人気ブログランキング |

オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2019年 03月 09日

越冬トンボ観察-25 今季最後の越冬観察

■今シーズンも春の足音が聞こえ始め、そろそろトンボシーズンの開幕間近
それに伴い、越冬観察もとりあえず今回で終了。
本日訪問地の気温は予報では午後15時で16℃まで上昇。

●早朝7時過ぎから確認
到着時は-1℃で田んぼやあぜ道は真っ白。動き出すとすると気温が15℃を超える昼近くか。

改めていつもの面々を確認。
●♂ 一番初めに尾部の色の変化に気づいた個体
ただその後の体の色の変化はまだ見られない。
f0324026_22344920.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS
●杉にいた2頭並んでいる♀たち(一方は左のボケているもの)
f0324026_22353857.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS
▼別の♀
f0324026_22503032.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS
▼太めの枝にいた♀
近くの小枝に移動済。
f0324026_22512975.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

それ以外にも数頭残っていることを確認。

▼ホソミオツネントンボ
ホソミイトトンボの近くにいた個体も既に見つからずで、飛翔したものと推測。
実際に伐採した木々を積み上げた場所で飛んでいる個体を確認、しかも活性が高い。
f0324026_22550894.jpg
f0324026_22550862.jpg
SONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS

●12時近くで気温は16℃。再度越冬中の個体を確認
ホソミオツネントンボ、ホソミイトトンボともに飛翔している所を目撃。

■今日の結果
●ホソミオツネントンボ、ホソミイトトンボともに飛翔を確認
今日の観察場所は昼近くには予報通り15℃を超えた。
以前の観察からホソミオツネントンボは10℃位、ホソミイトトンボは15℃位で活発に活動。

なおオツネントンボは越冬後は5℃位から活発に活動。
今シーズン、オツネントンボの越冬場所での観察では、冬場の温かい日にも越冬場所から出てくることを確認したが、条件としては10時位に気温が10℃を超えていること。
冬場に出てくるということは、ときに急激な温度変化の可能性もあり、その為安全な越冬場所に戻ることができなくなる可能性がある。なので活動は危険を伴うため、活動する気温としては10℃以上が必須。3月などまだ寒い日があるものの、真冬ほど気温差がない時期では5℃以上あればリスクが少ない為・・と思える。

●色の変化
初めに尾部が青いと感じた個体は今日の午後になっても飛翔せずで、越冬状態のまま。
尾部が青いと確認したのが2/16なので、体色も約3週間は変化がない。
理由としては、自然環境の変化に合わせている・・というよりトンボも自然の一部なのでこのエリアの季節の推移はまだ体色変化の時期ではないという事で、今後の推移をまた観察していきたい。

●改めて今季の越冬観察の成果
今季の越冬観察では
▼オツネントンボ
-初の越冬場所確認(越冬場所へ潜り込む様子など)

▼ホソミイトトンボ
-新たに千葉での越冬場所を発見
-過去心が折れながら何度も探し歩いた場所で、ようやくリベンジ発見

▼ホソミオツネントンボ
-念願だった降雪の中のホソミオツネントンボの撮影

を達成出来、まずまずの成果だった。


by Nature_Oyaji | 2019-03-09 23:48 | トンボ | Comments(0)


<< トンボシーズン開幕 オツネント...      星とホソミオツネントンボ >>