オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2018年 08月 05日

栃木遠征 羽化探索

■栃木遠征 羽化探し訪問

●マダラヤンマ羽化確認 結果は全く見つけられず
長野では1週間前位から羽化が始まったようで、虫友Iさんが先週栃木に訪問されていましたが、羽化殻も見つからずの連絡。
1週間遅れですが、こちらも気になっていたので訪問。

羽化自体はネット等で探しても情報がなく、時間帯は恐らくは他のヤンマ系と同様真夜中。また場所は水面からさほど高くなく、岸に近い場所と思い、池の周囲を探索したものの見つけられず断念。
羽化自体がもっと遅いのか、池の岸から遠目の所で羽化しているのか、見つけられなかった要因はまた今後。

●翌朝はオツネントンボ羽化確認
こちらは池周りの草地でも成虫は移動したのか、あるいは早朝なのであまり動かず見つけられなかったのか、姿が見られない。
羽化の時間帯を過ぎてもその姿もないのでさすがに羽化自体は終了の結果。

●アジアイトトンボたち (Photohitoリンク
明け方日が昇る頃、たくさんのアジアイトトンボたちも活動開始。
見ていると盛んにオスはメスを探索し、うまく見つかると移精・交尾態へ。
移精の初観察は出来ましたが、短時間の為撮影出来ず、交尾態を撮影。
f0324026_19005785.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

●ハネビロエゾトンボバトル撮影
ハネビロエゾトンボは早朝からバトル中。
今回は広角にこだわり、置きピンで目の前を通る個体撮影としてみましたが、相手もこちらを察知し、カメラを構えた場所を避けたり、急に速度を上げたりして撮影出来ず。

時に近くでバトル開始となり、その最中は油断するのか近くに寄って来る事があり、以前行ったムカシトンボのバトルでのセッティングで撮影。
ピン甘ですが、オス同士が絡んだ所を偶然撮影。
f0324026_19031737.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

1頭が急にバトルを止め休息開始。
朝からのバトルに流石に疲れたのかもしれない。
その個体は他の個体が近づいても無反応、また通り過ぎる相手も見えているのでしょうが、戦意喪失中とわかるのか一切手出しせず。
Photohitoリンク
f0324026_19053510.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●カトリヤンマ(Photohitoリンク
まだまだ産卵時期は先ですがだいぶ色づき、美しい色へ。
f0324026_19075786.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

新たな発見等はなかったものの、今回はここまでで撤収。



by Nature_Oyaji | 2018-08-05 19:19 | トンボ | Comments(0)


<< タカネトンボ・ルリボシヤンマ、...      夏のルーミスシジミ >>