オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2018年 09月 16日

カトリヤンマ産卵開始

■近所のカトリヤンマ多産地の定点観察で訪問
昨年は9/24過ぎに訪問し、産卵を確認。
先週別の多産地で交尾態を撮影しているため、こちらでも交尾態が観察できたらという事と、産卵時期の確認での訪問。

●11時過ぎから田んぼ脇の林をチェック
何度か往復したが、11時~13時近くで探メスのオスは2頭見たきり。
羽化数からするともっと飛翔していても良さそう。
一昨年は田んぼ脇の薄暗い林の中で見つけたものの、すぐ高所へ行ってしまった事があり、ここではその様な暗めの林の中で交尾態になっている可能性大。

●カトリヤンマ探索時に出会えた面々
▼ホソミオツネントンボ
ホソミオツネントンボもそれなりに羽化しているはずですが、確認出来たのはこの1頭のみ。
たまたま田んぼ脇の目につく所にいたのがこの1頭のみで、栃木で見た様に多くは林の中で過ごしているものと推測。
f0324026_19453600.jpg
SONY α7II+SIGMA 135mm F1.8 DG HSM

▼オオアオイトトンボ
未だ産卵には早すぎで、こちらもまだ産卵場所である細流付近には見当たらない。
f0324026_19481507.jpg
SONY α7II+SIGMA 135mm F1.8 DG HSM

▼アオイトトンボ
いつも産卵している池からはかなり離れている所にいたもの。
複眼は美しいブルーになっており、そろそろこちらも産卵間近。
こんな所で過ごしてから産卵場所へ移動するということを確認。
f0324026_19500756.jpg
SONY α7II+SIGMA 135mm F1.8 DG HSM

▼ノシメトンボ
こちらは産卵開始。ただ産卵ペアはまだ少なく、撮影で追った数は5組ほど。
これから本格化と思われる。
ピン甘のうえ、稲の裏に入ってしまい、いずれまた撮影したい(ピントが比較的合ったのはこれのみ)。
f0324026_20141163.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25

▼ギンヤンマ
刈り取られた田んぼの中を飛翔中。
こちらもピン甘過ぎ。
f0324026_19563951.jpg
f0324026_19563990.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●カトリヤンマ産卵
15時近く。交尾態も見られず、ノシメトンボの産卵も終了してしまったので撤収として、最後に良く産卵する田んぼに入った所で産卵個体を発見。今季初見。
飛び上がった途端にこれまた今季初のクリーニング行動確認。
慌ててカメラをセットして撮影してみると、眼のみ雄型の青眼型メス。
初物が青眼型メスというのも何か嬉しい予感。
ただ、まだまだ敏感で容易には近寄らせてもらえず、約30分ほど追ってみたが数カット撮影出来たのち何処かへ。
f0324026_20020734.jpg
f0324026_20020729.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)


●今日の結果
昨年はもう1週間遅く訪問し、産卵は活発だった。今日は産卵個体は2頭のみ確認。
これから本格的な産卵シーズン。今日はちょうど開始の時期だったのかもしれない。

それにしても今季に限ったことでは無いものの、探メスのオスが見当たらない。1週間後ではもっと成熟したメスが田んぼ脇に来るはずで、交尾態の姿を確認出来るチャンスは多くなると思われる。

初日として青眼型メスを確認出来たのは幸先良いスタート。
次は体も青い色のあるオス型メスを探してみたい。更にクリーニング行動の撮影も更新したい。

ノシメトンボの産卵も是非更新したい。






by Nature_Oyaji | 2018-09-16 20:09 | トンボ | Comments(0)


<< 3年ぶりのヒナカマキリ      なぜそんな体制で? >>