オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2018年 03月 04日

春先のトンボ探索

■前回同様鎌倉山訪問後、ムカシヤンマとムカシトンボのヤゴ探しへ

●ムカシヤンマヤゴ探索
以前12月にご案内頂いた場所訪問。
8時過ぎで気温は9℃程度。急に気温も上がり期待大。

▼道を造成した際出来た斜面
f0324026_20032423.jpg
▼斜面正面。ヤゴの穴多数。ここは苔は少なく、斜面の土に直接穴開き状態。
崩れないのは植物の根が張りめくらされているための様。
f0324026_20015970.jpg
▼ライトで一つ一つ探すと1頭だけ近くにいる個体を確認。
f0324026_20015939.jpg
f0324026_20015913.jpg
Olympus E-M1II M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

動くかどうか、枯れ草で突いてみましたが微動だにしない。
この所温かい日もあったので、奥から出て来たものの、水はまだまだ冷たく、本格的な活動はまだ先のようです。

●ムカシトンボヤゴ探し
前回がさ入れした場所へ。
上陸している可能性もあり、川に近い石から順にひっくり返しながら探していったものの、また1頭も見つけられない。
上陸はまだ先の結果なら良いのですが、前回がさ入れしても1頭も見つからなかったので、個体数が少ない可能性も頭をよぎり少々心配。

●オツネントンボ探し
まずは基準となる建屋周りを12時過ぎからチェック。
気温は既に18℃前後で活動しているものと思っていましたが、何故か1頭も飛んでいない。
探索範囲を広げて建屋から遠い場所でようやく1頭目撃。
念のため池周りもチェックしてみましたが、全く飛ばない。産卵は昨年は3/21に撮影していますので、あと3週間弱。

だんだん池周りの枯れたツル植物の中に移動してくるはずですが、今の時点で何処にいるのかまた疑問です。

●オツネントンボ、新たな越冬場所と思われる場所を再チェック
基準の場所がそんな状態なので、まだ確定も出来ていない場所はどうなのか。
探索するも前回見られた場所では見られず、その周りのエリア、道を隔てた藪の中もチェックしたものの全く見つからない。
またここに来て暗雲の中、来年の越冬場所探し決定です。

次回訪問は産卵の頃の予定です。



by Nature_Oyaji | 2018-03-04 20:30 | トンボ | Comments(0)


<< 春の変化 ミドリシジミ 孵化開始      鎌倉山からの雲海 >>