オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 30日

GW-3日目 近場のフィールドでの変化

■GW恒例のアオヤンマ羽化探し
GW3日目。夜の探索は羽化後の姿を捉えられていますが、朝方昇るものではないと羽化の自然の色での姿が残せません。
その早朝観察ですが過去2度出会えていますが、一度目は2015年での初訪問時のビギナーズラックで2頭同時羽化。その後はなかなか出会えず、2度目は2017年にやっと出会えました。

●今季初の探索でしたが・・

毎年GWになると早朝訪問で通っているわけですが、夜に比べて圧倒的に昇る個体数が少ないので、難敵中の難敵。
そんな今季初の訪問でしたが、今日は出てくれる日ではなかったようで、また次回。

●シオカラトンボ羽化
代わりという訳ではありませんが、一緒に探してくれていた方がシオカラトンボ(♀)の羽化個体を発見。こうしてみるとやはりこの状態はいつも美しい。

Photohitoリンク
f0324026_19114315.jpg
Olympus E-M1II+Kowa PROMINAR 25mm F1.8

●別な場所へ移動
東京昆虫記の小島さんが先に撮影中。
ヨツボシトンボの飛翔撮影会となりました。が相変わらずの腕のため、ボケ写真のみ。
f0324026_19140911.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

飛翔撮影もただ闇雲に追ってもそこはトンボなのでやはり困難。
ただトンボの生態を知るとその中には撮影できるチャンスがある・・ということを教えて頂いた。

●アオモンイトトンボ 雄型雌での交尾態
昨年も撮影していますが、割りと個体数が多いのか今日も撮影。

Photohitoリンク
f0324026_22343307.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

その他、クロイトトンボは羽化真っ最中。時間的には訪問時は羽化は終了間際の時間帯で、知らずに寄るとまだ乾ききっていない翅で飛び上がる状況。ただゆっくりその付近を探しても目が出来ていないため、羽化殻すら見つけられない。
また驚いたことにベニイトトンボ(♀)が羽化していたとの話。4月は初という。

いろいろトンボ情報交換後、解散。お疲れ様でした。

●ホソミオツネントンボ産卵観察へ
ホソミオツネントンボは交尾態撮影なら午前中から。
ただ産卵自体は午後からで間に合うため、前回水が入り始めた多産地の田んぼへ2度めの訪問。

一昨年などはGW中に田んぼは出来上がっていて、産卵は多数見られましたが、今期は農家の方の都合なのでしょう、今日代かき中なので、あぜ道などはまだ産卵に適した植物がない。
これでは予定していた広角での産卵撮影はもう少し先。

近場にいるであろう個体を探すと休耕田の中に1頭のみ発見。
f0324026_19314922.jpg
f0324026_19315036.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

Photohitoリンク
f0324026_22382950.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

GW終わりに再訪問予定です。



by Nature_Oyaji | 2018-04-30 19:37 | チョウ | Comments(0)


<< GW-4日目 クロスジギンヤンマ羽化      GW-2日目 ギフチョウ イエ... >>