オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2018年 11月 18日

ヤブヤンマ ヤゴ観察-1

■この夏、ヤブヤンマの産卵撮影した場所へヤゴの様子確認で訪問

●網で池底を30cm程堆積した落ち葉ごとすくい取ると・・
池全体ではなく、場所によってはほぼ毎回2~3頭程捕獲出来る事を確認。
その場所は日当たりの良し悪しではなく、しっかり落ち葉が溜まっている場所。

ヤゴで一冬過ごすことになるので、鳥などの捕食者に見つかりにいく事がポイントだと思われる。

●今のヤゴのサイズ
何度もすくい取ってヤゴのサイズを確認すると、30mm程度と少し小ぶりの27mm程度が多く、また比率は少し小ぶりなもののほうが多いように感じた。
この差は単に産卵時期の差による成長の違いではないか。
左:約30mm、右:約27mm。
f0324026_18441612.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

■今日の結果
今まで観察した結果と「日本のトンボ」からの引用させて頂いたことを含めたヤブヤンマ自体の生活史(1年1世代)。

観察場所
A地点:羽化・産卵撮影した場所
B地点:産卵撮影した場所

●羽化
A地点ではゴールデンウィーク中に開始。
●産卵
A地点では7/7に産卵を確認、その後B地点では8/3に確認している。
ただどちらも開始時期と最終産卵時期は未確認ですので、産卵期間は7月上旬~8月上旬位かもしれませんが、始まりはもっと早く、また終わりはもっと遅いのかもしれない。
時期の確認は今後の観察ポイントですが、8/3の個体はかなり老熟しているので、長くても残り1~2週間かもしれない。
●孵化
2~3週間程度。とすると、A地点では7月下旬には孵化開始。
●ヤゴ
孵化後そのままヤゴで越冬し、5月上旬より羽化。
ヤゴの期間はA地点では7月下旬孵化とすると羽化まで約10ヶ月間。
今回見つかったサイズは27.5~30mm程度で12齢幼虫と思われる。

来年3月位からまたサイズ確認で訪問してみたい。


by Nature_Oyaji | 2018-11-18 19:19 | トンボ | Comments(0)


<< グンバイトンボ ヤゴ観察      ホソミイトトンボ 11月中旬 ... >>