オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2018年 08月 18日

オオセイボウ

■今季初のオオセイボウ撮影
一昨日も同じ場所を訪問。その時は一瞬女郎花に止まりましたが、撮影出来ずに終了。
今日は9:45過ぎ到着。
女郎花の花壇に到着した直後、ようやくお目当てのオオセイボウが1頭飛来。
その後は5分程度吸蜜をしてはまた何処かへ移動し、暫くするとまた飛来の繰り返し(3回ほど)。

●生態は以前調べて記載しましたが、改めてこちらに転記。
▼1年間の生態
- 夏、スズバチなどの巣に産卵し、寄生する。
- 産み付けられた卵は寄生した巣の中でスズバチもろとも餌にして成長。
-巣の中で蛹になり、越冬。翌年、6月頃から成虫へ。

▼訪花時間
- 今日は9:45位~11:00程度。

▼他のハチからは警戒?
- 相変わらず花に近付こうとすると、他のハチに追い立てられてしまう。
妙に光るので異端児扱いなのか、同様の巣を作るハチからは警戒されて、嫌われているのかもしれない。
f0324026_16141958.jpg
f0324026_16103262.jpg
f0324026_16103116.jpg
f0324026_18204816.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●結果
今日は午前中のみ訪問でしたが、訪花は9:45頃から数回。
11:00過ぎには姿が見えなくなり、気温上昇で休んでいるのか、スズバチの巣に産卵すべく待ち構えているのか。
産卵ならメスのみで良いはずで、オスが立ち会っているとは思えないのでオスが来ても良さそうですが。
なので、11:00以降その姿が見えなくなった際は何処かで休んでいるのではと想像。

一度スズバチの巣に産卵する所を見てみたい。



by Nature_Oyaji | 2018-08-18 16:21 | ハチ | Comments(0)


<< ルリモンハナバチ      コシボソヤンマ 交尾態撮影 自然光 >>