチェックするのが良いのですが、そこまでは不可能なので、何かのタイミングが合えば観察です。3月中旬頃、上記ムカシトンボ、ムカシヤンマとのセットなら行けそう。
池近くに移動後は枯れた草のドームにいるのを確認済。
本格的な産卵は3月末なので、産卵撮影はその頃に。


上記以外に星野撮影や風景撮影も計画したい。
いつもながらのパツパツな計画です。


by Nature_Oyaji | 2018-02-06 13:01 | トンボ | Comments(0)


<< ホソミオツネントンボ 妙な越冬場所      栃木遠征-2 越冬トンボ探し >>